野球を数字で見るブログ

Houston Astrosと読売ジャイアンツのファンです。 本ブログで、「野球を数字で見る」面白さがわかります。 主に、日本プロ野球での成績を数字で見て考察します。 本ブログで扱うデータに関して、正確性は保証されておりません。本ブログの情報を元にデータを作成して起こる損害に対しまして、一切の責任を負いません。ご了承ください。

2015年10月

 松坂世代。その中でもっとも規格外の選手は間違いなく松坂大輔である。
 しかし、松坂世代においてNo. 1サウスポーといえば、間違いなく杉内俊哉であろう。
 その杉内俊哉の2015年レギュラーシーズンを振り返ってみる。

(シーズンが終了したため、このブログは不定期更新をさせていただきます。)




↓スポンサーリンク↓ 




 杉内俊哉は2015年、怪我との戦いもあり、不甲斐ないシーズンとなった。
 シーズン途中で離脱。
 その後に右股関節の手術を行い、2016年シーズンも復帰できるかさだかではない。

 杉内俊哉の2015年シーズンは確かな衰えを感じた。
 シーズン成績は、95 2/3回を投げ、
 
6勝6敗 防御率3.95 WHIP1.29 QS率52.94% FIP3.59 奪三振8.75であった。

 あまり試合数を投げてないため、ここで勝敗にはこだわらないが防御率にはこだわる。
 防御率は4点台をギリギリまのがれたかたちとなった。
 数年前とは大違いである。
 防御率2点台を当たり前のように毎年残してきた杉内にとってこの数値はあまりにも不甲斐ない。

 
次に言いたいのはクオリティスタート率(QS率)である。 
 クオリティスタートとは、先発投手が6回を投げて自責点が3点以下のときのことを言う。
 この率を示したのがQS率である。 
 これはどれだけ"投球が安定しているか"をみるのにいい指標になる。
 杉内俊哉のQS率は、52.94%。
 これはあまりにも酷い。
 つまり、2試合投げたうち1試合は炎上するということである。
 全盛期には考えられない成績だ。
 この数値は奪三振率と大きく関係があるように思える。
 全盛期は奪三振率12.00前後という驚異的な成績を残していた杉内。
 しかし、2015年シーズンは9.00を切ってしまった。
 三振が欲しいところで三振が取れていた杉内が、その場面で三振が取れなくなったのだ。
 ここに、杉内の炎上する要素が見える。

 しかし、FIPは3.59であった。
 これは他の成績に比べれば、割と良い成績である。 
 FIPとはいわゆる擬似的な防御率と言っていい
 セイバーメトリクスにおいて投手の責任は奪三振、与四死球、被本塁打に限定される。  ホームラン以外の打球がヒットになるのは運や守備力の影響が大きい  とされているのだ。 
 これは少し抵抗がある人がいるかもしれない。
 しかし、FIPは"投手の責任を重んじた数値"としていい指標になるのである。FIPが悪い投手は被本塁打が多い。そして制球難であることが多い。
 杉内は被本塁打も与四球もそれほど少なくないが、決して多くもない。
 投手の責任での失点はなるべく避けられてきたと言っていい。
 これは明るいニュースである。
 杉内が完全には衰えていないと言えるかもしれない。



 松坂世代は松坂大輔を筆頭に衰えを見せはじめている。
 世代交代と言ってもいい。
 しかし、杉内俊哉はまだ終わっていないことを信じている。
 その復帰が再来年であろうと、信じている。



Twitter リンク: 遊撃手ファンのG党 Astros好き


にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログ王ランキングに参加中!

 







 

 

 
 


 フランクな感じで書きますが、
 ソフトバンクホークスが2015年の日本シリーズを制し、
 見事、日本シリーズ2連覇を果たしました。



 試合は中盤、イ・デホのツーランホームランでソフトバンクが先制し、結果的にこの点が決勝点となり、見事ソフトバンクが日本一に輝きました。
 日本シリーズの結果はソフトバンクが4勝1敗と、圧倒的な力の差を見せつけることになりました。
 ヤクルトスワローズも神宮球場で山田哲人の3打席連続本塁打など、意地をみせましたが、やはり及びませんでした。
 日本シリーズMVPはイ・デホ。
 これは誰もが納得するかなと。

 感想として、
 ヤクルトが弱いわけではありません。
 ソフトバンクが強すぎます。
 ソフトバンクは、レギュラーシーズンで4番を打っていた内川が負傷で欠く中、その4番の代わりを打つことができる選手がゴロゴロいるチームでした。
 ヤクルトも川端、山田、畠山と選手層の厚いチームではありましたが、ソフトバンクはさらに上の次元にいたのかと思います。
 レギュラーシーズンでずば抜けていましたが、短期決戦ではどうなるかわからない。それを楽しみにしていましたが、やはりソフトバンクのチーム力にヤクルトがやられるかたちとなりました。

 ヤクルトは強いです。
 これから2,3年は必ず、リーグ優勝争いをしてくるはずです。
 巨人ファンの私からしたら楽しみで仕方ない!
 来シーズン、巨人は2位以下でもいいから育成に力を入れ、数年後には優勝旗をもぎ取ってもらいたい!そう思っています!

 ソフトバンクホークス、日本一おめでとうございます!!

 


Twitter リンク: 遊撃手ファンのG党 Astros好き


にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログ王ランキングに参加中!

 







 

 

 
 

 ドラフト会議。
 日本のドラフトはクジ引きでの交渉権競争。
 これは蓋を開けてみなければ、本当にわからない。




 注目は、
 驚異の身体能力を持つオコエ瑠偉。
 MAX152km/h投手、高橋純平。
 高校No. 1左腕、小笠原慎之助。
 完成度の高いMAX151km/h投手、上原健太。
 六大学野球の安打記録を塗り替えた、高山俊などである。
 一体どの球団が誰を獲得するのか。
 未来の日本プロ野球を背負う有望株たちは、どの球団と契約するのか。
 多くのプロ野球ファンは固唾を飲んで見守った。

 1巡目指名の結果はこうだ。
 ・セリーグ
巨人     桜井俊貴 投手
阪神     高山俊 外野手
ヤクルト   高山俊 外野手
広島     岡田明丈 投手
横浜     今永昇太 投手
中日     高橋純平 投手
 ・パリーグ
ソフトバンク 高橋純平 投手
オリックス  吉田正尚 外野手
日本ハム   高橋純平 投手
楽天     平沢大河 内野手
西武     多和田真三郎 投手
ロッテ    平沢大河 内野手

 巨人は桜井俊貴の交渉権を一本釣り。

 平沢大河と高橋純平と高山俊は競合ということになった。
 一体どの球団が彼らを手にするのか。

 クジ引きの結果はこうだ。
 平沢大河の交渉権は千葉ロッテに確定。
 高橋純平の交渉権はソフトバンクに確定
 
 高山俊の交渉権はヤクルトに確定。
 しかし、
途中、まさかのクジの確認ミスで高山俊の交渉権は阪神に決定した

 最終結果はこうだ。
 ・セリーグ
巨人     桜井俊貴 投手
阪神     高山俊 外野手
ヤクルト   原樹理 投手
広島     岡田明丈 投手
横浜     今永昇太 投手
中日     小笠原慎之助 投手
 ・パリーグ
ソフトバンク 高橋純平 投手
オリックス  吉田正尚 外野手
日本ハム   上原健太 投手
楽天     オコエ瑠偉 外野手
西武     多和田真三郎 投手
ロッテ    平沢大河 内野手





 個人的な感想としては、今年のドラフトは大豊作であったなと思う。間違いなく競合するであろう選手が外れ1位という形になったりしたことは意外である。
 巨人ファンの私は、小笠原を指名すると予想していたが、即戦力であろう桜井を一本釣りしたことは意外であった。これは、去年の岡本を指名したときのように、競合を避けた形をとったと考える。
 そして、真中監督は気の毒。

 大豊作の将来のスター選手たち。
 彼らの今後の活躍を期待している。   

Twitter リンク: 遊撃手ファンのG党 Astros好き


にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログ王ランキングに参加中!

 







 

 

 

 原辰徳監督が辞任した。
 次期監督の人事が注目されるなか、巨人の内部では高橋由伸を監督に推す、ということが起きているようだ。



 あなたはこの、「次期監督に高橋由伸を」という動きに対して、どのように思われるだろうか?
 個人的には
ありえないということにつきる。

 なぜありえないのか?

 まず、高橋由伸は兼任コーチでありながらも、いまだに現役である。
 2015年シーズンもほとんどは代打での出場にとどまったものの、存在感を示した。
 もちろん全盛期を考えれば、もう完全に衰えている。
 しかし、代打の切り札としてはいい選手であることには間違いない。
 そんな選手に...現役選手になぜ監督要請をするのだろうか?
 読売ジャイアンツの内部は何を考えているのだろうか?

 もしかしたら、この現役選手という立場を利用して、"兼任監督"として期待する動きがあるのかもしれない。
 もしそうであるなら、即刻要請をやめるべきだ。
 兼任監督はヤクルトの古田や中日の谷繁などの例があるが、成功したためしがない。
 それにもかかわらず、監督要請。
 ファンとしてはありえない話である。

 エンターテインメントを重視しているのだろうか?
 その場合も、即刻要請をやめるべきだ。
 今の巨人に必要なのはエンターテインメント性ではなく、強いジャイアンツの基盤を築くことである。
 そのことから目をそらし、監督経験どころか兼任コーチを1年しかしたことのない選手に監督要請とは、いよいよおかしくなったのか?




 この問題は、想像以上に重大である。
 暗黒時代が再来する可能性が非常に高い。
 高橋由伸が悪いとも思ってもいないし、いずれは監督になるだろうと思ってもいる。
 しかし、今それをやるべきか?
 なぜ、監督実績のない人間やコーチ経験がほとんどない人間に最も重大な役割を担ってもらおうと思うのだろうか?
 原辰徳は"新陳代謝が必要"だと言ったが、このままではそうはならない。

 読売ジャイアンツ内部はもう1度考え直し、適切な選択をすることをファンである私からも願っている。

 


 
Twitter リンク: 遊撃手ファンのG党 Astros好き


にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログ王ランキングに参加中!

 







 

 

 

 フランクな感じで書きますが、
 3対2でヤクルトが巨人をくだし、ヤクルトが日本シリーズ進出を決めました。
 巨人ファンの自分からしてみれば悔しいですが、正直なところ、これが"あるべき姿"なのかなと。
 

↓スポンサーリンク↓


 試合は3対2。

 阿部慎之助のタイムリーで26イニングスぶりの得点。
 しかし、敗れました。

 そもそもヤクルトと巨人のチーム力が明らか違います。
 トリプルスリーの山田哲人を始め、首位打者の川端、打点王の畠山、エースのライアン小川、クローザーのバーネット。

 巨人は確かに潤沢な資金を持つ由緒ある球団です。
 補強しようと思えばできる。
 しかし、ヤクルトの強さはそういうものではないのです。
 明らかに育成に成功してリーグ優勝、CS優勝。

 巨人は見習わなければならないところは大いにあります。
 坂本勇人以降、高卒の野手でレギュラーに定着した選手はいません。ヤクルトとは対照的です。 

 いち巨人ファンの意見として言わせていただきたい。
 「巨人は育成ということに重きを置き、選手の活躍するフィールドをさらに広げるべきである」と。
  大田泰示はどこにいるんですか?
 松本竜也はどこにいるんですか?
 藤村は?中井は?
 数え切れません。
 これは巨人の大きな弱みです。
 高いポテンシャルを持ちながらも、活躍するフィールドがない。
 もったいない。

 巨人は、「1位以下は最下位と一緒」という概念を確実になくすべきときであり、"新成"と掲げたからには、本当の"新"しく"成"長 させるべき選手に焦点を当て、輝かせるべきです。

 今の読売ジャイアンツは弱いです。
 確実に"再建期"という時期を設け、育成に力を入れる。
 そういうことが必要だと思うのは私だけでしょうか?
 

↓スポンサーリンク↓


 ヤクルトスワローズ本当におめでとうございます。

 巨人の分まで日本シリーズ、頑張ってください。
 

↓スポンサーリンク↓ 



Twitter リンク: 遊撃手ファンのG党 Astros好き


にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログ王ランキングに参加中!

 







 

 

 

 今の巨人に欠かすことのできない選手がいる。
 亀井善行だ。
 彼は、2009年にブレークを果たした。
 しかし、2010年以降は鳴かず飛ばず。
 亀井はもう終わったのか?
 大抵の人はそう思っただろう。私を含め。
 しかし、まだ終わっていなかった。

 ここでは、亀井善行の2015年の成績をおさらいしておきたい。
 
 

↓スポンサーリンク↓



 亀井は2009年のWBCでイチローと交流していた。

 そのときの侍ジャパンの指揮官は原辰徳。
 イチローは原辰徳の耳元でこうささやいた。
 「亀行っていい選手ですね〜。」 

 そう。亀井は世界の安打製造機が認めた打者である。

 亀井の2015年シーズンの成績は、
 
打率.272 出塁率.338 6本塁打 35打点 OPS.712である。
 
ここで、OPS  とは"出塁率+長打率"で導出される率である。  
 この数値は、得点との相関が非常に高く、その相関性は高い順にOPS>出塁率>打率という関係があり、OPSが高い選手ほど得点にからむ確率がより高い選手であると言える。 

 この成績を見ると、「すげー!!」と言えるとは思えないだろう。
 
しかし、これは、2015年シーズンの通算成績である。
 
7番スタメンでの打率は打数は少ないものの.351 であり、代打などの途中出場での打率は.417である。

 ここに亀井の凄さがかいま見える。
 7番打者は下位の打順。そこに打率.351の選手がいるとどうだろうか?
 相手サイドは間違いなく、嫌である。
 そして巨人サイドからすれば、これほど頼りになる7番はいないのである。亀井は下位打順でチャンスメイクする活躍をみせたのだ。

 そして、途中出場での打率は.417。
 相手サイドは、ベンチにこれほど打てる打者がいるとどうだろうか?
 怖いに決まっているのである。
 巨人サイドからしてみれば、これほど心強い代打はいない。
 かつ、亀井は守備も上手い。
 つまり、代打で出て守備固めにもできる。
 これほどまでに信頼できる野手はいないのだ。

 このように、シーズンの通算成績だけでは判断できない部分が、亀井に限っては多くある。 
 亀井善行は、今の巨人に欠かせない選手であることに間違いないのだ。

 亀井善行はまだ終わっていない。
 


↓スポンサーリンク↓




 少々淡白な内容になったが、亀井善行の2015年シーズンの成績とその信頼性について述べた。

 この記事を通じて、下記のTwitterリンク先などから意見交換などができれば嬉しい限りである。

 

↓スポンサーリンク↓


Twitter リンク: 遊撃手ファンのG党 Astros好き


にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログ王ランキングに参加中!

 







 

 

 侍ジャパンが始動。
 「打順編 その2」の続きを述べていきたい。


↓スポンサーリンク↓ 


 次に述べたいのは、
7番中田翔である。
 なぜ中田翔は中軸と予想しないのか?
 成績を見てみればわかることである。
 中田翔の2015年の成績は、
打率.263 出塁率.339 30本塁打 102打点 OPS.817である。
 この成績を見てあなたはどう思うだろうか?
 30本塁打と100打点超えは素晴らしいものである。
 しかし、打率、出塁率、OPSの3要素が上の6人に比べて低めなのである。
 いくら本塁打を打ち、打点を稼げたとしても出塁率とOPSが低いのは非常にマイナス要素である。
 出塁率は牽制死や盗塁死などを除けば”アウトにならない率”である。ゆえに重要な要素である。それが低い。
 OPSも、得点を稼ぐよりも”得点に絡む”要素であり、重要な要素である。
 この2つの要素が
他の選手よりも低いというのが、中軸におけない大きな理由である。
 よって、中田翔には下位を打ってもらいたいと思っている。

 次に、
8番嶋基宏である。
 これは割と多くの賛同を得られると思われる。
 全盛期の阿部慎之助のような圧倒的な打撃を持ち合わせていない捕手である。よってリードに集中してもらうため8番という打順を予想した。
 9番では?と思う人もいるかもしれない。
 それは、次の坂本勇人の説明を読んでいただければ、わかるはずだ。

 最後に、
9番坂本勇人である。
 なぜ9番なのか?
 坂本勇人の2015年の成績は、
打率.269 出塁率.353 12本塁打 68打点 OPS.754である。
 ここで9番の役割は、DH制である限り”1番打者につなぐ”ということなのである。
 坂本の出塁率は中田翔よりも上である。
 ここで、”アウトにならない率”というところがミソである。
 中田翔や嶋基宏よりもアウトにならず、1番の秋山につなぐ。
 そういう打線を組むことができれば、”切れ目のない打順”になるのである。




↓スポンサーリンク↓



 以上、侍ジャパンの打順を予想し、それを3回に分けて書かせていただいた。
 様々な意見があると思うが、下記のTwitterリンクなどから意見交換などができればうれしい限りである。 


 

↓スポンサーリンク↓


Twitter リンク: 遊撃手ファンのG党 Astros好き

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログ王ランキングに参加中!

 







 

 侍ジャパンが始動。
 「打順編 その1」の続きを述べていきたい。
 


↓スポンサーリンク↓


 次に、
4番中村剛也である。
 言わずと知れた、和製本塁打製造機。
 2015年シーズンの成績は、
打率.278 出塁率.367 35本塁打 124打点 OPS.926である。
 打率こそ2割代であるが、OPSは9割代。かつ35本塁打と長打力も健在である。
 しかも、なぜ4番に置いたかというと、ホームラン数はもちろんその要因でもあるが、打点数が124であるからである。 
 この打点数は両リーグ通じてずば抜けている。
 日本でいう4番の役割をしっかりと果たしていると言ってもいい。
 3番の山田哲人で返せなかったランナーを返す。もしくは山田哲人が塁に出たときに返す役割をになってもらうには十分すぎる成績である。
 少し話はそれるが一時期、侍ジャパンは中田翔が4番で固定であった。期待の表れかと思われるが、全くありえない話である。
 他にも適任はいたはずである。
 中村剛也が、もしプレミア12も欠場であったとしても、中田翔を4番に置くことはありえない。


↓スポンサーリンク↓



 次に、5番筒香嘉智である。
 筒香は2015年シーズン見事な成績を残した。
 
打率.317 出塁率.400 24本塁打 93打点 OPS.922である。
 この成績であるなら、4番もつとまりそうなものである。
 しかし、私は5番に置くことが理想だと考える。
 理由は多いがまず、中村剛也よりも本塁打、打点が少ないこと。
 そしてOPSが中村剛也より低いということ。
 これらが大きな要因である。
 しかし、侍ジャパンの5番をつとめるに値する成績を残した筒香は今後の日本プロ野球を背負っていくことは間違いないことであろう。
 筒香は、出塁率も4割である。
 出塁率は、牽制死や盗塁死などを除けば”アウトにならない率”と考えてもいい。そういう意味でも、大きく評価できる。

 次に、
6番松田宣浩である。
 彼は、4番中村剛也、5番筒香嘉智よりも成績は劣る。
 2015年シーズンの成績は、
打率.287 出塁率.357 35本塁打 94打点 OPS.889である。
 「筒香よりもホームランと打点は上じゃないか!」と思われる人もいるかもしれない。
 しかし、ここで松田を6番に置いたのはOPSが前の2人よりも劣るからである。
 OPSは、得点との相関が非常に高く、相関性はOPS>出塁率>打率という順になる。
 松田はOPS8割代後半。
 つまり、前の2人よりも得点に絡む率が低いということになる。
 これが、侍ジャパンのクリーンナップを打つことは少し物足りないと思う要因であり、下位を打つ理由でもある。

 ここで、三塁手は川端慎吾でもいいのでは?
 という疑問がでてくる。
 川端は2015年シーズンにブレークした素晴らしい選手だ。
 自身初となる首位打者にも輝いた。
 しかし、松田と比較してもらいたい。
 川端の成績は、
打率.336 出塁率.383 8本塁打 57打点 OPS.822である。
 打率主義である日本のプロ野球においては松田よりも上のように思われるが、本塁打数、打点数、OPSが松田よりも圧倒的に低い。
 好みがあると思うが、
 この結果から、私が考える三塁手のベストは松田宣浩である。



 
打順編 その3へ
  

↓スポンサーリンク↓


Twitter リンク: 遊撃手ファンのG党 Astros好き

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログ王ランキングに参加中!

 







 

 侍ジャパンがついに始動。
 前の記事にも書いた通り、メンバーが絞られた。
 そこで、今回はそのメンバーで打順・ポジションを予想してみたい。
 ここには個人的にこうであってほしいという願望に似たものもある。しかし、ベストなメンバーである。
 

↓スポンサーリンク↓




 まず、自分が考える打順はこうである。

・侍ジャパン
1番(右)秋山翔吾
2番(中)柳田悠岐
3番(二)山田哲人
4番(指)中村剛也
5番(左)筒香嘉智
6番(三)松田宣浩
7番(一)中田翔
8番(捕)嶋基宏
9番(遊)坂本勇人

 である。

 なぜ、このような打順を組んだか。説明したい。


↓スポンサーリンク↓



 まず、
1番秋山翔吾。
 秋山はシーズン216安打の日本記録を樹立した歴史にも名を刻むほどの選手である。
 秋山の出塁率は.419である。これはパリーグ2位の成績である。
 しかし、長打力がずば抜けて良いわけでもない。
 二塁打は多いが、本塁打は少ない。14本である。
 ここに、理由がある。まず出塁すること。そしてヒットを打つ能力に長けていること。これが理由である。

 そして、
2番柳田悠岐。
 これはなぜか?
 柳田がこのメンバーの中で1番良い成績を残しているからである。
 柳田の2015年シーズンの成績は打率.363 出塁率.469 34本塁打 99打点 32盗塁 OPS1.101という成績である。
 ここで、OPS  とは"出塁率+長打率"で導出される率である。 
 この数値は、得点との相関が非常に高く、その相関性は高い順にOPS>出塁率>打率という関係があり、OPSが高い選手ほど得点にからむ確率がより高い選手であると言える。
 つまり、柳田は最も得点に絡むことができる打者である。
 2番という打順は好みにもよるが、2014年メジャーリーグで地区優勝を果たしたロサンゼルス・エンゼルスは2番に2014年アリーグMVPのマイク・トラウトという選手を置き、
2015年地区優勝を果たしたトロント・ブルージェイズは2番に2015年アリーグMVP最有力のジョシュ・ドナルドソンを置いているからである。
 ここ数年の傾向として、2番か3番に最も良い打者を置いたチームは強いということがある。よって2番柳田なのだ。
 これは好みが分かれるかもしれない。

 次に、3番山田哲人である。 
 これは、柳田の”次に”良い成績を残しているからである。 
 前述したように、良い打者は2番か3番に置くチームが主流になってきているからである。
 山田哲人は、
打率.329 出塁率.416 38本塁打 100打点 34盗塁 OPS1.027である。
 正直、山田哲人と柳田悠岐のどちらを2番に置き、どちらを3番に置くのかというのは、予想するとき迷ったが、出塁率は柳田の方がいいということ。また山田哲人の方がホームランを打っていることを理由に、山田哲人を3番に置いた。 
 
 打順編 その2へ。

↓スポンサーリンク↓


Twitter リンク: 遊撃手ファンのG党 Astros好き


にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログ王ランキングに参加中!

 







 

 巨人!クライマックスシリーズ・ファイナルステージ進出!!

↓スポンサーリンク↓



 今回はかなり感情に任せて超短く書きます!
 最後なかなかヒヤヒヤした試合でしたが、まあなんとか勝ちましたね!!
 前にも記事を書きましたが、澤村は劇場型であって、いまだにヒヤヒヤさせられます。
 しかし、最後はマートンをショートゴロに討ちとってゲームセット!
 ポレダ、マシソンといい、なかなかいい試合でした!

 ジャイアンツおめでとう!
 ファイナルステージも頼みます!

 そして阪神。
 結果的に今年最後の試合でしたね。
 阪神 関本選手と和田監督の最後の試合。
 野球を長らくみてきましたが、関本選手は好きなプレイヤーの1人ではあったので寂しさもあります。
 敵ながらアパッレをあげたい!

 そしてお疲れ様でした。関本は監督とかになれるのかな?
 名選手というわけでもないので、逆に期待をしたいところではありますね。


 とりあえず、読売ジャイアンツ、おめでとう!
 最後まで気を引き締めて!レッツゴージャイアンツ!

↓スポンサーリンク↓

 

Twitterリンク : 遊撃手ファンのG党 Astros好き


にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

ブログランキング

ブログ王ランキングに参加中!

 





 

このページのトップヘ