野球を数字で見るブログ

Houston Astrosと読売ジャイアンツのファンです。 本ブログで、「野球を数字で見る」面白さがわかります。 主に、日本プロ野球での成績を数字で見て考察します。 本ブログで扱うデータに関して、正確性は保証されておりません。本ブログの情報を元にデータを作成して起こる損害に対しまして、一切の責任を負いません。ご了承ください。

2018年08月

5
 上原浩治は日本に帰ってきてからの2018年シーズン、少々苦戦しているように見受けられる。心配になるファンもいるだろう。
 しかし、やはり元エース、元絶対的クローザーは凄いと言える。


スポンサーリンク



 上原浩治の2018年8月31日現在の成績は防御率3.90、11ホールド、WHIP1.03である。
 ここで見るべきは、防御率よりもWHIPである。
 WHIPとは、1イニングあたり何人のランナーを出したか、を平均した数値である。つまり上原浩治は1イニングあたり、1.03人のランナーを出すと簡単に見ることができる。
 1イニング1人のランナーを出すのは、あんまりいいとは言えないと思う人もいるだろう。
 しかし、よく考えればヒット1本、1四球を出せばWHIP2.00になり、目も当てられない成績になる。
 これをシーズン平均で1.03にまで収めるということは、1回登板すればヒット1本だけで抑えられるというシンプル、明快な好成績であると言える。
 先発投手としてはWHIP1.00前後でエースと呼ばれる成績である。
 中継ぎ投手に関しても1.10以下の投手はランナーをそれほど出さないで閉めるというわかりやすい指標である。


スポンサーリンク



 また、上原浩治はK/BBも優れた成績を残している。K/BBはケービビーなどと読んだりするが、三振数を四球数で割った指標である。
 つまり、1つの四球を出すことまでに何個の三振を取れたのかという奪三振能力、  四球を出さない制球力を示す指標である。
 この指標は、3.50が優秀な成績であると言われるが、上原浩治のK/BBは5.25である。
 この成績は目を見張るほどである。
 中継ぎで三振が欲しい時に三振が取れ、四球を出してはならない時に四球を出さない、中継ぎ投手では非常に評価されるべき数値を上原浩治は叩き出しているのである。

 今シーズンそして来年以降、ベテランである上原浩治はどのような成績を残すのかは予測することはなかなか難しい。
 しかし、上原はもうダメだと思うのは早い。今シーズンは中継ぎ投手として、戦力になっている指標をすでに示しているのである。



スポンサーリンク


 以上。

 

 今後、取り上げてほしい選手などございましたらコメントやTwitterの方に遠慮なく書き込みをお願い致します。
 Twitterのリンクは下に貼ってありますので、よろしくお願い致します。





 

スポンサーリンク



 
巨人にはもったいない選手が多すぎる。
中井大介、宮國椋丞、宇佐美真吾...大きいポテンシャルがありながら2軍で生活している選手が多すぎるのである。
 読売ジャイアンツはFA権を得た選手を補強することがある。それ自体は悪いことではない。
 補強ポイントが明確な以上、そこを補強するのは自然なことだろう。しかし補強するがゆえに、腐りかけている選手がいるのである。 飼い殺しと言ってもいいかもしれない。
 日本プロ野球は1チームの一軍の試合に出場できるのは25人であり、その枠を奪い争う。プロの競争である。外国人においてはさらにその中の4人という小さい枠を争う。プロの競争が厳しいというのはまさにこのことである。
 しかし、巨人にいる選手というのはこの競争が厳しすぎる。外野手には、長野久義、亀井義行、陽岱鋼、ゲレーロ、重信慎之介などが犇めく。
 最近では吉川尚輝や岡本和真にチャンスを与えて、成功した例があるが、それでもまだ飼い殺しをしてしまうほど、巨人の層は厚い。


スポンサーリンク



 ここで少しアメリカを例にあげよう。
 メジャーリーグでは 一軍であるMLBの枠が40あり、そのうち試合に出られるアクティブロースター枠は25である。
 ここまでは日本とさほど変わらない。
 しかし、アメリカは二軍以下(AAA、AA、 A+、Afull、A-、Rookie ...など)が多くあり月収20万程度で生活している選手がほとんどである。ここまで聞くと、メジャーリーグは巨人以上に飼い殺しをしているのではないか?と思われるだろう。
 もちろんそれだけの人数がいたら活躍できる選手が限られてくる。しかしメジャーリーグはNPBと違い、その問題に対して
対策があるのである。
 大きな対策としては
トレードである。私はアストロズファンであるので、具体的な名前を出さないが2015年7月30日に成立したトレードを紹介しよう。
 アストロズは2014年まで弱小であったが、そこまでは再建期であった。メジャーリーグでは、ドラフト会議においてその年の最も勝率が低かったチームから順に好きな選手を指名していくため、弱小チームは再建をする。
 アストロズはその再建期であったため多くの有望株を有していた。
 そして2015年、デビューした有望株を含めた選手たちで地区首位を走っていた。
 それでもなお、アストロズはまだ多くの有望株を有していた。
 そこで、行われるのがトレードである。アストロズは地区首位とプレーオフに向けて戦力補強のため、将来活躍するであろう有望株を4人を放出し即戦力の野手1人、投手1人を獲得した。
 これはメジャーリーグではよくある話である。
 つまり、何が言いたいか。
 現在強いチームは現在弱いチームに有望株を多く与え、現在弱いチームは即戦力になるであろう中堅プレイヤーを現在強いチームに少し与える(有望株4人 対 即戦力2人のトレードなど)。
 このシステムがあると有望株たちは飼い殺しすることがなく、むしろ現在弱いチームから名を上げスーパースターになることがある。
 これについて、日本プロ野球は大いに見習ったほうがいいのではないだろうか。特に巨人は。

 日本にも、トレードのシステムはある。しかし、その頻度が少なすぎる。なぜトレードが少ないのか。それは、トレードにネガティブな印象があるからではないだろうか。トレードに出すということは"捨てる"という印象があるからではないだろうか。
 しかし、その考えは真逆である。トレードは
"捨てるのではなく生かす"ということであると考え直したほうがよいだろう。
 また、トレードで他のチームに渡った選手を応援するというのも楽しみの1つではないかと私は考える。

 巨人は"優勝以外は最下位と同じ"という考え方を改め、球団には再建期があり、その後最盛期があると考えたほうがよいのではないだろうか。
 飼い殺しをすることなく、我慢して有望株を使うということを覚えたほうがよいのではないだろうか。


スポンサーリンク


 以上。

 

 今後、取り上げてほしい選手などございましたらコメントやTwitterの方に遠慮なく書き込みをお願い致します。
 Twitterのリンクは下に貼ってありますので、よろしくお願い致します。




 

 岡本和真は現在、巨人の4番として開花し、目覚しい成績を残している。
 今回は岡本和真の打撃成績について、見ていきたい。


  岡本和真の、2018年8月28日現在の成績は、打率,305 本塁打26本 打点79 出塁率,383 OPS,907である。

 ここで、
OPSとは出塁率+長打率で算出される成績で、打率や出塁率よりもさらに得点への相関が高いと言われ、メジャーリーグでは既に主流の指標であり、ここ数年日本でも注目されている指標である。
 野球のみならずスポーツは点を取らなければ勝てない。ゆえに、得点への相関が高いこの数値を重視すべきものあると言える。
 さらにOPSに説明を付け加えるならば、一般的な経験則から「,800以上,899以下は優れた選手」「,900以上,999以下でスーパースター」と言えるものである。
 つまり岡本和真の,907という成績はスーパースターと言っていい成績である。

 ここまでが、岡本和真の打撃成績をザックリと説明したものである。

 
次に、私個人の全く違う見解を示していきたい。



 岡本は打率,300を超え、将来は三冠王を目指せる選手になる可能性があるということを4年目のシーズンの成績が教えてくれている。
 しかし、三冠王、打率打点ホームランだけを見るという評価をしてしまうと選手を評価する指標が狭められ、ファンとしての視野が狭くなる。

 ファンが重要視するべき成績は打率打点ホームランの他に出塁率とOPSである。OPSは前述の通り素晴らしいものである。次は出塁率、,383という数字である。
 出塁率は牽制死や盗塁死を除けばアウトにならない確率であるが、岡本和真の出塁率はリーグ14位であり、客観的に見て、それほど目覚しいものではない。

 ここで言いたいことは、出塁率がさらに上がれば、無敵の成績、巨人にいた頃の松井秀喜のような選手になる可能性があるということである。
 松井秀喜が岡本と同じプロ4年目の時の出塁率は,401である。岡本よりも2分高い成績であり、その時のOPSが10割を超えている。
 岡本の成長をさらに考えるならば、打率打点ホームランだけではなく、出塁率をさらに上げていくべきではないかと考えている。
 打率が,305であり、一発がある打者ならば相手が勝負を避け、四球を多く出す可能性がある。
 メジャーリーグでは30本塁打で打率が3割超える選手は大体は出塁率4割を超える。
 すなわち、ホームランで点を取れる選手でありながら、さらに出塁してチャンスメークをする確率を上げられ、得点につながる可能性が高くなるということになる。
 ここの領域まで、足を踏み入れた巨人の生え抜き選手では松井秀喜、阿部慎之助、高橋由伸の3人以来いない。
 つまり、さらに一皮剝けることができれば、この3人の選手に肩を並べるほどの選手になるということである。

 現状でもかなりの成績を残している岡本和真ではあるが、まだそのポテンシャルは完全に開花していないと思われる。これはある意味、嬉しいことであると私は考える。



以上。

今後、取り上げてほしい選手などございましたらコメントやTwitterの方に遠慮なく書き込みをお願い致します。
Twitterのリンクは下に貼ってありますので、よろしくお願い致します。


Twitter : 遊撃手ファンのG党 Astros好き  
 

 坂本勇人が怪我から復活、即安打を放った。
 やはりキャプテンの能力の高さを知らしめた結果であろう。
 そこで今シーズンの坂本勇人の成績と来期はどのような成績を残すのかを考えてみることにする。



 坂本勇人の2018年シーズンの現在の成績は、打率,327 13本塁打 出塁率,416である。
 この成績はショートとしてはとてつもなくいい成績である。
 特に眼を見張るのは出塁率であろう。
 数多くいる野手の中において、リーグ7番目の出塁率の高さである。
 出塁率は、牽制死や盗塁死などを除けば、アウトにならない確率である。この数字が高いということは、1番打者に求められる出塁に大きく寄与し、より得点を稼ぐことに影響を与えることである。
 離脱をしていた坂本が、成績をやや落とす可能性は否定できない。しかし勝利には大きく貢献できる、キャプテンとしての最高の牽引力をこの成績が証明している。



 しかし、心配な要素を1つ言っておこう。
 来期の坂本勇人の成績が落ちるのではないかということである。
 なぜ坂本勇人の打撃は若干落ちると予想できるのか。
 それはセイバーメトリクスの1つ、BABIPを見ればわかることである。
 坂本勇人のBABIPは現時点で、,380近い値である。
 この数字はセリーグでトップ3に入る高さである。
 BABIPとは、本塁打以外のグラウンド内で安打になった割合である。この指標は単純に,300を基準にそれを上回れば運が良く、下回れば運が悪いというものである。

 つまり、坂本勇人は現在セリーグでトップ3に入る運のいい打者であると言えるのである。
 比較として横浜DeNAの筒香は,320ほどの値である。
 つまり、筒香よりも坂本勇人の方が圧倒的に落ちる可能性が高いと簡単に予想できるのである。
 セイバーメトリクスでは”安打は運の要素が強い”とされている。
 このBABIPで3割前半の打率となると、シーズン後半戦、長くても来シーズンは打率3割を切る可能性が高いと予想できる。

 これは心配の一つではあるが、それでも今シーズンの坂本勇人の成績は素晴らしいものである。来シーズン、打率は下がる可能性はあるが、四死球やホームランが増えれば、OPSなどに関しては、さらなる飛躍も考えられる。

 来期のキャプテンの活躍には、期待をしている。





今後、取り上げてほしい選手などございましたらコメントやTwitterの方に遠慮なく書き込みをしてください!






 


 

 高橋由伸、巨人ファンのなかではおそらく圧倒的な人気をはくしている選手の一人であった。
 現読売ジャイアンツの監督にして、全盛期は元メジャーリーガー松井秀喜と肩を並べる、生きる伝説である。
 私は高橋由伸に魅せられた一人である。


 慶応大学野球部で、1年生からレギュラー。
 当時は内野も守ることも多く、それだけ彼の野球センスは非凡なものであったと言える。4年生時には六大学春季リーグにて、三冠王に輝いた。
 それだけでは飽き足らず、六大学野球のホームラン記録を塗り替える通算23本のホームランを放ち、大学野球のスーパースターになった。天才的な打撃と美しいバッティングフォーム。
 多くの巨人ファンは彼に魅せられた。

スポンサーリンク


 しかし、高橋由伸はプロ野球においては無冠である。


 ルーキーイヤーから打率、打点、本塁打は高い数値を残し将来を嘱望された選手の一人であった。もちろんその期待にこたえ、何年もの間スターであり続けた。ではなぜ、彼は全盛期であってもタイトルや表彰という名誉ある賞を取れなかったのか。その理由は2つあると考える。

 1つ目の理由として、巨人ファンの誰もが1度は思っているであろう"ケガ"の多さである。彼の外野守備は一級品でありゴールデングラブ賞を7度も獲得したほどである。しかし、その代償は大きく守備に必死になるがゆえ、外野フェンスに直撃し骨折ということは度々あった。これはよく言えば"野球に全てをつぎ込む選手"であるが、悪く言えば"ケガのしやすい選手"である。このようにケガは無冠に大きく繋がる。

 2つ目の理由としてあげられるのが、"運の無さ"である。高橋由伸はルーキーイヤーの1998年に新人王間違いなしの成績を残した。規定打席に到達し、打率.300、19本塁打、75打点 という成績だった。例年なら新人王確定という成績である。しかし、この年にはもう1人新人王候補がいた。それが後、中日ドラゴンズのエースとなる川上憲伸である。川上憲伸はその年、161.1回を投げ 14勝6敗、防御率2.57、WHIP1.08という成績を残し、新人王に輝いた。ここでまず1つ、運の無さが際立ったシーズンであった。

 翌年の1999年、さらにレベルを上げ打率.315、34本塁打、98打点という成績を残したが、その年の横浜のローズ、そしてヤクルトのペタジーニが圧倒的な成績を残し、 巨人ではNo.1の成績を残すものの、タイトルには及ばなかった。

 00年,01年と全ての試合に出場するも、この2年目の成績には及ばなかった。また2003年、ジャイアンツから松井秀喜がメジャーへ渡り、選手会長を務めることとなる。この年は腰痛で戦線離脱することもあったが、11打数連続安打の日本記録に並ぶなど記録は作るがタイトルには及ばなかった。
スポンサーリンク


 それから、すこし飛び2007年のことを話してみようと思う。私はここに一番の焦点を当てなければならないと思っている。この年ジャイアンツは2002年以来5年ぶりのリーグ優勝を果たし、優勝チームのジャイアンツから小笠原道大選手がMVPに選ばれた。
 そこで私はこの年、日ハムから移籍してきた 小笠原のMVPは不当であると考える。
 これを聞いた巨人ファンや小笠原選手のファンは怒るかもしれない。しかし、私の意見は変わらない。この年のMVPは高橋由伸が取るべきであった。ここでも不運である。その理由を述べよう。なぜ小笠原道大じゃなく高橋由伸を強く推すのか。それは、成績をみれば一目瞭然である。まず小笠原道大のこの年の目につく成績を見てみると
打率.313、31本塁打、88打点 である。
 それに対し、多くの試合で1番打者をつとめた高橋由伸の成績は
打率.308、35本塁打、88打点である。この成績を並べると、小笠原道大でも高橋由伸でも五分五分の成績であると見え、小笠原道大のMVPは不当であると断言することはできないであろう。おそらく、MVPを決める記者投票で投票者たちはこの成績とFA移籍での小笠原道大のインパクトでMVPを決めたのかもしれない。しかし、それはあまりにもお粗末な決め方であり、日本のプロ野球に浸透している "打率主義""悪い方向へのエンターテインメント重視"の醜い姿にしか見えない。
 小笠原道大と高橋由伸の出塁率を比べれば驚くべき差があることがわかる。小笠原道大は出塁率.363であるのに対し高橋由伸は出塁率.404である。ここで高橋由伸の出塁率の凄さを説明する。高橋由伸はこの年打率.308で出塁率.404である。

 ここで比較する対象を大リーガー イチローにしてみよう。大リーグの成績と比べるのは少々的はずれだが、凄さを測る指標としてはわかりやすいものである。イチローは2004年メジャー記録を塗り替える262本のヒットを放ち歴史に名を刻んだが、このときの打率.372であった。そして、出塁率.414であった。
スポンサーリンク


 あれ?とお気づきであろうか。
イチローはメジャー記録のヒット数を打ち打率が.372であったにもかかわらず、出塁率.414(イチローがメジャーで出塁率が4割を越えたのはこのシーズンのみ)。高橋由伸は打率.308で出塁率が.404。2007年、高橋由伸は四球を選ぶということに大きな存在感を示した、つまり卓越した選球眼をもっていたのだ。これにより、高橋由伸は1番打者の必要条件である"出塁すること"を最も考えてプレーしていたのではないのだろうか。これだけで、MVPを与えたくなるほどである。

 しかしもう1つ理由がある。
 メジャーでは主流となっている、OPSという評価基準である。
 OPSとは出塁率+長打率で算出される成績で、打率や出塁率よりもさらに得点への相関が高く、ここ数年日本でも注目されている指標である。野球のみならずスポーツは点を取らなければ勝てない。ゆえに、得点への相関が最も高いこの数値を重視すべきである。
 2007年、小笠原道大のOPSは.902であった。それに対し、高橋由伸のOPSは.982であった。この高橋由伸のOPSはリーグ1位の成績である。つまり、高橋由伸は小笠原道大以外のあらゆるスター選手よりも1番得点に絡む成績を残していたのである。これを重視しないでMVPを決めてしまうのはあまりにも楽観的であり、高橋由伸は不運であったとしか言えないだろう。
(日本の野球も少しずつこのような指標を取り入れてきている。これからのMVPや新人王を選出するための指標として大いに活用していくべきであると考える。 )

 もう1つ、不運なのが2007年のホームラン王が取れなかったことである。その年、T・ウッズ、高橋由伸、村田修一で35本でホームラン王を分け合うかのように思えた。しかし当時、横浜に在籍していた村田修一が2007年シーズン最後の打席でホームランを打ってしまい結果、高橋由伸はホームラン王になれなかった。


 このような理由があり、高橋由伸は新人王、MVP、ホームラン王の座を不運にも逃してしまったという経緯が  高橋由伸が無冠の帝王である理由である。

 私は、高橋由伸選手が好きでジャイアンツファンになったくらいである。由伸ジャイアンツとなった現在、成績は芳しくないが、まだ若い。一生野球に関わるだろう。今後の野手以外での活躍が非常に楽しみである。


以上。



今後、取り上げてほしい選手などございましたらコメントやTwitterの方に遠慮なく書き込みをしてください!




 

>

このページのトップヘ