野球を数字で見るブログ

本ブログで、「野球を数字で見る」面白さがわかります。 主に、日本プロ野球での成績を数字で見て考察します。 本ブログで扱うデータに関して、正確性は保証されておりません。本ブログの情報を元にデータを作成して起こる損害に対しまして、一切の責任を負いません。ご了承ください。

2018年11月

はじめに
 巨人入りを決断した丸佳浩であるが、広島カープでの最終年となる2018年にMVPを受賞した。
 優勝チームで最も活躍した選手であり、それどころかリーグで最も活躍した選手が丸佳浩であるため、当然の出来事である。

 本記事は、丸佳浩の規格外すぎる2018年シーズンの成績を見て考察し、どれほど凄いかを示していく。
スポンサーリンク
 
打率 本塁打 打点
 まず打率に関しては、打率.306.300を上回っており、特に文句の付け所はないだろう。
 打率主義の日本プロ野球では3割打者は一流と言われる。
 打率においては一流の成績を残したと言える。
 本塁打に関しても文句の付けようがない。
 最多本塁打には惜しくも届かなかったが、セリーグ2位の39本を放ち、スラッガーとしてその才能を発揮した。
 打点数に関しては100打点に届かなかったが、打点は運の要素が強いため、直接的に丸佳浩の打撃の凄さを表せない数字である。
 そのため、それほど気にする必要はないと考えるが、97打点なら一般的に好成績と言われるだろう。

出塁率
 最も優れている点の1つが出塁率である。
 丸佳浩は出塁率.468を記録し、これは日本プロ野球の長い歴史の中で、歴代8位の成績にあたる。
 ちなみに出塁率の歴代1位、2位、4位は落合博満であるため、選手の数としては歴代5人目の出塁率であると言っていい。(落合博満の凄さを感じる)
 出塁率は、四球数に大きく影響を受ける。
 丸佳浩は2018年に130個の四球を選び、これは2018年シーズンの12球団全選手の中でダントツの1位である。
 出塁率は「アウトにならない確率」であるため、丸佳浩は「アウトにならない確率が歴代8位である」と言える。
 これは規格外の成績である。


OPS
 OPSとは”出塁率+長打率”で算出される数字で、得点との相関が非常に高く、順にOPS>長打率>出塁率>打率という上下関係がある。
 OPS.900を上回ればスター選手、OPS1.000を上回ればMVP級の選手と評価される。
 丸佳浩は
OPS1.096という成績を記録し、これは異常なほど良い成績である。
 まさにMVP級の成績である。
 比較すると、レジェンド王貞治の通算OPSは1.080である。
 通算成績ではあるが、丸は王貞治と同等レベルの成績を残していると言える。
 これほどまでいい成績の日本人選手は過去に日本の四番の筒香嘉智と柳田悠岐、そして元メジャーリーガーの松井秀喜くらいしか思い浮かばない。
 そのくらい素晴らしい成績である。

wRAA
 wRAAとは、「平均的な打者が同じ打席数立った場合に比べて増やした得点」を表す指標である。
 wRAAが高ければ高いほど、当然チームの得点に大きく貢献したと言える。
 丸佳浩はおよそwRAA 60.82を記録している。
 つまり、平均的な打者が丸佳浩と同じ566打席に立った場合と比べ、丸佳浩はおよそ60〜61点の得点をチームにもたらしたと言える。
 これはセリーグ1位の成績であり、いかに丸佳浩が広島カープの得点に貢献したか、数字でわかる。
スポンサーリンク
 
まとめ
 ここまで、2018年シーズンの丸佳浩は「圧倒的な選球眼を持ち、長打力も申し分なく、それらの能力に伴ってセリーグでは得点に最も絡むことのできた選手である」 と言える。
 まさに規格外の選手であり、MVPは朝飯前といった次元の選手である。

関連記事


参考にしたサイト
1.スポナビ
2.Wikipedia
記事終了


はじめに
 ベストナインに選出された西武ライオンズの秋山翔吾は、その称号に恥じない素晴らしい成績を収めている。
 本記事では、秋山翔吾の2018年シーズンの成績を見て、どれほど凄い打者なのかを評価していく。
スポンサーリンク
 
打率 本塁打 打点 
 打率.323 本塁打24本 打点数82は十分な成績であろう。
 打点数は運の要素が非常に強いため、それほど気にすることはないが、打率.323で2年連続で3割以上をマークし、本塁打24本は最も本塁打を放った2017年の25本に限りなく近い。
 2018年の秋山翔吾は相変わらずの安打製造機としての活躍をしていた。
 本塁打も打てるため、1番打者ではなく2番や3番に置いても良い活躍を見せられると考える。

出塁率とOPS
 出塁率.403 OPS.937という成績も無視できる成績ではない。(OPSとは「出塁率+長打率」で算出される指標であり、得点との相関は打率よりも高い。)
 出塁率はリーグ4位の成績である。
 出塁率は安打と四球の要素があり、四球を選ぶ選球眼も反映される。

 「出塁率=アウトにならない確率」であるため、秋山翔吾はリーグで4番目にアウトになりづらい打者であったと言える。
 西武ライオンズの打線の繋がりを考えたとき、秋山翔吾のアウトにならない確率は非常に良い働きをしていたと言える。
 OPSは.900以上でスター選手と言われるため、秋山翔吾のOPS.937はまさにスター選手の成績であり、例年ならばMVPを取っても良いほどの好成績である。
 OPSもリーグ4位であるため、得点との相関を考えてOPSだけを見ると、「リーグで4番目に得点に絡む打撃をした打者」と言える。

 
wOBAとwRAA
 ここで聞き馴染みのないwOBAとwRAAを見てみる。
 wOBAとは出塁率やOPSなど、打席での結果で決まる数値であり、簡単に言えば、「打者が各打席でどのくらい得点に関係する打撃をしているか」ということを評価する指標である。
 つまり、wOBAが高ければ高いほど得点に絡む能力が高いと言える。
 秋山翔吾はwOBA.404を記録している。
 wOBAは平均が.320〜.330になる指標であるため、秋山翔吾は平均を大幅に上回るほど得点に絡む打撃をしたと言える。
 西武ライオンズで比較すると、浅村栄斗がwOBA.387であるため、浅村栄斗よりも得点に絡む活躍をしたと言える。 

 そしてwRAAとは、「平均的な打者が同じ打席数立った場合に比べて増やした得点」を表す指標である。
 もちろんwRAAが高ければ高いほど、チームの得点に大きく貢献したと言える。
 秋山翔吾はおよそwRAA 46.55を記録している。
 つまり秋山翔吾は、平均的な選手が同じ685打席に立った場合と比べて、およそ46点~47点もの得点を増やすことができたということである。
 浅村栄斗で比較すると、wRAAがおよそ36.28であるため、秋山翔吾は浅村栄斗よりも得点を増やすことができたと言える。
 wRAAは40.00を上回るとMVP級と称されるため、秋山翔吾はここでもMVPを取っても良いほどの好成績であったと言える。
スポンサーリンク
 
まとめ
 ここまで、秋山翔吾の主な成績を見てきたが総括すると、秋山翔吾は「安打を打つ能力、選球眼、長打力、得点に絡む能力、全てにおいてMVP級の活躍をした打者である」と言える。
 2018年シーズンは、チームメイトの山川穂高の台頭によりMVPを受賞することはできなかったが、浅村栄斗よりも良い成績を残していた。
 例年ならばMVPを取ってもおかしくない成績であった考える。

関連記事

参考にしたサイト
1.スポナビ
2.
日本野球機構,NPB.jp 
記事終了


はじめに
 丸佳浩が巨人に入団する決意を固めたことがわかった。
 およそ推定5年35億円の契約での移籍である。
 本記事では丸佳浩の加入によって「巨人がどう変わるのか?」ということについて簡単に述べる。 

スポンサーリンク
 
変化1 外野手の固定
 巨人は2018年に外野手として13人の選手を起用した。
 その中で、100試合以上出場している選手は長野久義と亀井善之の2人だけである。
 これは外野だけでなく、他のポジションでも言えることだが、「ポジションを固定すること=主戦力」という話になる。
 例えば、遊撃手で固定されている坂本勇人は当然巨人の主戦力である。
 また、一塁手として固定している岡本和真も主戦力である。
 2人の成績は文句の付けようがない。
 一方で、固定されていない二塁手の吉川尚輝や田中俊太は主戦力とは言えない成績である。
 捕手の小林誠司も現状は主戦力とは言えない成績を残しており、大城卓三にポジションを奪われそうな勢いである。
 小林誠司は119試合、大城卓三は66試合に出場しており、小林誠司は前年の2017年シーズンから20試合ほど出場試合数を減らした。
 そのため、あらゆるポジションを固定できること、正確に言えば「固定できるほどの成績を残せる選手がいること」はチームにとってプラスに働くのは言うまでもない。
 丸佳浩が加入することにより、ほぼ全試合を外野1人固定できることでチーム成績は良くなる可能性はある。


変化2 得点力の増加
 レギュラーではなく併用されていた陽岱鋼とゲレーロの2人の成績を、レギュラーになることは確実である丸佳浩の成績に置き換えるとどうなるか?
 得点力の増加が起きるのは当然であるため、簡単にそのことについて述べる。
(wRAAという指標を使って算出した。その指標についての難しい話はしないが、増やした得点数が陽岱鋼は約–0.90、ゲレーロは約+10.94、丸佳浩は約+60.82ということを元に述べる。)

 2018年シーズン、不良債権である陽岱鋼とゲレーロを併用していたが、この2人を使うことによって巨人はおよそ
+10点の得点を増やすことができた。
 しかし、丸佳浩1人を固定して使った場合、およそ+61点を増やせる計算になるため、単純計算で丸佳浩が2人分を代わりに出場すれば、現状の巨人の得点をおよそ+51点増やすことになる。(単純に+10点から+61点になった場合、その差は+51点である) 
 これを巨人の2018年の得点数625点にプラスすると676点であり、2位ヤクルトスワローズの得点数658点を大きく上回る。
 つまり、得点能力はリーグ2位になる。
 さらに、広島カープが丸佳浩を放出し、代わりに平均的な打者で置き換えた場合、2018年の得点数721点から丸佳浩が稼ぐ得点数である+61点を引けば、660点となり、巨人より得点力が下回ることになる。
 つまり、巨人がリーグ1位の得点能力があるチームとなる。
 陽岱鋼とゲレーロには申し訳ないが、丸佳浩の加入で2人の不良債権がいなくなってもリーグ優勝できるだけの得点力を得ることができる。
スポンサーリンク
 
まとめ
 丸佳浩の加入が確実になったため、巨人の得点力は圧倒的なものになる。
 外野手も固定でき、これ以上ないほどの戦力を手にすることができたのだ。
 5年35億円という契約には賛否が別れるが、目的は優勝することというのは間違いなく、巨人は丸佳浩の加入で目的を大いに達成できると考える。

関連記事

参考にしたサイト
1.スポナビ
2.日本野球機構,NPB.jp
記事終了




このページのトップヘ