はじめに
 大阪桐蔭高校の根尾昂内野手の交渉権を中日ドラゴンズが引き当てた。
 本記事では、その根尾昂内野手の通算成績とまではいかないものの、2017年と2018年の夏の甲子園までの、比較的大きな大会での成績、打率、打点、本塁打、そしてちょっとしたセイバーメトリクスの成績も評価していく。
スポンサーリンク

成績一覧
 サンプルとする2017年途中から2018年夏の甲子園までの8大会での根尾昂内野手の打撃成績は、出場28試合 打席数111 打率.382 本塁打6本 打点数25 出塁率.495 OPS1.090 BABIP.429 である。

打率 出塁率
 8大会での通算打率は.382である。
 ショートとしては非常に高い打率である。
 打率に関しては文句の付け所がない。
 ミートポイントの広い金属バットを使用していることを差し引いても、圧倒的なミート力があることは確かである。
 さらに、根尾選手は
111打席に立ち出塁率は.495ある。
 この数値も圧倒的である。
 出塁率は四球数に大きく依存する。
 名著であり、映画化もされた「マネーボール」の言葉を借りれば、

 「ストライクゾーンをコントロールできる能力が、じつは、将来成功する可能性と最もつながりが深い。
そして、ストライクゾーンを操る術を身につけているかどうか、最もわかりやすい指標が四球の数なのだ。」

 つまり、根尾選手は圧倒的にストライクゾーンをコントロールできる能力を身につけていることになる。
 この数字は、凄いという言葉では表現できないほどの好成績である。
 メジャーリーグでのイチローの場合、根尾選手に似たような打率を残してきたことはあるが、そのイチローですら、メジャーリーグで出塁率.400を越したことは1度しかない。
 そう考えると、根尾昂はどれほどのポテンシャルを持っているのかが分かるだろう。
スポンサーリンク

OPS
 
OPSとは、セイバーメトリクスの指標の1つで、"出塁率+長打率"で算出される率である。
 その数値は得点との相関性が非常に高く、得点との相関性は高い順にOPS>出塁率>打率という関係があり、OPSが高い選手ほど得点に絡む確率が高いと言える。
 一般にOPSは.900を越えれば優秀、1.000を越えればプロ野球ではMVP級であると評価される。
 そんな中、根尾選手の111打席でのOPSは1.090という数値であった。
 これも圧倒的な数値である。
 特に、第100回夏の甲子園では、OPSは1.600を超えている。バリーボンズよりもいい成績である。
 通算の長打率も.580に迫る勢いである。

 かなり打てる、ということはここまでで分かると思う。

BABIP
 ただし、夏の甲子園でのBABIPは.400を超えていた。

 BABIPとは「ホームランゾーン以外に打球が飛んだ時の打率」であり、セイバーメトリクスでは”運”を評価するときに使用される。
 打者の場合、BABIP.300を超えると”運がいい”とされ下回ると”運が悪い”と評価される。
 つまり、まさに運で打った「ボテボテの内野安打」でも、力で打った「快心の二塁打」でもヒットには変わりはないため、BABIPが大きな値の場合は、運で打った打球の割合が顕著に示されるだろうということだ。
 根尾選手が、BABIP.400を超えていたというのは、確かに運が多少はあったのかもしれない。
 高校野球の相手チームの守備力に大きく依存するからだ。
 プロ野球の守備力を考えた場合、成績は落ちることは間違いなく起こり得る。

 しかし、根尾選手はホームランが打てる打者である。
 BABIPでは本塁打を含まず、本塁打は運とは無関係としている。
 そのため、実力は確かにあると言える。

まとめ

 根尾昂内野手の成績を見てきたが、総括すると「運の要素がある程度強いが、打率が残せ、ストライクゾーンをコントロールできるほどの選球眼を持ち、長打も打てる遊撃手」と評価できる。
 中日ドラゴンズは現在は比較的弱いため、新人の出場機会は多いだろう。
 そのため、根尾昂内野手が中日の一軍選手としてグラウンドに立つことは、案外近い内に起こり得ると考える。


関連記事

↓ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで流します。