はじめに
 クライマックスシリーズや日本シリーズはシーズンとは違う難しさがあることはわかっている。
 実際に日本プロ野球では2018年、その難しさが顕著に出た年だろう。
スポンサーリンク
 
西武とソフトバンク
 2018年シーズン、西武ライオンズは2位ソフトバンクホークスに6.5ゲーム差をつけてリーグ優勝を果たした。
 しかし、クライマックスシリーズはソフトバンクが4勝1敗で日本シリーズ進出を決めた。
 ソフトバンクはそのままセリーグから勝ち上がったセリーグ1位の広島カープを破り、日本一に輝いた。
 下克上と言われるが、西武ファンや広島ファンの方々は悔しい思いをしたに違いない。
 西武の辻監督はインタビューで涙したことは記憶に新しい。

ヤクルトと巨人
 同じくらい驚きなことは、巨人がヤクルトを下し、ファイナルステージに進出したことである。
 菅野智之のノーヒッターは11月になった今でも鮮明にファンの記憶に刻まれている。
 間違いなく今後も受け継がれていく記録であろう。
 
世界的チームでも難しい 
 名著であり、映画化もされた「マネーボール」で登場するオークランド・アスレチックスのGM、ビリービーンもプレーオフの難しさを語っている。
 ビリービーンは、チームをプレーオフまで導くことが仕事であって、そこから先は予測できないと語っている。
 つまり、短期決戦はまさに予測不能なのだ。
 現在行われている日米野球では第1試合、柳田悠岐のサヨナラホームランで決着するが、メジャーリーガーも本気で勝ちにきているため、普通ならば日本が簡単に負けていてもおかしくない試合であった。
 来日しているメジャーリーガーでスーパースターはモリーナくらいで、他はかなりの有望株や若手選手(アクーニャ、ソト、リアルミュートなど)である。
 ただ、短期決戦の難しさが出た試合をしていた。
 柳田悠岐が打ったのはパドレスのリリーフエースのイェーツという投手で、シーズン防御率は2.00台前半で、奪三振率10.00ほどある投手であった。
 ただ、明らかに球が浮いていたため、柳田悠岐に打たれる事態になった。
 ここが予測不能を引き起こす要因なのだろう。
 イェーツが出てきたから普段なら勝ちだと思っても急に制球を乱したりする。
 そのため、打たれる。

 数字では測りきれない領域に短期決戦があり、それをコントロールすることは非常に難しい。
 メジャーリーガーでも難しいのだ。
スポンサーリンク
 
最後に
 メジャーリーガーでも難しいことは当然日本人にも難しい。
 プレーオフで勝ち抜けるチームは運が良いと言ってしまえば、その通りなのかもしれない。
 コントロールすることのできない物事をコントロールすることが間違いなのかもしれない。
 「この投手が通用するか試したい」と思い、日米野球で通用しても、予測不能なオリンピックのような短期決戦において、いざ本番のオリンピックになれば制球難で大量失点してしまう可能性もある。
 そのため、日米野球で抑えたからと言って、世界で通用すると勘違いしてしまっては駄目である。
 これが本記事の題目である短期決戦の難しさなのだ。

関連記事

ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。