はじめに
 日本では、プロでもアマチュアでもノーアウトランナー1塁の場面で送りバントをすることがよくある。
 しかし、それは必要なのだろうか?
 難しいことは全く話さず、簡潔に送りバントが必要なのかを数字で検証していく。
スポンサーリンク
 
送りバントをしないチーム
 先にも述べたように、送りバントは、ノーアウトランナー1塁の場面で送りバントをすることは日本においてはよくある。
 高校野球やアマチュア野球、プロ野球においても大いにある。
 対して、メジャーリーグでは、1チーム162試合のシーズンの中で、送りバントの数は二桁の30犠打ほどで、2018年シーズンのボストンレッドソックスにおいては6犠打という数である。
 しかし、レッドソックスはそれでも30球団最高勝率である。
 なぜ、バントをしないのか?答えは簡単。それは勝率に結びつかないからである。

送りバントと勝率の相関
 勝率とバントはほとんど相関がない。むしろマイナスに傾くのである。それを以下で示していく。
 相関関係を表す言葉で、相関係数というものがある。
 これは最大1.00と決め、0.00(ゼロ)という値になると、全く相関がなく、–0.50のようなマイナスの値になると、逆に下がる傾向になる。

 つまり、勝率と結び付けて、値が1.00の場合は必ず勝利に導くプレー0.00になると勝利と全く関係ないプレー–0.50のようなマイナスの値になると逆に勝利を妨げるプレー、と言い換えられる。
 セリーグの2013年〜2017年シーズンの送りバントと勝率の相関係数を計算した結果、–0.179となった。
 つまり、送りバントをしていると逆に勝率が下がってしまうということを示している。

日本プロ野球の場合
 日本プロ野球のチームは送りバントをよく使う。
 2015年に関しては12球団全てが100犠打を記録している。
 しかし、下のグラフのような推移をたどっていることは、実際の数値から出せる。
 これは、2013年〜2017年シーズンのセリーグでの犠打の総数のグラフである。


 バント数の推移

 2016年以降、2015年以前と比べて、明らかに送りバント数が減っているのである。
 メジャーリーグの影響からかは分からないが、少しずつに送りバントを減らしていこうとしているように読み取れる。

日本の球団がするべきこと
 横浜DeNAベイスターズのアレックス・ラミレス監督は、比較的アメリカ野球に近いことをしてくる。
 投手を8番、野手を9番において打順9,1,2番の繋がりを大事にするということもアメリカ野球の1つの要素だ。

 こういった傾向から、日本の犠打は少しずつ減っていき、データに忠実なチームが作られる可能性がある。
 もしも、チーム再建をするのであれば、他球団がまだ行っていないことをするべきである。
 それは、犠打を減らしてバッティングを重視することから始めれば勝率は上がる可能性は高いし、他球団がその波に乗り遅れている隙に優勝できる可能性もある。

スポンサーリンク
 
まとめ
 送りバントをするときは、ノーアウト1塁だからという理由で漠然とするのでは勝利につながらない。本記事ではそれを数字にして勝率との相関を相関係数−0.179という結果を示した。
 今後、日本でもこのデータを頭の中に入れておいてゲーム内でどう判断するかがチームの勝利に繋がると考える。

関連記事 



ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。


参考にしたサイト
1.日本野球機構,NPB.jp

ブログランキングも是非!