はじめに
 読売ジャイアンツの原辰徳となると、10代20代の世代は監督と菅野智之の叔父の印象しかない。
 確かに、監督としては第1期目、2期目を合わせると7度のリーグ優勝、そのうち3度の日本一を記録している。
 まさに名将と言ってもいいが、現役時代も素晴らしい成績を残していた。
 本記事では、原辰徳の現役時代の成績を振り返り、どれほどの選手であったかを見ていく。
スポンサーリンク
原辰徳の通算成績
 原辰徳監督の現役時代の主な通算成績は、出場1697試合 安打数1675 打率.279 本塁打382本 打点数1093 出塁率.355 OPS.878 である。
 打率も.280ほどあり、本塁打も350本を超えている。

 OPSも若手時代や現役時代の晩年を含めても、通算で.850を上回り、いかに優れた打者であったかを示している。
 OPSとは「出塁率+長打率」で算出される成績で、得点との相関が打率や出塁率よりも高いことで、非常に重宝される指標である。
 まさに巨人の四番にふさわしい成績であった。

キャリアハイ

 そんな原辰徳監督の現役時代のキャリアハイは1983年であると思う。
 1983年の主な成績は、出場130試合 打率.302 本塁打32本 打点数103 出塁率.375 OPS.949 wOBA.406 であった。

 本塁打の数は文句なしの30本以上を記録し、打率と打点を合わせて考えると、3割30本100打点を記録している。
 これはプロ3年目での成績であり、若手時代から活躍していたことがわかる成績である。

 出塁率も悪くなく、.375を記録している。
 出塁率は基本的に”アウトにならない確率”であるため、四番打者でありながら繋ぐことのできる打撃をしていたと読み取れる。
 さらに、OPSも素晴らしい成績を残している。
 原辰徳のOPSは.949であり、スター選手の基準とされる.900を上回っている。
 さらにwOBAも素晴らしい成績でwOBA.406を記録し、平均の.320〜.330を圧倒的に上回っている。
 wOBAとは、出塁率やOPSなど打席での結果で決まる数値であり、簡単に言えば、「打者が各打席でどのくらい得点に関係する打撃をしているのか」ということを評価する指標である。
 このwOBA.406は現巨人の四番 岡本和真の2018年シーズンの成績、wOBA.407とほぼ同じ数字である。(逆に岡本は高卒4年目にして原辰徳のキャリアハイと同等のwOBAを記録しているため、岡本の凄さは非常によくわかる。)
スポンサーリンク
まとめ
 ここまでを総括すると、原辰徳監督の現役時代は「本塁打を打てる長打力があり、更に繋ぐことのできる打者でありながら、得点に絡む能力も非常に高かった」と言える。

 2018年シーズンを終え、高橋由伸監督の退任が決まり、原辰徳監督の3期目の時代になり、巨人に新たな風か吹き始めている。
 大型補強はお手の物であるが、育成することを重点に置いている監督でもある。
 そのため、育成巨人も蘇るのではないかと期待している。

関連記事


参考にしたサイト
1. Wikipedia
2.日本野球機構,NPB.jp
記事終了