はじめに
 2018年シーズンで、松井稼頭央が現役を引退した
 20世紀から活躍していた名打者の引退である。
 本記事では、そんな松井稼頭央の全盛期の成績を振り返る。
スポンサーリンク
キャリアハイ
 様々な意見があると思うが、松井稼頭央のキャリアハイは2002年であると思う。
 シーズン最多安打、最多二塁打、最多三塁打を記録し、トリプルスリーも記録している。

 2002年の松井稼頭央の主な成績は、出場試合数140試合 打席数651 安打数193 打率.332 本塁打36本 打点数87 盗塁数33 出塁率.389 OPS1.006 であった。
 この成績を一目見ても、まさに最強の遊撃手であったと言える。


OPS
 特に光る成績はOPSだろう。
 OPSとはセイバーメトリクスの指標の1つで、"出塁率+長打率"で算出される率である。
 その数値は得点との相関性が非常に高く、得点との相関性は高い順にOPS>長打率>出塁率>打率という関係があり、OPSが高い選手ほど得点に絡む確率が高いと言える。
 OPSは.900を超えたらスーパースター、1.000を超えたらMVP級であるとされる。

 松井稼頭央はOPS1.006を記録し、まさにMVP級の活躍であった。
 ショートというポジションは守備負担が大きく、打撃は二の次であることが多いが、ショートでもOPS1.000以上を打てると証明したのが松井稼頭央であった。
 これほどまでのショートは今はいない。巨人の坂本勇人でもこれほどの成績を残すのは難しいと考えている。

脚力 選球眼 長打力
 松井稼頭央はOPSだけでなく、脚も速かった。33盗塁を記録するほど、脚が速く、盗塁のチャンスを作るための出塁率も.389であることから、チャンスメーカーであったことは間違いない。
 それだけに留まらず、本塁打36本を記録している。チャンスメーカーとしての役割だけでなく、一発で試合を決める能力も持ち合わせていた。
 本塁打の数も凄いのだが、二塁打と三塁打の数もその年のリーグ1位である。つまり、チャンスメークを盗塁だけでなく、長打でも行えるほどの選手であった。

wOBA
 wOBAも凄い成績を記録している。
 wOBAは出塁率やOPSなど、打席での結果で決まる数値であり、簡単に言えば、「打者が各打席でどのくらい得点に関係する打撃をしているのか?」ということを評価するセイバーメトリクスの指標である。
 一般的に平均が.320〜.330になる指標であるが、2002年の松井稼頭央はおよそwOBA.423を記録している。
 この数字は同じショートというポジションの西岡剛のキャリアハイであるwOBA.398と比較しても、圧倒的な差をつけている。

スポンサーリンク
まとめ
 最後に、総括すると松井稼頭央のキャリアハイは「盗塁、二塁打、三塁打でチャンスメイクをし、さらには自らの本塁打で仕留めることもできる選手であり、セイバーメトリクスの指標で計測してもMVP級の活躍であった」と言える。 
 これほどまでのショートは今までいなかった。これから現れるとしても相当先の話になると考える。

関連記事


参考にしたサイト
記事終了