はじめに
 長野久義読売ジャイアンツから広島カープ丸佳浩人的補償で移籍することになった。巨人ファンからすると、内海哲也の移籍と同レベルでの衝撃であると考える。
 本記事では、「なぜ広島カープは長野久義を獲得したのか?」「なぜ読売ジャイアンツは長野久義をプロテクトしなかったのか?」について述べていく。
スポンサーリンク
人的補償の予想
 過去に、本ブログでは人的補償で広島カープへ移籍する選手の予想をしたことがある。
 その記事では、捕手であれば宇佐美慎吾を獲得する可能性があるが、可能性は低いことを述べた。
 投手では吉川光夫など、左投手不足の広島カープにとっては有益である選手を獲得するだろうということも述べた。
 そして外野手は、陽岱鋼立岡宗一郎のどちらかを獲得するだろうと予想した。
 しかし、まさかの長野久義がプロテクト漏れをしているとは想像できず、正直驚いている。

なぜ広島は長野を取ったか?
 なぜ広島カープは長野久義を獲得したのか?という問いに答えるとすれば、シンプルに丸佳浩の穴を埋めるためである。
 長野久義は2018年シーズンに426打席に立ち、打率.290 出塁率.359 OPS.792 wRAA10.02を記録している。
 OPSとは「出塁率+長打率」で算出される数字であり、得点との相関は打率出塁率よりも高いことで知られている。
 また、wRAAとは「平均的な打者が同じ打席数立った場合に比べて増やした得点」を表す指標である。
 もちろんwRAAが高ければ高いほど、チームの得点に大きく貢献したと言える。
 長野久義はおよそwRAA 10.02を記録している。
 つまり、平均的な打者が長野久義と同じ426打席に立った場合と比べて、長野久義はチームの得点をおよそ10点増やしたことになる。
 このwRAAは丸佳浩の場合、2018年シーズンにおよそ60.82を記録しているため、長野久義と比べると、圧倒的に丸佳浩の方が得点に貢献したと言えるが、丸佳浩の成績が良すぎるだけであり、長野久義の成績も平均以上である。
 よって丸佳浩の穴を埋めるためには、年俸2億2000万円という高額な長野久義を獲得してもある程度は埋めることができる。(もちろん完全ではないため、広島カープのチームの得点力は下がるが)
 また、丸佳浩の2018年シーズンの広島カープが支払った年俸は推定2億1000万円であると言われており、長野久義とほとんど変わらない。
 そのため、丸佳浩が広島カープから退団したために発生した資金の余裕を長野久義に当てることができるため、獲得に動いたと考える。

 このような理由で広島カープは長野久義を獲得したのだろう。

なぜ巨人は長野を放出したか?
 巨人ファンからすると、長野久義の放出は想定外であり、衝撃的なものである。
 私も長野久義は必ずプロテクトされると考えており、実際に過去の記事で丸佳浩に次ぐ第2の外野手として2019年シーズン、巨人に大きく貢献してくれるだろうと考えていた。
 しかし、巨人はなぜか長野久義をプロテクトしなかった。
 その理由はいくつか考えられるが、大きな要素は年齢的な問題であろう。
 長野久義は2019年シーズンで35歳を迎える大ベテランである。
 一般的に35歳以降の選手はパフォーマンスが低下すると言われている。(メジャーリーグの統計結果の1つ)
 そのため、丸佳浩のために若手外野手を放出を防ぐため、若手外野手をプロテクトしてベテランの長野久義はプロテクトしないという結論に至ったのだろう。
 また、年俸2億2000万円の選手はプロテクトしなくても取られない、そういう考えがあり、見通しが甘かったのだろうと言えると思う。

納得できない点
 巨人ファンからすると、長年の功績と2018年の成績を考えれば、長野久義という戦力をプロテクトしないことに納得できないことは確かである。
 内海哲也を西武ライオンズへ人的補償として放出したとき、客観的に成績を見るとプロテクトされないと考えてもおかしくはなかった
 しかし、長野久義は2018年の巨人の外野陣の中で最も好成績を残した選手であり、いくら年俸が高くても人的補償で取られる可能性を考えた場合、必ずプロテクトするべき選手であった。
 多くの巨人ファンは明らかに納得のいかない出来事である。
 また、陽岱鋼は不良債権であることは記事で述べたことがある。
 陽岱鋼の年俸は推定3億円であり、2019年から2021年までの契約が残っている。
 陽岱鋼よりも成績が良いのが長野久義である。その長野久義を陽岱鋼よりも低い年俸である2億2000万円で契約するということはあまりにもお粗末であると考える。
 プロテクトリストは公開されていないため、推測になるが、陽岱鋼と長野久義の両方がプロテクトされていないと仮定した場合、成績が良くて年俸が安い長野久義を獲得しようとするのが当たり前であろう。
 巨人のフロントは見通しがあまりにも甘いと言っていい。

スポンサーリンク
まとめ
 ここまで、「なぜ広島カープは長野久義を獲得したのか?」また「巨人はなぜ長野久義を放出したのか?」について述べてきた。
 長野久義は巨人のフロントが思っている以上に良質な戦力である。
 見通しの甘さが仇となったと言っていい。
 多くの巨人ファンは衝撃を受け、ファンを減らす傾向に巨人は進んでいると考える。
 これ以上、ファンを減らし、アンチ巨人を増やすようなことをしない方が良いと考える。 

関連記事



参考にしたサイト
記事終了