はじめに
 読売ジャイアンツから広島カープ丸佳浩の人的補償として移籍した長野久義
 巨人ファンからすると衝撃は大きいが、広島カープへの移籍が決定した以上は嘆いていても仕方がない。
 本記事では「広島カープに移籍した長野久義はどんな選手か?」「もう一度輝くことができるのか?」「成績はどれくらいなものか?」ということについて述べていく。 

スポンサーリンク
長野久義の経歴
 長野久義は学生時代、日本大学の野球部に所属していた。東都大学野球での通算成績は290打席に立ち、打率.293 本塁打10本の活躍を見せ、2006年のドラフト会議で北海道日本ハムファイターズにドラフト4位で指名を受けるも、巨人愛が強く、入団を拒否した。
 その後、長野久義は、本田技研に入社し、Honda硬式野球部に所属していた。
 2008年、千葉ロッテマリーンズからドラフト2位で指名されるも、ここでも入団を拒否し、巨人愛を貫いた。
 結果的に2009年のドラフト会議で巨人が1巡目指名をし、晴れて巨人に入団することになった。
 2010年にプロデビューするが、ドラフトを2度拒否したため、日本プロ野球では珍しい当時26歳の高年齢ルーキーという異色の経歴を持つ。
 鳴り物入りで巨人に入団したため、プレッシャーがあると考えられていたが、1年目に459打席に立ち、打率.288 出塁率.330 本塁打19本 OPS.821の活躍を見せ、2010年の新人王に輝く。(OPSとは、「出塁率長打率」で算出される数字で、得点との相関が、打率や出塁率よりも高い指標である。)
 その後、2011年には低反発で飛距離が出ないとされる統一球の影響を感じさせない活躍をして、打率.316で首位打者に輝く。このシーズンのOPS.847はリーグ1位であった。
 2016年には選手会長を務めるまでになった一方、2014年を最後にOPS.800にも満たない成績を残し続け、活躍の幅を少しずつ減らしていった。

 ここまでが長野久義のザックリとした経歴であるが、2019年シーズンに35歳を迎える大ベテランであるため、もう一度輝くことは難しいのではないか?と考える人もいる。  
 

打撃成績を見る

 長野久義は35歳を迎える大ベテランであるが、2014年以降、OPSは.800以下の成績しか収めていない。
 しかし、2018年シーズンは長野久義の復調を感じさせるシーズンであった。
 その復調したと思わせる打撃成績を3つ見ていこうと思う。
 

2018年の復調1 打率と出塁率
 2018年シーズン前までの打率を見てみると、2015年が最も悪く.251であり、2016年では.283で若干盛り返しを見せたが、2017年は.261という低打率であった。
 しかし、2018年シーズンは打率.290という成績を残し、2015年以降で1番良い成績を収めた。
 出塁率に関しては2018年シーズンに.359という成績を残し、これは長野久義の9年間のプロ生活の中で、3番目に高い成績を残している。
 出塁率は”アウトにならない確率”であるため、2018年シーズンは例年よりも繋ぐ打撃をできたと言っていい。 
 
本塁打は13本であり例年とほぼ変わりないが、打率と出塁率と出塁率は復調したと言っていい。
 広島カープに入団後は「この打率と出塁率を維持できるか?」ということが広島カープ4連覇の鍵になるかもしれない。 


2018年の復調2 OPS
 OPSとは、”出塁率+長打率”で算出される成績であり、得点との相関が打率、出塁率、長打率よりも高い指標である。
 つまり、OPSが高ければ高いほど”得点に絡む能力”が高いと言える。
 長野久義はOPS.792であった。
 この成績は例年と同じ水準の成績であると考えていたが、2017年シーズンのOPSが.755であり、2018年シーズンが.792であるため、40ポイントほど成績をあげたことになる。
 この成績も2015年以降の成績の中で最も良い成績である。
 これは打率が良くなったために長打率もある程度復調したことと、9年間のプロ生活の中で3番目に良い出塁率を残せたことが大きな要因である。
 そのため、2018年の復調1で述べたことと関係していることになる。
 純粋にヒットを打つ能力と繋ぐ打撃により、”得点に絡む能力”が向上したと言える。

2018年の復調3 wRAA
 wRAAとは、「平均的な打者が同じ打席数立った場合に比べて増やした得点」を表す指標である。
 もちろんwRAAが高ければ高いほど、チームの得点に大きく貢献したと言える。
 長野久義はおよそwRAA 10.02を記録している。
 つまり、平均的な打者が長野久義と同じ426打席に立った場合と比べて、長野久義はチームの得点をおよそ10点増やしたことになる。
 元チームメイト、巨人の4番打者の岡本和真がおよそwRAA 33.17であるため、その差は歴然としているが、前年である2017年の長野久義のwRAAがおよそ6.00であるため、明らかに2018年シーズンの方が打撃が良かったと言える。

スポンサーリンク
まとめ
 ここまで、ザックリとした経歴と3つに分けて長野久義の復調したポイントを見てきた。
 例年以上にチームの得点に貢献できたことがわかったと思う。

 そんな長野久義が広島カープに移籍することが決まり、巨人の外野手は丸佳浩1強のチームになった。
 長野久義の生産性を維持することができれば広島カープの4連覇は夢ではない。
 はじめに述べた、「長野久義はもう一度輝くことができるか?」というのは、まだわからない部分である。だが復調の兆しはある。
 巨人は丸佳浩を獲得したものの、長野久義の生産性を手放したことによってリーグ優勝を逃す可能性もある。
 そう考えると、リーグ優勝を争うであろう読売ジャイアンツ、広島カープ、東京ヤクルトスワローズ横浜DeNAベイスターズのどのチームが優勝するか?という疑問のキーポイントは「丸佳浩の打撃」と「長野久義の生産性の維持」なのかもしれない。
 この2人の成績によっては、巨人も広島カープも優勝を他のチームに明け渡す可能性もあると考える。


関連記事



参考にしたサイト
記事終了