はじめに
 2018年シーズンの横浜DeNAベイスターズは新人王の東克樹頼りの先発陣であった。
 しかし、2018年ドラフト1位で即戦力である東洋大学の上茶谷大河を指名し、獲得することに成功した。
 本記事では、横浜DeNAに入団する上茶谷大河投手の成績を見て、どのような投手なのか、考察していく。
スポンサーリンク
勝敗数と防御率
 上茶谷投手の2018年東都大学野球の春季リーグでの成績は、先発投手として10試合に登板し、6勝2敗 防御率2.29である。
 これは先発投手として70.2イニングスを投げ、完投2回を含んだ成績であるため、2018年の上茶谷大河投手は勝敗数、防御率において比較的優秀な成績を残していると言える。

奪三振率と与四球率
 上茶谷投手の奪三振率はおよそ11.08であった。
 そして、与四球率はおよそ2.17であった。
 この奪三振率と与四球率は無視できない好成績である。
 奪三振に関しては、イニング以上の奪三振、つまり奪三振率9.00を記録できれば優秀とされる。
 さらに、与四球率は2.50未満で優秀とされる。
 上茶谷投手の奪三振率11.08与四球率2.17は「仮に9イニングスを完投した場合、三振を11個ほど奪え、四球数も2個ほどしか与えない投球をする」と評価できる。
 レベルの高い大学野球においても非常に優秀な成績を収めていると言える。

WHIP
 WHIPとは、「1イニングあたり、何人のランナーを許したか?」を示す指標である。
 WHIPは1.00前後がエース級、つまり1イニングに1人のランナーを許すだけということがエースの成績なのである。

 上茶谷投手のWHIPはおよそ0.91であった。
 文句の付け所がない成績である。
 レベルの高い大学野球において、無駄なランナーを背負うことが少ない投手と評価でき、これは良い防御率を残せた要因の1つと考えていい。

K/BB
 K/BBは奪三振数を与四球数で割った値のことで、「1つの四球を与える間に何個の三振を奪えるか?」を表す。
 上茶谷投手のK/BBは5.12であり、3.50で優秀とされるK/BBの基準を上回っている。
 K/BBは主にコントロールを評価するために用いられる。
 与四球率も好成績であるため、コントロールは非常に優れていると言える。
 そのため、上茶谷投手はコントロールが良く、球の速い本格派である。
 非常にレベルの高い投手である。
スポンサーリンク
まとめ 
 ここまでを総括すると、上茶谷投手は「四球による無駄なランナーを出さない優れたコントロールを持ち、さらに平均球速以上の直球で三振を多く奪える、非常に完成された先発投手」と言える。
 大学野球で、これほどまで完成した投手はそれほどいないであろう。
 特に同じ東洋大学の甲斐野投手と比較しても良い投手である。
 横浜DeNAベイスターズは非常に良い投手を獲得し、上茶谷投手は来年即一軍の可能性は非常に高いと考える。


関連記事



参考にしたサイト
記事終了