はじめに
 読売ジャイアンツはFA移籍により丸佳浩が加わり、大型補強を終えた。
 しかし、その人的補償として長野久義広島カープへ移籍した。
 巨人は外野手だけで何点取れるか?を考えたことがあるが、長野久義が広島カープへ移籍したことによって、何点取れるかは変わってくる。
 現時点で読売ジャイアンツの外野手は丸佳浩、陽岱鋼、ゲレーロ、亀井善行、重信慎之介などの陣形である。

 本記事では「レギュラーとして誰を起用するべきか?この外野陣で巨人は何点取れるのか?」そして「長野久義が広島カープへ移籍したことで、巨人は得点を何点減らしたか?を考えてみる。
スポンサーリンク
レギュラー3人を決める
1人目は丸佳浩

 1人目はまず間違いなく丸佳浩であろう。
 丸佳浩は2018年シーズンに566打席に立ち、打率.306 出塁率.468 本塁打39本 OPS1.096 wRAA 60.82を記録している。
 OPSとは「出塁率+長打率」で算出される数字で、得点との相関が打率や出塁率よりも高いことで知られている。
 また、
wRAAとは、「平均的な打者が同じ打席数立った場合に比べて増やした得点」を表す指標である。
 つまり、丸佳浩のwRAAの60.82という数字は、平均的な打者が丸佳浩と同じ566打席に立った場合と比べて、丸佳浩はおよそ60点〜61点ほどの得点をチームにもたらしたということになる。
 丸佳浩のwRAAはセリーグ1位の記録である。
 この時点で外野手は1人確定である。

2人目はゲレーロ
 2人目はゲレーロである。
 ゲレーロは出場82試合に留まり、打席数も383打席と少なく、打率.244 出塁率.325と成績は良いようには思えない。
 しかし、陽岱鋼亀井善行と比べると成績は良い。
 ゲレーロの2018年シーズンのwRAA10.94であり、打席数が少ないにも関わらず、平均以上の成績を収めている。
 対して陽岱鋼のwRAAは−0.90であり、亀井善行に至っては−3.82という成績である。
 陽岱鋼と亀井善行は平均以下であり、平均的な打者が打席に立った場合の方が得点力が上がるという結果になる。
 そのため、ゲレーロは間違いなくレギュラーで固定した方が良い。

3人目は陽岱鋼
 3人目は陽岱鋼である。
 陽岱鋼は2018年シーズンに276打席に立ち、打率.245 出塁率.297 本塁打10本 OPS.724 wRAA −0.90 を記録している。
 陽岱鋼の成績は決して褒められたものではないが、後に述べる亀井善行の成績と比べると陽岱鋼の方が上である。
 ここで長野久義と陽岱鋼を比較してみる。 

 長野久義は2018年シーズン、426打席に立ち、打率.290 出塁率.359 本塁打13本 OPS.792 wRAA10.02を記録している。
 wRAAで簡単に計算すれば、2018年シーズン、巨人は得点を長野久義でおよそ10点増やし、陽岱鋼でおよそ1点減らしたことになる。
 これを考えれば、本記事の題目にもあった通り、得点力の低下は避けられない。
 簡単に考えれば、長野久義を陽岱鋼で置き換えたことで、巨人の得点を稼ぐ能力は11得点分減らした計算になる。(長野久義は+10点。陽岱鋼は
1点。その差は+11点)
 そう考えると、長野久義の放出はかなりの痛手であった。
 

他の外野手は?
 ここまで、丸佳浩、ゲレーロ、陽岱鋼の3人がレギュラーであると述べた。
 他の外野手としては、先にも述べた通り、亀井善行、また重信慎之介などがいる。
 亀井善行、重信慎之介やその他の外野手は控えで良いと考えている。
 その理由の1つとしては、陽岱鋼はおよそwRAA −0.90で亀井善行はwRAA −3.82であり、陽岱鋼の方が亀井善行よりも得点を稼ぐ能力が高いからである。
 特に亀井善行は2019年シーズンに37歳を迎える大ベテランであり、これ以上の活躍は見込めない。
 陽岱鋼の場合は、まだ30代前半である。長野久義ほどの能力はここ数年で発揮できていないが、陽岱鋼をレギュラーとした方が良い。
 重信慎之介の場合、若手選手の筆頭であることから、少しずつ起用していけば良いと考えている。
 重信慎之介は打率が3割弱を残せるまでに成長したが、出塁率も3割付近であり、四球を選ぶ選球眼を持ち合わせていない。
 選球眼はマネーボールではストライクゾーンをコントロールする能力として紹介されている。そのため、重信慎之介は自分のストライクゾーンを理解してからレギュラーになると考えた方がよく、まだレギュラーに据えるべきではない。


何点取れるか?
 ここから外野手で何点稼げるか?ということについて述べていく。
 2018年シーズン、巨人の外野手のレギュラーは長野久義と亀井善行であった。
 1人席が相手おり、陽岱鋼や重信慎之介、ゲレーロの3人を併用するカタチを取っていた。
 しかし、丸佳浩の加入と長野久義の放出で状況がかなり変わる。

 wRAAで簡単に計算すると、丸佳浩を単体で考えた場合およそ61点の得点を増やすことができる。

 また、巨人は長野久義を放出したが、
陽岱鋼を単体で考えた場合は、wRAAの計算上、巨人は得点をおよそ1点減らすだけである。

 レフトとしては、ゲレーロで固定することにより、wRAAからおよそ10点の得点を増やすことができる。

 これを考えると、巨人は
丸佳浩、ゲレーロ、陽岱鋼の3人の外野手を固定することにより、平均的な野手を外野に置く場合と比べて、64点10点1点73の得点を稼ぐことができる。
 73点という得点は1勝分の得点が10点だとするならば、およそ7勝分に値する。
 巨人は外野手だけでもかなりの強さを保持していることになる。
スポンサーリンク
まとめ
 wRAAという指標でかなり単純な計算ではあるが、何点稼ぐことができるかを述べた。
 外野手をある程度固定し、打席に立たせれば、相当な得点を増やすことができることになった。
 あくまでも2018年シーズンの成績を参考にしているため、完全なものではないが、ある程度この得点に近いものになると考える。
 また、人的補償で長野久義の移籍は大きな戦力ダウンになるが、代わりに丸佳浩が加入したため、得点力を落とすことはない。
 以上、
レギュラーとして誰を起用するべきか?この外野陣で巨人は何点取れるのか?」「長野久義が広島カープへ移籍したことで、巨人は得点を何点減らしたか?について述べた。

関連記事



参考にしたサイト
1.日本野球機構,NPB.jp
2.Wikipedia

記事終了