はじめに
 2019年シーズン、8月10日の巨人vsヤクルト戦で桜井俊貴勝利投手となり、6勝目を挙げた。
 2019年シーズンにようやく開花したドラフト1位選手の躍進は素晴らしい。その桜井俊貴の成績を8月10日の登板を含め、評価していきたい。
スポンサーリンク
桜井俊貴の主な成績
 桜井俊貴は8月10日の登板を終えた時点でのシーズン成績は71イニングスを投げ、6勝2敗 防御率3.55 奪三振数56 与四球数24 被本塁打率0.76 FIP3.65である。
 一般的なスポーツサイトに載っていない成績も述べるため、本記事はある程度深い内容の記事になると考える。
 特に目立って「桜井俊貴の良い数字」をピックアップしていく。

桜井俊貴の3つの数字
 
1つ目:防御率の良さ
 桜井俊貴の防御率71イニングスを投げて3.55である。
 桜井俊貴は規定投球回数に到達していないため、一概に比較はできないが、この成績はエース菅野智之の3.90よりも良い成績であり、リーグ平均防御率の3.84よりも良い成績である。
 平均以上に「点の取られない投手」である。
 この要因は被本塁打率の良さにあると考えられる。

2つ目:被本塁打率の良さ
 桜井俊貴の被本塁打率0.76である。これはエース菅野智之の1.50よりも良い成績であり、規定投球回数に到達している投手で言うと巨人の山口俊の0.53に次ぐ水準の好成績である。
 被本塁打率は「9イニングスを投げきった場合に何本の本塁打を打たれたか?」を示す指標で、桜井俊貴は「9イニングスを投げ切れば、0本〜1本に本塁打の数を抑えることができる投球をしている」と言える。
 この被本塁打率の良さ、つまり被弾の少なさが桜井俊貴の防御率を良くしている要因の1つであることは間違いない。

3つ目:FIPの良さ

 FIPとは、投手だけがコントロールできるものである被本塁打数、与四球数、奪三振数の3つの数字で算出される
擬似的な防御率である。
 この指標の利点は、野手の守備に依存しないことである。
 野球は守る野手によって投球の内容が変わってくることがある。
 エラーとは違い、守備範囲の広い選手や狭い選手がいることは間違いなくあり、これらを考えて投球を評価するのは非常に難しい。
 そのためFIPは、投手の責任である被本塁打、与四球数、奪三振数で簡単に防御率を決めてしまおうと考え出された指標である。
 防御率が悪くても、FIPが良ければ評価は高くなる。野手の守備への依存が比較的少なく、運というコントロールできない出来事を排除できるからだ。

 桜井俊貴の2019年シーズン8月10日現在のFIPはおよそ3.65であった。
 この成績は広島東洋カープのエースである大瀬良大地の3.60とほぼ同水準の成績である。
 表現の仕方に賛否が別れるかもしれないが、桜井俊貴は「自己責任の出来事を自己解決できる能力が比較的高い」と言える。
 これは桜井俊貴の良いところの1つであることは間違いない。

スポンサーリンク
まとめ
 桜井俊貴はドラフト1位の即戦力と期待されていた選手であったが、プロ4年目の2019年シーズンにようやく開花した。
 本記事ではその開花した桜井俊貴の成績の良いところ、防御率の良さ、被本塁打の少なさ、FIPの良さに焦点を当てて述べてきた。
 まとめると、桜井俊貴の良さは「本塁打を打たれにくく、失点の少ない投手であり、自己解決能力が高い投手である」と言える。
 今後の巨人を背負って立つ存在として期待したい。  

 
関連記事


参考にしたサイト
1.Wikipedia
2.日本野球機構,NPB.jp
3.スポナビ
記事終了