はじめに
 2019年シーズン、9月21日の試合で巨人は2019年セリーグ覇者になった。
 2014年以来、5年ぶりの優勝である。キャプテンの坂本勇人の涙が印象的であった。
 苦しいシーズンを乗り越えた巨人は現在、最高のチーム状態を築いている。
 そんな中で、巨人のリーグ優勝を支えた選手を野手と投手のそれぞれ1人ずつ紹介していきたい。
 チームスポーツであるため、巨人の選手は全てが功労者であるが、特出した選手を本記事では紹介していく。
スポンサーリンク
キャプテン 坂本勇人
 やはり打者で最も活躍した選手と言えば、坂本勇人をおいて他にない。
 MVP筆頭であり、ショートとキャプテンを務める坂本勇人の成績を3つほど紹介する。
 
本塁打

 今年の坂本勇人を象徴する成績は間違いなく本塁打の数であろう。
 2019年シーズンのリーグ優勝時点で坂本勇人は39本塁打を放ち、シーズンで40本塁打以上を打つペースで本塁打を量産している。
 42本の本塁打を放てば、元中日ドラゴンズの宇野勝が1985年に記録した遊撃手の最多本塁打記録である41本塁打を上回る。
 残りの試合数を考えると、この記録を塗り替えるには2試合に1本塁打を放たなければならないが、決して不可能な話ではない。
 2019年シーズン、なぜ坂本勇人はこれほど本塁打を量産できるようになったのかは定かではないが、坂本勇人は本塁打の多い打者の特徴を示している。それは三振の数である。
 坂本勇人の三振の数は、自己ワーストで2009年の101三振である。
 だが、坂本勇人は2019年シーズンのリーグ優勝時点で三振数が119もある。自己ワーストを更新した数字である。
 過去に本ブログで三振と長打の相関(記事リンク)を表したことがあった。その記事では、およそ相関係数が0.382を記録していた。難しい話はここではしないが、簡単に言うと長打を打つことと三振が多いことはある程度セットで考えてもいいと言える。 
 これらの結果から言えることは、坂本勇人は例年にも増して長打を打つ意識が強く、その結果として本塁打が多くなっていると考えられる。
 いずれにせよ本塁打は打者の最も重視すべき指標の1つであるため、坂本勇人の本塁打の数は非常に優れていると言って良い。  

OPS

  2つ目としてOPSが挙げられる。
 OPSとは「出塁率長打率」で算出される数字で、打率や出塁率よりも得点との相関が強い。一般的にOPS.900を上回ればスター選手であり、OPS1.000でMVP級の成績であると経験的に言われている。
 坂本勇人のOPSは2019年シーズンのリーグ優勝時点でOPS.972であり、この成績は広島カープ鈴木誠也に次いでリーグ2位の成績である。
 この成績も遊撃手としては異例である。
 過去に西武ライオンズ時代の松井稼頭央が残したOPS1.006が遊撃手の最高記録であるが、その成績に追い付くレベルの成績である。
 歴代最高の遊撃手の異名を持つ松井稼頭央に追いつき、坂本勇人が誰もが認める歴代最高の遊撃手と言われる日は近いのではないか、と思わせられる。
 特に坂本勇人はOPSに大きく関係する出塁率でも大きくチームに貢献している。
 坂本勇人の出塁率は優勝を決めた時点で.394でありこれはリーグ4位の好成績である。
 出塁率は牽制死や盗塁死などを除けば、アウトにならない確率であるため、チームへの貢献が如実に現れる。
 リーグで4番目にアウトになりにくい打者となると、相手チームからの警戒と自チームからの信頼は高くなる。

 坂本勇人が圧倒な数字でチームの勝利に貢献していることがわかる。
   

wRAA
 坂本勇人を物語る最後の数字はwRAAというものだ。
 wRAAとは、「平均的な打者が同じ打席数立った場合に比べて増やした得点」を表す指標である。
 難しい説明はせず、実例を見ていこうと思う。坂本勇人が2019年シーズンのリーグ優勝時点で残しているwRAAはおよそ
+52.64である。
 つまり、坂本勇人は「
平均的な打者と同じ打席数に立った場合に比べて52点の得点をチームにもたらした」と言える。
 この成績は、広島カープの鈴木誠也に次いでリーグ2位である。
 
リーグで2番目に得点を増やした打者であると言っていい。
 これを考えると、キャプテンとしてどれだけ打撃でチームに貢献してきたかがわかる。
 
スポンサーリンク
現在のエース 山口俊
 投手で最もチームに貢献したのは山口俊であろう。
 不動のエースの菅野智之が不調の中、チームを牽引した投手である。
 沢村賞も射程圏内であるが、特出した成績を3つほど見ていく。
 
奪三振率

 山口俊の2019年シーズンのリーグ優勝時点での奪三振率は9.99である。
 ほぼ10.00という成績を残している。 

 一般的に、奪三振率は9.00を上回れば好成績であるとされている。
 奪三振率の説明をすると、例えば奪三振率9.00であった場合、「9回を投げ抜いた場合、9個の三振が奪える」という計算になる指標だ。これを考えると、奪三振率9.00を上回れば自身の投球回数以上の三振が奪える計算になる。
 奪三振をそれほど重要と考えていない方もいるかもしれないが、投手に取って自己責任で奪えるアウトは奪三振のみである。ゴロアウトやフライアウトは野手の守備能力に依存するためだ。
 山口俊の奪三振率9.99はセリーグ1位であり、これはすなわち「セリーグで自己解決能力が最も高い投手が山口俊である」と言える。
 この成績だけを見ても、山口俊はエース格であると言ってもいい。
 セリーグ2位の奪三振率は横浜DeNA今永昇太の9.90であり、比較的近い位置にいるが、山口俊の成績の方が勝る。  


被本塁打率
 山口俊の優れた成績を特に象徴するのが被本塁打率の良さである。
 2019年シーズンのリーグ優勝時点で山口俊は被本塁打率0.44を残している。
 先にも述べた奪三振と同様に、投手の責任が最も重い失点は被本塁打によるものである。野手の守備力に依存しないからだ。
 この被本塁打率0.44という数字はセリーグ1位である。これは「セリーグで最も自分の責任による失点が少ない」と言える。
 先述の「奪三振率による自己解決能力」に加えて「自己責任を負わない能力」も優れているということだ。
 これもまさにエース格である。

FIP
 山口俊の優れた能力を物語る最後の成績はFIPである。
 FIPとは、投手だけがコントロールできるものである被本塁打数、与四球数、奪三振数の3つの数字で算出される、擬似的な防御率である。
 この指標の利点は、野手の守備に依存しないことである。
 野球は守る野手によって投球の内容が変わってくることがある。
 エラーとは違い、守備範囲の広い選手や狭い選手がいることは間違いなくあり、これらを考えて投球を評価するのは非常に難しい。
 そのためFIPは、投手の責任である被本塁打、与四球数、奪三振数で簡単に防御率を決めてしまおうと考え出された指標である。

 FIPに関しては3.00以下に抑えれば優秀とされている。
 2019年シーズンのFIPは
2.69である。この成績もリーグ1位である。
 1つ目の奪三振率、2つ目の被本塁打率の進化でも述べたことを総じて、「自分で解決する能力、及び自己責任を負わない能力」がこのFIPという指標で全てわかる。
 リーグ2位は横浜DeNAの今永昇太の3.24であり、山口俊の方が明らかに上である。

まとめ
 少々長くなったが、チームに大きく貢献した2人の選手の成績を見てきた。
 坂本勇人はホームラン、OPS、出塁率、wRAAで大きくリーグ優勝に貢献し、山口俊も奪三振率や被本塁打率の良さに伴うFIPで大きくリーグ優勝に貢献した。
 これからプレーオフを見据えての布陣にチームを調整していくことが必要であるが、この2人は不動の戦力としてクライマックスシリーズ、日本シリーズで大きくチームに貢献することだろう。

関連記事


参考にしたサイト
1.Wikipedia
2.日本野球機構,NPB.jp
3.スポナビ
4.読売巨人軍公式WEBサイト
記事終了