はじめに
 巨人阿部慎之助が2019年シーズンを持って引退する。
 リーグ3連覇を2回達成し、数々の規格外の成績を残した巨人の中心選手である。
 40歳という年齢を考えれば、世代交代の時期であり、若手に後を託す決断であったと考える。
 本記事では、その阿部慎之助の通算成績の凄さを最新情報を元に3つほど挙げていく。
スポンサーリンク
通算成績の一覧
 阿部慎之助の主な通算成績は、2282試合に出場し、 打率.284 安打数2132 本塁打数406本 打点数1285 出塁率.368 長打率.495 OPS.863 である。
 この成績を深掘りして以下の3点に注目したい。

1つ目の凄さ ホームランの数
 阿部慎之助の凄さを物語る1つ目の成績は本塁打の数であろう。
 阿部慎之介の通算本塁打406本であり、これは歴代18位の記録である。
 捕手として見た場合、レジェンドの野村克也657本田淵幸一474本に次ぐ歴代3位の記録である。
 (野村克也さんの本塁打記録は全選手の歴代2位の成績であり、いかに優れた選手かがこの成績だけでもわかる)
 阿部慎之助は一塁手へのコンバートがあったが、それでも捕手として非常に優れた長打力を有していたことが伺える。
 本塁打は基本的に運に左右されない成績である。
 本塁打以外の安打は、ボテボテの内野安打であろうが、快心の当たりであろうが記録できる成績であるため、運に左右される可能性は高い。
 しかし、本塁打に関してはボテボテの当たりなど、まず有り得ない。
 そのため、選手を評価するにあたり、本塁打をまず見ることは重要なことである。
 阿部慎之助は、基本的に運に左右されない本塁打を捕手として歴代3番目に多く打っており、いかに”能力の高い選手”であったかということ、そして歴代でも捕手として3番目に運に左右されない成績を残していたこと、を物語っている。 


2つ目の凄さ 出塁率
 阿部慎之助の凄さを語る2つ目の成績は出塁率である。
 阿部慎之助の通算出塁率.368である。
 捕手として考えた場合、野村克也の.357と田淵幸一の.361よりも上の成績である。
 一塁手へのコンバートを考えなければ、捕手として歴代1位の成績である。
 出塁率は安打と四球の要素があり、四球を選ぶ選球眼も大きく反映される。
 「出塁率=アウトにならない確率」であるため、阿部慎之助は簡単に言うとで捕手として最もアウトになりづらい打者であったと言える。
 野球はアウトになることが基本的に負けに繋がる。

 そのことを考えると、阿部慎之助のアウトにならない確率はチームの打線のつながりを大きく支えていたことになる。
 これほどまでにチーム打線のつながりに貢献した捕手は歴代でも類をみない。

3つ目の凄さ OPS  
 最後にOPSという成績を見て本記事を締めくくる。
 OPSは最近では日本プロ野球でも大きく浸透してきた指標の1つである。
 OPSとは「出塁率長打率」で算出される数字で、打率や出塁率よりも得点との相関が高い。
 つまり、OPSが高ければ高いほど、打率や出塁率よりも得点に絡む能力が高いと言える。
 阿部慎之助の通算OPSは.863であり、田淵幸一の.896、野村克也の.865に次いで捕手として歴代3位の成績である。
 阿部慎之助は捕手としては歴代でも3番目に得点に絡む打撃をしていたと言うことができる。
スポンサーリンク
まとめ
 ここまで、大まかに阿部慎之助の通算成績とその凄さについて述べてきた。
 捕手として「野村克也や田淵幸一と並び、圧倒的にチームに貢献した選手である」と言える。
 阿部慎之助は一塁手にコンバートされていた期間が長いため、単純に比較できないだろうと言う意見も間違いなくある。
 ただ、本記事では阿部慎之助がいかに優れた捕手であるかを強調するためにこのような比較を行った。
 簡単に比較しても阿部慎之助ほどの捕手は歴代でも他に2人しかいないことがわかる。
 今後、阿部慎之助が抜けた巨人に置いて、世代交代、捕手育成を行い、新たなる黄金時代を築き上げることを巨人ファンとして願うばかりである。
 
関連記事

参考にしたサイト
1.Wikipedia
2.日本野球機構,NPB.jp
3.スポナビ
4.読売巨人軍公式WEBサイト
記事終了