はじめに
 2019年シーズンの10月7日、阪神タイガース横浜DeNAを破り、クライマックスシリーズ1stステージを突破した。
 結果を見れば2対1という投手戦であった。
 本記事ではその試合の簡単な振り返りを行う。
スポンサーリンク
阪神と横浜の打線
 まず打線を振り返ってみる。
 阪神タイガースは9回までに放った安打数は9本、横浜は4本であった。
 互いのチームともホームランはなく、ヒットフォアボールで繋いだ試合であったと言える。
 ヒットの数は阪神の方が圧倒的に多い。
 ただ、阪神と横浜の打線の違いはヒットの数だけではない。
 阪神打線のフォアボール、デッドボールの数は6個であり、対して横浜は2個である。
 四死球の数は非常に重要で、野球においては出塁率を高くすること、すなわちアウトにならない確率を高くすることは得点へと大きく繋がる。
 極端な話をすると、出塁率が10割の打線の得点数は無限になる。そのため、いかにアウトにならないかを追求することが勝利に繋がることもある。
 阪神はヒットと四死球を含めると出塁した数が15回であり、対する横浜は6回であった。
 簡単に考察すると、ホームランの出なかった試合であったため、この出塁の数が阪神が競り勝った要因であると考えられる。

阪神と横浜の投手
 阪神と横浜の投手の違いは、先の打線について述べた通り、四死球を与えたことも大きな要因である。
 横浜の投手陣は阪神へ、ヒットに加えて四死球も多く与え、それに伴ってピンチを背負う場面が多かった。
 ただ、そこだけに留まらない。
 阪神の投手陣は横浜打線から三振を多く奪っていた。
 阪神の投手陣が奪った三振の数は9個であり、対して横浜は5個である。
 守備の影響を考えると、投手の責任でアウトにできる唯一の指標が三振であることは有名な話である。
 そのため、阪神の投手陣は横浜の投手陣よりも責任を果たしたことになる。
 この試合の投手戦を制した大きな要因の1つとして三振の数も考えられるだろう。
スポンサーリンク
まとめ
 阪神打線はヒットに加えて四死球も多く、それに伴ってリードした展開を作り上げた。
 投手陣も三振を多く奪い、責任を果たした。
 横浜はその逆であった。
 なぜ阪神が勝ったかを簡単に考えると以上のことが言えると考える。
 阪神はファイナルステージで巨人と対決するが、この打線と投手陣がどれほど機能し、巨人との試合に影響を及ぼすのか、楽しみである。
 
関連記事

参考にしたサイト
1.Wikipedia
2.日本野球機構,NPB.jp
3.スポナビ
記事終了