開幕延期
 2020年3月20日に予定されていた日本プロ野球の開幕の延期が決定した。
 新型コロナウイルスの影響によるものである。
 感染症というのは非常に怖いもので、極端な話を言うと兵器としても成り立つほどの破壊力を持つ。
 三国志でも、赤壁の戦いで細菌兵器が使われたことがあるほど、細菌の怖さは昨今変わらないものである。
 そのため、封じ込めのためにコンサートやスポーツの試合などの自粛が後を絶たない。
 プロ野球は、「開幕するべきか?封じ込めのために開幕延期をするべきか?」の議論は当然あったと思われるが、既に延期が決定した以上はそれに従い、感染症の拡大を防ぐことにプロ野球ファンとして力を尽くしたい。

坂本勇人の記録
 仕方がないことではあるが、巨人の坂本勇人の最年少での2000本安打の記録は現実的に難しくなったと言えるだろう。
 坂本勇人は2019年シーズンの終了時点で1884安打を放っており、2000本安打まで116本を残すまでになった。
 2020年の12月で32歳を迎えるが、この年齢で2000本安打を放つ選手は類を見ない。あまりにもハイペースである。
 スケジュール通り2020年3月20日にプロ野球が開幕したとすれば、7月13日までの期間を考えれば31歳7ヶ月という最年少記録は不可能ではなかったと考えるが、プロ野球の開幕が遅れたということで、記録達成は難しくなった。
 しかし、坂本勇人が2020年シーズン中に116安打を打つことは間違いないと考えていい。
 最年少記録は更新できないかもしれないが、2000本安打という大台は間違いなく達成できる。
 そして、坂本勇人の将来を考えると、過去に張本勲しか達成したことのない日本プロ野球通算3000本安打は決して不可能ではないため、あくまでも2000本安打は通過点と考えれば、ファンとしての楽しみ方はまだある。

まとめ
 新型コロナウイルスは非常に怖いものであるため、ファン同士で理解しあい、感染拡大を防ぐとともに、坂本勇人の2000本安打の記録、また2020年シーズンをどのように楽しむかをこの時間を通じて考えていくべきであると考える。
 

関連記事


参考にしたサイト
1.Wikipedia
2.MLB.com

記事終了