野球を数字で見るブログ

Houston Astrosと読売ジャイアンツのファンです。 本ブログで、「野球を数字で見る」面白さがわかります。 主に、日本プロ野球での成績を数字で見て考察します。 本ブログで扱うデータに関して、正確性は保証されておりません。本ブログの情報を元にデータを作成して起こる損害に対しまして、一切の責任を負いません。ご了承ください。

カテゴリ: 読売ジャイアンツ

はじめに
 巨人をAクラスに滑り込むことができた要因の1つは、マギーの打撃であろう。
 世代交代に伴う年齢問題によって、2018年シーズンで巨人を退団することが決まったが、その成績は比較的優秀なものであった。
 本記事ではマギーの打撃成績を見ていき、まだ生産性のあるプレイヤーであることを述べていく。
スポンサーリンク
 
成績一覧
 マギーの2018年シーズンの主な打撃成績は、出場132試合 打席数547 打率.285 本塁打21本 打点数84 出塁率.336 OPS.803 wOBA.348 wRAA 12.39 である。
 これだけではよくわからないため、順に考察していく。

打率 本塁打 打点
 2018年シーズン、打率.285 本塁打21本 打点数84の主要3つの成績は決して悪いものではない。
 打率も.280を上回り、20本塁打、80打点をクリアしている。
 メジャー帰りの選手であり、ミート力と長打力は比較的良いものである。
 同じ巨人の長野久義と比べても長打を打つ力は非常に高い。
 この成績はさすが助っ人外国人だなと思わせる。

出塁率
 マギーは選球眼が良くない。
 というより、四球を選ばない傾向にある。
 選んだ四球数はセリーグで規定打席に到達した31人中20位の41個で、非常に少ない数字である。
 選球眼を測る指標として、IsoDというものがある。
 これは単純に「IsoD = 出塁率 – 打率」で算出する。
 打率に対して、どれくらい出塁率があるのか、つまりどれほど四球を選んだかを示す指標である。
 IsoDは一般的に.060は欲しい。
 しかし、マギーのIsoDは.051であり、決して良い数字ではない。
 名著であり、映画化もされた「マネーボール」の登場人物であるオークランド・アスレチックスのGM ビリービーンは出塁率を主体とするチームを作り上げた。
 そして、そのチームは当時のリーグ新記録の20連勝を成し遂げた。
 出塁率はアウトにならない確率であるため、繋ぐ打撃ができる選手は出塁率が高い。
 そのため、打率に関しては悪くはないが、欠点としては選球眼があげられる。

OPS
 
OPSとは、「出塁率+長打率」で算出される成績であり、得点との相関が打率、出塁率、長打率よりも高い指標である。
 つまり、OPSが高ければ高いほど”得点に絡む能力”が高いと言える。
 マギーはOPS.803を記録している。
 OPSは.766以上.833以下の範囲にあるなら、良い成績であると評価される。
 マギーの数字はこの範囲に入っているため、OPSに関しては良い成績を残したと言える。
 出塁率は悪いが、21本塁打を記録する長打力があるため、OPSは比較的好成績を収めたと考えられる。

wOBA
 wOBAとは出塁率やOPSなど、打席での結果で決まる数値であり、簡単に言えば、「打者が各打席でどのくらい得点に関係する打撃をしているか」ということを評価する指標である。
 マギーは2018年シーズン、およそwOBA.348を記録している。
 リーグ平均がおよそwOBA.320であるため、マギーの成績はリーグ平均よりも高い。
 この成績を見るとマギーは「まだ平均以上の成績を残せる選手である」と言える。
 

wRAA
 wRAAとは、「平均的な打者が同じ打席数立った場合に比べて増やした得点」を表す指標である。
 もちろんwRAAが高ければ高いほど、チームの得点に大きく貢献したと言える。
 マギーはおよそwRAA 12.39を記録している。
 プラスの数字になっているため、平均的な打者がマギーと同じ547打席に立った場合と比べるとマギーはおよそ12点の得点を増やしたと言える。
 wRAAは10.00以上で「優秀」という一般論がある。
 プラスの数字であり、さらに「優秀」という成績を収めているため、まだ生産性のあるプレイヤーであることは間違いない。

スポンサーリンク
 
まとめ
 ここまで、マギーの2018年シーズンを評価してきたが、総括するとマギーは「選球眼は悪く四球を選ばない傾向にあるが、打撃指標ではプラスの成績を収めているため、まだ活躍できる”生産性のある選手”」と言える。
 マギーはまだ生産性があり、他のチームに入団しても平均以上の成績を残す可能性はある。
 今後、引退するのか、他球団に行くのか、どのような活躍を見せるのか。
 その動向に注目したい。

関連記事

ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。

ブログランキングの方も是非!



はじめに
 日本野球を見ている方々で、比較的新しい指標であるwOBAを知っている人はそれほどいないと思う。
 しかし、メジャーリーグではOPSよりもwOBAが重視される傾向にある。
 本記事では、wOBAについて軽く述べ、読売ジャイアンツの過去のwOBAを見て、考察していく。
スポンサーリンク

wOBAとは?
 早速、wOBAについての話を始めようと思う。
 wOBAとは、Weighted On-Base Averageの略であり、安打や四球など得点に絡む要素に重みを付けて算出される。Weightedは日本語で荷重を掛けることを意味するので、重みという言葉を使う。
 重みとは、例えば二塁打ならば大体1.26という値で、二塁打の数に1.26を掛けることで、二塁打の数に重みを付けて計算する。本塁打ならば得点に直接繋がるため、二塁打の重みよりも大きな、およそ2.07という重みをかけて、wOBAを大きくするように計算する。
 重み
は得点の価値を表すものと言い換えることができる。
 当然、重みが大きい本塁打を多く打てば、wOBAは大きくなる。
 wOBAが大きいほど、優秀な成績と評価され、wOBAは.320〜.330ほどになるのが一般的である。
 wOBAは出塁率やOPSなど、打席での結果で決まる数値であり、簡単に言えば、「
打者が各打席でどのくらい得点に関係する打撃をしているのか?」ということを評価する指標である。

巨人のwOBAのチーム成績
 本題の、巨人のwOBAを2011年シーズンから2017年シーズンまで算出した結果を示す。
 これは2012年日本一になってから、2017年のBクラス入りまで、全盛期から低迷期までの推移を表すことになる。
 2018年シーズンに関しては、今後調べていく予定である。

 巨人のwOBAの推移を以下の図に示す。

巨人のwOBA


 このグラフを見てわかる通り、統一球が導入され、長野久義が首位打者を取ったときのチームでのwOBAが最も低く、wOBA.285という数値になる。
 また、リーグ優勝を果たした2012年〜2014年は比較的高いwOBAを示している。
 そして高橋由伸監督になる直前から下がり気味になる。

グラフを見てわかることは?
 これを見て、私が考えることは、「リーグ3連覇を成し遂げたときは高水準であった」ことと「高橋由伸監督になる前から既に、打線は下降気味であった」ことである。
 やはり、リーグ3連覇となると、かなり得点が取れる打線であったと言える。
 これは自明なことであるかもしれない。
 リーグを連覇できるチームの打線は強い。


  そして2つ目に思ったことについて、個人的な見解ではあるが、高橋由伸監督は打線が弱っていると同時に監督を引き受けた、つまり不運にも巨人が弱り出したときに監督になったと言える。
 現時点で巨人はAクラスに入るのがやっとな時期である。
 それを監督の責任と言うのは頷ける。
 しかし数字で見ると、監督になった時期が悪く、どんなにエースがいようが最高4番がいようが、チーム全体として弱っている時期であると考えられるのである。

スポンサーリンク
 
まとめ
 全てを監督の責任にすることは簡単である。
 当然、高橋由伸前監督が辞任し、原辰徳新監督になることを喜ぶ人は多いだろう。
 ただ、高橋由伸前監督の時代は打線が弱り始めた不運な時期であり、陽岱鋼などを補強しても怪我をすることが多く、活躍する機会が少なかった。
 不運な監督であったと言える。
 原辰徳新監督での2018年オフのFA選手では浅村栄斗や丸佳浩など優秀な選手が多くいる。
 この場合、全ては監督の力で順位が決定するのではなく、チームが良い補強ができるときにチームは強くなり、順位が決定すると考えるのが自然である。
 運が良い悪いは当然あり、高橋由伸前監督は運が良くなかったと言え、逆にFAが豊作の年に監督になった原辰徳新監督は運が良いと考えることができる。

関連記事

↓ここをクリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。

ブログランキングの方も是非!




はじめに
 2018年オフのFA市場の大目玉は丸佳浩であることは間違いない。
 巨人のみならず、千葉ロッテなど様々な球団が大型契約を準備している。
 本記事では、仮に巨人に丸佳浩が加入した場合、どのようなことが起きるかを解き明かしてみる。
スポンサーリンク
 
1つ目の出来事 外野手の固定
 巨人は2018年に外野手として13人の選手を起用した。
 その中で、100試合以上出場している選手は長野久義と亀井善之の2人だけである。
 これは外野だけでなく、他のポジションでも言えることだが、「ポジションを固定すること=主戦力」という話になる。
 例えば、遊撃手で固定されている坂本勇人は当然巨人の主戦力である。
 また、一塁手として固定している岡本和真も主戦力である。
 2人の成績は文句の付けようがない。
 一方で、固定されていない二塁手の吉川尚輝や田中俊太は主戦力とは言えない成績である。
 捕手の小林誠司も現状は主戦力とは言えない成績を残しており、大城卓三にポジションを奪われそうな勢いである。
 小林誠司は119試合、大城卓三は66試合に出場しており、小林誠司は前年の2017年シーズンから20試合ほど出場試合数を減らした。
 そのため、あらゆるポジションを固定できること、正確に言えば「固定できるほどの成績を残せる選手がいること」はチームにとってプラスに働くのは言うまでもない。
 丸佳浩が加入することにより、ほぼ全試合を外野1人固定できることでチーム成績は良くなる可能性はある。

2つ目の出来事 得点力の増加
不安定外野陣と丸佳浩の比較
 言うまでもない話かもしれないが、丸佳浩の打撃は圧倒的で、打率3割、本塁打30本は見込め、出塁率の良さから、打線を繋ぐ役割も果たせる。

 さらに重要なのは、陽岱鋼(外野で73試合に出場)とゲレーロ(外野で76試合に出場)を併用した場合、wRAAはそれぞれ陽岱鋼がおよそ−0.90であり、ゲレーロはおよそ+10.94である。(亀井善之や長野久義はレギュラーとして出場しているため、レギュラーではない2人を取り上げた。巨人の外野手はレギュラーが1人足りない。)
 wRAAとは、簡単に言えば、「平均的な打者が、同じ打席数に立った場合と比べてどれくらい得点をチームにもたらしたか?」を示す数字である。
 つまり、wRAAで見ると陽岱鋼は平均的な打者よりもおよそ−1点のチーム得点を減らし、ゲレーロの場合、平均的な打者よりもおよそ+11点もチームの得点を減らしたことになる。
 2人合わせると、+10点もチームの得点をもたらしたことになる。(+11−1=
+10という単純計算)
 一方で、丸佳浩のwRAAはおよそ+60.82であり、チームにおよそ+61点もの得点をもたらしたことになる。

2人と丸佳浩を置き換えると?
 レギュラーではなく併用されていた陽岱鋼とゲレーロの2人の成績を、レギュラーになることは確実である丸佳浩の成績に置き換えるとどうなるか?
 陽岱鋼+ゲレーロで+10点であり、丸佳浩1人で+61点であるため、単純計算で丸佳浩が2人分を代わりに出場すれば、現状の巨人の得点を+51点増やすことになる。(単純に+10点から+61点になった場合、その差は+51点である) 
 これを巨人の2018年の得点数625点にプラスすると676点であり、2位ヤクルトスワローズの得点数658点を大きく上回る。
 つまり、得点能力はリーグ2位になる。
 さらに、広島カープが丸佳浩を放出し、代わりに平均的な打者で置き換えた場合、2018年の得点数721点から丸佳浩のwRAAであるおよそ61点を引けば、660点となり、巨人より得点力が下回ることになる。
 つまり、巨人がリーグ1位の得点能力があるチームとなる。
 3人目のレギュラーを獲得するだけで、これほどまでに得点力が上がることが非常に重要なことである。
スポンサーリンク
 
まとめ
 ここまでで、丸佳浩が巨人に加入することでどのようなことが起きるかを探った。
 2つ目に起きる出来事では、数字で簡単に計算してみると、巨人がリーグ1位の得点能力を得ることがわかる。
 巨人がどれほど丸佳浩の獲得に本腰を入れているかわからないが、獲得すればまず間違いなく、
Aクラス入りは毎年起こり優勝も十分に狙えることが数字からわかることだ。

関連記事

ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。

Twitter リンク: 遊撃手ファンのG党 Astros好き 

参考にしたサイト
1.スポナビ
2.日本野球機構,NPB.jp





はじめに
 2018年シーズン、日本一を逃したが、広島カープはやはり強く、2018年に3連覇を成し遂げた。
 一方、巨人はギリギリで3位に滑り込み、4位になる可能性もある危ないシーズンであった。
 広島と巨人はなぜここまで差がついているのか?
 本記事では簡単にそのことについて述べる。
スポンサーリンク
 
投手陣の違い
  投手陣に関して、先発投手は広島よりも巨人の方が良かった。
 先発防御率は広島が
4.26で巨人が3.62であった。
 しかし、中継ぎ投手の防御率は広島が
3.87で巨人が4.12であった。
 つまり、広島の方は「序盤に打たれるが、後半に粘りを見せ、失点を防ぐチーム」であるのに対し、巨人は「序盤はある程度抑えるも、後半に打ち込まれるチーム」であったのだ。
 中でも中継ぎ投手の奪三振能力の差も、順位の差をつけた大きな要素である。
 広島の中継ぎ投手の奪三振率は8.36、巨人は7.25であった。
 フライボールを打たせることは、得点に繋がりやすいことがメジャーリーグで証明されている。
 三振が奪える、つまりフライボールを打たせないことも差がついた大きな要因である。

野手陣の違い
 野手陣は打率、出塁率、ホームラン数、OPS、wOBAの全ての指標で広島が巨人を上回っていた。野手の育成、獲得が巨人の急務である。
 最近では岡本和真などの若手選手が台頭してきてはいるが、広島の丸佳浩ほどの成績ではない。鈴木誠也などの野手に似た野手も巨人は育成しなければならない。
 もし可能であれば、FA市場で浅村栄斗などを獲得するべきである。その理由は、本ブログの(巨人)浅村栄斗は絶対に獲得するべきで述べている。


野手陣のwOBAの推移
 広島のwOBAは下の図のように2016年から高い水準を維持している。2015年は少々下降したが、それでも上昇して現在の打線を作り上げた。

 wOBAとは出塁率やOPSなど、打席での結果で決まる数値であり、簡単に言えば、「
打者が各打席でどのくらい得点に関係する打撃をしているか」ということを評価する指標である。
 つまり、wOBAが高ければ高いほど得点に絡む能力が高いと言える。


広島のwOBA

 巨人のwOBAは下の図のように低い水準を維持する傾向にある。得点能力が低いのだ。
 2018年は少し盛り返したが、それでも敗北した。

 この得点能力の差を埋めるには、育成すること、FAでの選手獲得をすることも必要ではあるし、長打力のあるwOBAの高い選手を即戦力としてドラフトで指名するといったことをしないといけない。

巨人のwOBA

 能力差は間違いなくある訳で、原監督の新体制で今後はFAでの選手獲得や育成を行っていくはずである。
 現状の一軍戦力で勝てる巨人にはない。
 今後、これらのグラフがどのような推移になるのかによって、巨人の順位は大きく変わる。

スポンサーリンク

まとめ
 最後に総括として、広島と巨人の差は簡単に言えば「中継ぎ投手の粘りと奪三振能力の差、そして野手陣の得点に絡む能力の差」であった。
 この能力差は現在の順位に大きく反映されている。
 巨人がこれらの能力差を埋めるには、そして澤村拓一や谷岡竜平などの中継ぎ育成をしていくことは当然であるが、浅村栄斗などの若く見込みのあるFA選手を獲得することも必要である。

関連記事


ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。





はじめに
 MLB選手代表vs巨人戦でランニングホームランを打った松原聖弥。
 元々は育成選手出身の外野手である。
 どのような選手かを本記事では述べていく。

スポンサーリンク
 
打撃成績と個性
 松原聖弥の二軍での主な成績は、464打席に立ち、打率.316 本塁打0本 42打点 盗塁数24である。
 この成績を見ると、明らかに長打を打つタイプではない。単打で繋ぐタイプであると言える。
 出塁率は.374であり、悪い成績ではない。
 打率と出塁率との差をIsoDといい、「IsoD = 出塁率 – 打率 」で評価されることが、しばしばある。
 松原聖弥のIsoDは0.058であり、0.060あたりが欲しい一般的な野球で、松原聖弥はそれに近い値を出している。つまり、ある程度の選球眼はある。

 盗塁数も二軍ではトップであり、その俊足であるという利点から外野手は適任であると言える。
 ここまでは、育成選手から這い上がってきた選手とは思えない個性が見て取れる。
 
選手としての欠点
 やはり欠点を持ってはいる。
 松原聖弥の欠点は大きく分けて2つある。

1つ目の欠点 盗塁成功率
 まず、盗塁数に隠れた盗塁死の数である。
 松原聖弥の盗塁死は19もある。
 盗塁数24に対して盗塁死19であるから、盗塁成功率はおよそ.558である。非常に低い数値だ。
 盗塁のスペシャリストとして元巨人の鈴木尚広の2008年(最も多く打席に立った年)の盗塁数は30で盗塁死は5であった。つまり盗塁成功率.857であった。
 スペシャリストであった鈴木尚広と比べるのは酷な話だが、盗塁をするという行為は非常にリスクが伴うことを頭に入れておかないと、松原聖弥はチャンスを潰してしまう選手になってしまう。
 これが1つ目の大きな欠点だ。


2つ目の欠点 長打力
 2つ目は先に述べた長打力。
 単打で繋ぐタイプではあるため、
長打率は.390であり、.400を超えていない。
 長打率が.390は、プロ野球の平均長打率と同じ水準である。
 平均で何が悪い?と思う人もいると思うが、平均レベルだから欠点となり得る。
 わかりやすい例として巨人の平均打率を見てみる。
 巨人の平均打率はここ数年間で、およそ.240〜.260程度である。
 打率.240〜.260の打者をいい打者と呼べるのか?当然呼べない。
 長打率は打率と比べて感覚的にわかりにくい指標であるため、打率を例に取ったが、平均の長打率と同等の水準であることは打率同様、良い成績であると呼べない。
 「長打率と得点との相関」が、「打率と得点との相関」よりも上であることは知られているため、
松原聖弥は勝利に貢献しづらいと言える。

 打率が悪くても長打率が良い打者はいる。それは、打率が低くて本塁打が打てる、ソフトバンクのデスパイネなどのタイプである。

 つまり、打率に関してはデスパイネなどよりも上であったとしても長打率で下になり、「得点に貢献する能力」は低くなる可能性がある。
 これが2つ目の欠点である
スポンサーリンク

まとめ
 ここまでを総合すると、「松原聖弥は脚は速い。しかし、盗塁成功率はとても低く、長打も打てないため、1番でも4番でも使いづらい、どの打順でどのように起用するべきか判断することが難しい選手」と言える。
 今後のことを考えると、確かに脚が速いのは魅力の1つである。
 対MLB戦でランニングホームランを打ったことも脚の速さが要因である。
 そのため、考えて走ることを実行できた鈴木尚広や他の走塁コーチから、走塁術を学ぶことができれば、現状は欠点が多くても、十分将来性のある選手であると言える。

関連記事

↓ここをクリックしていただけると嬉しいです
にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。
ブログランキングも是非!




はじめに
 2018年オフの日本のFA市場は、丸佳浩を筆頭にビッグネームが名を連ねているが、その中でも巨人が優先的に獲得するべきなのは浅村栄斗である。
 本記事では、その理由を簡単に述べていく。
スポンサーリンク
 
浅村栄斗の成績
 浅村栄斗は2018年に残した主な成績は、出場143試合(全試合)  打率.310  出塁率.383  本塁打数32本  打点数127  OPS .910  wRAA +36.28 である。
 特にセカンドとして142試合に出場している。
 セカンドでの失策数は12であり、リーグで最も多いが、守備率は.983であり平均的である。
 簡単に言えば、3割30本100打点を達成できるセカンドということになる。

獲得するべき3つの理由 
 丸佳浩や炭谷銀仁朗などを獲得する動きがある。
 しかし、最も優先するべきは浅村栄斗の獲得である。
 浅村栄斗を獲得するべき理由は3つある。

理由1:セカンドを固定できること
理由2:2019年シーズン時点で28歳という若さがあること
理由3:現状のセカンドだと得点を増やせないこと


これらを順に説明していく。
スポンサーリンク
 
理由1:セカンドを固定できること
 2018年の巨人は吉川尚輝やマルティネスといった内野手をセカンドに置いていた。
 吉川尚輝は怪我で途中から故障者リスト入りし出場92試合でセカンドとしては71試合、マルティネスもセカンドとしての出場は16試合ほどである。
 台頭してきた田中俊太が出場99試合中、セカンドとして58試合に出場している。
 巨人はセカンドを固定することができない状態が10年以上続いている。
 過去に片岡治大を西武ライオンズから獲得するなどの策を講じてきたが、それほどの成績を残せずに引退し、35歳でコーチになっている。
 ここでもし、浅村栄斗を獲得することができれば、2018年の出場数を考えれば全143試合「セカンドとして固定」という安定材料を巨人が得ることができる。

理由2:2019年シーズン時点で28歳という若さがあること
 これは吉川尚輝や田中俊太にも言えることではあるが、若さが非常に重要になってくる。
 例えば、2008年に正二塁手として活躍した木村拓也はその当時35歳であり、ベテランの域に達していた。
 翌年を見込むことができなかった。
 現在の浅村栄斗を獲得すれば、28歳という若さの正二塁手を獲得することができ、4年契約、もしくは5年契約をすれば数年はセカンドで悩む可能性は低くなる。
 これも安定材料の1つである。

理由3:現状のセカンドだと得点を増やせないこと
 これが最も大きい理由である。
 2018年シーズンで計算すると、吉川尚輝は355打席に立ち、wRAA −4.86という成績しか収めていない。
 wRAAとは、簡単に言えば、「平均的な打者が、同じ打席数に立った場合と比べてどれくらい得点をチームにもたらしたか?」を示す数字である。
 吉川尚輝は平均的な打者が同じ355打席に立った場合と比べて、−4.86点(およそ–5点)をチームにもたらした、つまり吉川尚輝はチームの得点を5点減らしたと言うことになる。
 田中俊太の場合は、261打席に立ち、wRAA −7.54であるため、吉川尚輝よりも悪い成績になる。
 巨人は自前のセカンドを打席に立たせると得点を増やすことができないのだ。
 これは致命的であり、これを理由にセカンドは必ず補強しなければならない。
 浅村栄斗はwRAA +36.28であり、チームにおよそ+36点もの得点を追加してくれる。
 成績を比べた場合、吉川尚輝がおよそ−5点、浅村栄斗がおよそ+36点であるため、吉川尚輝に代えて浅村栄斗を加入させることにより、
単純計算でおよそ+40点もの得点が巨人の得点に加わることになる。
 巨人の2018年の得点が625点であり、リーグ3位の得点数であるが、これに40点を加え、665点とした場合、リーグ2位の得点数を誇るヤクルトの658点を上回る計算になる。
 打撃面で圧倒的有利になるのは間違いない事実だ。

 致命的に悪いセカンドの得点能力を補強できるチャンスが目の前にあることも大きな事実である。
 
まとめ
 以上のように、巨人は浅村栄斗をセカンドとして補強するべきと述べた。
 炭谷銀仁朗を補強しようとする報道が多いが、ポイントはそこではない。
 捕手は重要なポジションであるが、炭谷銀仁朗を取るのであれば小林誠司をそのまま使うべきである。
 それは炭谷銀仁朗も小林誠司も得点能力はほぼ同じだからである。
 そのため、致命的に得点能力のないセカンドを国内FAで獲得のチャンスがある浅村栄斗で補強する方が得策であると間違いなく言える。

関連記事

 ↓ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。

ブログランキングの方も是非!



はじめに
 原辰徳新監督の巨人において、炭谷銀仁朗を獲得する動きがあるという報道があった。
 しかし、本当に炭谷が必要なのだろうか?
スポンサーリンク
 
捕手の必要性
 強い球団は良い捕手と良い抑え投手がいることが多い。
 例えば2018年シーズン、日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークスは捕手に日本シリーズMVPを受賞した甲斐拓也がおり、抑えにはサファテの代わりとしてある程度抑えられる森唯斗がいた。
 2人がいなければソフトバンクは守備機会時に失点が多かったはずである。
 それは、甲斐拓也のリーグトップの盗塁阻止率.447(異常なまでに好成績で、打撃が弱くても守備防御率だけで十分と考えていい)と森唯斗の防御率2.79、セーブ数を見ればわかる。
 そのため、巨人は捕手と抑え投手を整える必要があると考えるのが自然な流れである。 

 巨人の正捕手は小林誠司であり、その他に大城卓三などがいる。
 小林誠司は盗塁阻止率はリーグトップの.341であり、守備には定評のある。
 ただし、2018年の打撃は打率.219、OPS.575という成績であり、ほとんど打てないと考えていい。
 大城卓三は打率.265、OPS.715という成績を残し、打撃はある程度良いが守備がいまいちという評価がある。

炭谷銀仁朗という存在  
 巨人の2人の捕手が信頼できないと考えたためか、今オフFAの西武ライオンズの炭谷銀仁朗を獲得する動きがあるという報道がある。
 炭谷銀仁朗は森友哉に正捕手の座を奪われ、FA権の行使で移籍先を探すという考えで間違いない。
 捕手を固定したいという気持ちもあり、巨人が獲得に動いたのだろう。
スポンサーリンク
 
正直必要ない
 炭谷銀仁朗は盗塁阻止率や守備率、経験などの面から平均以上の捕手であると考えられるが、数字で見ると巨人には全く必要ない選手である。
 炭谷銀仁朗は2018年シーズンの打率が.248であり、OPSは.575である。盗塁阻止率は.327という成績であった。
 正直言うと、小林誠司と何が違うのかわからない。
 打撃面、盗塁阻止率の面ではほとんど差異はない。
 経験はあるが、年齢も来シーズンから使うと32歳であり、ベテランの域に差し掛かる。
 前にも相川亮二をヤクルトスワローズから獲得したこともあったが、炭谷銀仁朗の獲得は相川亮二を獲得した過ちとほぼ変わらないことになりかねない。
 「なぜ、小林誠司で使い続けようとしないのか?」もしくは「なぜ、大城卓三を育成しようとしないのか?」大きな疑問である。
 炭谷銀仁朗を獲得するとチームが強くなるとは到底思えない。
 それは数字で現在の巨人の捕手と比較することと、過去の過ちから簡単にわかることである。

まとめ 
 まだ報道レベルの事柄を、酷評しすぎてしまったかもしれないが以上の理由から炭谷銀仁朗は必要ないと考える。
 もし本当に獲得したら、巨人は育成もできず、強くもならない。

関連記事


↓ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。

Twitter リンク: 遊撃手ファンのG党 Astros好き 


参考にしたサイト
1.スポナビ

ブログランキングの方も是非!



はじめに
 橋本到が楽天への金銭トレードとなった。
 意外性のある打撃が持ち味であった打者である。
 ショックを受けた巨人ファンの方々もいるかもしれない。
 しかし、俯瞰してみると、これは好ましいことであると考える。
 本記事では、その理由を簡単に述べる。
スポンサーリンク
 
トレードはあるべき行事
 日本プロ野球において、トレードは非常に少ない。
 最近の大型トレードで思いつくのは、メインピースとして大田泰示と吉川光夫のトレードだろうか。
 このトレードは、巨人では活躍できないと判断した巨人の首脳陣が大田泰示を日ハムに放出し、見返りとして日ハムでは過去の栄光を持つ吉川光夫を放出した。
 これをネガティブなトレードと考えてしまうところが日本プロ野球に根付いた悪い癖である。
 「この球団で活躍できないなら放出」ということは、ポジティブな要素も非常にある。

ポジティブな要素とは? 
 そもそもトレードは、不要になった選手を放出するだけではない。
 例えば、巨人であれば、先発投手が欲しい。日ハムなら長打の打てる外野手が欲しい。
 そういった球団同士の利得関係が一致したときに行われる。
 つまり、基本的には「ちょっと欲しい選手がいるから、ウチのこの選手とトレードしてくれないか?」などという話し合いで意見が一致し、行われるものである。
 そのため、ここでは大田泰示と吉川光夫を例に取っているが、大田泰示は日ハムに移籍して巨人時代とは比べ物にならないほどの出場機会を得て、ある程度活躍している。
 これは日ハムが使いたいと思ったから使い、活躍した事例だ。
 吉川光夫の場合も、日ハムでは出場機会を得られないため、巨人に移籍後、ある程度活躍している。
 これは巨人が使いたいと思ったから使い、活躍した事例だ。
 つまり、球団同士は基本的にWin-Winの関係にある。
 これがまさにポジティブな要素だ。

橋本到の場合は? 

 橋本到は巨人では出場機会が得られない。
 そう首脳陣が判断し、楽天への金銭でのトレードをした。
 その金銭の額は当然明確には公開されていないが、巨人は年棒が高騰しそうな岡本和真や若手選手に当てる金銭が必要となり、橋本到を放出し、楽天は打てる可能性を秘めた外野を欲しかったためのトレードであったと考えている。
 そのため、球団同士は現状、Win-Winの関係にある。
スポンサーリンク
 
まとめ 
 軽くトレードについて触れたが、何が言いたかったかというと、トレードはネガティブな要素がそれほど無く、球団同士が利得関係を踏まえて行われる、本来ポジティブであるべきものということだ。
 橋本到は楽天で活躍できるかはまだわからない。
 しかし、出場機会は巨人よりも多く与えられると考えて間違いない。
 そこで橋本到が活躍できた場合、球団同士の最高のトレードとして、称賛するべきなのである。

関連記事 

 ↓ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。

ブログランキングの方も是非!



はじめに
 本記事は、2018年の沢村賞を受賞した菅野智之の成績を徹底解剖していくことが目的である。
 本記事は、二部構成の第二部(Part2)として (沢村賞)菅野智之の投球を数字で見た結果…(Part1)に引き続き菅野智之の2018年シーズンの成績を見て考察していく。
スポンサーリンク
 
WHIP
 第一部でも触れたことだが、もう一度WHIPを見てみる。
 WHIPとは、「1イニングあたり何人のランナーを背負うか?」を示す指標であり、仮に1イニングを投げて被安打1無四球に抑えればWHIP1.00が記録される。
 菅野智之WHIP1.00であった。
 2018年のリーグ1位の成績である。
 一般的にWHIPは、1.10以下で優秀と言われ、1.00前後でエース級の投手と言われる。
 菅野智之はまさにエース級であるとWHIPが示している。
 菅野智之は、1イニングあたりランナーを1人しか許さない投球をしていたと言え、これは防御率が良いのと関係があることは間違いない。

K/BB
 菅野智之は、K/BBも素晴らしい成績であった。
 
K/BBとは奪三振数を与四球数で割った指標で、「1つの四球を与える間に何個の三振を奪えるか?」を表す数字である。
 主にコントロールの良し悪しを見るために使われる。
 菅野智之は2018年シーズン、
K/BB 5.41を記録している。
 K/BBは3.50で優秀とされる成績であるため、菅野智之の数字は優秀というより”非常に優秀”と呼ぶべきものだろう。
 
FIP 
 FIPとは、投手だけがコントロールできるものである被本塁打数、与四球数、奪三振数の3つの数字で算出される擬似的な防御率である。
 この指標の利点は、野手の守備に依存しないことである。
 野球は守る野手によって投球の内容が変わってくることがある。
 エラーとは違い、守備範囲の広い選手や狭い選手がいることは間違いなくあり、これらを考えて投球を評価するのは非常に難しい。
 そのためFIPは、投手の責任である被本塁打、与四球数、奪三振数で簡単に防御率を決めてしまおうと考え出された指標である。
 防御率が悪くても、FIPが良ければ評価は高くなる。野手の守備への依存が比較的少なく、運というコントロールできない出来事を排除できるからだ。

 菅野智之のFIPはおよそ2.63であった。
 これは称賛に値する成績である。
 例えば、広島カープのエース大瀬良大地のFIPはおよそ3.65である。
 大瀬良と1.00以上の差をつけて圧倒的1位に君臨している。
 つまり、菅野智之は他の投手に比べて、「自分の投球を自分だけの責任で解決する力」が優れていたということがFIPの数字からわかるのだ。
スポンサーリンク
 
まとめ
 第一部と第二部の二部構成で沢村賞投手、菅野智之の2018年の成績を見てきたが、ここまでを総括すると、菅野智之は「無駄なランナーを背負わず、コントロールにも優れており、それに伴う自己解決能力がある投手」と言える。
 まさに、沢村賞を文句なしで受賞できた投手である。
 巨人はこれほどの投手を持っているため、”宝の持ち腐れ”にならないよう、来シーズンは勝ち進んでいただきたい。

関連記事

↓ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。

Twitter リンク: 遊撃手ファンのG党 Astros好き 


参考にしたサイト
1.スポナビ

ブログランキングの方も是非!



はじめに
 菅野智之が2018年シーズンの沢村賞に輝き、2年連続の受賞となった。
 2018年シーズン、8完封を含む10完投を記録し、あらゆる基準をクリアした文句なしの受賞となった。
 本記事では二部構成の第一部(Part1)として、沢村賞投手である菅野智之の2018年シーズンにおける基本的な成績を見て考察し、どれほど凄い投手か、徹底解剖する。
スポンサーリンク
 
成績一覧
 菅野智之が2018年シーズンに残した主な成績は、登板数28試合 完投10(完封8) 投球回数202イニングス 防御率2.14 15勝8敗 奪三振数200 奪三振率8.91 与四球率1.65 WHIP1.00 K/BB5.41 FIP2.63 である。
 並べただけではよくわからないため、順に成績を見ていく。

勝利数 敗戦数 防御率
 運に左右されやすいのは、勝利数と敗戦数である。
 勝ちに恵まれない投手も多くいる。
 その運で決まる成績に凄く意味があるとは思わないが、
15勝8敗という成績は沢村賞の投票員の方々の心を掴む好成績であった。
 だがやはり、重視するべきは勝利数と敗戦数ではなく防御率である。
 防御率は「失点を防ぐ」という投手の基本を表す指標であり、重要であることは間違いない。
 防御率2.14は2位の横浜DeNAベイスターズの東克樹の2.45に大差を付けてリーグ1位の好成績を収めている。
 比較すべき、同じ背番号19を背負っていた上原浩治の1年目シーズンの防御率が2.09であるため、防御率に関しては上原浩治のキャリアハイとほぼ同等の成績を収めている。

WHIP
 WHIPとは、「1イニングあたり何人のランナーを背負うか?」を示す指標であり、仮に1イニングを投げて被安打1無四球に抑えればWHIP1.00が記録される。
 菅野智之は例の通りのWHIP1.00であった。
 これもリーグ1位の成績である。
 一般的にWHIPは、1.10以下で優秀と言われ、1.00前後でエース級の投手と言われる。
 菅野智之はまさにエース級であるとWHIPが示している。
 菅野智之は、1イニングあたりランナーを1人しか許さない投球をしていたと言え、これは防御率が良いことと関係があることは間違いない。

奪三振率と与四球率
 さらに、奪三振率と与四球率も好成績である。
 菅野智之は奪三振率8.91 与四球率1.65であった。
 つまり、「仮に9イニングスを投げ切った場合、およそ9個の三振が奪え、さらに四球は1〜2個しか与えない」ということになる。
 三振が奪える能力は、ピンチの場面で非常に役に立つ。
 ピンチの場面で犠牲フライやゴロでの失点は避けたいのは当然である。
 菅野智之は、その場面を三振で切り抜けられる力があるということだ。
 さらに、与四球率からわかるように四球による無駄なランナーを背負うことはない。
 一般的に、与四球率は2.50あたりが合格点になる。
 だが菅野智之は
1.65である。
 これはコントロールに優れている証拠である。
スポンサーリンク
 
第一部まとめ
 ここまでを総括すると、菅野智之は「制球力、奪三振能力、失点の少なさ、全てにおいてトップレベルの投手である」と言える。
 沢村賞投手として、文句なしの成績である。

 ここまで、菅野智之の大まかな成績と特徴を述べたが、本日21:00更新の(沢村賞)菅野智之の投球を数字で見た結果…(Part2)ではさらに踏み込んだ成績評価を行っていく。

関連記事

↓ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。

Twitter リンク: 遊撃手ファンのG党 Astros好き 


参考にしたサイト
1.スポナビ

ブログランキングの方も是非!



このページのトップヘ