野球を数字で見るブログ

本ブログで、「野球を数字で見る」面白さがわかります。 主に、日本プロ野球での成績を数字で見て考察します。 本ブログで扱うデータに関して、正確性は保証されておりません。本ブログの情報を元にデータを作成して起こる損害に対しまして、一切の責任を負いません。ご了承ください。

カテゴリ: 中日ドラゴンズ

はじめに
 中日ドラゴンズがドラフト1位で引き当てた大阪桐蔭高校の根尾昂内野手。
 本記事では、その根尾昂内野手の通算成績とまではいかないものの、2017年と2018年の夏の甲子園までの、比較的大きな大会での成績、打率、打点、本塁打、そしてちょっとしたセイバーメトリクスの成績も評価していく。
スポンサーリンク
成績一覧
 サンプルとする2017年途中から2018年夏の甲子園までの8大会での根尾昂内野手の打撃成績は、出場28試合 打席数111 打率.382 本塁打6本 打点数25 出塁率.495 IsoP.213 OPS1.090 BABIP.429 である。

打率
 8大会での通算打率は.382である。
 ショートとしては非常に高い打率である。
 打率に関しては文句の付け所がない。
 ミートポイントの広い金属バットを使用していることを差し引いても、圧倒的なミート力があることは確かである。

IsoP
 意外と知られていない指標がIsoPという指標である。
 IsoPとは純粋な純粋な長打力を表す指標であり、「長打率−打率」で簡易的に計算できる。
 これは長打率とは別の長打を打つ能力を測る指標である。
 長打率の場合、二塁打や本塁打を打てなくても、極端な話100打数100安打で安打が全てシングルヒットならば長打率1.000となるが、そのような打者は決して長打を打つ能力があるとは言えない。
 そこで、二塁打、三塁打、本塁打のみを考慮し、単打を排除して得られる率を考えた方が長打を打つ能力を示すためには都合が良いということで考え出された指標である。

 根尾昂のIsoDは.213であり、これはプロ野球に置き換えた場合、全野手のベスト15にはランクインする成績である。
 長打を打つ能力が非常に高いことを示している。 
 

出塁率
 さらに、根尾選手は111打席に立ち出塁率は.495ある。
 この数値も圧倒的である。
 出塁率は四球数に大きく依存する。
 名著であり、映画化もされた「マネーボール」の言葉を借りれば、

 「ストライクゾーンをコントロールできる能力が、じつは、将来成功する可能性と最もつながりが深い。
そして、ストライクゾーンを操る術を身につけているかどうか、最もわかりやすい指標が四球の数なのだ。」

 つまり、根尾選手は圧倒的にストライクゾーンをコントロールできる能力を身につけていることになる。自分のストライクゾーンをよく理解していると言い換えられる。
 この数字は、凄いという言葉では表現できないほどの好成績である。
 メジャーリーグでのイチローの場合、根尾選手に似たような打率を残してきたことはあるが、そのイチローですら、メジャーリーグで出塁率.400を越したことは1度しかない。
 そう考えると、根尾昂はどれほどのポテンシャルを持っているのかが分かるだろう。

OPS
 OPSとは、セイバーメトリクスの指標の1つで、"出塁率+長打率"で算出される率である。
 その数値は得点との相関性が非常に高く、得点との相関性は高い順にOPS>出塁率>打率という関係があり、OPSが高い選手ほど得点に絡む確率が高いと言える。
 一般にOPSは.900を越えれば優秀、1.000を越えればプロ野球ではMVP級であると評価される。
 そんな中、根尾選手の111打席でのOPSは1.090という数値であった。
 これも圧倒的な数値である。
 特に、第100回夏の甲子園では、OPSは1.600を超えている。バリーボンズよりもいい成績である。
 通算の長打率も.580に迫る勢いである。

 かなり打てる、ということはここまでで分かると思う。

BABIP
 ただし、夏の甲子園でのBABIPは.400を超えていた。
 BABIPとは「ホームランゾーン以外に打球が飛んだ時の打率」であり、セイバーメトリクスでは”運”を評価するときに使用される。
 打者の場合、BABIP.300を超えると”運がいい”とされ下回ると”運が悪い”と評価される。
 つまり、まさに運で打った「ボテボテの内野安打」でも、力で打った「快心の二塁打」でもヒットには変わりはないため、BABIPが大きな値の場合は、運で打った打球の割合が顕著に示されるだろうということだ。
 根尾選手が、BABIP.400を超えていたというのは、確かに運が多少はあったのかもしれない。
 高校野球の相手チームの守備力に大きく依存するからだ。
 プロ野球の守備力を考えた場合、成績は落ちることは間違いなく起こり得る。

 しかし、根尾選手はホームランが打てる打者である。
 BABIPでは本塁打を含まず、本塁打は運とは無関係としている。
 そのため、実力は確かにある。
スポンサーリンク
まとめ
 根尾昂内野手の成績を見てきたが、総括すると「運の要素がある程度強いが、打率が残せ、ストライクゾーンをコントロールできるほどの選球眼を持ち、長打も打てる遊撃手」と評価できる。
 中日ドラゴンズは現在は比較的弱いため、新人の出場機会は多いだろう。
 そのため、根尾昂内野手が中日の一軍選手としてグラウンドに立つことは、案外近い内に起こり得ると考える。

関連記事


参考にしたサイト
記事終了


はじめに
 2018年に現役を引退した岩瀬仁紀。
 中日ドラゴンズの絶対的な守護神として君臨していた投手である。

 岩瀬仁紀が残した数々の記録は数知れず、とても語り尽くせるものではないが、本記事ではそのキャリア、そしてFIPなどの指標で岩瀬仁紀はすごい成績を残していたということを、可能な限り述べる。
スポンサーリンク
主な通算成績
 岩瀬仁紀が残した記録として、まず挙げられるのが通算セーブ記録である。
 岩瀬仁紀は日本プロ野球では前人未到の通算400セーブを超える
407セーブをあげている。300セーブ以上を記録する投手も日本には岩瀬仁紀しかおらず、さらには400セーブを超えるという偉業を成し遂げた。
 1000試合登板という誰もがなし得なかった登板数も記録し、1000試合以上登板して通算防御率が2.31という好成績を残している。
 登板数だけでなく、防御率も良いというのは、ただ使われているだけではなく、信頼された投手であると言える。

WHIPの通算成績
 通算WHIPはおよそ1.13である。
 WHIPとは、「1イニングに何人のランナーを背負うか?」を表す指標で、例えば1イニングを投げ被安打1無四球で抑えた場合、WHIP1.00が記録される。
 年齢問題による成績低下や新人時代の比較的悪い成績を含めて考えても、通算WHIPを見ると、
ランナーを背負わない安定した投手であったことを物語っている。

K/BBの通算成績
 通算K/BBもおよそ3.44であり、優秀と言われる3.50にとても近い。
 
K/BBとは奪三振数を与四球数で割った指標で、「1つの四球を与える間に何個の三振を奪えるか?」を表す数字である。主にコントロールの良し悪しを見るために使われる。
 WHIPと同様に、通算成績でこれほどまでの好成績を残せる
投手は非常に少ない。

キャリアハイ
 今度は岩瀬仁紀のキャリアハイを見てみる。
 全盛期はどれも素晴らしい成績であったが、特に良かったのが2006年、中日ドラゴンズがリーグ優勝したシーズンである。
 この時の中日ドラゴンズはまさに黄金時代であったが、岩瀬仁紀はチーム主力選手の一角を担っていた。
 2006年、登板数56試合 投球回数55.1イニングス 防御率1.30 WHIP0.89 K/BB5.50 40セーブという成績であった。登板数は例年に比べて少ないものの、岩瀬仁紀は防御率を1点台前半に収め、さらにWHIPは1.00以下に収めている。さらには、K/BBも非常に良く、コントロールの良さも示している。

FIPのすごさ
 岩瀬仁紀の2006年のFIPは、およそ2.54という成績であった。
 FIPとは、投手だけがコントロールできるものである被本塁打数、与四球数、奪三振数の3つの数字で算出される、擬似的な防御率である。
 この指標の利点は、野手の守備に依存しないことである。野球は守る野手によって投球の内容が変わってくることがある。エラーとは違い、守備範囲の広い選手や狭い選手がいることは間違いなくあり、これらを考えて投球を評価するのは非常に難しい。そのためFIPは、投手の責任である被本塁打、与四球数、奪三振数で簡単に防御率を決めてしまおうと考え出された指標である。
 FIPは一般的に3.00未満で優秀であると言われている。そんな中、岩瀬仁紀のFIPは2.00台であり、優秀な成績を収めていた。
 FIPは一般的な防御率とは異なり、自分の責任で全てが決まる成績であることから、FIP2.54という好成績であるということ。
 
それはつまり自己解決能力が非常に高かった投手であったということだ。
スポンサーリンク
まとめ
 ここまでを総括すると、岩瀬仁紀は「通算記録も素晴らしいが、キャリアハイでは、四球などで無駄なランナーを背負うことがなく、それに伴う防御率とFIPも非常に良く安定した抑え投手であった」と言える。

 これほどまでの成績を残せ、かつ何年も守護神の座を守り抜いた岩瀬仁紀は日本プロ野球史上最高の抑え投手であった。

関連記事


参考にしたサイト
1.Wikipedia
2.日本野球機構,NPB.jp

記事終了


はじめに
 2018年シーズンに現役を引退した浅尾拓也。
 晩年は球速も落ち、活躍することはできなかったが、2011年の中継ぎ投手として初のMVPは記憶に残っている人も多いだろう。

 本記事では、浅尾拓也のMVPを獲得した年である2011年の成績の凄さを見ていく。
スポンサーリンク
2011年の主な成績
 浅尾拓也の2011年の主な成績は79試合に登板し87イニングスを投げ、7勝2敗 45ホールド 10セーブ 100奪三振 防御率0.41 であった。
 この成績は誰もが目を見張るものであろう。
 特に防御率0.41は異常なほど良い成績である。
 87イニングスを投げて自責点がたったの4点であったのだ。
 これほどまで打たれない投手は
”出てきたら終わり”と打者に思わせるものであったに違いない。
 また、奪三振率はおよそ10.33であり、与四球率は1.55と2つの指標も平均以上である。
 この奪三振率と与四球率を見ると、「9回を完投したと想定した場合10個〜11個の三振を奪い、与四球は1個〜2個」ということになる。簡単な指標を見ても、浅尾の凄さが分かる。


WHIP
 WHIPとは「1イニングに何人のランナーを出したか?」を示す指標で、例えばある投手が1イニングを投げて被安打1無四球に抑えた場合、WHIPは1.00となる。
 中継ぎ投手の場合は、1イニングだけを投げる場合が多いため、この指標は中継ぎ投手を評価するのに便利である。

 浅尾拓也のWHIPは0.82であった。
 つまり浅尾は中継ぎとして登板した試合では、1人のランナーを許すか三者凡退に抑えるかの2パターンがほとんどであった、と言える。
 相手の攻撃を断ち切るために浅尾という投手は非常に有益な存在であったことを示す数字である。


最も優れた点 FIP
 FIPと呼ばれる指標で浅尾拓也を見ると、その凄さがわかる。
 FIPとは、投手だけがコントロールできるものである被本塁打数、与四球数、奪三振数の3つの数字で算出される、擬似的な防御率である。
 この指標の利点は、野手の守備に依存しないことである。
 野球は守る野手によって投球の内容が変わってくることがある。
 エラーとは違い、守備範囲の広い選手や狭い選手がいることは間違いなくあり、これらを考えて投球を評価するのは非常に難しい。
 そのためFIPは、投手の責任である被本塁打、与四球数、奪三振数で簡単に防御率を決めてしまおうと考え出された指標である。

 浅尾のFIPはおよそ1.07であった。
 FIPに関しては3.00以下に抑えれば優秀とされているが、浅尾の場合は1.00前半、もう少しで1.00を切る成績であった。
 比較として、巨人で同じく中継ぎ投手で防御率0点台を記録した2012年の山口鉄也のFIPがおよそ1.33である。
 山口鉄也の成績も素晴らしいが浅尾拓也の成績の方が断然上である
 これほどまで野手の守備力に依存せずに打者を抑える投球ができる投手は間違いなく浅尾拓也しかいなかった。
スポンサーリンク
まとめ
 ここまでを総括すると、2011年の浅尾拓也は、「
全てにおいて平均以上であり、最も優れていた点は守備に依存しない投球であり、自己解決能力が非常に高かった投手である」と言える。
 これほどの中継ぎ投手は浅尾拓也以降、一軍には出てきていない。
 酷使も指摘されていたことは否めない。
 美談にするつもりはないが、当時の中日は浅尾拓也の能力が必要であり、本当に頼られた末の結果であったと言え、その信頼度は数字が物語っている。
 
関連記事

参考にしたサイト
1. Wikipedia
2.日本野球機構,NPB.jp
記事終了


このページのトップヘ