野球を数字で見るブログ

本ブログで、「野球を数字で見る」面白さがわかります。 主に、日本プロ野球での成績を数字で見て考察します。 本ブログで扱うデータに関して、正確性は保証されておりません。本ブログの情報を元にデータを作成して起こる損害に対しまして、一切の責任を負いません。ご了承ください。

カテゴリ: 阪神タイガース

はじめに
 2019年シーズンの10月7日、阪神タイガース横浜DeNAを破り、クライマックスシリーズ1stステージを突破した。
 結果を見れば2対1という投手戦であった。
 本記事ではその試合の簡単な振り返りを行う。
スポンサーリンク
阪神と横浜の打線
 まず打線を振り返ってみる。
 阪神タイガースは9回までに放った安打数は9本、横浜は4本であった。
 互いのチームともホームランはなく、ヒットフォアボールで繋いだ試合であったと言える。
 ヒットの数は阪神の方が圧倒的に多い。
 ただ、阪神と横浜の打線の違いはヒットの数だけではない。
 阪神打線のフォアボール、デッドボールの数は6個であり、対して横浜は2個である。
 四死球の数は非常に重要で、野球においては出塁率を高くすること、すなわちアウトにならない確率を高くすることは得点へと大きく繋がる。
 極端な話をすると、出塁率が10割の打線の得点数は無限になる。そのため、いかにアウトにならないかを追求することが勝利に繋がることもある。
 阪神はヒットと四死球を含めると出塁した数が15回であり、対する横浜は6回であった。
 簡単に考察すると、ホームランの出なかった試合であったため、この出塁の数が阪神が競り勝った要因であると考えられる。

阪神と横浜の投手
 阪神と横浜の投手の違いは、先の打線について述べた通り、四死球を与えたことも大きな要因である。
 横浜の投手陣は阪神へ、ヒットに加えて四死球も多く与え、それに伴ってピンチを背負う場面が多かった。
 ただ、そこだけに留まらない。
 阪神の投手陣は横浜打線から三振を多く奪っていた。
 阪神の投手陣が奪った三振の数は9個であり、対して横浜は5個である。
 守備の影響を考えると、投手の責任でアウトにできる唯一の指標が三振であることは有名な話である。
 そのため、阪神の投手陣は横浜の投手陣よりも責任を果たしたことになる。
 この試合の投手戦を制した大きな要因の1つとして三振の数も考えられるだろう。
スポンサーリンク
まとめ
 阪神打線はヒットに加えて四死球も多く、それに伴ってリードした展開を作り上げた。
 投手陣も三振を多く奪い、責任を果たした。
 横浜はその逆であった。
 なぜ阪神が勝ったかを簡単に考えると以上のことが言えると考える。
 阪神はファイナルステージで巨人と対決するが、この打線と投手陣がどれほど機能し、巨人との試合に影響を及ぼすのか、楽しみである。
 
関連記事

参考にしたサイト
1.Wikipedia
2.日本野球機構,NPB.jp
3.スポナビ
記事終了





メッセンジャー引退
 阪神タイガースのランディ・メッセンジャーが引退を表明しました。
 私は巨人ファンですが、メッセンジャーは他球団で応援していた数少ない投手の1人です。
 2010年にメッセンジャーは阪神に入団し、少しずつ日本の野球に適応していきました。
 日本プロ野球に参入した年の2010年は80.1イニングスを投げて防御率4.93であり、恒例の補強失敗であると考えておりました。
 2010年の成績を見て、阪神タイガースの首脳陣は戦力外通告をしなかったことは後から考えると最高の判断であり、賞賛に値すると考えます。
スポンサーリンク
2011年のメッセンジャー
 日本プロ野球に参入した2年目に台頭し、150イニングスを投げて、防御率2.88という成績を残し、能見篤史と共に先発投手陣を支えていたことが非常に印象深いです。
 阪神は2011年にはBクラスでありましたが、メッセンジャーのこの年の成績はまさにエース格です。

適応能力
 言うまでもないですが、メジャーに適応できる日本人選手は凄いです。
 ただ、日本プロ野球に適応できる外国人選手も器用な選手だと思います。
 結局、適応する能力がなければ新しい環境で成功することはできないと考えています。
 メッセンジャーはその点、適応する能力のあった器用な選手でした。
スポンサーリンク
最後に
 日刊スポーツの記事によると、右肩の怪我により、引退するとのことです。
 怪我もあり、38歳という年齢を考えると、確かに引き際なのかなとも思います。
 巨人ファンの私がメッセンジャーを応援しているのは自分でも不思議で仕方ありません。
 どれほど阪神タイガースの勝利に貢献してきたことか。
 今後、阪神タイガースは間違いなく世代交代が行われます。糸井嘉男や福留孝介もベテランであり、鳥谷敬も半ば戦力外通告を受けておりました。
 今後、巨人ファンからしても、阪神タイガースは強い球団として面白い野球を観せて頂けることを願っております。
 
 
関連記事


参考にしたサイト
1.Wikipedia
2.日本野球機構,NPB.jp
3.スポナビ
記事終了





はじめに
 阪神タイガースの矢野燿大の現役時代をそれほど知らない人も多いかもしれない。
 本記事では、その矢野燿大の現役時代の成績を見ていく。
スポンサーリンク

現役時代の成績
 矢野燿大の現役時代の通算成績は、出場1669試合 打席数5517 安打数1347安打 本塁打112本 打点数570 打率.274 出塁率.335 OPS.730 である。
 決して悪い成績ではない。
 OPS.700を超えるキャッチャーはそれほどいない。
OPSとは"出塁率+長打率"で算出される率で、得点との相関性が非常に高く、得点との相関性は高い順にOPS>長打率>出塁率>打率という関係があり、OPSが高い選手ほど得点に絡む確率が高いと言える。
 例えば、巨人の小林誠司は2018年までの通算OPSは.569であり、元中日の谷繁元信は通算OPS.701である。
 2人の正捕手の通算OPSを上回り、「打撃では一般的な正捕手よりも得点に絡む能力が高かった」と言える。

捕手のタイプ
 捕手は、「陽のタイプ」と「陰のタイプ 」に別れる。
 「陽のタイプ」は阿部慎之助の全盛期のようなスーパースターと言える打撃成績を残すタイプの捕手を指し、「陰のタイプ」は谷繁元信のような守備能力に重点を置いた捕手を指す。
 矢野燿大の打撃成績を見ると、決して悪くはないが、阿部慎之助の全盛期ほどの打撃成績ではないことがわかる。
 矢野燿大は「陰のタイプ」のキャッチャーであると言える。

守備能力
 「陰のタイプ」のキャッチャーとなると、求められたのは守備能力であった。

 矢野燿大の守備をみると、確かに素晴らしい成績を残している。
 まずは守備率。
 矢野燿大の守備率はプロ20年間の成績の中で、.990を下回ったことが1度しかない。

 捕手は守備範囲の概念がほとんどないため、守備率で評価することはある程度正当なことである。
 通算守備率も.996で、とても素晴らしい成績を残している

 また、盗塁阻止率も素晴らしい。
 矢野燿大の盗塁阻止率は、通算.349であった。
 2018年シーズンの盗塁阻止率1位、強肩で知られる小林誠司の盗塁阻止率が.341であるため、2018年シーズンの小林誠司を上回っていることになる。

 守備率、盗塁阻止率の2つを取っても「陰のタイプ」の選手の鑑であった。
スポンサーリンク

まとめ
 ここまでを総括すると、矢野燿大は「陰のタイプの捕手でありながら
並みの捕手よりも得点に絡む打撃ができ、守備能力も高くバランスの取れた捕手である」と言える。
 簡単に見てきたが、本来はピッチフレーミングなどの統計を見たいが、そのような概念は日本にはないため、かなり簡単な記事に述べてきた。

 矢野燿大が阪神の新監督になった。
 そこから、矢野燿大二世のような捕手を育てれば、最下位から脱出し、強かった阪神を取り戻すことができると考える。

関連記事
 


参考にしたサイト
1. Wikipedia
2.日本野球機構,NPB.jp 
記事終了


このページのトップヘ