野球を数字で見るブログ

本ブログで、「野球を数字で見る」面白さがわかります。 主に、日本プロ野球での成績を数字で見て考察します。 本ブログで扱うデータに関して、正確性は保証されておりません。本ブログの情報を元にデータを作成して起こる損害に対しまして、一切の責任を負いません。ご了承ください。

カテゴリ: 西武

はじめに
 2018年シーズンで、松井稼頭央が現役を引退した
 20世紀から活躍していた名打者の引退である。
 本記事では、そんな松井稼頭央の全盛期の成績を振り返る。
スポンサーリンク
キャリアハイ
 様々な意見があると思うが、松井稼頭央のキャリアハイは2002年であると思う。
 シーズン最多安打、最多二塁打、最多三塁打を記録し、トリプルスリーも記録している。

 2002年の松井稼頭央の主な成績は、出場試合数140試合 打席数651 安打数193 打率.332 本塁打36本 打点数87 盗塁数33 出塁率.389 OPS1.006 であった。
 この成績を一目見ても、まさに最強の遊撃手であったと言える。


OPS
 特に光る成績はOPSだろう。
 OPSとはセイバーメトリクスの指標の1つで、"出塁率+長打率"で算出される率である。
 その数値は得点との相関性が非常に高く、得点との相関性は高い順にOPS>長打率>出塁率>打率という関係があり、OPSが高い選手ほど得点に絡む確率が高いと言える。
 OPSは.900を超えたらスーパースター、1.000を超えたらMVP級であるとされる。

 松井稼頭央はOPS1.006を記録し、まさにMVP級の活躍であった。
 ショートというポジションは守備負担が大きく、打撃は二の次であることが多いが、ショートでもOPS1.000以上を打てると証明したのが松井稼頭央であった。
 これほどまでのショートは今はいない。巨人の坂本勇人でもこれほどの成績を残すのは難しいと考えている。

脚力 選球眼 長打力
 松井稼頭央はOPSだけでなく、脚も速かった。33盗塁を記録するほど、脚が速く、盗塁のチャンスを作るための出塁率も.389であることから、チャンスメーカーであったことは間違いない。
 それだけに留まらず、本塁打36本を記録している。チャンスメーカーとしての役割だけでなく、一発で試合を決める能力も持ち合わせていた。
 本塁打の数も凄いのだが、二塁打と三塁打の数もその年のリーグ1位である。つまり、チャンスメークを盗塁だけでなく、長打でも行えるほどの選手であった。

wOBA
 wOBAも凄い成績を記録している。
 wOBAは出塁率やOPSなど、打席での結果で決まる数値であり、簡単に言えば、「打者が各打席でどのくらい得点に関係する打撃をしているのか?」ということを評価するセイバーメトリクスの指標である。
 一般的に平均が.320〜.330になる指標であるが、2002年の松井稼頭央はおよそwOBA.423を記録している。
 この数字は同じショートというポジションの西岡剛のキャリアハイであるwOBA.398と比較しても、圧倒的な差をつけている。

スポンサーリンク
まとめ
 最後に、総括すると松井稼頭央のキャリアハイは「盗塁、二塁打、三塁打でチャンスメイクをし、さらには自らの本塁打で仕留めることもできる選手であり、セイバーメトリクスの指標で計測してもMVP級の活躍であった」と言える。 
 これほどまでのショートは今までいなかった。これから現れるとしても相当先の話になると考える。

関連記事


参考にしたサイト
記事終了


 松井稼頭央が現役を引退する。
 20世紀から活躍していた名打者の引退である。
 本記事では、そんな松井稼頭央の全盛期の成績を振り返る。
スポンサーリンク

 様々な意見があると思うが、松井稼頭央のキャリアハイは2002年であると思う。シーズン最多安打、最多二塁打、最多三塁打を記録し、トリプルスリーも記録している。
 2002年の松井稼頭央の主な成績は、出場試合数140試合 打席数651 安打数193 打率.332 本塁打36本 打点数87 盗塁数33 出塁率.389 OPS1.006 であった。この成績を一目見ても、まさに最強の遊撃手であったと言える。
 特に光る成績はOPSだろう。
 OPSとはセイバーメトリクスの指標の1つで、"出塁率+長打率"で算出される率である。その数値は得点との相関性が非常に高く、得点との相関性は高い順にOPS>長打率>出塁率>打率という関係があり、OPSが高い選手ほど得点に絡む確率が高いと言える。
 OPSは.900を超えたらスーパースター、1.000を超えたらMVP級であるとされる。松井稼頭央はOPS1.006を記録し、まさにMVP級の活躍であった。
 ショートというポジションは守備負担が大きく、打撃は二の次であることが多いが、ショートでもOPS1.000以上を打てると証明したのが松井稼頭央であった。
 これほどまでのショートは今はいない。巨人の坂本勇人でもこれほどの成績を残すのは難しいと考えている。
スポンサーリンク

 松井稼頭央はOPSだけでなく、脚も速かった。33盗塁を記録するほど、脚が速く、盗塁のチャンスを作るための出塁率も.389であることから、チャンスメーカーであったことは間違いない。
 それだけに留まらず、本塁打36本を記録している。チャンスメーカーとしての役割だけでなく、一発で試合を決める能力も持ち合わせていた。
 本塁打の数も凄いのだが、二塁打と三塁打の数もその年のリーグ1位である。つまり、チャンスメークを盗塁だけでなく、長打でも行えるほどの選手であった。

 wOBAも凄い成績を記録している。
 wOBAは出塁率やOPSなど、打席での結果で決まる数値であり、簡単に言えば、「打者が各打席でどのくらい得点に関係する打撃をしているのか」ということを評価するセイバーメトリクスの指標である。
 一般的に平均が.320〜.330になる指標であるが、2002年の松井稼頭央はおよそwOBA.423を記録している。この数字は同じショートというポジションの西岡剛のキャリアハイであるwOBA.398と比較しても、圧倒的な差をつけている。

 最後に、総括すると松井稼頭央のキャリアハイは「盗塁、二塁打、三塁打でチャンスメイクをし、さらには自らの本塁打で仕留めることもできる選手であり、セイバーメトリクスの指標で計測してもMVP級の活躍であった」と言える。 


 これほどまでのショートは今までいなかった。これから現れるとしても相当先の話になると考える。

スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。

ブログランキングの方も是非!



 西武ライオンズとソフトバンクホークスの差は何か?今回は2018年 西武とソフトバンクは、なぜ差がついたのか?(投手編) とは別に、野手について見ていく。
スポンサーリンク

 西武ライオンズは圧倒的強さでリーグ優勝を果たしたが、ソフトバンクとの差は何だったのか?
 投手陣に関しては、おおよそソフトバンクの方が上であった。つまり、差をつけたのは野手陣の打撃が大きな要素であると考えられる。

 西武の現時点でのチームでの打撃成績は、打率.273 本塁打数
196 盗塁数131 盗塁死48 出塁率.352 OPS.807 である。
 それに対しソフトバンクは、打率.266 196本塁打 盗塁数80 盗塁死30 出塁率.326 OPS.776 である。
(OPSとはセイバーメトリクスの指標の1つで、"出塁率+長打率"で算出される率である。その数値は得点との相関性が非常に高く、得点との相関性は高い順にOPS>長打率>出塁率>打率という関係があり、OPSが高い選手ほど得点に絡む確率が高いと言える。)

 西武とソフトバンクは、ホームラン数は同じであるが他の成績は西武の方が上回っている。
 打率に関して言えばそれほど差を付けているとは思えない。3位の日ハムが打率.250であるため、3位との差を考えれば西武とソフトバンクは拮抗した状態ではある。
 だが最も見るべき点の1つは”出塁率”である。出塁率は打率が拮抗しているチーム同士の場合、四球数に依存する。
 
 名著であり、映画化もされた「マネーボール」の言葉を借りれば、
 「ストライクゾーンをコントロールできる能力が、じつは、将来成功する可能性と最もつながりが深い。
そして、ストライクゾーンを操る術を身につけているかどうか、最もわかりやすい指標が四球の数なのだ。
 と言われている。
 西武の出塁率は.352であり、ソフトバンクの出塁率は.326である。およそ.030の差を付けて西武の方が上回っていることを考えれば、打撃に関して、西武はソフトバンクよりも「ストライクゾーンをコントロールする能力」に長けていたと言える。逆に言えば、この能力があっての出塁率の差であると考えられる。 
スポンサーリンク

 さらにはOPSの差も相当なものだ。OPSは得点との相関が非常に高い。.031の差がある。
 OPSに関しては、チーム成績の平均が.700〜.730ほどになることが一般的である。西武の場合、OPS.807を記録しているため、平均よりも圧倒的に上にいる。ソフトバンクが.031の差を付けられて2位の.776という成績を残しているが、このソフトバンクの成績も平均以上の成績である。2チームとも平均以上の成績を残したにも関わらずOPS.031差を付けられたのは、西武がいかに打撃能力が高かったか、そして例年ならば優勝できるレベルの成績を残しているソフトバンクがいかに不運だったか、を物語っている。本塁打数は196本と同じであるため、出塁率で差を付けられた分、西武の方が圧倒的な成績を残したのだ。ここでもやはり、「ストライクゾーンをコントロールする能力
による差が出ている。

 盗塁数に関しては、西武が131個であり、ソフトバンクが80個であるがこの成績はそれほど気にしなくていい。なぜなら、西武の盗塁成功率は.732でありソフトバンクは.727であるからだ。率がほぼ同じであるため、出塁機会の多かった西武の方が数が多くなるのは必然である。結局、盗塁するための出塁能力の差が数を左右した。

 最後に総括すると、埼玉西武ライオンズと福岡ソフトバンクホークスの差は「打率や本塁打数ではなく、出塁する能力すなわち”ストライクゾーンをコントロールする能力”である」と言えるのだ。つまり、1つの能力だけで差が付いたと考えている。

両者のシーズンはたった1つ長所で、順位の明暗が別れたと言っていい。
スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。

ブログランキングの方も是非!



このページのトップヘ