野球を数字で見るブログ

本ブログで、「野球を数字で見る」面白さがわかります。 主に、日本プロ野球での成績を数字で見て考察します。 本ブログで扱うデータに関して、正確性は保証されておりません。本ブログの情報を元にデータを作成して起こる損害に対しまして、一切の責任を負いません。ご了承ください。

タグ:ジャイアンツ

はじめに
 2020年に入り、プロ野球の開幕が迫っている。
 新型コロナウイルスで開幕が延期されているが、開幕は4月が目安だろう。
 そんな中、2019年セリーグMVPに輝いた坂本勇人が2000本安打を2020年シーズン中に達成するだろうと言われている。

 これまで、巨人のキャプテンとして、リーグ優勝に貢献し、ショートとして規格外の打撃成績を残してきた。
 本記事では、開幕前ということで、前年の2019年シーズンの坂本勇人の打撃成績で、一般的な記事では紹介されない特に光る3つの数字を、紹介したい。
1つ目の光る成績 OPS
  1つ目としてOPSが挙げられる。
 OPSとは「出塁率長打率」で算出される数字で、打率や出塁率よりも得点との相関が強い。一般的にOPS.900を上回ればスター選手であると経験則で言われる。
 2019年の坂本勇人のOPSはOPS.971であり、この成績は広島カープ鈴木誠也に次いでリーグ2位の成績である。
 この成績は遊撃手としては異例である。
 過去に西武ライオンズ時代の松井稼頭央が残したOPS1.006が遊撃手の最高記録であるが、その成績に次ぐほどの成績である。
 歴代最高の遊撃手の異名を持つ松井稼頭央に追いつき、坂本勇人が誰もが認める歴代最高の遊撃手と言われる日は近いのではないか、と思わせられる。
 坂本勇人が圧倒なOPSでセリーグ優勝に大きく貢献したことは間違いない。


2つ目の光る成績 本塁打
 2019年シーズンの坂本勇人を象徴する最もわかりやすい成績は、間違いなく本塁打の数であろう。
 今さら本塁打?と考える人もいると思うが、今年の坂本勇人を語る上で、欠かせない数字を残している。 
 2019年シーズン、坂本勇人は40本塁打を放ち、横浜DeNAネフタリ・ソトに次いでリーグ2位の成績であった。
 元中日ドラゴンズ宇野勝が1985年に記録した遊撃手の最多本塁打記録である41本塁打に次ぐ成績を残した。
 2019年シーズン、なぜ坂本勇人はこれほど本塁打を量産できるようになったのかは定かではないが、坂本勇人は本塁打の多い打者の特徴を示している。それは三振の数である。
 2019年シーズン以前の坂本勇人の三振の数は、自己ワーストで2009年の101三振である。
 だが、坂本勇人は2019年シーズンの三振数が123もある。自己ワーストを更新した数字である。
 過去に本ブログで三振と長打の相関(記事リンク)を表したことがあった。その記事では、およそ相関係数が0.382を記録していた。難しい話はここではしないが、簡単に言うと長打を打つことと三振が多いことはある程度セットで考えてもいいと言える。 
 これらの結果から言えることは、坂本勇人は例年にも増して長打を打つ意識が強く、その結果として本塁打が多くなっていると考えられる。
 いずれにせよ本塁打は打者の最も重視すべき指標の1つであるため、坂本勇人の本塁打の数は非常に優れ、MVPにふさわしい成績であった。 


3つ目の数字 wRAA
 最後に見る数字はwRAAというものだ。
 wRAAとは、「平均的な打者が同じ打席数立った場合に比べて増やした得点」を表す指標である。
 難しい説明はせず、実例を見ていこうと思う。坂本勇人が2019年シーズンに残したwRAAはおよそ
+54である。
 つまり、坂本勇人は「
平均的な打者と同じ打席数に立った場合に比べて54点の得点をチームにもたらした」と言える。
 この成績は、広島カープの鈴木誠也に次いでリーグ2位である。
 
リーグで2番目に得点を増やした打者であると言っていい。
 これを考えると、キャプテンとしてどれだけ打撃でチームに貢献してきたかがわかる。

まとめ
 以上の3つの成績が坂本勇人の特に優れた成績である。
 打率や打点なども素晴らしい成績を残してはいるが、特に価値の高い「OPS、本塁打、wRAA」の3つに絞って坂本勇人の凄さを語ってきた。
 2019年のMVPを獲得した坂本勇人が、2020年シーズンに2000本安打の達成、そして数々のタイトルを獲得すること、そしてOPSや本塁打、wRAAもさらに良い成績を残すことに期待したい。
 
関連記事


参考にしたサイト
1.日本野球機構,NPB.jp
2.Wikipedia
3.スポナビ
4.ベースボールキング

記事終了


開幕延期
 2020年3月20日に予定されていた日本プロ野球の開幕の延期が決定した。
 新型コロナウイルスの影響によるものである。
 感染症というのは非常に怖いもので、極端な話を言うと兵器としても成り立つほどの破壊力を持つ。
 三国志でも、赤壁の戦いで細菌兵器が使われたことがあるほど、細菌の怖さは昨今変わらないものである。
 そのため、封じ込めのためにコンサートやスポーツの試合などの自粛が後を絶たない。
 プロ野球は、「開幕するべきか?封じ込めのために開幕延期をするべきか?」の議論は当然あったと思われるが、既に延期が決定した以上はそれに従い、感染症の拡大を防ぐことにプロ野球ファンとして力を尽くしたい。

坂本勇人の記録
 仕方がないことではあるが、巨人の坂本勇人の最年少での2000本安打の記録は現実的に難しくなったと言えるだろう。
 坂本勇人は2019年シーズンの終了時点で1884安打を放っており、2000本安打まで116本を残すまでになった。
 2020年の12月で32歳を迎えるが、この年齢で2000本安打を放つ選手は類を見ない。あまりにもハイペースである。
 スケジュール通り2020年3月20日にプロ野球が開幕したとすれば、7月13日までの期間を考えれば31歳7ヶ月という最年少記録は不可能ではなかったと考えるが、プロ野球の開幕が遅れたということで、記録達成は難しくなった。
 しかし、坂本勇人が2020年シーズン中に116安打を打つことは間違いないと考えていい。
 最年少記録は更新できないかもしれないが、2000本安打という大台は間違いなく達成できる。
 そして、坂本勇人の将来を考えると、過去に張本勲しか達成したことのない日本プロ野球通算3000本安打は決して不可能ではないため、あくまでも2000本安打は通過点と考えれば、ファンとしての楽しみ方はまだある。

まとめ
 新型コロナウイルスは非常に怖いものであるため、ファン同士で理解しあい、感染拡大を防ぐとともに、坂本勇人の2000本安打の記録、また2020年シーズンをどのように楽しむかをこの時間を通じて考えていくべきであると考える。
 

関連記事


参考にしたサイト
1.Wikipedia
2.MLB.com

記事終了


はじめに
 必然の出来事であるが、巨人の坂本勇人が2019年のセリーグMVPに輝いた。
 巨人のキャプテンとして、リーグ優勝に貢献し、ショートとして規格外の打撃成績を残した。
 本記事では、MVPに輝いた坂本勇人の打撃成績で、一般的な記事では紹介されない特に光る3つの数字を、紹介したい。
スポンサーリンク
1つ目の光る成績 OPS
  1つ目としてOPSが挙げられる。
 OPSとは「出塁率長打率」で算出される数字で、打率や出塁率よりも得点との相関が強い。一般的にOPS.900を上回ればスター選手であると経験則で言われる。
 2019年の坂本勇人のOPSはOPS.971であり、この成績は広島カープ鈴木誠也に次いでリーグ2位の成績である。
 この成績は遊撃手としては異例である。
 過去に西武ライオンズ時代の松井稼頭央が残したOPS1.006が遊撃手の最高記録であるが、その成績に次ぐほどの成績である。
 歴代最高の遊撃手の異名を持つ松井稼頭央に追いつき、坂本勇人が誰もが認める歴代最高の遊撃手と言われる日は近いのではないか、と思わせられる。
 坂本勇人が圧倒なOPSでセリーグ優勝に大きく貢献したことは間違いない。


2つ目の光る成績 本塁打
 2019年シーズンの坂本勇人を象徴する最もわかりやすい成績は、間違いなく本塁打の数であろう。
 今さら本塁打?と考える人もいると思うが、今年の坂本勇人を語る上で、欠かせない数字を残している。 
 2019年シーズン、坂本勇人は40本塁打を放ち、横浜DeNAネフタリ・ソトに次いでリーグ2位の成績であった。
 元中日ドラゴンズ宇野勝が1985年に記録した遊撃手の最多本塁打記録である41本塁打に次ぐ成績を残した。
 2019年シーズン、なぜ坂本勇人はこれほど本塁打を量産できるようになったのかは定かではないが、坂本勇人は本塁打の多い打者の特徴を示している。それは三振の数である。
 2019年シーズン以前の坂本勇人の三振の数は、自己ワーストで2009年の101三振である。
 だが、坂本勇人は2019年シーズンの三振数が123もある。自己ワーストを更新した数字である。
 過去に本ブログで三振と長打の相関(記事リンク)を表したことがあった。その記事では、およそ相関係数が0.382を記録していた。難しい話はここではしないが、簡単に言うと長打を打つことと三振が多いことはある程度セットで考えてもいいと言える。 
 これらの結果から言えることは、坂本勇人は例年にも増して長打を打つ意識が強く、その結果として本塁打が多くなっていると考えられる。
 いずれにせよ本塁打は打者の最も重視すべき指標の1つであるため、坂本勇人の本塁打の数は非常に優れ、MVPにふさわしい成績であった。 


3つ目の数字 wRAA
 最後に見る数字はwRAAというものだ。
 wRAAとは、「平均的な打者が同じ打席数立った場合に比べて増やした得点」を表す指標である。
 難しい説明はせず、実例を見ていこうと思う。坂本勇人が2019年シーズンに残したwRAAはおよそ
+54である。
 つまり、坂本勇人は「
平均的な打者と同じ打席数に立った場合に比べて54点の得点をチームにもたらした」と言える。
 この成績は、広島カープの鈴木誠也に次いでリーグ2位である。
 
リーグで2番目に得点を増やした打者であると言っていい。
 これを考えると、キャプテンとしてどれだけ打撃でチームに貢献してきたかがわかる。

スポンサーリンク
まとめ
 以上の3つの成績が坂本勇人の特に優れた成績である。
 打率や打点なども素晴らしい成績を残してはいるが、特に価値の高い「OPS、本塁打、wRAA」の3つに絞って坂本勇人の凄さを語ってきた。
 コンディションがそれほど良くない中でも、坂本勇人は圧倒的な成績を残した。
 遊撃手として、MVPは必然であり、来シーズン以降も坂本勇人の存在は最も大きいと言える。 


関連記事


参考にしたサイト
1.日本野球機構,NPB.jp
2.Wikipedia
3.スポナビ
4.ベースボールキング

記事終了


このページのトップヘ