野球を数字で見るブログ

本ブログで、「野球を数字で見る」面白さがわかります。 主に、日本プロ野球での成績を数字で見て考察します。 本ブログで扱うデータに関して、正確性は保証されておりません。本ブログの情報を元にデータを作成して起こる損害に対しまして、一切の責任を負いません。ご了承ください。

タグ:ジャイアンツ

はじめに
 巨人は2019年シーズンを見据え、野手では丸佳浩炭谷銀仁朗中島宏之ビヤヌエバを補強し、投手ではメジャーリーグから帰ってきた岩隈久志を補強した。
 しかし、人的補償として内海哲也埼玉西武ライオンズへ、長野久義広島カープへ移籍した。
 過去の記事での巨人の開幕スタメン予想では長野久義が外野を守ると考えていたため、打順に組み込んだが、移籍したため再び開幕スタメンを予想する
 なお、過去に強力なスタメンを予想したが、これはあくまでもベストオーダーという観点からの記事であり、開幕スタメン予想ではない。

 本記事では、現段階での2019年の巨人の開幕スタメンの予想を述べていく。
スポンサーリンク
開幕スタメン予想
 過去の例を参考に、開幕スタメンの打順を述べていく。

1番 遊撃手 坂本勇人
2番 二塁手 吉川尚輝
3番 中堅手 丸佳浩
4番 一塁手 岡本和真
5番 左翼手 ゲレーロ
6番 右翼手 陽岱鋼
7番 三塁手 中島宏之
8番 捕手 炭谷銀仁朗
9番 投手 菅野智之

 これが現時点で予想できる開幕スタメンである。

1番 坂本勇人
 2018年シーズンは1番と3番を打つ機会が多かった坂本勇人であるが、出塁率.400は見込める野手であり、出場機会が多ければ盗塁も10〜15個は記録できる選手である。
 出塁する能力と盗塁する能力は1番打者としては十分である。
 また坂本勇人の2018年のOPSは.962であり、リーグ7位の成績に当たる。
 OPSとは「出塁率長打率」で算出される数字で、打率や出塁率よりも得点との相関が強い。一般的にOPS.900を上回ればスター選手であり、坂本勇人はその条件をクリアしている。
 他の球団であれば、1番打者としてではなく3番や4番を打たせた方が得点を多くもたらすことができると考えられるが、後に述べる丸佳浩や岡本和真がいるため、最適な選択は1番打者で起用することであると考える。  

 また坂本勇人が高卒2年目で全試合フルイニング出場を果たした時の監督が原辰徳監督であり、2009年に巨人が日本一に輝いた時に1番打者を打っていたのが坂本勇人である。
 そのため、強い巨人を作るために、原辰徳監督は坂本勇人を1番で起用するだろうと予想した。


2番 吉川尚輝
 二塁手というと、吉川尚輝か田中俊太を起用することは間違いない。
 ただ、そのどちらを起用するかは難しいところではある。
 吉川尚輝と田中俊太の成績を比較してみる。 

 田中俊太は2018年シーズンに261打席に立ち、打率.241 出塁率.311 OPS.631 wOBA.284 という成績である。
 ここでwOBAとは「1打席あたり、どれだけチームの得点増加に貢献したか?」を示す数字である。平均が.320~.330あたりであるため、田中俊太の.284は平均以下であると言える。 
 田中俊太は2018年シーズンは犠打が10個あり、小技を使える選手ではあるが、実は野球では1アウト2塁よりも0アウト1塁の方が得点期待値は高い。そう考えると、犠打の必要性はそれほどない。
 対して吉川尚輝の2018年の成績は、355打席に立ち、打率.253 出塁率.304 OPS.665 wOBA.303である。
 田中俊太よりも吉川尚輝の方が出塁率以外は上である。そのため、吉川尚輝を素直に起用した方が得点能力は高いと数字からわかる。
 ただ、田中俊太の方が盗塁成功率などの数値は高いため、どちらを起用するかは難しい。
 私であれば盗塁死の数を考え、田中俊太の方を起用する。さらに言えば高出塁率の中島宏之を2番に起用して欲しいが、首脳陣はおそらく昨年の開幕スタメンを受け継ぎ、過去にドラフト1位で獲得した吉川尚輝を起用する可能性が高いと予想した。
  

3番 丸佳浩

 3番は丸佳浩が適任である。
 3番打者に最も良い打者を置くと、最も得点が入りやすい。
 丸佳浩は打率3割39本の本塁打を放つほどの長打力もあり、四球を130個も選べる選球眼もあるため、チャンスを作ることもできる。
 丸佳浩の2018年のOPSは1.096、wRAAはおよそ60.82でありどちらの成績もリーグ1位である。
 
wRAAとは、「平均的な打者が同じ打席数立った場合に比べて増やした得点」を表す指標である。
 つまり、平均的な打者が丸佳浩と同じ566打席に立った場合と比べて、丸佳浩はおよそ60点〜61点ほどの得点をチームにもたらしたということだ。
 広島カープ時代の成績であるが、この打撃能力で3番を打ち、セリーグ3連覇を成し遂げたため、得点増大を狙うには丸佳浩を3番に置くのが最適であると考える。

4番 岡本和真
 4番は岡本和真が間違いなく入ると考える。
 3割30本100打点を史上最年少で記録した選手であり、2018年のシーズン後半は4番で固定されていた。
 
3割30本100打点よりも重視すべきはOPSである。
 岡本和真の2018年シーズンのOPSは.935である。この成績はリーグ8位の好成績である。
 特に22歳の若手選手としては破格の成績であり、主観で述べるが過去にこの年齢でOPS.900以上を記録した選手は松井秀喜くらいしか思い浮かばない。
 少し前の選手ではあるが、松井秀喜の後継として十分すぎる成績である。

 この起用に特に文句はないであろう。

5番 ゲレーロ
 今のところ5番打者はゲレーロに成らざるを得ない。
 ゲレーロは少ない出場機会の中でも本塁打15本を放ち、長打力が魅力の選手である。
 打率.244 出塁率.325 OPS.785はいずれも平均以下の成績ではある。
 しかし、wOBAという指標で見るとゲレーロは平均以上であるとわかる。
 wOBAとは「1打席あたり、どれだけチームの得点増加に貢献したか?」を示す数字で、2018年シーズンで見ると、広島カープに移籍した長野久義はwOBA.349であり、ゲレーロがwOBA.355である。
 ゲレーロは長野久義よりも得点に貢献していたということになる。
 2018年のように、ゲレーロを使わないという判断をするのはもったいない。
 長野久義が抜けた今、5番を打てる打力のある選手はゲレーロ以外に考えられないため、ゲレーロが5番で開幕を迎えると予想した。 

6番 陽岱鋼
 陽岱鋼は不良債権であり、なかなか使いづらい選手である。
 年俸3億円の契約が2019年から2021年まで、3年間あるため、首脳陣は使わざるを得ないと考える。
 陽岱鋼は2018年シーズン、打率.245 出塁率.297 本塁打10本 OPS.724 wRAA −0.90という成績を残した。
 褒められる成績ではない。まさに不良債権であるが、巨人の外野手としては丸佳浩とゲレーロに次ぐ選手となると陽岱鋼しかいない。
 丸佳浩とゲレーロの次の3番手外野手であるため、下位打線に置くのが自然な流れである。
 よって6番打者として起用すると予想した。
 

7番 中島宏之
 中島宏之は2019年に37歳を迎えるベテランであり、2018年シーズンは出場77試合に留まっているが、打率.289 出塁率.356とそれなりの成績を収めている。
 自由契約から、首脳陣が中島宏之を獲得した意図はあるはずである。
 当然、平均以上の出塁率は記録しているため、十分に使える選手である。
 首脳陣は中島宏之を評価していると間違いなく言える。
 そのため、無難な下位打線で三塁手として起用すると予想した。 


8番 炭谷銀仁朗
 炭谷銀仁朗は小林誠司とそれほど打撃は変わらない。
 小林誠司を起用しても良いと考えるが、「補強した」と首脳陣は考えていることからスタメンに名を連ねるのは必然であると考える。
 打率は.240程度本塁打もほとんど期待できない。そのため、8番打者であると考える。

9番 菅野智之
 菅野智之は間違いなく開幕投手になる。
 岩隈久志を獲得したからといって、沢村賞投手に開幕投手を任せないわけがない。
 今後、どういったローテーションで回していくか?といった予想も過去にしたことがあるが、菅野智之の1番手投手は変わらない。
スポンサーリンク
まとめ 
 阿部慎之助の起用など、難しいところも多いが、首脳陣の期待から言って、開幕捕手は炭谷銀仁朗に任せる可能性が高いと予想できる。
 阿部慎之助を一塁手として起用するのも岡本和真の存在があり、無理がある。
 岡本和真を三塁手に起用するというご意見も頂いたが、2018年の出場機会数から言って首脳陣は一塁手として起用すると考える。それは育てるというよりも優勝を狙いにくるという意味で、三塁手として使うのはリスクが高いからだ。よって2018年同様に、開幕スタメンには阿部慎之助の名前はないと考える。
 簡単に予想してきたが、
以上の9人が開幕スタメンに名を連ねる選手であると考える。

関連記事


参考にしたサイト
1.Wikipedia
2.日本野球機構,NPB.jp
3.MLB.com
4.読売巨人軍公式WEBサイト
記事終了


はじめに
 巨人の大型補強に伴って、2018年のスタメンは間違いなく大きく様変わりする。
 
過去に巨人の2019年の開幕スタメンの予想を書いたことがある。
 しかし、その記事では長野久義が入っていた。
 長野久義は丸佳浩の人的補償で広島カープへ移籍したため、スタメン予想も大きく変えなければならなくなった。
 そのため、スタメン予想を改めて述べていく。 
 本記事は、スタメン予想という名目であるが、最も良いと思われるベストなスタメン、ベストオーダーを予想していくという表現が適切である。
 若干ながら主観も入り、恐縮ではあるが、許していただきたい。 

スポンサーリンク
巨人の予想ベストナイン
 最も良いと思われるオーダー、ベストナインを述べていく。

1番 遊撃手 坂本勇人
2番 三塁手 中島宏之
3番 中堅手 丸佳浩
4番 一塁手 岡本和真
5番 左翼手 ゲレーロ
6番 右翼手 陽岱鋼
7番 捕手 阿部慎之助
8番 二塁手 田中俊太
9番 投手菅野智之

 これが現時点での巨人のベストナインである。

1番 坂本勇人
 2018年シーズンは1番と3番を打つ機会が多かった坂本勇人であるが、出塁率.400は見込める野手であり、出場機会が多ければ盗塁も10〜15個は記録できる選手である。
 出塁する能力と盗塁する能力は1番打者としては十分である。
 また坂本勇人の2018年のOPS.962であり、リーグ7位の成績に当たる。
 OPSとは「出塁率長打率」で算出される数字で、打率や出塁率よりも得点との相関が強い。一般的にOPS.900を上回ればスター選手であり、坂本勇人はその条件をクリアしている。
 他の球団であれば、1番打者としてではなく3番や4番を打たせた方が得点を多くもたらすことができると考えられるが、後に述べる丸佳浩や岡本和真がいるため、最適な選択は1番打者で起用することであると考える。  

 また坂本勇人が高卒2年目で全試合フルイニング出場を果たした時の監督が原辰徳監督であり、2009年に巨人が日本一に輝いた時に1番打者を打っていたのが坂本勇人である。
 そのため、強い巨人を作るために、原辰徳監督は坂本勇人を1番で起用するだろうと予想した。


2番 中島宏之
 まだ長野久義がいた頃に書いた記事の開幕スタメン予想では2番に田中俊太が入ると予想したが、実際は中島裕之が最適であると考えている。
 野球は2番打者から始まる打順が最も点が入りやすいこと統計的に知られている。
 そのため、田中俊太を2番に置くのと、中島裕之を2番に置くのとでは全く得点力が違ってくる。
 何の差かと言えば出塁率の差である。
 田中俊太の出塁率は2018年シーズンに.311で良い方ではない。
 対して中島裕之の出塁率は.356であり、これは比較的優秀な部類に入る。
 出塁率=アウトにならない確率であることを考えると、3番の好打順に出塁というカタチで繋ぐことができる中島裕之がベストであると考える。  


3番 丸佳浩
 3番は丸佳浩が適任である。
 3番打者に最も良い打者を置くと、最も得点が入りやすい。
 丸佳浩は打率3割39本の本塁打を放つほどの長打力もあり、四球を130個も選べる選球眼もあるため、チャンスを作ることもできる。
 丸佳浩の2018年のOPSは1.096wRAAはおよそ60.82でありどちらの成績もリーグ1位である。
 
wRAAとは、「平均的な打者が同じ打席数立った場合に比べて増やした得点」を表す指標である。
 つまり、平均的な打者が丸佳浩と同じ566打席に立った場合と比べて、丸佳浩はおよそ60点〜61点ほどの得点をチームにもたらしたということだ。
 広島カープ時代の成績であるが、この打撃能力で3番を打ち、セリーグ3連覇を成し遂げたため、得点増大を狙うには丸佳浩を3番に置くのが最適であると考える。

4番 岡本和真
 4番は岡本和真が間違いなく入ると考える。
 3割30本100打点を史上最年少で記録した選手であり、2018年のシーズン後半は4番で固定されていた。
 
3割30本100打点よりも重視すべきはOPSである。
 岡本和真の2018年シーズンのOPSは.935である。この成績はリーグ8位の好成績である。
 特に22歳の若手選手としては破格の成績であり、主観で述べるが過去にこの年齢でOPS.900以上を記録した選手は松井秀喜くらいしか思い浮かばない。
 少し前の選手ではあるが、松井秀喜の後継として十分すぎる成績である。

 この起用に特に文句はないであろう。

5番 ゲレーロ
 5番打者のベストはゲレーロである。
 ゲレーロは少ない出場機会の中でも本塁打15本を放ち、長打力が魅力の選手である。
 打率.244 出塁率.325 OPS.785はいずれも平均以下の成績ではある。
 しかし、wOBAという指標で見るとゲレーロは平均以上であるとわかる。
 wOBAとは「1打席あたり、どれだけチームの得点増加に貢献したか?」を示す数字で、2018年シーズンで見ると、広島カープに移籍した長野久義はwOBA.349であり、ゲレーロがwOBA.355である。
 ゲレーロは長野久義よりも得点に貢献していたということになる。
 2018年のように、ゲレーロを使わないという判断をするのはもったいない。
 さらに、この打者を外国人枠4人から外すのはありえないことである。 
 このような理由から、5番ゲレーロがベストである。
 

6番 陽岱鋼
 陽岱鋼は不良債権であり、なかなか使いづらい選手である。
 年俸3億円の契約が2019年から2021年まで、3年間あるため、首脳陣は使わざるを得ないと考える。
 陽岱鋼は2018年シーズン、打率.245 出塁率.297 本塁打10本 OPS.724 wRAA −0.90という成績を残した。
 褒められる成績ではない。まさに不良債権であるが、巨人の外野手としては丸佳浩とゲレーロに次ぐ選手となると陽岱鋼しかいない。
 丸佳浩とゲレーロの次の3番手外野手であるため、下位打線に置くのが自然な流れである。
 よって6番打者として起用すると予想した。 
 

7番 阿部慎之助
 ベストナインでは、捕手として炭谷銀仁朗ではなく阿部慎之助が適任である。
 打力は全盛期に比べると明らかに落ちたが、捕手として起用するならばまだ打てる方である。未だに11本塁打、OPS.750ほど打てる能力がある。ベストナインに入るべきだ。
 もちろん阿部慎之助の打力は炭谷銀仁朗のそれよりも期待できる
 ただ、陽岱鋼の6番と阿部慎之助の7番は入れ替えていいと考えている。
 つまり、6番阿部慎之助、7番陽岱鋼である。
 この部分は難しい選択であるが、2人の調子次第では入れ替える必要がある。
 本記事では、捕手は守備負担が大きいことと阿部慎之助の年齢面からして、陽岱鋼を6番に置き、阿部慎之助を7番に置くべきと予想した。 
 
 
8番 田中俊太
 田中俊太は2番起用になるだろうと予想する人もいるが、明らかに打力が低い。
 田中俊太は打率.241 出塁率.311 OPS.631 wOBA.284 wRAA −7.54 という成績であり、2番に置くと明らかに得点を奪えない。
 2018年シーズンは犠打が10個あり、小技を使える選手ではあるが、実は野球では1アウト2塁よりも0アウト1塁の方が得点期待値は高い。
 そう考えると、犠打の必要性はそれほどない。
 ただ、セカンドの若手選手として吉川尚輝と比較すると盗塁成功率などの観点から言って田中俊太の方が使い勝手が良いと判断できる。
 そのため、二塁手のスタメンは田中俊太であることがベストで、他の選手との打力の差から8番という打順もベストである。
 まだ8番打者が適任であるが、今後の田中俊太の若手育成に期待したいところである。

9番 菅野智之
 菅野智之は間違いなく開幕投手になる。
 岩隈久志を獲得したからといって、沢村賞投手に開幕投手を任せないわけがない。
 先発ローテーションの予想も過去にしてきたが、菅野智之の1番手投手は変わらない。
スポンサーリンク
まとめ
 スタメン予想というよりもベストナインを述べてきた。
 どれも数字を見て組んだラインナップであり、この打順を組めば打線の繋がりは出てくると考える。
 亀井善行などベテランが入ると明らかに得点能力が下がることは数字で見ればわかることであり、敢えて入れなかった。
 打順は得点創出能力の高い順に組むことがベストだが、1番は坂本勇人で良く、2番には出塁率の高い中島裕之を置くのが今のところベストである。
 また捕手として阿部慎之助を起用することは得点力増大の大きなポイントである。
 田中俊太もしくは吉川尚輝は今後の巨人の若手育成に期待したい。
 以上が今の巨人の考えられるベストオーダーである。
 

関連記事



参考にしたサイト
記事終了


はじめに
 読売ジャイアンツは2019年シーズンに向け、丸佳浩、炭谷銀仁朗、岩隈久志、中島宏之、ビヤヌエバなどFA選手や自由契約選手を獲得し、補強を終えたと言ってもいい。
 巨人はベストなスタメンを考えても、先発ローテーションを考えても、非常に強い球団となった。

 しかし、ファンとしては生え抜きの選手が活躍することも楽しみの1つである。
 巨人の原辰徳監督は2期目の時代には坂本勇人や山口鉄也、松本哲也、西村健太朗など一時期は育成に力を入れ、スター選手が多かった。
 本記事では、そういったスター選手の候補として、2019年シーズンに巨人の選手でブレークしそうな若手選手を二軍の成績と合わせて4人ほど紹介していく。
スポンサーリンク
1人目 谷岡竜平
 1人目は中継ぎエース候補の谷岡竜平である。
 人物のエピソードとしては他のブログ記事ではあるが、リンクとして貼っておく。
(リンク:谷岡竜平のエピソード
 本記事では人物像には触れず、成績で評価していく。

谷岡竜平の成績一覧

 谷岡竜平の2018年シーズンの二軍での主な成績は、
27.1回を投げて2勝1敗 防御率1.65 奪三振数31 セーブ数3 である。
 基本的に中継ぎ投手として投げており、恐らく首脳陣も将来、一軍の中継ぎ投手を担う存在になってほしいと思っていることだろう。
 防御率1点台であり、安定した成績を収めている。
 しかし、勝利数や防御率だけではわからない谷岡竜平の凄さがまだある。 
 そのことを順に説明していく。  


1. 奪三振率と与四球率
 谷岡竜平の成績で特に光るのが、奪三振率。
 谷岡竜平の奪三振率は10.21であり、2018年シーズンに巨人の二軍で投げた投手の中で最も良い奪三振率を誇っている。
 優秀と言われる奪三振率9.00を大幅にクリアしている。
 さらに、谷岡竜平は与四球率も比較的良い成績である。  
 谷岡竜平の与四球率は2.32であり最低水準の2.50より良い、比較的好成績を収めたと言っていい。
 つまり、谷岡竜平は「仮に9回完投をした場合、10個ほどの三振を奪え、四球も2個ほどしか与えない投球をする」という計算になる。
 中継ぎ投手としての制球力と奪三振能力は高いレベルにいる。

2. WHIP
 谷岡竜平のWHIPは0.95である。 
 WHIPとは、「1イニングあたりにどれだけのランナーを出したか?」という指標である。
 例えば、1回を投げてヒット1本無四球に抑えた場合は、WHIP1.00となる。
 谷岡竜平のWHIP 0.95という数字は、中継ぎ投手として登板した場合、1イニングを投げてランナー1人を出すか、三者凡退に抑えるか、どちらかの場合がほとんどになるということを表している。
 中継ぎ投手にとって、WHIPはいわゆる”劇場型”の投手であるかないかを調べるのに手っ取り早い。
 ランナーを出してピンチを招くのか、テンポよく抑えるのか、それを調べるためのわかりやすい指標である。
 谷岡は後者のテンポよく抑えるタイプであることが読み取れる。

3. K/BB
 そして、谷岡竜平のK/BBも決して悪くはない。
 K/BBとは、奪三振数を与四球数で割った値のことで、「1つの四球を与える間に何個の三振を奪ったか?」を表す。
 この数字は3.50で優秀な成績であると言われる。
 谷岡竜平の場合、K/BBは3.88という比較的優秀な成績を収めている。
 K/BBは制球力を調べるために使うため、谷岡の制球力は優秀であると言える。

4. 谷岡竜平のまとめ
 これらを総合すると、谷岡竜平は「比較的制球力が良いため、無駄なランナーをあまり出さず、欲しい時に三振が取れる中継ぎ投手」と言い換えられる。
 この能力は、クローザー向きである。
 クローザーは炎上、つまり大量失点してはいけない。
 谷岡の場合は防御率が良いことと、WHIPも良いことから、炎上するタイプの投手ではない。
 そして、過去にクローザーを務めた上原浩治や阪神の藤川球児のように、欲しい時に三振が取れる投手は、仮にピンチを招いたとしても三振で切り抜けられる可能性が高い。
 谷岡はインフィールドに打球を打たせる可能性が他の投手に比べて低いため、失点に繋がりにくいと言える。
 谷岡竜平は、パワーピッチャーではないが、総合的に評価して、将来クローザーになることができる能力を持っていると考えている。


2人目 石川慎吾
 石川慎吾はかなり名の知れた有望株選手である。
 石川慎吾の人物像に関しても他のブログの記事のリンクを貼っておく。
(リンク:石川慎吾の人気


石川慎吾の成績一覧

  石川慎吾の2018年シーズンでの二軍の主な打撃成績は、311打席に立ち、打率 .336 12本塁打 52打点である。
 打率3割を残せる時点で、二軍では活躍しているということは分かるが、本記事で見たいのはこれらの成績ではない。順に説明していこう。

1. 出塁率
 石川慎吾の出塁率は二軍で200打席以上立った選手の中で、1位.412である。
 本ブログでも何度か述べたことがあるが、出塁率は四球数に依存する。
 名著であり、映画化もされた「マネーボール」の言葉を借りれば、

 「ストライクゾーンをコントロールできる能力が、じつは、将来成功する可能性と最もつながりが深い。
そして、ストライクゾーンを操る術を身につけているかどうか、最もわかりやすい指標が四球の数なのだ。」

 この言葉を借りれば、石川慎吾は二軍選手の中で、最もストライクゾーンを操る術を身につけているということになる。
 今の巨人の一軍には打線のつながりはない。石川慎吾は、打線の繋がりを作るための選球眼自分のゾーンを分かっている能力に長けており、この能力は今の一軍に最も必要である。

2. 本塁打
 311打席12本塁打を打つ能力がある。
 これを一軍に当てはめれば、大体の年間20本以上の本塁打を打つ能力は持っていることになる。

 実際に長打率も.498と5割に迫る勢いであり、そのパンチ力も非常に魅力があるところだ。

3. OPS
 OPSと、"出塁率+長打率"で算出される率である。
 これまで、ボテボテのヒットでも快心のホームランでも同じヒット1本と数えられ、算出されてきた打率をさらに広げ、1塁打から本塁打まで評価できる「長打率」、それと四死球を含む出塁率を合算することにより、1塁打、2塁打、3塁打、本塁打、四球、死球、守備妨害など打席で起こり得ること全てを評価できる画期的な指標がOPSである。
 石川慎吾は、このOPSも.871 .910という成績である。
 まだ発展途上の選手であると考えると、OPS.910という成績は並みの選手以上の成績を出しているおり、将来有望な証である。

4. 石川慎吾のまとめ
 ここまで述べたことを総括すると、石川慎吾選手は「
打線を繋げる選球眼を持ち、ある程度の長打力、そして得点に絡む能力を兼ね備えている選手」ということになる。
 1993年生まれの25歳、来シーズンは26歳となるが、まだ若手と言ってもいい。
 一軍に昇格した場合、打線の繋がりを作ることのできる石川慎吾は非常に期待できる。
 元気のない巨人打線に起爆剤として期待できる”ポテンシャル”を持っていると言える。
スポンサーリンク
3人目 若林晃弘
 3人目は若林晃弘である。
 若林晃弘は谷岡竜平や石川慎吾などの派手さはないが、「便利屋」として優れている部分が多い。
若林晃弘の成績

 若林晃弘の2018年の二軍での成績は、打席数284 打率.303 本塁打7本 打点数36 盗塁数7 出塁率.390 OPS.852である。
 打率3割をクリアし、286打席本塁打7本を打つ長打力を持つ。
 打率、長打力に関しては平均以上の能力を持っていると言っていい。

1. 出塁率
 
若林晃弘の出塁率は、巨人の二軍で200打席以上に立った打者の中で、石川慎吾に次いでチーム2位である。
 出塁率は四球の数に大きく影響を受ける。
 先ほどの「マネーボール」の言葉を借りれば、若林晃弘の選球眼は自分のストライクゾーンをコントロールする能力に長けているのである。または、自分のストライクゾーンを良く理解しているとも言い換えられる。
 二軍の成績ではあるが、1つの能力に長けているプレイヤーは重宝される。
 現在の巨人に足りないのは打線の繋がりであると考える人は多いだろう。
 一軍では丸佳浩の加入によって繋がりはできるかもしれないが、若手選手でこの出塁率を記録できるのは非常に魅力的である。

2. ユーティリティ 
 また、若林晃弘は内野守備においてユーティリティプレイヤーである。
 ショート、セカンド、サードと守ることができる。
 打線を繋ぐことができる「出塁能力」、そして内野はどこでも守ることができる「利便性」、これらを総合すると、一軍のベンチに入れておいても全く損のない選手であることは明らかである。

 寺内崇幸や、少し前の選手であるが古城茂幸などは、困ったときに使える選手であった。
 若林晃弘は十分にこの2人のポストを継承する能力があると考える。

3. 若林晃弘のまとめ

 若林晃弘は決して派手な選手ではなく、地味な選手である。
 しかし、地味な選手を打線に組み込むことで、勝利に繋がることもある。
 「出塁能力」や「利便性」を考えた場合、非常に重宝される選手である。
 このような選手を一軍に上げて、成長させることが今後の巨人の成績向上に繋がると考える。


4人目 松原聖弥
 最後に4人目として松原聖弥を紹介する。
 正直なことを言うと、有望株というよりは欠点が多い選手である。
 しかし、その欠点を述べて「今後の将来性にどう影響するか」について述べていく。
 

1. 打撃成績と個性
 松原聖弥の二軍での主な成績は、464打席に立ち、打率.316 本塁打0本 42打点 盗塁数24である。
 この成績を見ると、明らかに長打を打つタイプではない。単打で繋ぐタイプであると言える。
 出塁率は.374であり、悪い成績ではない。
 打率と出塁率との差をIsoDといい、「IsoD = 出塁率 – 打率 」で評価されることが、しばしばある。
 松原聖弥のIsoDは0.058であり、0.060あたりが欲しい一般的な野球で、松原聖弥はそれに近い値を出している。つまり、ある程度の選球眼はある。

 盗塁数も二軍ではトップであり、その俊足であるという利点から外野手は適任であると言える。
 ここまでは、育成選手から這い上がってきた選手とは思えない個性が見て取れる。

 だが、松原聖弥の欠点は大きく分けて2つある。

2. 盗塁成功率の欠点
 まず、盗塁数に隠れた盗塁死の数である。
 松原聖弥の盗塁死は19もある。
 盗塁数24に対して盗塁死19であるから、盗塁成功率はおよそ.558である。非常に低い数値だ。
 盗塁のスペシャリストとして元巨人の鈴木尚広の2008年(最も多く打席に立った年)の盗塁数は30で盗塁死は5であった。つまり盗塁成功率.857であった。
 スペシャリストであった鈴木尚広と比べるのは酷な話だが、盗塁をするという行為は非常にリスクが伴うことを頭に入れておかないと、松原聖弥はチャンスを潰してしまう選手になってしまう。
 これが1つ目の大きな欠点だ。


3. 長打力の欠点
 2つ目は先に述べた長打力。
 単打で繋ぐタイプではあるため、
長打率は.390であり、.400を超えていない。
 長打率が.390は、プロ野球の平均長打率と同じ水準である。
 平均で何が悪い?と思う人もいると思うが、平均レベルだから欠点となり得る。
 わかりやすい例として巨人の平均打率を見てみる。
 巨人の平均打率はここ数年間で、およそ.240〜.260程度である。
 打率.240〜.260の打者をいい打者と呼べるのか?当然呼べない。
 長打率は打率と比べて感覚的にわかりにくい指標であるため、打率を例に取ったが、平均の長打率と同等の水準であることは打率同様、良い成績であると呼べない。
 「長打率と得点との相関」が、「打率と得点との相関」よりも上であることは知られているため、
松原聖弥は勝利に貢献しづらいと言える。

 打率が悪くても長打率が良い打者はいる。それは、打率が低くて本塁打が打てる、ソフトバンクのデスパイネなどのタイプである。

 つまり、打率に関してはデスパイネなどよりも上であったとしても長打率で下になり、「得点に貢献する能力」は低くなる可能性がある。
 これが2つ目の欠点である

4. 松原聖弥のまとめ

 ここまでを総合すると、「松原聖弥は脚は速い。しかし、盗塁成功率はとても低く、長打も打てないため、1番でも4番でも使いづらい、どの打順でどのように起用するべきか判断することが難しい選手」と言える。
 今後のことを考えると、確かに脚が速いのは魅力の1つである。
 対MLB戦でランニングホームランを打ったことも脚の速さが要因である。
 そのため、考えて走ることを実行できた鈴木尚広や他の走塁コーチから、走塁術を学ぶことができれば、現状は欠点が多くても、十分将来性のある選手であると言える。

記事まとめ
 以上の4人が比較的有望な選手であり、今後の巨人を背負う選手になると考えている。
 特に、谷岡竜平と石川慎吾は欠点の少ない選手であり、非常に期待が持てる。
 他にも若手有望選手はいるが、特出して選手を紹介した。
 本記事を読んでいただいた方も、読売ジャイアンツ公式サイトで自分の好みの若手有望選手を探してみてはいかがだろうか?
 
関連記事


参考にしたサイト
記事終了


このページのトップヘ