野球を数字で見るブログ

本ブログで、「野球を数字で見る」面白さがわかります。 主に、日本プロ野球での成績を数字で見て考察します。 本ブログで扱うデータに関して、正確性は保証されておりません。本ブログの情報を元にデータを作成して起こる損害に対しまして、一切の責任を負いません。ご了承ください。

タグ:ソフトバンク

はじめに
 2018年シーズンで現役を引退した杉内俊哉は、松坂世代最強左腕と言われ、最高の投手であったことは数字が物語っている。 
 本記事では、杉内俊哉の成績を振り返り、どれほど素晴らしい投手であったかについて述べる。
スポンサーリンク
2005年の開花
 まず、その才能を開花させた2005年のダイエーホークス時代。
 その年の成績が、196.2イニングスを投げ、18勝4敗 防御率2.11 WHIP0.98 218奪三振であった。
 WHIPとは、「1イニングあたり何人のランナーを出したか?」を平均した数値である。
 つまり杉内俊哉は1イニングあたり、0.98人のランナーを出すと簡単に見ることができる。

 1イニング1人のランナーを出すのは、あんまりいいとは言えないと思う人もいるだろう。
 しかし、よく考えればヒット1本、1四球を出せばWHIP2.00になり、目も当てられない成績になる。
 これをシーズン平均で0.98にまで収めるということは、1回登板すればヒット1本打たれるか、もしくは三者凡退に抑えるかというシンプル、明快な好成績であると言える。
 先発投手としてはWHIP1.00前後でエースと呼ばれる成績である。
 まさにエースの成績であった。
 また、
奪三振率は9.96であり、この頃から三振を奪う能力は持っていた。
 
余談
 少し話は、逸れるが、杉内の決め球は何か?と聞かれたら、あなたはどう答えるだろうか?
 ある野球ファンはチェンジアップと答えていた。私の場合はスライダーだと思っている。
 しかし、杉内自身はストレートであると答えていた。
 ここで解釈できることは、豊富な球種があるわけではないが1つ1つの球種、ストレート、チェンジアップ、スライダー、全てが一級品であり三振が取れるということだ。やはり、エースとはそういう選手のことを指すのだろうと思わせてくれる。

2008年と2009年
 話を元に戻すと、2008年と2009年で奪三振王を獲得する。
 どちらの年も200奪三振を超えていた。

 特に2008年のK/BBは5.91という成績を残した。
 K/BBはケービビーなどと読んだりするが、三振数を四球数で割った指標である。
 つまり、「1つの四球を出すまでに何個の三振を取れたのか?」という奪三振能力、  四球を出さない制球力を示す指標である。
 この指標は、3.50が優秀な成績であると言われるが、杉内俊哉のK/BBは5.91である。
 この成績は目を見張るほどである。
 三振が取れ、四球を出さない。ピンチの場面を四球で作ることも少ないし、ピンチになったとしても三振で切り抜けられる。そういった投手であった。 

巨人時代
 また、2012年にFA権を行使して巨人に入団する。
 ここでもやはり杉内は大活躍した。
 2012年シーズン、投球回数は163イニングスと少ないものの、12勝4敗 防御率2.04 WHIP0.98 172奪三振であった。
 奪三振に関しては、能見篤史とのダブル受賞で奪三振王に輝いている。
 被弾も6本塁打と少ない。いかに杉内の能力が優れているか。球威や変化で三振を奪い、ホームランも打たれない投手、であるとわかるだろう。
 比較として、同時に奪三振王に輝いた能見篤史の被弾数が14本である。
 特にK/BBは4.00と2005年よりは悪いものの、優秀な成績を収めた。

2012年のFIP
 杉内俊哉の2012年のFIPはおよそ2.30であった。
 FIPとは、投手だけがコントロールできるものである被本塁打数、与四球数、奪三振数の3つの数字で算出される、擬似的な防御率である。
 野球は守る野手によって投球の内容が変わってくることがある。

 エラーとは違い、守備範囲の広い選手や狭い選手がいることは間違いなくあり、これらを考えて投球を評価するのは非常に難しい。
 そのためFIPは、投手の責任である被本塁打、与四球数、奪三振数で簡単に防御率を決めてしまおうと考え出された指標である。
 FIP一般的に3.00未満で優秀であると言われている中で、杉内俊哉の残した2.30という数字は素晴らしいとしか言いようがない。
 奪三振能力と被本塁打の少なさが生んだ、自己解決能力が備わった投手であったと言える。
 これほどまでの先発左腕は他にはいなかった。
スポンサーリンク
まとめ
 成績は2012年を境に下降線をたどり、2018年に現役を引退した。
 しかし、全盛期にダイエー、ソフトバンク、そして巨人で素晴らしい功績を残した。
 杉内俊哉は間違いなく松坂世代最強の左腕であったと言える。

関連記事

参考にしたサイト
1. Wikipedia
2.日本野球機構,NPB.jp
記事終了


はじめに
 ソフトバンクからFA移籍してきた森福允彦であるが、巨人に移籍してから、一軍での活躍はほぼないと言っていい。
 ただ、まだ活躍できる投手である。
 2017年からの2年契約を終え、戦力外も噂されたが、年俸30%減の推定8400万円で新たに契約を更改した。
 本記事では森福允彦を残しておいて良かったと思える成績についてを述べていく。 

スポンサーリンク
森福の二軍の成績
 森福允彦は、2018年シーズンの二軍において巨人の投手では最も多い、29試合に登板している。
 その中で、23.1イニングスを投げ、2勝3敗 防御率3.47 奪三振数26 与四球5 という成績を残している。

 「防御率も3.50に近いし、3敗もしている。二軍ではもうちょっといい成績を残してもらわなくては困る!!」

と巨人ファンは思っているかもしれない。
 だが、もう少し踏み入った成績評価をすれば、その評価も変わってくる。本記事の目的の1つはそれらの成績を見ることだ。
 
圧倒的に優れた部分
 まず、奪三振率が10.03、与四球率は1.93という成績であった。
 つまり森福允彦は「仮に9回完投した場合、10個ほどの三振を奪いおよそ2個の四球を与える」という計算になる。
 これは決して悪い成績ではない。むしろいい成績である。
 イニング以上の三振を奪える投手は日本ではそれほどいない。
 メジャーリーグでは、比較的イニング以上の三振を奪う投手は多いのだが、森福のような技巧派投手では珍しい成績である。
 四球もそれほど与えることがなく、コントロールもまとまっていると解釈できる数字だ。

 さらに、奪三振率と与四球率に関係してくる成績が
K/BBである。
 K/BBは読んで字の如く、奪三振数を与四球数で割った値であり、「1つの四球を与える間に何個の三振を奪えるか?」を示す指標である。
 これはコントロールの良し悪しを評価するために使われる。

 森福のK/BBは5.20であった。一般的に3.50で優秀とされる指標であるため、森福のK/BBは優秀な成績であると言える。コントロールが比較的いいのだ。

もう1つの優れた点
 もう1つ優れた点がWHIPである。
 WHIPは「1イニングに何人のランナーを許したか?」を示す数値で、例えば、1イニングを投げて被安打1で無四球に抑えればWHIP1.00が記録される。
 森福のWHIPは、およそ0.94であった。これは優秀な成績である。
一般的にWHIP1.10未満であればエース級の数字であると言えるため、0.94という成績は称賛に値する。
 森福は、1イニングを投げれば「1人のランナーを許すか、三者凡退に抑える」という成績を残しているのだ。
スポンサーリンク
まとめ
 ここまでを総合すると、2018年二軍の森福は「防御率は平均的であるが、四球をそれほど与えないコントロールを持ち、ランナーをそれほど背負わない安定した投球をし、欲しいときに三振を奪える投手であった」と言える。
 平均的なのは防御率だけであり、他の指標はいい成績を残している。
 つまり、森福允彦はまだまだ使える投手であり、年俸を下げても残しておいて良かった投手なのである。
 
関連記事

参考にしたサイト
1. Wikipedia
2.読売巨人軍公式サイト,giants.jp
記事終了


はじめに
 日本シリーズ、日米野球でも大活躍した柳田悠岐は、日本球界最強打者と言っても過言ではない。
 その柳田悠岐の能力は人間離れしている
 本記事では、2018年シーズンの成績を元に、柳田悠岐の人間離れした能力3つ見ていく。

スポンサーリンク

1つ目の能力 5ツール 
 2018年シーズンに柳田悠岐は打率.352 本塁打36本 打点数102という成績を記録してある。一般に3割30本100打点という大台であり、柳田はそれを余裕を持ってクリアした。
 特に打率では、2位の秋山翔吾の打率.323よりもおよそ.030もの差をつけて首位打者に輝いている。
 ヒットを打つ能力は群を抜いて球界トップである。
 盗塁数21という成績も脚が速いことを証明している。
 盗塁成功率.750であるため、平均的な成功率ではあるが、俊足は1つの魅力である。
 一般に、
 1. 打率が良い
 2. 長打が打てる
 3. 脚が速い
 4. 肩が強い
 5. 守備範囲が広い
という5つの能力を5ツールと呼び、これら全てにおいてバランスの取れた選手を5ツールプレイヤーと呼ぶ。
 5ツールプレイヤーは最も理想的なプレイヤーと称される。
 柳田悠岐の守備範囲と肩の強さに関しては日本プロ野球の計測したデータがそれほどない。
 守備に関しては指標がないが、ゴールデングラブ賞の受賞歴から、日本プロ野球では柳田悠岐は守備も良いと評価されている。
 つまり、日本プロ野球の中では柳田悠岐は5ツールプレイヤーであると言える。
 「日本人選手の中で究極の理想的なプレイヤー」が柳田悠岐であるとこれらの成績から言える。

2つ目の能力 出塁率とOPS
 柳田悠岐は、出塁率も素晴らしい成績を残している。
 2018年シーズンの柳田悠岐の出塁率.431はリーグトップの成績である。
 名著である、「マネーボール」では出塁率はアウトにならない確率であることから重要視されていた。
 「マネーボール」では、出塁率が高い選手を主体に作ったチームが当時のリーグ新記録となる20連勝を成し遂げたことが特に有名である。
 柳田悠岐はそのアウトにならない確率がリーグで1位であり、リーグで最も打線を繋ぐ能力があったと言える。
 またOPSも素晴らしい。
 OPSとは、「出塁率+長打率」で算出される成績であり、得点との相関が打率や出塁率、長打率よりも高い指標の1つである。

 つまり、OPSが高ければ高いほど”得点に絡む能力”が高いと言える。
 柳田悠岐はOPS1.092を記録している。
 これもリーグトップの成績である。
 OPSは、.900を上回ればスター選手、1.000を上回ればMVP級とされる。
 柳田悠岐の成績は、余裕でMVP級の水準を余裕でクリアしている。
 OPSで見ると、リーグで最も得点に絡む能力があったと言えるのだ。

3つ目の能力 得点増大
 本記事で紹介する最後の能力として、得点増大の能力を見てみる。
 ここで少々聞き馴染みのないwRAAという指標を用いる。
 wRAAとは、「平均的な打者が同じ打席数立った場合に比べて増やした得点」を表す指標である。
 もちろんwRAAが高ければ高いほど、チームの得点に大きく貢献したと言える。
 柳田悠岐はおよそwRAA 66.41を記録している。
 この数字は断トツで12球団全選手の中でトップである。
 つまり柳田悠岐は、平均的な選手が同じ550打席に立った場合と比べて、およそ66点もの得点を増やすことができたということである。
 wRAAは40.00以上でMVP級と称されるが、柳田悠岐の成績は、50.00も60.00も越えて
66.41である。
 これほどまでのチーム得点に絡む選手は本当に稀である。
 まさに人間離れした能力である。
スポンサーリンク
 
まとめ 
 ここまで、柳田悠岐の人間離れした3つの能力を見てきた。
 柳田悠岐は「
5ツールを持つ万能な選手であり、それに伴って得点に絡む能力が異常なまでに高い選手であり、12球団で現状では最強の、人間離れした打者である」と言える。
 柳田悠岐のこれらの能力はシーズン、クライマックスシリーズ、日本シリーズのみならず、日米野球でも発揮された。
 現状は柳田悠岐を中心に日本球界が回っていると言える。


関連記事

↓ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。

Twitter リンク: 遊撃手ファンのG党 Astros好き 


参考にしたサイト
1.スポナビ
2.Wikipedia

ブログランキングの方も是非!



このページのトップヘ