野球を数字で見るブログ

本ブログで、「野球を数字で見る」面白さがわかります。 主に、日本プロ野球での成績を数字で見て考察します。 本ブログで扱うデータに関して、正確性は保証されておりません。本ブログの情報を元にデータを作成して起こる損害に対しまして、一切の責任を負いません。ご了承ください。

タグ:パリーグ

はじめに
 今やパリーグNo.1捕手と言ってもいい西武ライオンズの森友哉は、圧倒的な打撃で西武ライオンズのリーグ優勝に大きく貢献した。
 本記事では2018年の森友哉の成績を見て、森友哉の3つの能力を示していく。
スポンサーリンク
 
能力1 強肩
 強肩の捕手は多い。巨人の小林誠司やソフトバンクの甲斐拓也などがあげられる。
 その中において、森友哉は盗塁阻止率.373を記録し、これはパリーグ3位の成績である。
 リーグ1位は日本シリーズで盗塁を全く許さなかったソフトバンクの甲斐拓也の.447であり、これはあまりにも良すぎる成績であるため、森友哉の盗塁阻止率が影になってしまう。
 しかし、セリーグで見ると盗塁阻止率で1位は小林誠司であり、その成績は.341である。
 森友哉はセリーグで最も肩の強い捕手よりも30ポイント以上も差をつけている
 パリーグ捕手の強肩度合いはあまりにも凄いと言える。

能力2 出塁する能力
 森友哉は打率は群を抜いて高いわけではなく打率.275を記録している。
 平均よりも上ではあるが、ヒットを打つ能力に圧倒的なものはない。
 しかし、森友哉の出塁率は.366であり、選んだ四球数は70個である。
 野手で見ると、出塁率はパリーグ12位の成績であり、四球の数はパリーグ5位である。 

 打率がそれほど良くなくても、出塁する能力は非常に高い。
 出塁率は打率よりも得点との相関が高い
 これは森友哉の大きな武器である。
 打率は.280前後でも出塁率.370前後の捕手は、全盛期の阿部慎之助の成績とほぼ変わらない。
 全盛期は間違いなく阿部慎之助がNo.1捕手であり、森友哉は阿部慎之助と同格のポテンシャルを持っているということになる。
 特にまだ23歳であるため、阿部慎之助のルーキーイヤーと同じ年齢である。
 そのため、同格どころか阿部慎之助を超えるポテンシャルを持っているかもしれない。

能力3 得点創出能力
 森友哉はOPS.823を記録している。
 OPSとは”出塁率+長打率”で算出される数字で、得点との相関が打率や出塁率よりも高く、.800以上を記録すれば優秀であると言われる。
 森友哉の成績はまさに優秀であり、甲斐拓也などの捕手にはない打撃能力を持っていることになる。(甲斐拓也のOPSは.602であり、平均以下である)
 無論、森友哉の打撃能力はパリーグ捕手の中で最も優れていることになる。
 OPSは先ほど述べた出塁率に長打率を合算させる。
 森友哉は本塁打16本を放っており、長打を打つ能力も捕手としてはパリーグNo.1と言える。

 さらに、wRAAもおよそ16.90という成績を残している。
 wRAAとは、「平均的な打者が同じ打席数立った場合に比べて増やした得点」を表す指標である。
 平均的な打者が森友哉と同じ552打席に立った場合と比べて、森友哉はおよそ17点ほどの得点を増やしたことになる。

 OPSとwRAAを見ても、得点創出能力はパリーグ捕手No.1であることは間違いない。
スポンサーリンク
 
まとめ
 ここまで、森友哉の優れた3つの能力を見てきた。
 盗塁阻止率も平均を大きく上回り、得点創出能力も非常に高い。
 一時期の阿部慎之助を見ている感覚を覚える。
 まだ23歳という年齢であり、全盛期の阿部慎之助を上回る時間は十分にあるし、ポテンシャルも申し分ない。
 西武は浅村栄斗が抜け、得点力が下がるものの、森友哉の存在でその分の穴埋めをできる可能性は十分にあると考える。

関連記事
 


参考にしたサイト
1.スポナビ
2. Wikipedia
3.日本野球機構,NPB.jp 
記事終了


はじめに
 2018年シーズン、西武ライオンズは圧倒的な打撃能力でリーグ制覇を成し遂げた。
 チーム防御率はリーグ最下位であるのにリーグ優勝を成し遂げたのは、まさに打撃の力であると間違いなく言える。
 本記事では、その2018年シーズンで西武ライオンズの主力として活躍した浅村栄斗が移籍しても、来シーズンも打撃能力がリーグ1位という理由を説明していく。
 前置きとして、順位の予想については非常に難しい。
 菊池雄星がメジャー挑戦が確実なため、投手力の低下を考慮するのは難しい。
 そのため、打撃能力がリーグ1位であるということ理由だけを数字を使って述べていく。  
スポンサーリンク
 
西武の得点数
 西武ライオンズは、2018年シーズンに792得点を稼ぎ出している。
 この得点数は2位のソフトバンクと100点以上の差を付け、群を抜いてリーグ1位である。
 その得点数を稼ぎ出したのは山川穂高、浅村栄斗、森友哉などの若手や中村剛也などのベテランなど若手からベテランまでレギュラーの打撃指標が全てプラスになっていることが要因である。
 特に山川穂高は平均的な選手と比較すると、およそ+53点もチームに得点をもたらしている。(wRAAという指標で算出した成績) 


浅村栄斗が抜けた場合
 西武ファンからすると、打点王である浅村栄斗の楽天への移籍は、「今後の西武の得点能力を極端に下げてしまうのではないか?」という心配があるだろう。
 結論から言うと、打撃面では浅村栄斗の離脱は大きいが致命傷ではない
 その理由をこれから説明する。

 浅村栄斗はおよそwRAA+36.28という成績であり、非常に優秀な選手であることに変わりはない。
 wRAAとは、
平均的な打者が同じ打席数立った場合に比べて増やした得点」を表す指標である。
 浅村栄斗の場合、平均的な打者が浅村栄斗と同じ640打席に立った場合と比べて、浅村栄斗はチームの得点をおよそ36点増やしたことになる。
 この浅村栄斗が抜けたことで得点数に影響を及ぼすのは間違いないのだが、仮に水口大地などの二塁手が平均的な成績、パリーグで言うと打率.250前後の成績を収められれば、西武ライオンズは36点を失っただけで済む。
 他球団ならば36点は非常に大きいのであるが、西武ライオンズの場合、致命傷ではない。
  2018年シーズンの792得点をあげているチームであるため、そこから36点を引けば、756得点になる。
 この得点数は2位のソフトバンクの685得点よりも圧倒的に多い。
 つまり、浅村栄斗が抜けても他の選手の打力で十分にカバーできる。

もう1つ重要なこと
 もう1つ重要なのは浅村栄斗の移籍先である。
 浅村栄斗は楽天イーグルスへ移籍した。
 楽天イーグルスは最下位であり、浅村栄斗を獲得しても得点数は3位〜4位である。
 もしソフトバンクに移籍していたとすれば、ソフトバンクの得点が増大し、得点数1位の座も危なかったが、楽天イーグルスならば問題なく得点数1位をキープできる。
 運が良かった言えるかもしれないが、これはここ数週間で決着した事実である。
スポンサーリンク
 
まとめ 
 浅村栄斗が移籍しても問題なく得点力が1位であることは数字からわかったと思う。
 他の選手で十分にカバーできるため、致命傷にはならない。
 本記事では投手については全く考えていない。
 そのため、菊池雄星が抜けてもリーグ1位になれるか?と言えば、そうとは言い切れない。
 順位予想は非常に難しいが、打撃面だけを考慮すればリーグ1位であることは間違いない。

関連記事 


↓ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。

参考にしたサイト
1.スポナビ
2.Wikipedia

ブログランキングの方も是非!



はじめに
 そろそろベストナイン発表の時期であるため、本記事では「数字で見れば、パリーグのベストナインはこうなる」ということを、簡単に述べていく。
スポンサーリンク
 
ベストナイン予想
投手 岸孝之 (楽天)
捕手 森友哉 (西武)
1塁手 山川穂高 (西武)
2塁手 浅村栄斗 (西武)
3塁手 松田宣浩 (ソフトバンク)
遊撃手 源田壮亮 (西武)
外野手1 柳田悠岐 (ソフトバンク)
外野手2 吉田正尚 (オリックス)
外野手3 秋山翔吾 (西武)

投手 岸孝之  

 投手は岸孝之と予想した。
 他にも西武の菊池雄星や多和田真三郎がいる中で、岸孝之を選んだのは、全体的にバランスの取れた成績を残したからである。
 防御率はリーグ1位の2.72であり、WHIPもリーグ1位の0.98である。(WHIP:「1イニングあたり、何人のランナーを背負うか?」を表す数字)
 奪三振率も9.00であり、他の2人よりも上である。
 FIPに関しては、菊池雄星がおよそ3.25であり、岸孝之が3.36と菊池雄星の方が若干上であるが、それでも防御率、ランナーを背負わない能力、奪三振能力、あらゆる面で偏りがないため、ベストナインに選ばれると予想した。(FIP:奪三振、与四球、被本塁打で計算される、投手だけが責任があると仮定した場合の擬似的な防御率)

捕手 森友哉 

 捕手は森友哉であると予想した。
 日本シリーズMVPに輝いた甲斐拓也などと比較すると、盗塁阻止率などの守備の面では劣る部分があるが、打撃に関しては捕手として一流の成績を収めた。
 OPSは.823であり、平均以上の成績を残している。
 ロッテの田村龍弘やソフトバンクの甲斐拓也よりも好成績である。
 森友哉のwRAAはおよそ16.30であり、これもパリーグ捕手の中で最優秀であるため、選出されると予想した。(wRAA:「平均的な打者が同じ打席数に立った場合に比べ、どれくらい点数を稼いだか?」を表す数字) 

1塁手 山川穂高 
 1塁手は山川穂高と予想した。
 これは文句なしであると考える。
 山川穂高を語ると長くなるため、別記事の”山川穂高”(Part1)および ”山川穂高”(Part2)で説明した成績が、他の1塁手よりも全て群を抜いているため、選出されると予想した。
 おそらく、MVPは山川穂高と柳田悠岐の一騎打ちになると考える。

2塁手 浅村栄斗 
 2塁手は浅村栄斗と予想した。
 中村奨吾など他の2塁手の成績よりも良い。
 打率は中村奨吾の.284よりも浅村栄斗の.310の方が上であり、wRAAはおよそ36.28という成績で2塁手の部門ではトップである。
 そのため、浅村栄斗が選出されると予想した。

3塁手 松田宣浩
 3塁手は松田宣浩と予想した。
 パリーグの3塁手は団栗の背比べ状態であり、好成績を残した選手がいない。
 打率だけで見れば、鈴木大地の.266が最も高いが本塁打が8本であり3塁手として致命的な長打力の無さが浮き彫りとなっている。
 松田宣浩は打率が.248であり、鈴木大地よりも低いが、本塁打32本で三塁手としての長打力が発揮されている。
 OPSも鈴木大地の.744を上回り、松田宣浩は.804を記録している。
 wRAAは12.88で、これも3塁手として最も良い成績であるため、選出されると予想した。

遊撃手 源田壮亮 
 遊撃手は源田壮亮と予想した。
 ソフトバンクの今宮健太やロッテの藤岡祐大よりも打率が高く、打率.278を記録している。
 今宮健太は規定打席に到達していないため、選出されるのは難しいと考えられる。
 そのため、源田壮亮と藤岡祐大の一騎打ちとなるが、OPSは源田壮亮の方が高く、OPS.707を記録している。藤岡祐大はOPS.599であるため、ここで決着が付くと考える。

外野手1 柳田悠岐 
 外野手の1人として、柳田悠岐が選出されると予想した。
 おそらくこれは誰も文句がないと考える。
 OPSはリーグ1位の1.092であり、wRAAもリーグ1位の66.41である。
 MVPの選考にも食い込んでくるほどの成績である。 

外野手2 吉田正尚 
 外野手の1人として、吉田正尚が選出されると予想した。
 柳田悠岐には及ばないものの、打率.321、OPS.956、wRAAおよそ38.95であり、例年ならMVPと言えるほどの成績を残している。 
 ベスト外野手の3人には間違いなく食い込む成績である。

外野手3 秋山翔吾
 外野手の1人として、秋山翔吾が選出されると予想した。
 2018年シーズン、195本のヒットを打ち、リーグ1位の記録を残した。
 打率.323と吉田正尚とそれほど変わらず、OPS.937、wRAA 46.55の好成績を残した。
 秋山翔吾も間違いなくベスト外野手の3人に食い込むと考える。
スポンサーリンク
 
まとめ 
 以上がベストナインに選ばれるであろう選手たちである。
 参考になればこの上ない幸せである。
 指名打者という欄を設けなかったのは、「誰でも入れるから」という理由である。外野手が内野を守ることは難しいが、外野手が指名打者に入れることは容易すぎる。
 そのため、ベストナイン(そもそもナインだから9人じゃないとおかしくない?)の選出予想には設けなかった。
 この中で、MVPを争う選手が出てくることは間違いない。
 例年ならばMVPを取れる成績を残した選手も数多い。
 ベストナインの予想が的中すればこの上なく幸せである。

関連記事

↓ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。

Twitter リンク: 遊撃手ファンのG党 Astros好き 


参考にしたサイト
1.スポナビ
2.日本野球機構,NPB.jp


ブログランキングの方も是非!



このページのトップヘ