野球を数字で見るブログ

本ブログで、「野球を数字で見る」面白さがわかります。 主に、日本プロ野球での成績を数字で見て考察します。 本ブログで扱うデータに関して、正確性は保証されておりません。本ブログの情報を元にデータを作成して起こる損害に対しまして、一切の責任を負いません。ご了承ください。

タグ:原辰徳

はじめに
 巨人の若き主戦力と言えば、重信慎之介岡本和真吉川尚輝がいる。

 しかし、岡本和真と吉川尚輝はドラフト1巡目、重信慎之介は2巡目の指名である。「活躍してもらいたい」というよりは「活躍してもらわなければ困る」という選手だろう。
 本記事で焦点を当てるのは、その岡本和真や吉川尚輝などに比べ、花道があった訳ではない「ドラフト6巡目」の選手、若林晃弘である。2019年シーズンに一軍で準レギュラー以上の活躍をし、飛躍を遂げている選手である。
スポンサーリンク
若林晃弘の二軍での成績
 若林晃弘の昨年の二軍での成績を見ようと思う。
 若林晃弘の昨年の2018年シーズン、二軍で284打席に立ち、打率.303 7本塁打 36打点 盗塁7 出塁率.390 OPS.852という成績を残している。
 また2019年シーズンの二軍での成績は、144打席に立ち、
打率.298 3本塁打 16打点 盗塁6 出塁率.401 OPS.831である。
 ものすごく良い成績とは言えない。打率.300前後で比較的良いが、本塁打や盗塁が特段多い訳ではない。

若林晃弘の武器
 そんな中、若林晃弘の成績で見るべきは、出塁率である。
 過去の記事のセイバーメトリクス 打者編(7) 得点とOPSの相関 で、「打率と得点の相関」と「出塁率と得点の相関」はほとんど変わらないことを示した。
 若林の出塁率は、巨人の二軍で200打席以上に立った打者の中で、石川慎吾に次いで2位である。
 打率、本塁打の数は決して良いわけではない。しかし、出塁率を考えれば2位である。ここが若林晃弘の大きな武器になる。
 出塁率は四球の数で大きく左右される。若林晃弘の1打席あたりの四球の数はおよそ0.10個であり、これは二軍で好成績を残した石川慎吾などの有望株とほぼ同水準である。
 名著であり、映画化もされた「マネーボール」の言葉を借りれば、

 「ストライクゾーンをコントロールできる能力が、じつは、将来成功する可能性と最もつながりが深い。
そして、ストライクゾーンを操る術を身につけているかどうか、最もわかりやすい指標が四球の数なのだ。」

 とある。
 つまり、若林晃弘の選球眼は自分のストライクゾーンをコントロールする能力に長けているのである。
 どこがストライクゾーンでどこがボールゾーンか?それを理解していると言い換えられる。
 実際に2019年シーズンで若林晃弘は一軍で出塁率.370前後を記録している。
 二軍時代よりも少々下がったが、それでも平均以上の成績を残しているため、やはり若林晃弘の実力、武器の1つは出塁率により発揮されると言える。
 現時点で、一軍でも若林晃弘はその実力を発揮していると言っていい。


ユーティリティ
 
また、若林晃弘は内野守備においてユーティリティプレイヤーである。
 ショート、セカンド、サードと守ることができる。
 巨人では過去に寺内崇幸と古城茂幸がユーティリティプレイヤーの座にいたが、その後継選手としても十分に生産性のあるプレイヤーが若林晃弘であると考える。

スポンサーリンク
まとめ
 打線を繋ぐことができる出塁能力、そして内野はどこでも守ることができる「利便性」、これらを総合すると、一軍のベンチに入れておいても全く損のない選手であることは明らかである。
 若林晃弘は地味な選手である。
 しかし、地味な選手を打線に組み込むことで、出塁率に限るが、
勝利に繋がることもある。
 このような選手を現在のように一軍のベンチに置いておき、成長させることが今後の巨人の成績に繋がると考える。 
 
関連記事


参考にしたサイト
1.日本野球機構,NPB.jp
2.Wikipedia
3.マイケル・ルイス著,マネーボール

記事終了


はじめに
 読売ジャイアンツ丸佳浩炭谷銀仁朗岩隈久志中島宏之ビヤヌエバクックなど大型補強を行い、戦力は盤石に思える。
 そんな巨人に弱点はあるのだろうか?
 本記事では巨人の強みと弱みと弱みを見ていく。
 本記事の題目の巨人の弱点に関しては、記事の後半で述べるため、弱点だけを見たい場合は画面をスクロールして頂きたい。

スポンサーリンク
巨人の強み
 巨人の強みは打線と先発投手である。
 打線と先発投手を分けて述べていく。

強み1 打線
 打線は2018年の得点数は625点でリーグ3位の成績であったが、丸佳浩の加入だけを考えても、得点数はリーグ順位1位を争うレベルになる。それは本ブログの2019年の巨人の変化についての記事で述べている。
 簡単に抜粋すると、


 巨人は2018年の外野手は
陽岱鋼ゲレーロという穴があった。
 レギュラーではなく併用されていた陽岱鋼とゲレーロの2人の成績を、レギュラーになることは確実である丸佳浩の成績に置き換えるとどうなるか?

(前置きとしてwRAAという指標を使用。その指標についての難しい話はしないが、増やした得点数が陽岱鋼は約–0.90、ゲレーロは約+10.94、丸佳浩は約+60.82ということを元に述べる。)
 2018年シーズン、不良債権である陽岱鋼とゲレーロを併用していたが、この2人を使うことによって巨人はおよそ
+10点の得点を増やすことができた。
 しかし、丸佳浩1人を固定して使った場合、およそ+61点を増やせる計算になるため、単純計算で丸佳浩が2人分を代わりに出場すれば、現状の巨人の得点をおよそ+51点増やすことになる。(単純に+10点から+61点になった場合、その差は+51点である) 
 これを巨人の2018年の得点数625点にプラスすると676点であり、2位ヤクルトスワローズの得点数658点を大きく上回る。
 つまり、得点能力はリーグ2位になる。
 さらに言えば、広島カープが丸佳浩を放出し、代わりに平均的な打者で丸佳浩のポジションを置き換えた場合、2018年の得点数721点から丸佳浩が稼ぐ得点数である+61点を引けば、660点となり、巨人より得点力が下回ることになる。
 つまり、巨人がリーグ1位の得点能力があるチームとなる。
 陽岱鋼とゲレーロには申し訳ないが、丸佳浩の加入で2人の不良債権がいなくなってもリーグ優勝できるだけの得点力を得ることができる。

 ということになる。

 これを考えると先にも述べた通り、巨人の打線は大きな強みである。
 得点力は優勝できるレベルである。

強み2 先発投手
 次に先発投手である。  

 先発投手は2018年シーズンは菅野智之山口俊メルセデス今村信貴など好投手が名を連ね、先発防御率はおよそ3.60という成績を収めている。
 さらに2019年シーズンは
岩隈久志を加え、盤石の先発投手陣と言ってもいい。
 特に登板機会が多かった菅野智之と山口俊の功績は大きい。
 菅野智之は202イニングス、山口俊は154イニングスを投げ、規定投球回数を余裕でクリアしている。
 中継ぎ温存や良質な1イニングを絞り出すという観点から、イニングを多く投げられる投手をイニングイーターなどと言うが、菅野智之と山口俊はまさにそれである。
 メルセデスや今村信貴も多くのイニングを投げられる力量があれば、巨人の投手陣は間違いなくリーグNo.1の投手陣となる。実際に現状でも先発防御率は2018年シーズンでリーグ1位である。
 岩隈久志は2018年シーズンにメジャーリーグでの登板はなく、過剰に期待するのも考えものである。
 しかし、岩隈久志は肩の故障から復調の兆しがある。
 その証拠にマイナーリーグでの初登板は2018年シーズン終了間近の8月26日に1イニング、8月31日に2イニングスを投げて、防御率3.00である。
 シーズン序盤は怪我のため投げられなかったが、後半でようやく投げられた、つまり復調してきたと言える。
 もしも、岩隈久志が順調なスタートを切れば、巨人にとっては大きな戦力となる。

 ここまでが先発投手の強みである。 


巨人の弱み
 本記事の題目にもある通り、巨人の弱点は何なのか?について述べていく。
 強みが非常に大きいため、弱みが隠れているが、無いわけではない。
 主に二塁手中継ぎ投手ついて述べる。

二塁手

 巨人は仁志敏久の後継として10年以上も二塁手に悩まされてきた。
 2018年シーズンは吉川尚輝田中俊太の2人が台頭したように思えるが、吉川尚輝は2018年で増やした得点は無く、wRAA −4.86であり、つまりおよそ5点減らしたことになり、平均的な打者を打席に立たせた方が得点力が上がる計算になる。
 田中俊太も同様に、wRAA −7.54であり、平均以下である。
 そう考えると、浅村栄斗を西武ライオンズから獲得することが最も優勝に近づく補強となったはずであるが、巨人はそのチャンスを逃し、二塁手を自前で育てる必要がある。
 10年以上も悩んでいる二塁手というポジションを簡単に埋める選手は出てこない。
 2019年シーズンは吉川尚輝と田中俊太のどちらかが守ることになると考えるが、過大な期待はできない。

中継ぎ投手
 中継ぎ投手不足は大きな弱点である。
 山口鉄也西村健太朗が引退し、巨人の黄金時代を支えた中継ぎ投手陣が世代交代をする時期に差し掛かった。
 しかし、イマイチ世代交代ができていない。
 実際に巨人の2018年シーズンの中継ぎ投手の防御率はおよそ4.10であり、先発投手の防御率およそ3.60との差が大きい。まさに弱点である。
 吉川光夫を先発投手から中継ぎ投手へコンバートする予定であり、勝利の方程式の一角を担うことは間違いないが、全盛期の山口鉄也や西村健太朗ほどの成績を期待できるかは定かではない。
 「森福允彦は絶対に使うべき」という旨の記事を書いたことがあるが、首脳陣は2018年時点でその価値に気づいていなかった。
 原辰徳監督森福允彦を起用するかは定かではない。
 新たに巨人にはライアン・クックという抑え候補を獲得した。
 クックは全盛期にオークランド・アスレチックスというメジャーの球団で2012年と2013年の両年とも70試合を上回る登板をして、防御率2点台という成績を収めたこともある。
 だが、2014年以降のクックは成績は下降し、2018年にシアトル・マリナーズから自由契約となった。
 アメリカの野球と日本の野球は別世界であり、阪神のメッセンジャーや全盛期の巨人のマシソンのように対応力のある投手は大きく成功するが、クックに対応力があるかどうかは定かではない。

 中継ぎ投手に関して、吉川光夫、森福允彦、クックの3パターンの定かではないことを述べたが、これは巨人の中継ぎ投手が不安定な証拠でもある。
スポンサーリンク
まとめ
 ここまで、巨人の強みと弱みを見てきた。そして、本題である弱点について多くを述べた。
 巨人が弱点を克服するためには、補強が終わった今、育成すること以外に考えられない。
 そのため、原辰徳監督をはじめとするコーチ陣に掛かる期待と不安が大きいのがファンとしての気持ちである。

関連記事



参考にしたサイト
記事終了


はじめに
 中島宏之の読売ジャイアンツへ入団したが、実際に中島宏之が加入することで何が起こるのか?
 本記事では、中島宏之が入団することで、「巨人ではどのような出来事が起きるのか?」ということを3つほど見ていく。
スポンサーリンク
出来事1 内野手争い
 まずはじめに起きる出来事は、内野手のポジション争いであろう。
 中島宏之は内野手として、一塁手、三塁手、遊撃手の経験があるが、遊撃手はキャプテンで球界屈指の打者である坂本勇人がいるため、一塁手か三塁手を守ることになると考えるのが自然な流れである。
 一塁手と三塁手としては、岡本和真と新加入のビヤヌエバがいる。
 阿部慎之助は捕手復帰が濃厚であるため、3人でポジション争いをすることになる。
 2018年シーズンに史上最年少で3割30本塁打100打点達成した岡本和真を外すことは考えにくいのだが、原辰徳新監督がどのような起用をするのかは予想が付かない。
 そのため、考えられる起用法として、「岡本和真を一塁か三塁に置き、余った1枠を2人で交代で使う」か「岡本和真を一塁か三塁に置き、スタートダッシュに成功した方をレギュラーとして使う」であろう。
 
ビヤヌエバが二塁手としての経験が数試合だけあるため、最も穏便な起用法は「一塁手 中島宏之二塁手ビヤヌエバ三塁手 岡本和真」であろう。
 しかし、野球はそこまで単純ではないため、内野手争いは起こり得る出来事ではある。 

出来事2 捕手への影響
 捕手への影響は間違いなく起こる。
 それは阿部慎之助が一塁を守るという陣形が取りづらくなるためだ。
 内野手争いの影響が少なからずあるため、一塁を守る隙がなく、阿部慎之助の捕手復帰が濃厚である。
 捕手としては、正捕手である小林誠司、FA移籍で獲得した炭谷銀仁朗、そして阿部慎之助がいる。
 FA移籍で推定で3年6億円の契約で炭谷銀仁朗を獲得したため、首脳陣は炭谷銀仁朗を正捕手にする構想を描いていると考える。
 そのため、中島宏之の加入により、長年巨人を引っ張ってきた阿部慎之助の出番が捕手でも一塁手でも無くなるというのは起こり得る出来事である。

出来事3 得点力の低下
 得点を取らなければ野球は勝てないのは当然のことである。
 巨人の2018年の得点数はリーグ3位の625得点である。
 2位のヤクルトに33点差もつけられている。
 これまでは岡本和真が一塁手、マギーが三塁手であった。 

 もしも「中島宏之が一塁手」「岡本和真が一塁手から三塁手へ」という陣形になった場合、中島宏之はマギーの穴を埋める打撃をしなければならない。
 マギーは、2018年シーズンを考えた場合、平均的な打者と比べるとおよそ12得点を増やした打者である。(wRAAという指標で算出した)
 対して中島宏之は平均的な打者と比べるとおよそ2得点を増やした打者である。
 つまり、中島宏之がマギーの代わりにした場合、巨人は得点を−10点減らすことになる。(マギーの12得点 − 中島宏之の2得点 = 10得点)
 そのため、2位のヤクルトに追いつくどころか差を付けられてしまう。
 つまり、中島宏之は来シーズンでは2018年シーズン以上の活躍をしない限り(少なくともマギーよりも良い成績を収めない限り)、巨人の得点力は低下していくことは目に見えている。
 そのため得点力の低下は起こり得る出来事である。
スポンサーリンク
まとめ
 以上の3つが起こり得る出来事である。  
 実際に考えてみると、それほどメリットのある獲得ではないことがわかる。
 特に内野手争いに関しては事がややこしくなるだけである。
 中島宏之が2018年シーズン以上の活躍をして、得点の増大に貢献できれば良いのだが、来シーズンで37歳を迎えるベテランに、そこまで期待するのは若干無理がある。
 原辰徳監督は中島宏之に何を求めて獲得をしたのかは定かではないが、ポジション争い、得点力、それら総合的に見てもあまりメリットのある出来事は起こらないと考える。

関連記事



参考にしたサイト
記事終了


このページのトップヘ