野球を数字で見るブログ

Houston Astrosと読売ジャイアンツのファンです。 本ブログで、「野球を数字で見る」面白さがわかります。 主に、日本プロ野球での成績を数字で見て考察します。 本ブログで扱うデータに関して、正確性は保証されておりません。本ブログの情報を元にデータを作成して起こる損害に対しまして、一切の責任を負いません。ご了承ください。

タグ:坂本勇人

はじめに 
 そろそろベストナイン発表の時期である。
 本記事では、「数字で見れば、セリーグのベストナインはこうなる」という簡単な予想をしていこうと思う。
スポンサーリンク
 
ベストナイン予想 
投手 菅野智之 (巨人)
捕手 會澤翼 (広島)
1塁手 ダヤン・ビシエド (中日)
2塁手 山田哲人 (ヤクルト)
3塁手 宮崎敏郎 (DeNA)
遊撃手 坂本勇人 (巨人)
外野手1 丸佳浩 (広島)
外野手2 鈴木誠也 (広島)
外野手3 
ネフタリ・ソト (DeNA) 

投手 菅野智之 

 菅野智之は誰も文句が付けられないと考える。
 投手三冠に輝き、沢村賞も受賞している。
 沢村賞を受賞するということは事実上12球団でNo.1投手ということだ。
 そのため、セリーグベストナインには当然入る。

捕手 會澤翼
 捕手は會澤翼と予想した。
 會澤翼は現在のセリーグでNo.1の捕手であることは間違いない。
 打率.305、OPS.893を記録し、広島カープの三連覇に大きく貢献した。

1塁手 ビシエド 
 1塁手はビシエドと予想した。
 岡本和真の可能性もあるが、最年少3割30本100打点を達成したからといって、ビシエドの打撃を上回ったわけではない。
 岡本和真のwRAAは驚異の43.27であるが、ビシエドは54.15であり、得点能力はビシエドの方が圧倒的に高い。(wRAA:平均的な打者と比べて打席で何点稼いだか?) 
 OPSも.900を上回り、他の1塁手よりも良い成績であった。

2塁手 山田哲人
 2塁手は山田哲人と予想した。
 現在の野球界の最高の2塁手と言ってもいい。
 3度目のトリプルスリーを獲得。
 OPSもMVP級とされるOPS1.000を上回り、1.014を記録した。
 まず間違いなく選出されるだろう。

3塁手 宮崎敏郎 
 3塁手は宮崎敏郎と予想した。
 打率も.300を上回り、本塁打28本の長打力もある。
 3塁手は岡本和真も含まれるが、岡本は19試合しか3塁手として出場していないため、宮崎敏郎の方が良いだろう。

遊撃手 坂本勇人
 遊撃手は坂本勇人と予想した。
 坂本勇人は他の遊撃手の追随を許さない、打率.345を記録し、OPSも.900をクリアしている。
 wRAAは30.40と他の遊撃手よりも高い。
 まず間違いなく受賞するだろう。

外野手1 丸佳浩
 外野手の1人目は丸佳浩と予想した。
 丸佳浩は打率.306、OPSは驚異の1.096であり、wRAAに至ってはおよそ60.82ほどある。
 文句なしの受賞となるだろう。
 おそらくMVPも獲得することになると予想する。

外野手2 鈴木誠也
 外野手の2人目は鈴木誠也と予想した。
 鈴木誠也は打率.320、OPS1.057という驚異的な成績を収め、wRAAもおよそ55.66という成績である。
 例年ならばMVPにも輝けるほどの成績を残している。
 広島カープの三連覇の立役者の1人である。
 鈴木誠也も文句なしで受賞するだろう。

外野手3 ソト
 外野手の3人目はDeNAのソトであると予想した。
 41本塁打で最多本塁打に輝き、打率.310、OPS1.008であり、この成績も例年ならばMVPに輝けるほどの成績である。
 元々は1塁手であるが、外野を守る機会が多く、外野手での受賞となることは間違いないと考える。
スポンサーリンク
 
まとめ 
 以上9人がベストナインに選出されると考える。
 ポジションが被る選手、例えば岡本和真が3塁と1塁を守っていたことや、ソトが外野と1塁を守っていることを考慮すると複雑になるが、出場試合数を見ると岡本和真は3塁手での出番は少なかったり、ソトが1塁手での出番が少なかったりするため、以上の9ポジション、9選手でベストナインが決まると考える。

関連記事

↓ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。

Twitter リンク: 遊撃手ファンのG党 Astros好き 


参考にしたサイト
1.スポナビ
2.日本野球機構,NPB.jp


ブログランキングの方も是非!



 キャプテンの坂本勇人は、今の巨人にとって最重要な存在である。
 本記事は、セイバーメトリクス 選手編(巨人)坂本勇人の打撃(Part1)に引き続き、坂本勇人の2018年シーズンの成績をさらに深く掘り下げ、考察する。

スポンサーリンク

成績一覧
 坂本勇人の2018年シーズンの主な成績は、 
出場109試合 打席数502 打率.345 本塁打18本 打点数67 出塁率.424 OPS.962 BABIP.394 wOBA.395 wRAA 30.40 である。

wOBA
 wOBAとは出塁率やOPSなど、打席での結果で決まる数値であり、簡単に言えば、「打者が各打席でどのくらい得点に関係する打撃をしているか」ということを評価する指標である。
 つまり、wOBAが高ければ高いほど得点に絡む能力が高いと言える。
 坂本勇人は2018年シーズン、およそwOBA.395を記録している。
 wOBAは平均が.320〜.330ほどになるのが一般的であるため、坂本勇人の
wOBA.395はという数字は非常に優秀な成績であると言える。
 チームメイトの岡本和真のwOBAが.407であるため、岡本和真よりは得点に絡む活躍はできなかったとも読み取れるが、遊撃手として出場しているため、守備負担の大きい中でこれだけの成績を残せる選手はほとんどいない。(岡本和真との差は明らかに本塁打の数の差でついたものである)

wRAA
 wRAAとは、「平均的な打者が同じ打席数立った場合に比べて増やした得点」を表す指標である。
 wRAAが高ければ高いほど、当然チームの得点に大きく貢献したと言える。
 坂本勇人はおよそwRAA 30.40を記録している。
 つまり、平均的な打者が坂本勇人と同じ502打席に立った場合と比べ、坂本勇人はおよそ30点の得点をチームにもたらしたと言える。
 wRAAは20.00を上回れば”素晴らしい”と評価されるため、遊撃手としては十分すぎる成績である。

 岡本和真の場合は、およそwRAA 43.27であるため、比較をすると若干劣ってはいるが、岡本和真は打席数が616打席であり、全ての試合に出場しているため、そこで差がついたと考えられる。
スポンサーリンク

BABIP
 BABIPとは簡単に言えば「ホームランゾーン以外に打球が飛んだ時の打率」である。
 BABIPは運との相関が強い指標である。
 セイバーメトリクスでは本塁打以外のヒットは運の要素が強いと考える。それを特に示すのがBABIPである。
 ボテボテの内野安打でも、快心の二塁打でも打率は変わらないだろう。
 そしてどちらのヒットにしろBABIPは上がる。
 快心のあたりでもボテボテでも結局はヒット。それがBABIPの示す大きな要素だ。

 つまり、運で打った打球も技術で打った打球も一括りにして、数字にし、それの高い低いで運が良いか悪いかを判断する。
 坂本勇人は、BABIP.394を記録している。
 これはかなり運が良かったと言える。
 例えば、2017年シーズンの坂本勇人の打率は.291であるが、その年のBABIPは.321である。
 つまり、2017年シーズンよりも2018年シーズンの方が運が良く、それに伴って打率.345という好成績を記録できたとも言える。
 若干ネガティブな要素ではあるが、来年以降は打率が落ちる可能性は高い。
 しかし、本塁打はBABIPに含まれない、つまり運の要素がないため来年以降も本塁打の数は維持できる可能性は高い。

まとめ 
 ここまで、第一部と第二部の二部構成で坂本勇人の2018年シーズンの成績を見てきたが、総括すると坂本勇人は「運に恵まれてはいたが、高い選球能力を持ち、長打を打つ能力が比較的高く、それらに伴って平均的な打者よりも得点に絡む能力が非常に高い打者である」と言える。

 2019年シーズンから、原辰徳新監督による新たな巨人が生まれる。
 坂本勇人はそこでどのような活躍をするか、非常に楽しみである。

関連記事


↓ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。

Twitter リンク: 遊撃手ファンのG党 Astros好き 


参考にしたサイト
1.スポナビ

ブログランキングの方も是非!



はじめに
 巨人が2年ぶりのAクラスに滑り込めた大きな要因は、キャプテン坂本勇人の存在であろう。
 本記事では、二部構成の第一部(Part1)として、坂本勇人の2018年シーズンの基本的な打撃成績を評価し、考察する。
スポンサーリンク

成績一覧
 坂本勇人の2018年シーズンの主な成績は、 
出場109試合 打席数502 打率.345 本塁打18本 打点数67 出塁率.424 OPS.962 BABIP.394 wOBA.395 wRAA 30.40 である。

打率 本塁打 打点
 
打率.345という成績は誰も文句をつけられないほどの好成績である。
 首位打者である中日ドラゴンズのビシエドの打率が.348であるため、首位打者に3ポイントしか劣らないほどの成績を残した。
 坂本勇人が開花した2016年の打率.344も上回っている。
 打率に関してはキャリアハイの数字を残すことができた。
 本塁打と打点に関しては、出場試合数が109試合であるため、それほど伸びなかったが本塁打は二桁の18本であり、これは2010年の31本、2016年の23本の次に多い、自己3位の記録である。
 もし出場試合数がもう少し多ければ、20本を上回っていた可能性もある。
 高打率を残しながらも、長打を打てる遊撃手は過去に松井稼頭央くらいであり、坂本勇人はそれに次ぐレベルの遊撃手であるとこれらの数字から言える。

出塁率
 出塁率はセイバーメトリクスの基本的な考えを反映した数字である。
 牽制死や盗塁死などを除けば、出塁率は”アウトにならない確率”であるため、打線を繋ぐ意味では非常に意味のある指標である。
 得点との相関は打率よりも出塁率の方が高いことが知られている。
 坂本勇人は2018年シーズン、出塁率.424であり、リーグ4位の好成績を誇る。
 つまり坂本勇人はリーグで4番目にアウトになりにくい打者であったと言える。
 さらに自己記録では、2016年シーズンの出塁率.433に次いで2番目に良い記録を残した。
 坂本勇人は、打撃が開花する前の2015年以前を考えても出塁率は非常に高く、打率.260のシーズンでも出塁率.350前後を残すシーズンも多かった。
 そのため、坂本勇人は選球眼に優れた選手であると言え、これは非常に大きな武器である。
スポンサーリンク

OPS
 OPSとは、「出塁率+長打率」で算出される成績であり、得点との相関が打率や出塁率、長打率よりも高い、セイバーメトリクスの指標の1つである。
 つまり、OPSが高ければ高いほど”得点に絡む能力”が高いと言える。

 坂本勇人は2018年シーズン、OPS.962の好成績を記録し、これも2016年に次いで自己2位の記録である。
 OPSは.900を上回ればスター選手、1.000を上回ればMVP級の成績であると一般的に言われる。
 坂本勇人は文句なしのスター選手としてのの成績を記録した。

第一部まとめ
 ここまで、坂本勇人の2018年シーズンの主な成績を見てきたが、ほとんどが2016年に次ぐ好成績である。
 1つ忘れてはいけないことは、坂本勇人は遊撃手であるということだ。
 遊撃手は守備負担が大きく、打撃は二の次になることが多い。
 しかし、坂本勇人は主要な成績のほとんどで上位に食い込んでくる。
 そのため、ここまでの数字を見ると「セリーグ最強遊撃手」と言えるのだ。

 翌日19:00更新のセイバーメトリクス 選手編(巨人)坂本勇人の打撃(Part2)ではセイバーメトリクスを用いて、さらに成績を深掘りしていく予定である。

関連記事


↓ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。

Twitter リンク: 遊撃手ファンのG党 Astros好き 


参考にしたサイト
1.スポナビ

ブログランキングの方も是非!



 坂本勇人は巨人史上最強の遊撃手であることは間違いない。
 その坂本勇人が2018年に残した主な成績とちょっとしたセイバーメトリクスの指標で評価してみる。
スポンサーリンク

 坂本勇人の2018年シーズンの主な成績は、出場109試合 打席数502 打率.345 出塁率.424 本塁打18本 OPS.961 wOBA.416 である。

 怪我の影響もあり、出場試合数は109試合にとどまったが、打率はキャリアハイの成績を残し、出塁率も.400を超えている。
 キャプテンとして個の力が非常に強かったと思う。
 本塁打の数も18本であり、全試合に出場できたのならば20本は上回っていたであろう成績である。

 坂本勇人は打撃が開花する2016年以前から打率は低くても出塁率は高かった。
 毎年出塁率.350以上を記録してきた。そのため、打率が上がるにつれて出塁率も自動的に上がり、ミート力と選球眼の両方を兼ね備えた選手へと成長した。
 2018年の成績を見てもその能力がわかる。坂本の出塁率はリーグ4位であるため、他の選手と比較しても非常に優れた成績であった。
スポンサーリンク

 特に優れていたのが、OPSである。
 OPSとはセイバーメトリクスの指標の1つで、”出塁率+長打率”で算出される。得点との相関は打率や出塁率よりも高く、メジャーリーグではお馴染みの指標である。
 坂本勇人の
OPS.961という成績は、スーパースター級の成績である。
 OPSは、.900を上回ればスター選手、1.000を上回ればMVP級の選手と言われている。
 坂本の成績は、ちょうどその真ん中あたりに位置しており、スター選手を通り越してスーパースターであると言える。
 リーグ7位のOPSであるため、他の選手と比較しても、守備負担の大きいショートというポジションを守りながらも、好成績を残したと言える。
 キャプテンとして最高の成績を残したと言っていい。

 wOBA.416という成績も無視できない。
 wOBAとは、出塁率やOPSなど打席での結果で決まる数値であり、簡単に言えば、「打者が各打席でどのくらい得点に関係する打撃をしているのか」ということを評価する指標である。
 基本的に平均のwOBAは.320〜.330であるため、坂本は圧倒的に平均を上回っていた。
 今年開花した岡本和真のwOBAは.407であるため、「岡本よりも得点に絡む活躍をした」と言える。

 簡単に述べてきたが、これらを総括すると2018年の坂本勇人は「ミート力と選球眼を兼ね備え、他の選手に比べても得点に絡む能力が高かった」と言える。

 来年からは原辰徳監督になる可能性が高い。
 現時点での坂本勇人の打撃と原辰徳の指揮を融合すれば、チームはどのように変化をして行くのか、巨人ファンとして非常に楽しみである。
スポンサーリンク

↓ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。

ブログランキングの方も是非!



 毎年の打撃成績を予測することは非常に難しい。
 打率.350を打つ年もあれば、.280に落ちることもある。
 しかし、的確に数字を当てることは非常に難しいが毎年どれくらいの範囲で記録を残すことができるのかは予想することができる。
 本記事では、その予想について説明する。
スポンサーリンク

 予想する範囲を決めるため、サンプルとする選手を巨人の坂本勇人とする。
 坂本勇人は2018年シーズン、502打席に立ち、出塁率.424を記録している。
 ここから、95%信頼区間と呼ばれる数値誤差を含めた信頼区間、つまり毎年どの程度の範囲で出塁率を残すことができるのかを予想する。
 数式は参考文献(1)から引用するが、読む側からすると、この式は理解する必要はそれほどないため、読み進めるために目を通すくらいで構わない。

95%許容区間


ここでERは誤差、OBPは出塁率、PAは打席数を表す。この式から出てくる誤差が、2018年シーズンの出塁率.424(OBP.424)との誤差になる。

実際に算出した値は、およそ
ER=±0.0440
となる。

 ここまでをまとめると、
坂本勇人の2018年シーズンの出塁率.424を元に、2018年前後のシーズンでは出塁率.424からおよそ±0.0440の幅で出塁率が分布しているはずである」ということだ。
スポンサーリンク

 
±0.0440の範囲で、2018年シーズンの出塁率から考えて見ると、およそ出塁率.380〜.470の範囲付近で坂本勇人の出塁率は分布していると考えられる。
 実際に、坂本勇人の打撃が開花したのは打撃フォームを改造した2016年シーズン。軸足である右足に重心をおくことで、打率と出塁率が飛躍的に上がり、2016年は首位打者と最高出塁率を同時受賞している。
 この2016年シーズンは出塁率.433であり、確かに分布している範囲内に収まっている。
 2017年シーズンは不調であり、出塁率.372である。この数字は範囲内に収まっていないが、.008の差であり範囲内の最低出塁率.380に非常に近い値を示している。
 このことを考えると、坂本勇人は2016年シーズン以降はほぼ.380〜.470の区間の成績を残す可能性が非常に高いと言える。
 つまり、来シーズン以降に不調になっても区間の最低出塁率あたりまでの成績は残す可能性がある。逆に好調になれば、区間の最高出塁率あたりまで成績を残す可能性がある。

 これが95%信頼区間なのであるが、正直に言えば2018年シーズンの成績ではサンプルが少ない。この信頼区間は打撃が開花した2016年から2018年までを評価しているが、3年分のサンプルでもまだ少ない。
 大体誤差が完璧に収束するまで2000打席以上は必要である。
 2018年シーズンをサンプルにして見たが、実際に2017年シーズンの出塁率が範囲内に収まっていない(かなり近い値にはなっているが)のはサンプルが少ないことが大きな原因である。
 そのため、この.380〜.470の区間に収まるか、もしくは間違いなく近い値にはなるが、サンプルが少ないため、完璧に収まるわけではないと最後に言っておきたい。

参考文献
(1)J・アルバート:メジャーリーグの数理科学 上 , シュプリンガーフェアラーク東京 
スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。

ブログランキングの方も是非!



このページのトップヘ