野球を数字で見るブログ

本ブログで、「野球を数字で見る」面白さがわかります。 主に、日本プロ野球での成績を数字で見て考察します。 本ブログで扱うデータに関して、正確性は保証されておりません。本ブログの情報を元にデータを作成して起こる損害に対しまして、一切の責任を負いません。ご了承ください。

タグ:山口俊

はじめに
 新型コロナウイルスの影響で2020年シーズンのプロ野球開幕はまだ先になりそうだ。
 開幕を待つ間に、2019年シーズンで疑問に思ったことを述べていこうと思う。

 2019年、沢村賞は「該当者なし」という結果に終わった。
 選考基準に該当する投手がいなかったという理由である。
 選考基準を設けること自体は何も問題ないが、問題としたいのはその選考基準の内容である。その選考基準において、明らかな時代錯誤が見受けられる。
 本記事では、沢村賞の選考基準と、どのような選考基準を設けるべきかを考えていく。
スポンサーリンク
沢村賞の現在の基準
 現在の沢村賞の選考基準は主に以下の事項である。
登板試合数 25試合
完投試合数 10試合以上
勝利数 15勝以上
勝率 60%以上
投球回数 200イニングス以上
奪三振数 150以上
防御率 2.50以下

 現在では、これらの選考基準を基本的に満たす投手の中から沢村賞の受賞者を決める。

1つ目の時代錯誤 完投数
 2019年シーズン、完投数が最も多かった投手は、広島カープの大瀬良大地完投数6である。
 選考基準の完投数10には及ばない成績であった。
 ここに大きな時代錯誤が見える。
 現在のプロ野球において、先発が試合を作り、中継ぎ投手と抑え投手に継投する、勝ちパターンが浸透してきている。
 一昔前であれば、エース投手が完投し、それほどの実力を伴わない投手を中継ぎ投手として使っていた時代があった。昭和の野球がまさにその典型であろう。
 しかし、現在では中継ぎ専門としてドラフト1位指名をされる投手も存在するほど、中継ぎ投手の重要性が増してきている。ソフトバンクの甲斐野央が最も記憶に新しい。
 つまり、「先発ができない投手が中継ぎに降格」という時代ではないのである。
 中継ぎ投手も主戦力の1つなのである。
 そのことを理解できない人々が選考基準を守ろうとすれば、当然、時代錯誤が生じるのである。
 そのため、先発投手としての役割を現在の野球に当てはめ、選考基準を作るのであれば、クオリティスタート(QS)やハイクオリティスタート(HQS)を考えるべきである。
 QSは「先発投手が6イニングスを投げて自責点3点以下に抑えること」を意味し、HQSは「先発投手が7イニングスを投げて自責点2点以下に抑えること」を意味する。
 この選考基準を完投数に置き換えることができれば、「先発投手が試合を作り、残りの数イニングスを中継ぎ投手で抑える」という現代野球に沿った基準を確立できる。
 最近のメジャーリーグでは、オプナーという新しい発想で、打者が一巡する前に投手を代える案も浮上している。
 この案が浸透してきた場合、完投数0が当たり前になり、それでも優勝するチームが出てくると仮定すれば、沢村賞の完投する基準は時代錯誤もいいところとなる。
 オプナーの話はやや極論であるが、先発投手と中継ぎ投手の役割を考えた場合、QSやHQSを選考基準に組み込むことは大いに検討するべきである。

2つ目の時代錯誤 勝利数
 投手の勝利は、試合において5イニングスを終了した時点で試合が成立し、その時点で得点数が多いチームの投げている投手に「勝利投手の権利」が付く。
 また、試合が成立した状態で、同点から勝ち越し、もしくは逆転することによって、勝利投手の権利が付く。
 この勝利投手の権利において、最も印象に残るのは、現役メジャーリーガーの田中将大が2013年に記録した24勝0敗であろう。
 明らかに見栄えも良く、負けない投手であったことは数字からわかる。
 ただ、1つ考えておきたいことは、もし、田中将大の登板した試合で味方チームが得点できなかった場合、つまり得点が0点だった場合、相手チームに本塁打を1本打たれれば、その時点で負け投手になるということである。
 田中将大はその年に防御率1.27を記録しているが、防御率が0.00でない限り、本塁打を打たれる状況は十分に想定できた。
 つまり、「勝利数は運の要素が強い」ということである。
 具体的に言えば、9イニングスを投げ切り、自責点1(失点も1とする)の場合、防御率は1.00であるが、味方の得点が0点の場合、負け投手になるということである。
 これほど運の要素が強い指標は他にないと言えるほどである。
 沢村賞の選考基準である15勝は、運の要素が強く、例え最優秀防御率でも10勝しかできない場合、基準をクリアすることはできない。
 この運の要素の強い、勝利数という選考基準は無くすべきであると考える。

アメリカとの比較
 メジャーリーグにはサイ・ヤング賞という賞がある。これは日本で言う沢村賞である。
 2018年、2019年と2年連続でナ・リーグのサイ・ヤング賞に輝いたデグロムというスーパースターがいるが、デグロムは2018年に防御率1.70を記録したが、10勝9敗という成績。2019年は防御率2.43を記録したが、11勝8敗という成績。
 15勝に到達していないにも関わらず、圧倒的な防御率と安定感を武器に2年連続サイ・ヤング賞を獲得したのである。
 デグロムは運がなかったため、勝利数を稼ぐことはできなかったが、「勝てないからデグロムはいらない」という話にはならないであろう。

 メジャーリーグでは15勝していなくても、サイ・ヤング賞を獲得できるが、日本では15勝していないと沢村賞は基本的に獲得できない。
 メジャーリーグでは運の要素を極力排除しているが、日本では運の要素を相当加味している。
 そう考えると、沢村賞に勝利数を基準に設けることはメジャーリーグにさらに遅れを取り、時代錯誤が解消されないのである。
スポンサーリンク
まとめ
 沢村賞の選考基準について、大まかに述べ、現代の野球と照らし合わせると、明らかに時代錯誤であることを述べてきた。
 大まかではあるが、完投数と勝利数について、この2つは現代の野球ではそれほど重視するべきものではないことを述べた。
 今後、日本プロ野球の沢村賞の選出基準がアメリカと同じような選考基準になるよう努めていくことを勧める。 

  
関連記事


参考にしたサイト
1.日本野球機構,NPB.jp
2.Wikipedia
3.スポナビ

記事終了


はじめに
 2019年シーズン、9月21日の試合で巨人は2019年セリーグ覇者になった。
 2014年以来、5年ぶりの優勝である。キャプテンの坂本勇人の涙が印象的であった。
 苦しいシーズンを乗り越えた巨人は現在、最高のチーム状態を築いている。
 そんな中で、巨人のリーグ優勝を支えた選手を野手と投手のそれぞれ1人ずつ紹介していきたい。
 チームスポーツであるため、巨人の選手は全てが功労者であるが、特出した選手を本記事では紹介していく。
スポンサーリンク
キャプテン 坂本勇人
 やはり打者で最も活躍した選手と言えば、坂本勇人をおいて他にない。
 MVP筆頭であり、ショートとキャプテンを務める坂本勇人の成績を3つほど紹介する。
 
本塁打

 今年の坂本勇人を象徴する成績は間違いなく本塁打の数であろう。
 2019年シーズンのリーグ優勝時点で坂本勇人は39本塁打を放ち、シーズンで40本塁打以上を打つペースで本塁打を量産している。
 42本の本塁打を放てば、元中日ドラゴンズの宇野勝が1985年に記録した遊撃手の最多本塁打記録である41本塁打を上回る。
 残りの試合数を考えると、この記録を塗り替えるには2試合に1本塁打を放たなければならないが、決して不可能な話ではない。
 2019年シーズン、なぜ坂本勇人はこれほど本塁打を量産できるようになったのかは定かではないが、坂本勇人は本塁打の多い打者の特徴を示している。それは三振の数である。
 坂本勇人の三振の数は、自己ワーストで2009年の101三振である。
 だが、坂本勇人は2019年シーズンのリーグ優勝時点で三振数が119もある。自己ワーストを更新した数字である。
 過去に本ブログで三振と長打の相関(記事リンク)を表したことがあった。その記事では、およそ相関係数が0.382を記録していた。難しい話はここではしないが、簡単に言うと長打を打つことと三振が多いことはある程度セットで考えてもいいと言える。 
 これらの結果から言えることは、坂本勇人は例年にも増して長打を打つ意識が強く、その結果として本塁打が多くなっていると考えられる。
 いずれにせよ本塁打は打者の最も重視すべき指標の1つであるため、坂本勇人の本塁打の数は非常に優れていると言って良い。  

OPS

  2つ目としてOPSが挙げられる。
 OPSとは「出塁率長打率」で算出される数字で、打率や出塁率よりも得点との相関が強い。一般的にOPS.900を上回ればスター選手であり、OPS1.000でMVP級の成績であると経験的に言われている。
 坂本勇人のOPSは2019年シーズンのリーグ優勝時点でOPS.972であり、この成績は広島カープ鈴木誠也に次いでリーグ2位の成績である。
 この成績も遊撃手としては異例である。
 過去に西武ライオンズ時代の松井稼頭央が残したOPS1.006が遊撃手の最高記録であるが、その成績に追い付くレベルの成績である。
 歴代最高の遊撃手の異名を持つ松井稼頭央に追いつき、坂本勇人が誰もが認める歴代最高の遊撃手と言われる日は近いのではないか、と思わせられる。
 特に坂本勇人はOPSに大きく関係する出塁率でも大きくチームに貢献している。
 坂本勇人の出塁率は優勝を決めた時点で.394でありこれはリーグ4位の好成績である。
 出塁率は牽制死や盗塁死などを除けば、アウトにならない確率であるため、チームへの貢献が如実に現れる。
 リーグで4番目にアウトになりにくい打者となると、相手チームからの警戒と自チームからの信頼は高くなる。

 坂本勇人が圧倒な数字でチームの勝利に貢献していることがわかる。
   

wRAA
 坂本勇人を物語る最後の数字はwRAAというものだ。
 wRAAとは、「平均的な打者が同じ打席数立った場合に比べて増やした得点」を表す指標である。
 難しい説明はせず、実例を見ていこうと思う。坂本勇人が2019年シーズンのリーグ優勝時点で残しているwRAAはおよそ
+52.64である。
 つまり、坂本勇人は「
平均的な打者と同じ打席数に立った場合に比べて52点の得点をチームにもたらした」と言える。
 この成績は、広島カープの鈴木誠也に次いでリーグ2位である。
 
リーグで2番目に得点を増やした打者であると言っていい。
 これを考えると、キャプテンとしてどれだけ打撃でチームに貢献してきたかがわかる。
 
スポンサーリンク
現在のエース 山口俊
 投手で最もチームに貢献したのは山口俊であろう。
 不動のエースの菅野智之が不調の中、チームを牽引した投手である。
 沢村賞も射程圏内であるが、特出した成績を3つほど見ていく。
 
奪三振率

 山口俊の2019年シーズンのリーグ優勝時点での奪三振率は9.99である。
 ほぼ10.00という成績を残している。 

 一般的に、奪三振率は9.00を上回れば好成績であるとされている。
 奪三振率の説明をすると、例えば奪三振率9.00であった場合、「9回を投げ抜いた場合、9個の三振が奪える」という計算になる指標だ。これを考えると、奪三振率9.00を上回れば自身の投球回数以上の三振が奪える計算になる。
 奪三振をそれほど重要と考えていない方もいるかもしれないが、投手に取って自己責任で奪えるアウトは奪三振のみである。ゴロアウトやフライアウトは野手の守備能力に依存するためだ。
 山口俊の奪三振率9.99はセリーグ1位であり、これはすなわち「セリーグで自己解決能力が最も高い投手が山口俊である」と言える。
 この成績だけを見ても、山口俊はエース格であると言ってもいい。
 セリーグ2位の奪三振率は横浜DeNA今永昇太の9.90であり、比較的近い位置にいるが、山口俊の成績の方が勝る。  


被本塁打率
 山口俊の優れた成績を特に象徴するのが被本塁打率の良さである。
 2019年シーズンのリーグ優勝時点で山口俊は被本塁打率0.44を残している。
 先にも述べた奪三振と同様に、投手の責任が最も重い失点は被本塁打によるものである。野手の守備力に依存しないからだ。
 この被本塁打率0.44という数字はセリーグ1位である。これは「セリーグで最も自分の責任による失点が少ない」と言える。
 先述の「奪三振率による自己解決能力」に加えて「自己責任を負わない能力」も優れているということだ。
 これもまさにエース格である。

FIP
 山口俊の優れた能力を物語る最後の成績はFIPである。
 FIPとは、投手だけがコントロールできるものである被本塁打数、与四球数、奪三振数の3つの数字で算出される、擬似的な防御率である。
 この指標の利点は、野手の守備に依存しないことである。
 野球は守る野手によって投球の内容が変わってくることがある。
 エラーとは違い、守備範囲の広い選手や狭い選手がいることは間違いなくあり、これらを考えて投球を評価するのは非常に難しい。
 そのためFIPは、投手の責任である被本塁打、与四球数、奪三振数で簡単に防御率を決めてしまおうと考え出された指標である。

 FIPに関しては3.00以下に抑えれば優秀とされている。
 2019年シーズンのFIPは
2.69である。この成績もリーグ1位である。
 1つ目の奪三振率、2つ目の被本塁打率の進化でも述べたことを総じて、「自分で解決する能力、及び自己責任を負わない能力」がこのFIPという指標で全てわかる。
 リーグ2位は横浜DeNAの今永昇太の3.24であり、山口俊の方が明らかに上である。

まとめ
 少々長くなったが、チームに大きく貢献した2人の選手の成績を見てきた。
 坂本勇人はホームラン、OPS、出塁率、wRAAで大きくリーグ優勝に貢献し、山口俊も奪三振率や被本塁打率の良さに伴うFIPで大きくリーグ優勝に貢献した。
 これからプレーオフを見据えての布陣にチームを調整していくことが必要であるが、この2人は不動の戦力としてクライマックスシリーズ、日本シリーズで大きくチームに貢献することだろう。

関連記事


参考にしたサイト
1.Wikipedia
2.日本野球機構,NPB.jp
3.スポナビ
4.読売巨人軍公式WEBサイト
記事終了





はじめに
 2019年シーズン、9月20日に巨人山口俊15勝目を挙げた。
 6.2イニングス、計126球を投げて6奪三振4失点の粘り強いという表現が正しい内容であった。
 2019年シーズンの巨人の好調の大きな要素は山口俊の台頭であると言っても過言ではない。
 本記事は過去に書いた山口俊についての記事を最新版にアップデートしたものである。
 山口俊の2019年シーズン9月21日現在の成績を深掘りしていくことが目的である。
 その深掘りした成績の中で、何が優れているのか、3つほど見ていく。 
スポンサーリンク
1つ目の優れた点 奪三振率
 山口俊の2019年シーズン9月21日時点での奪三振率は9.99である。
 ほぼ10.00という成績を残している。 

 一般的に、奪三振率は9.00を上回れば好成績であるとされている。
 奪三振率の説明をすると、例えば奪三振率9.00であった場合、「9回を投げ抜いた場合、9個の三振が奪える」という計算になる指標だ。これを考えると、奪三振率9.00を上回れば自身の投球回数以上の三振が奪える計算になる。
 奪三振をそれほど重要と考えていない方もいるかもしれないが、投手に取って自己責任で奪えるアウトは奪三振のみである。ゴロアウトやフライアウトは野手の守備能力に依存するためだ。
 山口俊の奪三振率9.99はセリーグ1位であり、これはすなわち「セリーグで自己解決能力が最も高い投手が山口俊である」と言える。
 この成績だけを見ても、山口俊はエース格であると言ってもいい。
 セリーグ2位の奪三振率は横浜DeNA今永昇太の9.90であり、比較的近い位置にいるが、山口俊の成績の方が勝る。  


2つ目の優れた点 被本塁打率
 山口俊の優れた成績を特に象徴するのが被本塁打率の良さである。
 2019年シーズンの山口俊は被本塁打率0.44である。
 先にも述べた奪三振と同様に、投手の責任が最も重い失点は被本塁打によるものである。野手の守備力に依存しないからだ。
 この被本塁打率0.44という数字はセリーグ1位である。これは「セリーグで最も自分の責任による失点が少ない」と言える。
 先述の「奪三振率による自己解決能力」に加えて「自己責任を負わない能力」も優れているということだ。
 これもまさにエース格である。

3つ目の優れた点 FIP
 山口俊の優れた能力を物語る最後の成績はFIPである。
 FIPとは、投手だけがコントロールできるものである被本塁打数、与四球数、奪三振数の3つの数字で算出される、擬似的な防御率である。
 この指標の利点は、野手の守備に依存しないことである。
 野球は守る野手によって投球の内容が変わってくることがある。
 エラーとは違い、守備範囲の広い選手や狭い選手がいることは間違いなくあり、これらを考えて投球を評価するのは非常に難しい。
 そのためFIPは、投手の責任である被本塁打、与四球数、奪三振数で簡単に防御率を決めてしまおうと考え出された指標である。

 FIPに関しては3.00以下に抑えれば優秀とされている。
 2019年シーズンのFIPは2.69である。この成績もリーグ1位である。
 1つ目の奪三振率、2つ目の被本塁打率の進化でも述べたことを総じて、「自分で解決する能力、及び自己責任を負わない能力」がこのFIPという指標で全てわかる。
 リーグ2位は横浜DeNAの今永昇太の3.24であり、山口俊の方が明らかに上である。
スポンサーリンク
まとめ
 まとめると、山口俊は「自己解決能力、及び自己責任を負わない能力が高く、それらを総じてリーグで最も優れた投球をする投手である」と言える。
 山口俊の成績を見ると、2019年シーズンはキャリアハイであることは間違いない。
 トラックマン(球速やリリース位置、球の回転数などを計測する機械)によるデータ調査を行う価値は十分にある。
 ただ純粋に成績だけを見ても、沢村賞を獲得するほどの能力を有していると考える。  

 
関連記事


参考にしたサイト
1.Wikipedia
2.日本野球機構,NPB.jp
3.スポナビ
4.読売巨人軍公式WEBサイト
記事終了





このページのトップヘ