野球を数字で見るブログ

本ブログで、「野球を数字で見る」面白さがわかります。 主に、日本プロ野球での成績を数字で見て考察します。 本ブログで扱うデータに関して、正確性は保証されておりません。本ブログの情報を元にデータを作成して起こる損害に対しまして、一切の責任を負いません。ご了承ください。

タグ:岡本和真

はじめに
 2019年シーズン、8月9日の巨人vsヤクルト戦は非常にエキサイティングな試合であった。6点差を跳ね除け、見事な逆転勝利を成し遂げた。
 ゲレーロの2打席連続本塁打も素晴らしいが、何より同点の2打席連続本塁打を放った岡本和真の貢献度は非常に高い。
 本記事では、その若き四番の岡本和真に焦点を当て、2019年の成績を徹底解剖する。
スポンサーリンク
岡本和真の成績
 8月9日の試合で岡本和真が2打席連続本塁打を放ち、見事に同点に追いついた訳であるが、実際に復調したと考えて良いのだろうか?
 岡本和真の2019年シーズンの成績は8月10日現在で、
449打席に立ち、打率.256 出塁率.336 本塁打21本 OPS.793 wRAA +13.37を記録している。
 これらの成績の詳細は後に述べるが、まずは8月の成績を見ていきたい。

8月の成績
 岡本和真の8月の成績は8月10日現在で、打率.258 出塁率.314 本塁打4本 OPS1.024 が主な成績である。
 この成績を見ると、打率は8月に入ってからの大きな伸びはなく、出塁率もそれほど高くはない。
 ただし、本塁打が8月上旬の時点で4本であり、OPSが1.024となっている。
 
OPSとは、「出塁率長打率」で算出される数字で、得点との相関が、打率や出塁率よりも高い指標である。
 OPSは1.000を越えればMVP級の成績と言われる。この高いOPSが記録できた要因はまず間違いなく本塁打を打つことで稼いだ長打率の影響である。
 シーズンを通してこの成績が継続できれば文句なしではあるが、シーズン序盤の不調の影響を考えると、シーズン通しての成績はそれほどの伸びはない。
 だが、
8月の岡本和真はOPSに限って言えば復調の兆しを見せていると言っていい。

2019年の本塁打数
 8月10日現在で岡本和真はシーズンで21本塁打を放っている。 これはシーズン終了時点までで計算すると29本〜30本ペースである。
 先にも述べたように、岡本和真は長打率の影響でOPSが極端に改善され始めている。
 そのため、2年連続の30本塁打は現実的な話ではある。
 本塁打王になるのは難しいが、ある程度のノルマは達成できると考える。

2019年のwRAA
 wRAAとは、「平均的な打者が同じ打席数立った場合に比べて増やした得点」を表す指標である。
 難しい説明はせず、実例を見ていこうと思う。岡本和真が2019年シーズンの8月10日時点で残しているwRAAはおよそ
+13.37である。
 つまり、岡本和真は「
平均的な打者と同じ打席数に立った場合に比べて13点〜14点の得点をチームにもたらした」と言える。
 wRAAは+10.00以上を記録すると平均以上の成績であると一般的には言われているため、岡本和真はシーズンを通じて平均以上の打撃成績を残していると言っていい。
 昨年の2018年シーズン終了時点での岡本和真のwRAAが+43.27であったため、昨年と比較すると2019年シーズンの成績は急降下したことは一目瞭然であるが、それでも平均以上の成績を残していることは賞賛に値する。
 余談であるが、「平均的な打者と置き換えて何点増やしたか?何勝を積み上げたか?」を評価することはメジャーリーグのオークランド・アスレチックスが取り入れ始めた手法であり、今後の日本プロ野球でも注目されてくることは間違いのない野球観である。
スポンサーリンク
まとめ
 簡単に岡本和真の8月10日現在の成績を見てきた。OPSやwRAAといった指標は馴染みがないかもしれない。
 題目に書いた、「徹底解剖」というほどのことは本記事で書くことができたかは微妙なところではあるが、一般的なスポーツサイトには載っていない指標で評価したため、そこのところは甘く見て欲しい。
 岡本和真は8月に入り、復調の兆しを見せてきている。そのため、8月からシーズン終了までシーズン成績を伸ばすこと、そしてチームを勝利に導くことは期待していいと考える。

     
関連記事


参考にしたサイト
1.Wikipedia
2.日本野球機構,NPB.jp
3.スポナビ
4.読売巨人軍公式WEBサイト
記事終了


はじめに
 巨人は2019年シーズンを見据え、野手では丸佳浩炭谷銀仁朗中島宏之ビヤヌエバを補強し、投手ではメジャーリーグから帰ってきた岩隈久志を補強した。
 しかし、人的補償として内海哲也埼玉西武ライオンズへ、長野久義広島カープへ移籍した。
 過去の記事での巨人の開幕スタメン予想では長野久義が外野を守ると考えていたため、打順に組み込んだが、移籍したため再び開幕スタメンを予想する
 なお、過去に強力なスタメンを予想したが、これはあくまでもベストオーダーという観点からの記事であり、開幕スタメン予想ではない。

 本記事では、現段階での2019年の巨人の開幕スタメンの予想を述べていく。
スポンサーリンク
開幕スタメン予想
 過去の例を参考に、開幕スタメンの打順を述べていく。

1番 遊撃手 坂本勇人
2番 二塁手 吉川尚輝
3番 中堅手 丸佳浩
4番 一塁手 岡本和真
5番 左翼手 ゲレーロ
6番 右翼手 陽岱鋼
7番 三塁手 中島宏之
8番 捕手 炭谷銀仁朗
9番 投手 菅野智之

 これが現時点で予想できる開幕スタメンである。

1番 坂本勇人
 2018年シーズンは1番と3番を打つ機会が多かった坂本勇人であるが、出塁率.400は見込める野手であり、出場機会が多ければ盗塁も10〜15個は記録できる選手である。
 出塁する能力と盗塁する能力は1番打者としては十分である。
 また坂本勇人の2018年のOPSは.962であり、リーグ7位の成績に当たる。
 OPSとは「出塁率長打率」で算出される数字で、打率や出塁率よりも得点との相関が強い。一般的にOPS.900を上回ればスター選手であり、坂本勇人はその条件をクリアしている。
 他の球団であれば、1番打者としてではなく3番や4番を打たせた方が得点を多くもたらすことができると考えられるが、後に述べる丸佳浩や岡本和真がいるため、最適な選択は1番打者で起用することであると考える。  

 また坂本勇人が高卒2年目で全試合フルイニング出場を果たした時の監督が原辰徳監督であり、2009年に巨人が日本一に輝いた時に1番打者を打っていたのが坂本勇人である。
 そのため、強い巨人を作るために、原辰徳監督は坂本勇人を1番で起用するだろうと予想した。


2番 吉川尚輝
 二塁手というと、吉川尚輝か田中俊太を起用することは間違いない。
 ただ、そのどちらを起用するかは難しいところではある。
 吉川尚輝と田中俊太の成績を比較してみる。 

 田中俊太は2018年シーズンに261打席に立ち、打率.241 出塁率.311 OPS.631 wOBA.284 という成績である。
 ここでwOBAとは「1打席あたり、どれだけチームの得点増加に貢献したか?」を示す数字である。平均が.320~.330あたりであるため、田中俊太の.284は平均以下であると言える。 
 田中俊太は2018年シーズンは犠打が10個あり、小技を使える選手ではあるが、実は野球では1アウト2塁よりも0アウト1塁の方が得点期待値は高い。そう考えると、犠打の必要性はそれほどない。
 対して吉川尚輝の2018年の成績は、355打席に立ち、打率.253 出塁率.304 OPS.665 wOBA.303である。
 田中俊太よりも吉川尚輝の方が出塁率以外は上である。そのため、吉川尚輝を素直に起用した方が得点能力は高いと数字からわかる。
 ただ、田中俊太の方が盗塁成功率などの数値は高いため、どちらを起用するかは難しい。
 私であれば盗塁死の数を考え、田中俊太の方を起用する。さらに言えば高出塁率の中島宏之を2番に起用して欲しいが、首脳陣はおそらく昨年の開幕スタメンを受け継ぎ、過去にドラフト1位で獲得した吉川尚輝を起用する可能性が高いと予想した。
  

3番 丸佳浩

 3番は丸佳浩が適任である。
 3番打者に最も良い打者を置くと、最も得点が入りやすい。
 丸佳浩は打率3割39本の本塁打を放つほどの長打力もあり、四球を130個も選べる選球眼もあるため、チャンスを作ることもできる。
 丸佳浩の2018年のOPSは1.096、wRAAはおよそ60.82でありどちらの成績もリーグ1位である。
 
wRAAとは、「平均的な打者が同じ打席数立った場合に比べて増やした得点」を表す指標である。
 つまり、平均的な打者が丸佳浩と同じ566打席に立った場合と比べて、丸佳浩はおよそ60点〜61点ほどの得点をチームにもたらしたということだ。
 広島カープ時代の成績であるが、この打撃能力で3番を打ち、セリーグ3連覇を成し遂げたため、得点増大を狙うには丸佳浩を3番に置くのが最適であると考える。

4番 岡本和真
 4番は岡本和真が間違いなく入ると考える。
 3割30本100打点を史上最年少で記録した選手であり、2018年のシーズン後半は4番で固定されていた。
 
3割30本100打点よりも重視すべきはOPSである。
 岡本和真の2018年シーズンのOPSは.935である。この成績はリーグ8位の好成績である。
 特に22歳の若手選手としては破格の成績であり、主観で述べるが過去にこの年齢でOPS.900以上を記録した選手は松井秀喜くらいしか思い浮かばない。
 少し前の選手ではあるが、松井秀喜の後継として十分すぎる成績である。

 この起用に特に文句はないであろう。

5番 ゲレーロ
 今のところ5番打者はゲレーロに成らざるを得ない。
 ゲレーロは少ない出場機会の中でも本塁打15本を放ち、長打力が魅力の選手である。
 打率.244 出塁率.325 OPS.785はいずれも平均以下の成績ではある。
 しかし、wOBAという指標で見るとゲレーロは平均以上であるとわかる。
 wOBAとは「1打席あたり、どれだけチームの得点増加に貢献したか?」を示す数字で、2018年シーズンで見ると、広島カープに移籍した長野久義はwOBA.349であり、ゲレーロがwOBA.355である。
 ゲレーロは長野久義よりも得点に貢献していたということになる。
 2018年のように、ゲレーロを使わないという判断をするのはもったいない。
 長野久義が抜けた今、5番を打てる打力のある選手はゲレーロ以外に考えられないため、ゲレーロが5番で開幕を迎えると予想した。 

6番 陽岱鋼
 陽岱鋼は不良債権であり、なかなか使いづらい選手である。
 年俸3億円の契約が2019年から2021年まで、3年間あるため、首脳陣は使わざるを得ないと考える。
 陽岱鋼は2018年シーズン、打率.245 出塁率.297 本塁打10本 OPS.724 wRAA −0.90という成績を残した。
 褒められる成績ではない。まさに不良債権であるが、巨人の外野手としては丸佳浩とゲレーロに次ぐ選手となると陽岱鋼しかいない。
 丸佳浩とゲレーロの次の3番手外野手であるため、下位打線に置くのが自然な流れである。
 よって6番打者として起用すると予想した。
 

7番 中島宏之
 中島宏之は2019年に37歳を迎えるベテランであり、2018年シーズンは出場77試合に留まっているが、打率.289 出塁率.356とそれなりの成績を収めている。
 自由契約から、首脳陣が中島宏之を獲得した意図はあるはずである。
 当然、平均以上の出塁率は記録しているため、十分に使える選手である。
 首脳陣は中島宏之を評価していると間違いなく言える。
 そのため、無難な下位打線で三塁手として起用すると予想した。 


8番 炭谷銀仁朗
 炭谷銀仁朗は小林誠司とそれほど打撃は変わらない。
 小林誠司を起用しても良いと考えるが、「補強した」と首脳陣は考えていることからスタメンに名を連ねるのは必然であると考える。
 打率は.240程度本塁打もほとんど期待できない。そのため、8番打者であると考える。

9番 菅野智之
 菅野智之は間違いなく開幕投手になる。
 岩隈久志を獲得したからといって、沢村賞投手に開幕投手を任せないわけがない。
 今後、どういったローテーションで回していくか?といった予想も過去にしたことがあるが、菅野智之の1番手投手は変わらない。
スポンサーリンク
まとめ 
 阿部慎之助の起用など、難しいところも多いが、首脳陣の期待から言って、開幕捕手は炭谷銀仁朗に任せる可能性が高いと予想できる。
 阿部慎之助を一塁手として起用するのも岡本和真の存在があり、無理がある。
 岡本和真を三塁手に起用するというご意見も頂いたが、2018年の出場機会数から言って首脳陣は一塁手として起用すると考える。それは育てるというよりも優勝を狙いにくるという意味で、三塁手として使うのはリスクが高いからだ。よって2018年同様に、開幕スタメンには阿部慎之助の名前はないと考える。
 簡単に予想してきたが、
以上の9人が開幕スタメンに名を連ねる選手であると考える。

関連記事


参考にしたサイト
1.Wikipedia
2.日本野球機構,NPB.jp
3.MLB.com
4.読売巨人軍公式WEBサイト
記事終了


はじめに
 読売ジャイアンツから広島カープ丸佳浩の人的補償として移籍した長野久義
 巨人ファンからすると衝撃は大きいが、広島カープへの移籍が決定した以上は嘆いていても仕方がない。
 本記事では「広島カープに移籍した長野久義はどんな選手か?」「もう一度輝くことができるのか?」「成績はどれくらいなものか?」ということについて述べていく。 

スポンサーリンク
長野久義の経歴
 長野久義は学生時代、日本大学の野球部に所属していた。東都大学野球での通算成績は290打席に立ち、打率.293 本塁打10本の活躍を見せ、2006年のドラフト会議で北海道日本ハムファイターズにドラフト4位で指名を受けるも、巨人愛が強く、入団を拒否した。
 その後、長野久義は、本田技研に入社し、Honda硬式野球部に所属していた。
 2008年、千葉ロッテマリーンズからドラフト2位で指名されるも、ここでも入団を拒否し、巨人愛を貫いた。
 結果的に2009年のドラフト会議で巨人が1巡目指名をし、晴れて巨人に入団することになった。
 2010年にプロデビューするが、ドラフトを2度拒否したため、日本プロ野球では珍しい当時26歳の高年齢ルーキーという異色の経歴を持つ。
 鳴り物入りで巨人に入団したため、プレッシャーがあると考えられていたが、1年目に459打席に立ち、打率.288 出塁率.330 本塁打19本 OPS.821の活躍を見せ、2010年の新人王に輝く。(OPSとは、「出塁率長打率」で算出される数字で、得点との相関が、打率や出塁率よりも高い指標である。)
 その後、2011年には低反発で飛距離が出ないとされる統一球の影響を感じさせない活躍をして、打率.316で首位打者に輝く。このシーズンのOPS.847はリーグ1位であった。
 2016年には選手会長を務めるまでになった一方、2014年を最後にOPS.800にも満たない成績を残し続け、活躍の幅を少しずつ減らしていった。

 ここまでが長野久義のザックリとした経歴であるが、2019年シーズンに35歳を迎える大ベテランであるため、もう一度輝くことは難しいのではないか?と考える人もいる。  
 

打撃成績を見る

 長野久義は35歳を迎える大ベテランであるが、2014年以降、OPSは.800以下の成績しか収めていない。
 しかし、2018年シーズンは長野久義の復調を感じさせるシーズンであった。
 その復調したと思わせる打撃成績を3つ見ていこうと思う。
 

2018年の復調1 打率と出塁率
 2018年シーズン前までの打率を見てみると、2015年が最も悪く.251であり、2016年では.283で若干盛り返しを見せたが、2017年は.261という低打率であった。
 しかし、2018年シーズンは打率.290という成績を残し、2015年以降で1番良い成績を収めた。
 出塁率に関しては2018年シーズンに.359という成績を残し、これは長野久義の9年間のプロ生活の中で、3番目に高い成績を残している。
 出塁率は”アウトにならない確率”であるため、2018年シーズンは例年よりも繋ぐ打撃をできたと言っていい。 
 
本塁打は13本であり例年とほぼ変わりないが、打率と出塁率と出塁率は復調したと言っていい。
 広島カープに入団後は「この打率と出塁率を維持できるか?」ということが広島カープ4連覇の鍵になるかもしれない。 


2018年の復調2 OPS
 OPSとは、”出塁率+長打率”で算出される成績であり、得点との相関が打率、出塁率、長打率よりも高い指標である。
 つまり、OPSが高ければ高いほど”得点に絡む能力”が高いと言える。
 長野久義はOPS.792であった。
 この成績は例年と同じ水準の成績であると考えていたが、2017年シーズンのOPSが.755であり、2018年シーズンが.792であるため、40ポイントほど成績をあげたことになる。
 この成績も2015年以降の成績の中で最も良い成績である。
 これは打率が良くなったために長打率もある程度復調したことと、9年間のプロ生活の中で3番目に良い出塁率を残せたことが大きな要因である。
 そのため、2018年の復調1で述べたことと関係していることになる。
 純粋にヒットを打つ能力と繋ぐ打撃により、”得点に絡む能力”が向上したと言える。

2018年の復調3 wRAA
 wRAAとは、「平均的な打者が同じ打席数立った場合に比べて増やした得点」を表す指標である。
 もちろんwRAAが高ければ高いほど、チームの得点に大きく貢献したと言える。
 長野久義はおよそwRAA 10.02を記録している。
 つまり、平均的な打者が長野久義と同じ426打席に立った場合と比べて、長野久義はチームの得点をおよそ10点増やしたことになる。
 元チームメイト、巨人の4番打者の岡本和真がおよそwRAA 33.17であるため、その差は歴然としているが、前年である2017年の長野久義のwRAAがおよそ6.00であるため、明らかに2018年シーズンの方が打撃が良かったと言える。

スポンサーリンク
まとめ
 ここまで、ザックリとした経歴と3つに分けて長野久義の復調したポイントを見てきた。
 例年以上にチームの得点に貢献できたことがわかったと思う。

 そんな長野久義が広島カープに移籍することが決まり、巨人の外野手は丸佳浩1強のチームになった。
 長野久義の生産性を維持することができれば広島カープの4連覇は夢ではない。
 はじめに述べた、「長野久義はもう一度輝くことができるか?」というのは、まだわからない部分である。だが復調の兆しはある。
 巨人は丸佳浩を獲得したものの、長野久義の生産性を手放したことによってリーグ優勝を逃す可能性もある。
 そう考えると、リーグ優勝を争うであろう読売ジャイアンツ、広島カープ、東京ヤクルトスワローズ横浜DeNAベイスターズのどのチームが優勝するか?という疑問のキーポイントは「丸佳浩の打撃」と「長野久義の生産性の維持」なのかもしれない。
 この2人の成績によっては、巨人も広島カープも優勝を他のチームに明け渡す可能性もあると考える。


関連記事



参考にしたサイト
記事終了


このページのトップヘ