野球を数字で見るブログ

本ブログで、「野球を数字で見る」面白さがわかります。 主に、日本プロ野球での成績を数字で見て考察します。 本ブログで扱うデータに関して、正確性は保証されておりません。本ブログの情報を元にデータを作成して起こる損害に対しまして、一切の責任を負いません。ご了承ください。

タグ:日本ハムファイターズ

はじめに
 甲子園を沸かせた北海道日本ハムファイターズの吉田輝星は平均以上の能力を持つ、非常に優れた投手である。
 Max152km/hのストレートを投げる18歳はそう簡単に見つからない。
 本記事では、第100回夏の甲子園での成績を見て、吉田輝星がどのような投手であるのかを考察する。

スポンサーリンク
成績一覧
 吉田輝星の第100回夏の甲子園での主な成績は、投球回数50イニングス 防御率3.96 WHIP1.28 奪三振率11.16 与四球率1.62 K/BB6.89 である。

防御率 WHIP
 吉田輝星は50イニングスを投げ、防御率3.96という成績であった。
 大阪桐蔭高校に打ち込まれる前までは防御率2.20であったが、1大会でみると4点代弱であり、評価が落ちたことは頷ける。
 吉田輝星の高校3年間の通算防御率は3点台後半であり、実力としておよそ防御率3.00後半を記録する投手であると言える。
 数字で見ると、平均的な投手であるように見受けられる。

 吉田輝星は、WHIPに関してもそれほど好成績を収めていない。
 WHIPとは、「1イニングあたりにどれだけのランナーを出したか?」という指標である。
 例えば、1回を投げて被安打1無四球に抑えた場合は、WHIP1.00となる。

 吉田輝星はおよそWHIP1.28であった。
 物凄く悪い数字ではないのだが、エースと呼ばれる投手は1.10以下にまで収めてくる。
 吉田輝星の場合、被打率をもう少し下げることができるのならば、もっと良い防御率になる可能性もある。

奪三振率 与四球率 K/BB
 吉田輝星は甲子園において、四試合連続二桁奪三振を記録した。
 奪三振能力は素晴らしいものがある。
 実際、奪三振率11.16というものであった。
 また与四球率1.29という好成績を収めた。
 奪三振率は投球回数以上の数字になれば優秀であり、与四球率に関しては2.50未満に抑えれば優秀と一般的に言われる。
 吉田輝星は奪三振率、与四球率ともに抜群に優秀であると言える。
 これらの率は、「仮に9回を投げ切った場合、三振を11〜12個奪え、四球も1個〜2個しか与えない」ことになる。

 K/BBという指標を見た場合、吉田輝星は6.89という数字である。
 K/BBとは「1つの四球を与える間にどれほどの三振が奪えたか?」を見る指標である。
 K/BBという字を見た通り、奪三振数を与四球数で割った値である。
 この指標は3.50で良い成績と言われる中、吉田輝星は3.50を上回り、6.89という成績を収めた。
 奪三振率、与四球率、K/BBの3つの数字を見ると、「与四球で自滅することなく、三振でピンチを切り抜けられる、比較的安定的な投手である」と評価できる。

もう1つの優れた点
 K/BBまでで終わってもいいのだが、もう1つ気になるデータがある。
 それはGO/AOである。
 
GO/AOとはゴロアウトをフライアウトで割った値である。
 GroundOuts/AirOutsの略である。
 この数字が1.00だった場合はゴロアウトとフライアウトの割合が一緒である。

 例えば、ある投手がゴロアウトが10個でフライアウトが10個を取った場合、10個/10個=1.00となる。
 すなわち、GO/AOが1.00よりも高い場合はゴロアウトの方が多いと言え、逆に1.00よりも低い場合はフライアウトの方が多いと言える。
 吉田輝星は甲子園決勝前の5戦までで大体GO/AOが
2.70あたりであった。
 これは異常なまでにゴロが多い投手である。
 例えば、ゴロ投手で名高い元メジャーリーガーで現読売ジャイアンツの岩隈久志のキャリアハイのGO/AOは1.52である。
 また大阪桐蔭の柿木蓮(日本ハムでチームメイト)のGO/AOが大体1.80あたりである。 
 明らかに、吉田輝星のGO/AOが高く、フライを打たせずゴロで打ち取る能力が高い。
 これはフライボール革命と呼ばれるフライを打てば得点が増大するという現在のトレンドに対抗できる大きな武器である。
 正直なところ、奪三振能力も素晴らしいが、このゴロを打たせる能力は長打を打たれずに済む、奪三振能力に匹敵するほどの素晴らしい能力である。
スポンサーリンク
まとめ
 吉田輝星の甲子園での成績を見てきたが、総括すると吉田輝星は「ヒットによるランナーが多く防御率、WHIPは平均的あるが、抜群の奪三振能力でピンチを切り抜けられ、与四球で無駄なランナーを出すことが少なく、ゴロを打たせることに秀でた、比較的安定した投手である」と言える。
 日本ハムファイターズは育成することが上手な球団である。
 そのため、吉田輝星を大谷翔平ダルビッシュ有ほどのレベルの選手にまで育成して頂きたい。
 それだけのポテンシャルは持ち合わせている投手であることは間違いない。 

関連記事


参考にしたサイト
記事終了


はじめに
 金子千尋が自由契約となり、オリックスバファローズを退団し、日本ハムファイターズへの入団が決定的となった。
 年棒大幅ダウンの提示に納得がいかないということで自由契約となったが、金子千尋は年俸大幅ダウンに相当する成績しか収めていない
 金子千尋は現在、中継ぎ起用でも良いと述べているが、獲得する球団は非常にリスクが高い。
 本記事では、過去の記事の引用ではあるが、その理由を3つ述べていく。
スポンサーリンク
 
理由1 年齢
 金子千尋は2019年シーズンに36歳を迎える。
 36歳という年齢は投手の限界に近い年齢である。
 メジャーリーグでは、35歳以上の選手の成績が下降していくことが統計的に示されている。
 そのため、34歳のシーズンでは180イニングス以上を投げることができたのだが、35歳を迎えた2018年シーズンの投球回数は100イニングスにとどまっている。
 中継ぎ起用ならば先発時代のイニング数は関係ないと考えるかもしれないが、毎日のように投げる中継ぎ投手の消耗は激しい。
 2013年にメジャーリーグでパイレーツというチームが投手と守備の力でプレーオフ進出を果たしたが、パイレーツは先発投手だけでなく若手からベテランまでの中継ぎ投手に徹底した健康管理を行っていた。
 メジャーリーグほど徹底した健康管理を行えず、統計的に成績の下降線をたどる36歳を迎える金子千尋が、経験の少ない中継ぎ投手で成功するとは考えづらい。
 これが1つ目の理由である。 


理由2 三振が奪えなくなった
 金子千尋は奪三振を奪うことで自己解決能力を発揮していた投手である。
 WHIPが1.00を超える成績、つまりランナーを背負う可能性が多いシーズンがあっても、三振を奪えれば、ピンチの場面を三振で切り抜けられる能力を持っているということになる。
 金子千尋は実際に奪三振率が9.00前後のシーズンが多かった。2014年に至っては奪三振率9.38を記録していた。
 しかし、2018年シーズンの奪三振率は6.48である。
 ほとんど三振を奪えないという評価しかできない成績である。
 そのため、自己解決をすることができず、インフィールドに打球を飛ばすことが多く、ヒットを打たれやすい投手になってしまったと言える。
 中継ぎ投手として起用しても、三振を奪えずに炎上する投手は多い。
 比較するのであれば、西武のカスティーヨがいい対象である。
 奪三振率が6.20あたりで防御率が4点台である。
 カスティーヨと同格の投手になる可能性は高い。  

 これが2つ目の理由である。

理由3 防御率とFIP
 ここまでの理由1理由2は前座であり、この理由3最も注目するべき点である。
 
 金子千尋は2018年シーズンに防御率3.38を収めている。
 100イニングスという少ない投球回数ではあるが、ある程度の成績は収めてはいる。
 しかし、FIPが非常に悪い。
 FIPとは、投手だけがコントロールできるものである被本塁打数、与四球数、奪三振数の3つの数字で算出される擬似的な防御率である。
 この指標の利点は、野手の守備に依存しないことである。
 野球は守る野手によって投球の内容が変わってくることがある。
 エラーとは違い、守備範囲の広い選手や狭い選手がいることは間違いなくあり、これらを考えて投球を評価するのは非常に難しい。
 そのためFIPは、投手の責任である被本塁打、与四球数、奪三振数で簡単に防御率を決めてしまおうと考え出された指標である。
 防御率が悪くても、FIPが良ければ評価は高くなる。野手の守備への依存が比較的少なく、運というコントロールできない出来事を排除できるからだ。   

 金子千尋は防御率3.38というある程度の好成績を収めているが、FIPは4.08であり、非常に悪い。
 
 2つ目の理由で述べた三振が奪えないことも要因の1つではあるが、与四球率が3.15であり、2.50未満に収めて優秀と言われる数字よりも悪い。
 さらに、被本塁打率がおよそ1.00、つまり9イニングスを投げれば必ず1本は本塁打を打たれる数字である。
 被本塁打が非常に多いことも要因の1つである。

 三振が奪えず、四球を多く与え、本塁打を打たれやすい投手にまでなってしまったということである。
 もし中継ぎ投手をするのであれば、三振が奪えず、四球を多く与え、本塁打を打たれやすいというのは致命的である。

スポンサーリンク
 
まとめ

 ここまで金子千尋の年齢や投球能力について見てきたが、成績は下降することは間違いない。
 金子千尋は6億円から減額5億円を引いた1億円提示で拒否をしたため、おそらく年間で1.5億〜2億円以上の契約が必要である。
 下降する投手にそれほどの大金を払う必要はない。
 中継ぎ投手の経験がそれほどなく年齢のいった投手なら、なおさらである。 

 そのため、金銭面や成績面を含めて、日本ハムファイターズは痛い目をみることになると考える。

関連記事 


参考にしたサイト
1.日本野球機構,NPB.jp 
2. Wikipedia
記事終了


はじめに
 小笠原道大は、日ハムファン、巨人ファンのみならず、野球ファンから愛された野球選手である。
 少々、時代が遅れた感じではあるが、その圧倒的な成績を軽くおさらいしていきたい。 

スポンサーリンク

2003年の成績
 日本ハム時代の2003年、打率.360を残したシーズンがあった。
 その年、出塁率.473 OPS1.122を記録している。
 ここでOPSとは、"出塁率+長打率"で算出される率である。
 その数値は得点との相関性が非常に高く、その得点との相関性は高い順にOPS>出塁率>打率という関係があり、OPSが高い選手ほど得点に絡む確率が高いと言える。
 OPSは、7割越えで"並みの選手"、8割越えで"いい選手"と経験則から言われる中、小笠原は10割どころか11割を越えたのである。まさに球界一の三塁手であった。 

 この成績は、日本人では松井秀喜くらいしか出せない成績であった。
 この成績を残した2003年にMVPを獲得できなかったのは、城島健司とブッキングしてしまったからであり、不運でもあるが、それでも圧倒的な成績である。 

通算成績
 巨人の2007年からの3連覇は小笠原選手抜きでは成し得なかった偉業だった。
 小笠原選手は2000本安打を達成し、歴代9位通算打率.3106通算378本塁打通算1161打点
 歴代でも類を見ない野球界の偉人である。
 通算OPS,931歴代8位

小笠原道大と同格の選手 

 これほどの選手を巨人はどのように育成していくのか?
 現在の巨人は、育成を終えた選手を既に手に入れている。岡本和真である。
 右打者ではあるが、高打率、長打力、そして内野手と小笠原との共通点は多い。
 岡本が小笠原並みの選手になれば、広島カープ一強を倒すことができる。
 それほど小笠原は優勝に絡むことのできた選手であり、岡本もそうなり得るのである。
スポンサーリンク

まとめ

 小笠原道大の偉大さが本記事でわかったと思う。
 そして、小笠原道大がいた頃の強い巨人に戻るには、一塁手もしくは三塁手を任せられる長距離打者の選手がいることが条件となり、現在は岡本和真が小笠原道大と同格になり得る。
 3連覇した頃の強かった巨人に戻ることは、岡本和真の力によって、近いうちに起こり得るかもしれない。
 
関連記事


↓ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。

Twitter リンク: 遊撃手ファンのG党 Astros好き 


参考にしたサイト
1.スポナビ

ブログランキングの方も是非!



このページのトップヘ