野球を数字で見るブログ

本ブログで、「野球を数字で見る」面白さがわかります。 主に、日本プロ野球での成績を数字で見て考察します。 本ブログで扱うデータに関して、正確性は保証されておりません。本ブログの情報を元にデータを作成して起こる損害に対しまして、一切の責任を負いません。ご了承ください。

タグ:東洋大学

はじめに
 2018年シーズンの横浜DeNAベイスターズは新人王の東克樹頼りの先発陣であった。
 しかし、2018年ドラフト1位で即戦力である東洋大学の上茶谷大河を指名し、獲得することに成功した。
 本記事では、横浜DeNAに入団する上茶谷大河投手の成績を見て、どのような投手なのか、考察していく。
スポンサーリンク
勝敗数と防御率
 上茶谷投手の2018年東都大学野球の春季リーグでの成績は、先発投手として10試合に登板し、6勝2敗 防御率2.29である。
 これは先発投手として70.2イニングスを投げ、完投2回を含んだ成績であるため、2018年の上茶谷大河投手は勝敗数、防御率において比較的優秀な成績を残していると言える。

奪三振率と与四球率
 上茶谷投手の奪三振率はおよそ11.08であった。
 そして、与四球率はおよそ2.17であった。
 この奪三振率と与四球率は無視できない好成績である。
 奪三振に関しては、イニング以上の奪三振、つまり奪三振率9.00を記録できれば優秀とされる。
 さらに、与四球率は2.50未満で優秀とされる。
 上茶谷投手の奪三振率11.08与四球率2.17は「仮に9イニングスを完投した場合、三振を11個ほど奪え、四球数も2個ほどしか与えない投球をする」と評価できる。
 レベルの高い大学野球においても非常に優秀な成績を収めていると言える。

WHIP
 WHIPとは、「1イニングあたり、何人のランナーを許したか?」を示す指標である。
 WHIPは1.00前後がエース級、つまり1イニングに1人のランナーを許すだけということがエースの成績なのである。

 上茶谷投手のWHIPはおよそ0.91であった。
 文句の付け所がない成績である。
 レベルの高い大学野球において、無駄なランナーを背負うことが少ない投手と評価でき、これは良い防御率を残せた要因の1つと考えていい。

K/BB
 K/BBは奪三振数を与四球数で割った値のことで、「1つの四球を与える間に何個の三振を奪えるか?」を表す。
 上茶谷投手のK/BBは5.12であり、3.50で優秀とされるK/BBの基準を上回っている。
 K/BBは主にコントロールを評価するために用いられる。
 与四球率も好成績であるため、コントロールは非常に優れていると言える。
 そのため、上茶谷投手はコントロールが良く、球の速い本格派である。
 非常にレベルの高い投手である。
スポンサーリンク
まとめ 
 ここまでを総括すると、上茶谷投手は「四球による無駄なランナーを出さない優れたコントロールを持ち、さらに平均球速以上の直球で三振を多く奪える、非常に完成された先発投手」と言える。
 大学野球で、これほどまで完成した投手はそれほどいないであろう。
 特に同じ東洋大学の甲斐野投手と比較しても良い投手である。
 横浜DeNAベイスターズは非常に良い投手を獲得し、上茶谷投手は来年即一軍の可能性は非常に高いと考える。


関連記事



参考にしたサイト
記事終了


はじめに
 本記事では、横浜DeNAベイスターズへの入団が決定的となった東洋大学の上茶谷大河投手の成績を見て、どのような投手なのか、考察していく。

スポンサーリンク

勝敗数と防御率
 上茶谷投手の2018年東都大学野球の春季リーグでの成績は、先発投手として10試合に登板し、6勝2敗 防御率2.29である。
 これは先発投手として70.2イニングスを投げ、完投2回を含んだ成績であるため、2018年の上茶谷大河投手は勝敗数、防御率において比較的優秀な成績を残していると言える。

奪三振率と与四球率
 上茶谷投手の奪三振率はおよそ11.08であった。
 そして、与四球率はおよそ2.17であった。
 この奪三振率と与四球率は無視できない好成績である。
 奪三振に関しては、イニング以上の奪三振、つまり奪三振率9.00を記録できれば優秀とされる。
 さらに、与四球率は2.50未満で優秀とされる。
 上茶谷投手の奪三振率11.08与四球率2.17は「仮に9イニングスを完投した場合、三振を11個ほど奪え、四球数も2個ほどしか与えない投球をする」と評価できる。
 レベルの高い大学野球においても非常に優秀な成績を収めていると言える。
スポンサーリンク

WHIP
 WHIPとは、「1イニングあたり、何人のランナーを許したか?」を示す指標である。
 WHIPは1.00前後がエース級、つまり1イニングに1人のランナーを許すだけということがエースの成績なのである。

 上茶谷投手のWHIPはおよそ0.91であった。
 文句の付け所がない成績である。
 レベルの高い大学野球において、無駄なランナーを背負うことが少ない投手と評価でき、これは良い防御率を残せた要因の1つと考えていい。

K/BB
 K/BBは奪三振数を与四球数で割った値のことで、「1つの四球を与える間に何個の三振を奪えるか?」を表す。
 上茶谷投手のK/BBは5.12であり、3.50で優秀とされるK/BBの基準を上回っている。
 K/BBは主にコントロールを評価するために用いられる。
 与四球率も好成績であるため、コントロールは非常に優れていると言える。
 そのため、上茶谷投手はコントロールが良く、球の速い本格派である。
 非常にレベルの高い投手である。

まとめ 


 ここまでを総括すると、上茶谷投手は「四球による無駄なランナーを出さない優れたコントロールを持ち、さらに平均球速以上の直球で三振を多く奪える、非常に完成された先発投手」と言える。

 大学野球で、これほどまで完成した投手はそれほどいないであろう。
 横浜DeNAベイスターズは非常に良い投手を獲得し、上茶谷投手は来年即一軍の可能性は非常に高いと考える。

関連記事


↓ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。

ブログランキングの方も是非!



 東洋大学では、甲斐野央投手上茶谷大河投手がドラフト候補として注目されている。
 球団として、選ぶとすればどちらを取るべきなのか?
 数字を見ながら考えていきたい。

スポンサーリンク

 まず、甲斐野投手は抑え投手、上茶谷投手は先発投手であることは頭にいれておかなければならない。
 2
投手を比較するに際して、言っておきたいことは、比較とは非常に難しいということだ。
 完璧な比較をするのはプロ野球でもアマチュアでも不可能に近い。なぜならば、規定投球回数に達した投手が全員180イニングスを投げられたかというと、決してそうではないからだ。143イニングスをギリギリで到達する投手も、余裕でクリアして180イニングスを投げる投手もいる。
 それでも防御率、最多勝などの比較は規定投球回数に到達したものと比較する。
 完璧な比較とは実は非常に難しいことなのだ。
 特に抑え投手と先発投手の2人を比較するのは、的外れなことかもしれないが、ドラフトは選択しなければならないのだから、どちらを取った方が有益か?ということは数字である程度わかる。

 まずは
甲斐野投手から見ていこうと思う。
 甲斐野投手は大学3年生のとき、35イニングスを投げ、防御率2.06であった。そして大学4年では20イニングスを投げ、防御率1.80である。ドラフト1位候補であるため、防御率に関しては文句はないだろう。
 WHIPは、大学3年,4年を合わせてもおよそ0.90である。WHIP1.00でエース級と言われる中で、それよりも上の成績を残したことは称賛に値する。
 奪三振率は、大学3年生で10.29であり、大学4年生では12.15であった。与四球率は大学3年,4年でおよそ3.60であった。
 K/BBは大学3年で2.86であり、大学4年で3.38であった。K/BBは3.50以上で優秀とされるため、この大学4年生で
3.38という成績は良い成績ではない。
 ここまでを見ると、
甲斐野投手は「防御率は良く、ヒットによるランナーを背負うことも少なく、アウトを三振で奪う可能性が非常に高いが、制球難で無駄な四球が多い投手」と言える。
スポンサーリンク

 次に上茶谷投手を見てみる。
 大学4年ので10試合に先発し、防御率2.29であった。この成績は
甲斐野投手と同様に防御率は文句ないだろう。レベルの高い東都大学野球において、この防御率は良い成績である。
 WHIPはおよそ0.91であり、奪三振率は11.08、与四球率は2.17である。
 K/BBに関しては、5.12という成績を残し、優秀な投手の基準3.50を優に超える成績である。
 ここまでみると上茶谷投手は、「防御率は良く、奪三振力があり、四球で無駄なランナーを出さない投手」と言える。 

 2人の投手の成績をコンパクトに述べたわけであるが、どちらを優先して取るべきか?と言えば、間違いなく上茶谷大河投手である。
 球団によっては抑え投手が欲しいと思うこともあるかもしれないが、正直に言うと甲斐野投手はあまり優秀な抑え投手であるとは言えない。なぜならば、制球力がないからだ。抑え投手は「1イニングを登板数50~70の中でどれだけ安定して投げられるか」を非常に厳しく見る必要がある。例えば2008年の巨人の抑え投手であったクルーンや2017年のカミネロは防御率自体はそれほど悪くはなかったが、無駄な四球が多く、多くのファンからは”劇場型”と言われた。甲斐野投手は、あまりにもこの2人に近い。球が速く、三振が取れるが無駄な四球が多い。プロに入って修正することを考えれば、大学卒であるため時間があまりない。大きな弱点であり致命的と言える。
 対して、上茶谷投手は先発投手として防御率も良く、無駄な四球によるランナーを背負わない、そして奪三振が奪える即戦力間違いなしの投手である。正直、「文句なし」の投手で、それほど言うこともない。それを数字が物語っている。

 様々な意見があるかもしれないが、以上、私の考えを述べた。
スポンサーリンク

ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村


ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。

Twitter リンク: 遊撃手ファンのG党 Astros好き 


今後、取り上げてほしい選手や情報などございましたらコメントやTwitterの方に遠慮なく書き込みをお願い致します。
Twitterのリンクは下に貼ってありますので、よろしくお願い致します。


ブログランキングの方も是非!



このページのトップヘ