はじめに
 2018年オフの日本のFA市場は、丸佳浩を筆頭にビッグネームが名を連ねているが、その中でも巨人が優先的に獲得するべきなのは浅村栄斗である。
 本記事では、その理由を簡単に述べていく。
スポンサーリンク
 
浅村栄斗の成績
 浅村栄斗は2018年に残した主な成績は、出場143試合(全試合)  打率.310  出塁率.383  本塁打数32本  打点数127  OPS .910  wRAA +36.28 である。
 特にセカンドとして142試合に出場している。
 セカンドでの失策数は12であり、リーグで最も多いが、守備率は.983であり平均的である。
 簡単に言えば、3割30本100打点を達成できるセカンドということになる。

獲得するべき3つの理由 
 丸佳浩や炭谷銀仁朗などを獲得する動きがある。
 しかし、最も優先するべきは浅村栄斗の獲得である。
 浅村栄斗を獲得するべき理由は3つある。

理由1:セカンドを固定できること
理由2:2019年シーズン時点で28歳という若さがあること
理由3:現状のセカンドだと得点を増やせないこと


これらを順に説明していく。
スポンサーリンク
 
理由1:セカンドを固定できること
 2018年の巨人は吉川尚輝やマルティネスといった内野手をセカンドに置いていた。
 吉川尚輝は怪我で途中から故障者リスト入りし出場92試合でセカンドとしては71試合、マルティネスもセカンドとしての出場は16試合ほどである。
 台頭してきた田中俊太が出場99試合中、セカンドとして58試合に出場している。
 巨人はセカンドを固定することができない状態が10年以上続いている。
 過去に片岡治大を西武ライオンズから獲得するなどの策を講じてきたが、それほどの成績を残せずに引退し、35歳でコーチになっている。
 ここでもし、浅村栄斗を獲得することができれば、2018年の出場数を考えれば全143試合「セカンドとして固定」という安定材料を巨人が得ることができる。

理由2:2019年シーズン時点で28歳という若さがあること
 これは吉川尚輝や田中俊太にも言えることではあるが、若さが非常に重要になってくる。
 例えば、2008年に正二塁手として活躍した木村拓也はその当時35歳であり、ベテランの域に達していた。
 翌年を見込むことができなかった。
 現在の浅村栄斗を獲得すれば、28歳という若さの正二塁手を獲得することができ、4年契約、もしくは5年契約をすれば数年はセカンドで悩む可能性は低くなる。
 これも安定材料の1つである。

理由3:現状のセカンドだと得点を増やせないこと
 これが最も大きい理由である。
 2018年シーズンで計算すると、吉川尚輝は355打席に立ち、wRAA −4.86という成績しか収めていない。
 wRAAとは、簡単に言えば、「平均的な打者が、同じ打席数に立った場合と比べてどれくらい得点をチームにもたらしたか?」を示す数字である。
 吉川尚輝は平均的な打者が同じ355打席に立った場合と比べて、−4.86点(およそ–5点)をチームにもたらした、つまり吉川尚輝はチームの得点を5点減らしたと言うことになる。
 田中俊太の場合は、261打席に立ち、wRAA −7.54であるため、吉川尚輝よりも悪い成績になる。
 巨人は自前のセカンドを打席に立たせると得点を増やすことができないのだ。
 これは致命的であり、これを理由にセカンドは必ず補強しなければならない。
 浅村栄斗はwRAA +36.28であり、チームにおよそ+36点もの得点を追加してくれる。
 成績を比べた場合、吉川尚輝がおよそ−5点、浅村栄斗がおよそ+36点であるため、吉川尚輝に代えて浅村栄斗を加入させることにより、
単純計算でおよそ+40点もの得点が巨人の得点に加わることになる。
 巨人の2018年の得点が625点であり、リーグ3位の得点数であるが、これに40点を加え、665点とした場合、リーグ2位の得点数を誇るヤクルトの658点を上回る計算になる。
 打撃面で圧倒的有利になるのは間違いない事実だ。

 致命的に悪いセカンドの得点能力を補強できるチャンスが目の前にあることも大きな事実である。
 
まとめ
 以上のように、巨人は浅村栄斗をセカンドとして補強するべきと述べた。
 炭谷銀仁朗を補強しようとする報道が多いが、ポイントはそこではない。
 捕手は重要なポジションであるが、炭谷銀仁朗を取るのであれば小林誠司をそのまま使うべきである。
 それは炭谷銀仁朗も小林誠司も得点能力はほぼ同じだからである。
 そのため、致命的に得点能力のないセカンドを国内FAで獲得のチャンスがある浅村栄斗で補強する方が得策であると間違いなく言える。

関連記事

 ↓ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。

ブログランキングの方も是非!