野球を数字で見るブログ

本ブログで、「野球を数字で見る」面白さがわかります。 主に、日本プロ野球での成績を数字で見て考察します。 本ブログで扱うデータに関して、正確性は保証されておりません。本ブログの情報を元にデータを作成して起こる損害に対しまして、一切の責任を負いません。ご了承ください。

タグ:浅村栄斗

はじめに
 FAで、読売ジャイアンツは炭谷銀仁朗丸佳浩を獲得し、阪神タイガースは西勇輝を獲得、楽天イーグルスが浅村栄斗を獲得したことは記憶に新しい。
 そして最も記憶に残ることは巨人から西武ライオンズへの人的補償による内海哲也の移籍であろう。これは巨人ファンからすれば衝撃的な話であった。
 この人的補償は理にかなっている部分とそうでない部分がある。
 本記事では、いくつかの人的補償の穴となっているところ、欠点、そして解決案について述べていく。
スポンサーリンク
人的補償とは?
 そもそも人的補償とは、簡単に言うと選手Aがフリーエージェント(FA)で移籍した球団から、選手Aを放出した球団に選手Aの獲得の対価として何人かの選手を提示して、好きな選手を差し上げる制度である。(詳細:Wikipedia
 かなり簡単に述べたため、公平性が保たれていると感じるかもしれないがいくつかの欠点がある。以下に3つの欠点を述べる。
 

欠点1 欲しい選手がいない
 西武ライオンズが楽天イーグルスから浅村栄斗を獲得した際、欲しい選手がおらず、金銭の譲渡で浅村栄斗のFA移籍は収束した。
 しかし、本当は現在広島カープで勝利の方程式を担っている一岡竜司のように、掘り出し物を探すか、再起可能で低年俸のベテラン選手を獲得し、主力を担ってもらうことが望ましいだろう。
 人的補償という名だけの補償で、結局は欲しい選手は全てプロテクトされていることが一般的である。
 日本の球団はメジャーリーグと違い、抱えている選手が少ない。
 そのため、日本球界においてプロテクト漏れした選手の中から人的補償で掘り出し物を探すのは非常に難しい。一岡竜司は奇跡的な話である。
 これが1つ目の欠点である。

欠点2 プロテクト外し
 人的補償プロテクトの枠は28名と決まっている。
 FAで選手を獲得した球団は、28名をプロテクトし、プロテクト漏れをした選手を放出するという仕組みになる。
 しかし、資金豊富な巨人やソフトバンクなどの人気球団は一度自由契約にして、人的補償を決定後に再契約することも可能である。
 良い例が上原浩治との再契約である。
 これは上原浩治に非はないのであるが、巨人がプロテクトできる選手を多くするために、一度上原浩治を自由契約にして28人の選手をプロテクトし、人的補償が決定した後に再契約したと考えられてもおかしくはない。
 これは2つ目の欠点である。

欠点3 金銭面
 巨人や阪神、ソフトバンクといった球団はFAで選手を取りやすい。
 巨人の場合は丸佳浩を獲得し、5年で25〜35億円の契約であると言われている。
 ソフトバンクも過去に内川聖一などを獲得した。
 資金力のある球団が強くなるのは良いことなのだが、広島カープや横浜DeNA、オリックスバファローズなどの必ずしも資金力があるとは言えない球団は、FAでの放出を呼び止めることは困難になる。
 そのため、人的補償で選手を獲得するのは理にかなっていると言えるが、巨人や阪神、ソフトバンクなどの球団に所属していた選手となると、その人的補償の選手の年俸が高いという問題点が1つある。
 例えば、内海哲也が炭谷銀仁朗の人的補償で西武ライオンズへ移籍したが、内海哲也の年俸は推定1億円、炭谷銀仁朗の西武ライオンズ時代の年俸もおよそ1億円であり、非常に似通った部分がある。
 ただし、これは巨人が炭谷銀仁朗を欲したが故の雑なトレードであり、西武ライオンズが内海哲也を必ずしも欲したとは考えにくい。利得関係が良いとは言い切れない。
 西武ライオンズが金銭補償を求めた場合、炭谷銀仁朗の場合、前年俸の80%の8000万円を獲得することができるが、8000万円では6番や7番打者を打つような選手の年俸と変わりない。
 8000万円より、実績のある内海哲也を獲得したと言えるが、西武ライオンズの望んだカタチと言えるかは定かではない。
 ここから、もし球団の資金格差が広がり、主力と若手はプロテクトされ、残された選択権は陽岱鋼のような不良債権の選手となった場合、利得関係としては資金が豊富な球団が強いと間違いなく言える。
 これは3つ目の欠点である。


解決案
 不満を言うだけならば誰にでもできる。そのため本記事では不満だけではなく、解決案を1つ述べてみる。
 この不公平を解消するための解決案は、
ドラフト制度の改正である。
 過去に記事でドラフト制度の問題点について述べたことがあるが、メジャーリーグではFA移籍の対価としてドラフト権の譲渡が一般的である。
 メジャーリーグは前年の勝率の低い順に好きな選手を指名することができる。
 例えば2018年シーズンの西武ライオンズのチーム勝率は12球団1位の.624であり指名権は最下位の12位となるが、巨人の場合、2018年シーズンは真ん中あたりの全体7位指名である。全体7位指名を、先にFA移籍の公示をした西武ライオンズへ人的補償ではなくドラフト権を譲渡するというカタチを取れば、「巨人に欲しい選手がいない場合」の選手不足の不満、「プロテクト外し」によって生じるプロテクトの問題、「巨額の金銭」という資金的な問題を全く別の角度から根本的に解決し、次のドラフトで好きな選手を選びやすくなり、あれこれ悩まずに済み、人的補償の煩わしい欠点を非常にシンプルに解決できると考える。
スポンサーリンク
まとめ
 ここまで人的補償について、欠点とその解決案について述べてきた。
 かなり簡単に述べてきたため、綻びはあるかもしれないが、欠点が多い制度であることは変わりない。
 本記事ではあえてファンとして述べたものではなく、野球界全体の利得に関わることを述べたのは、感情的になると、俯瞰して物を見ることができないからである。
 日本プロ野球は今後、この問題をどのように解消していくのか、もしくは解消できずズルズルと現在の制度を保つのか、今後の展開に注目していきたい。
  

関連記事


参考にしたサイト
記事終了


はじめに
 浅村栄斗が楽天イーグルスへの移籍し、西武ライオンズが楽天イーグルスへ人的補償を求めないことで、浅村栄斗のFA移籍は決着した。
 その楽天は、浅村栄斗の加入でどれほど得点力を上げたことになるのだろうか?
 また、2019年シーズンの順位はどうなるのだろうか? 

 本記事では、来シーズンの楽天の得点力と順位について数字を使って述べていく。
スポンサーリンク
2018年の楽天の得点
 2018年は西武ライオンズの一強でリーグ戦が終了した。
 その中で、楽天の得点数はリーグで最下位であった。
 具体的な数字を言うと、1位の西武は得点数792点、2位のソフトバンクは得点数685点であるのに対し、楽天イーグルスは得点数520点であった。
 楽天と西武との得点数の差が200点を超えているため、得点力には歴然とした差がある。

楽天の二塁手
 楽天イーグルスでは二塁手として2018年シーズンで100試合以上出場した選手はいない。
 銀次が一塁手と二塁手の併用していたため、銀次だけに絞れば100試合出場はしているのであるが、二塁手としては57試合しか出場していない。
 二塁手として最も出場した選手は、藤田一也で二塁手として81試合に出場した。
 その次に多いのが銀次で57試合である。
 つまり、楽天イーグルスは二塁手を全く固定できていない

浅村栄斗の加入
 浅村栄斗の加入によって楽天は二塁手を固定できることは間違いない。
 さらに得点能力が飛躍的に上がることは間違いない。
 これを数字で見てみると面白いほどチームの得点力が変わるのがわかる。

 得点力を明確にするために、少々聞き馴染みのない「wRAA」という成績を導入する。  

 wRAAとは、「平均的な打者が同じ打席数立った場合に比べて増やした得点」を表す指標である。
 言葉だけの説明だとよくわからないと思う。具体例をあげる。
 2018年シーズン、二塁手として最も多く出場した藤田一也のwRAAがおよそ
−1.56であっ
 これは「藤田一也は平均的な打者が、藤田一也と同じ289打席に立った場合と比べておよそ−2点〜−1点の得点を増やした、つまり藤田一也は平均的な打者よりも1点〜2点の得点を減らした」ということになる。
 藤田一也を二塁手として起用すると平均的な打者よりも得点が減ってしまうということである。

 ここまでがwRAAの説明であるが、浅村栄斗を藤田一也に代えて出場させた場合どうなるだろうか?
 浅村栄斗の2018年シーズンのwRAAはおよそ+36.28である。
 藤田一也の−1.56に代えて浅村栄斗の+36.28にした場合、その差は+37.84であるため、楽天の得点数はおよそ38点ほど上がるという計算になる。

2018年でのチーム評価 
 楽天イーグルスの得点数は520点であった。
 これに先ほど求めた38点を足すと、得点数558点になる。
 この得点数はリーグ4位である千葉ロッテマリーンズの得点数534点を上回る数字である。
 3位の日本ハムの得点数589点には及ばないが、少なくとも4位以上の得点数を稼げる計算になる。
 投手では、楽天のチーム防御率は日本ハムファイターズとほぼ変わらない3.78であるため、浅村栄斗の加入によって、3位日本ハムの成績には惜しくも届かないが間違いなく4位以上にはなる計算になる。
 つまり、来シーズンは4位以上でクライマックスシリーズを争うほどのチーム力を得ることになるのだ。
スポンサーリンク
まとめ
 ここまで「浅村栄斗が楽天に加入したことによるチームの成績と順位はどうなるのか?」について見てきた。
 1人の選手の加入でどれほどチームが変わるのかが数字でわかったと思う。
 来シーズンは楽天イーグルスは間違いなくクライマックスシリーズを狙える4位以上になるという計算ができる。
 そのため、2019年はチームとして大きく飛躍できる年になると考える。

関連記事



参考にしたサイト
記事終了


はじめに
 今やパリーグNo.1捕手と言ってもいい西武ライオンズの森友哉は、圧倒的な打撃で西武ライオンズのリーグ優勝に大きく貢献した。
 本記事では2018年の森友哉の成績を見て、森友哉の3つの能力を示していく。
スポンサーリンク
 
能力1 強肩
 強肩の捕手は多い。巨人の小林誠司やソフトバンクの甲斐拓也などがあげられる。
 その中において、森友哉は盗塁阻止率.373を記録し、これはパリーグ3位の成績である。
 リーグ1位は日本シリーズで盗塁を全く許さなかったソフトバンクの甲斐拓也の.447であり、これはあまりにも良すぎる成績であるため、森友哉の盗塁阻止率が影になってしまう。
 しかし、セリーグで見ると盗塁阻止率で1位は小林誠司であり、その成績は.341である。
 森友哉はセリーグで最も肩の強い捕手よりも30ポイント以上も差をつけている
 パリーグ捕手の強肩度合いはあまりにも凄いと言える。

能力2 出塁する能力
 森友哉は打率は群を抜いて高いわけではなく打率.275を記録している。
 平均よりも上ではあるが、ヒットを打つ能力に圧倒的なものはない。
 しかし、森友哉の出塁率は.366であり、選んだ四球数は70個である。
 野手で見ると、出塁率はパリーグ12位の成績であり、四球の数はパリーグ5位である。 

 打率がそれほど良くなくても、出塁する能力は非常に高い。
 出塁率は打率よりも得点との相関が高い
 これは森友哉の大きな武器である。
 打率は.280前後でも出塁率.370前後の捕手は、全盛期の阿部慎之助の成績とほぼ変わらない。
 全盛期は間違いなく阿部慎之助がNo.1捕手であり、森友哉は阿部慎之助と同格のポテンシャルを持っているということになる。
 特にまだ23歳であるため、阿部慎之助のルーキーイヤーと同じ年齢である。
 そのため、同格どころか阿部慎之助を超えるポテンシャルを持っているかもしれない。

能力3 得点創出能力
 森友哉はOPS.823を記録している。
 OPSとは”出塁率+長打率”で算出される数字で、得点との相関が打率や出塁率よりも高く、.800以上を記録すれば優秀であると言われる。
 森友哉の成績はまさに優秀であり、甲斐拓也などの捕手にはない打撃能力を持っていることになる。(甲斐拓也のOPSは.602であり、平均以下である)
 無論、森友哉の打撃能力はパリーグ捕手の中で最も優れていることになる。
 OPSは先ほど述べた出塁率に長打率を合算させる。
 森友哉は本塁打16本を放っており、長打を打つ能力も捕手としてはパリーグNo.1と言える。

 さらに、wRAAもおよそ16.90という成績を残している。
 wRAAとは、「平均的な打者が同じ打席数立った場合に比べて増やした得点」を表す指標である。
 平均的な打者が森友哉と同じ552打席に立った場合と比べて、森友哉はおよそ17点ほどの得点を増やしたことになる。

 OPSとwRAAを見ても、得点創出能力はパリーグ捕手No.1であることは間違いない。
スポンサーリンク
 
まとめ
 ここまで、森友哉の優れた3つの能力を見てきた。
 盗塁阻止率も平均を大きく上回り、得点創出能力も非常に高い。
 一時期の阿部慎之助を見ている感覚を覚える。
 まだ23歳という年齢であり、全盛期の阿部慎之助を上回る時間は十分にあるし、ポテンシャルも申し分ない。
 西武は浅村栄斗が抜け、得点力が下がるものの、森友哉の存在でその分の穴埋めをできる可能性は十分にあると考える。

関連記事
 


参考にしたサイト
1.スポナビ
2. Wikipedia
3.日本野球機構,NPB.jp 
記事終了


このページのトップヘ