野球を数字で見るブログ

Houston Astrosと読売ジャイアンツのファンです。 本ブログで、「野球を数字で見る」面白さがわかります。 主に、日本プロ野球での成績を数字で見て考察します。 本ブログで扱うデータに関して、正確性は保証されておりません。本ブログの情報を元にデータを作成して起こる損害に対しまして、一切の責任を負いません。ご了承ください。

タグ:秋山翔吾

はじめに
 そろそろベストナイン発表の時期であるため、本記事では「数字で見れば、パリーグのベストナインはこうなる」ということを、簡単に述べていく。
スポンサーリンク
 
ベストナイン予想
投手 岸孝之 (楽天)
捕手 森友哉 (西武)
1塁手 山川穂高 (西武)
2塁手 浅村栄斗 (西武)
3塁手 松田宣浩 (ソフトバンク)
遊撃手 源田壮亮 (西武)
外野手1 柳田悠岐 (ソフトバンク)
外野手2 吉田正尚 (オリックス)
外野手3 秋山翔吾 (西武)

投手 岸孝之  

 投手は岸孝之と予想した。
 他にも西武の菊池雄星や多和田真三郎がいる中で、岸孝之を選んだのは、全体的にバランスの取れた成績を残したからである。
 防御率はリーグ1位の2.72であり、WHIPもリーグ1位の0.98である。(WHIP:「1イニングあたり、何人のランナーを背負うか?」を表す数字)
 奪三振率も9.00であり、他の2人よりも上である。
 FIPに関しては、菊池雄星がおよそ3.25であり、岸孝之が3.36と菊池雄星の方が若干上であるが、それでも防御率、ランナーを背負わない能力、奪三振能力、あらゆる面で偏りがないため、ベストナインに選ばれると予想した。(FIP:奪三振、与四球、被本塁打で計算される、投手だけが責任があると仮定した場合の擬似的な防御率)

捕手 森友哉 

 捕手は森友哉であると予想した。
 日本シリーズMVPに輝いた甲斐拓也などと比較すると、盗塁阻止率などの守備の面では劣る部分があるが、打撃に関しては捕手として一流の成績を収めた。
 OPSは.823であり、平均以上の成績を残している。
 ロッテの田村龍弘やソフトバンクの甲斐拓也よりも好成績である。
 森友哉のwRAAはおよそ16.30であり、これもパリーグ捕手の中で最優秀であるため、選出されると予想した。(wRAA:「平均的な打者が同じ打席数に立った場合に比べ、どれくらい点数を稼いだか?」を表す数字) 

1塁手 山川穂高 
 1塁手は山川穂高と予想した。
 これは文句なしであると考える。
 山川穂高を語ると長くなるため、別記事の”山川穂高”(Part1)および ”山川穂高”(Part2)で説明した成績が、他の1塁手よりも全て群を抜いているため、選出されると予想した。
 おそらく、MVPは山川穂高と柳田悠岐の一騎打ちになると考える。

2塁手 浅村栄斗 
 2塁手は浅村栄斗と予想した。
 中村奨吾など他の2塁手の成績よりも良い。
 打率は中村奨吾の.284よりも浅村栄斗の.310の方が上であり、wRAAはおよそ36.28という成績で2塁手の部門ではトップである。
 そのため、浅村栄斗が選出されると予想した。

3塁手 松田宣浩
 3塁手は松田宣浩と予想した。
 パリーグの3塁手は団栗の背比べ状態であり、好成績を残した選手がいない。
 打率だけで見れば、鈴木大地の.266が最も高いが本塁打が8本であり3塁手として致命的な長打力の無さが浮き彫りとなっている。
 松田宣浩は打率が.248であり、鈴木大地よりも低いが、本塁打32本で三塁手としての長打力が発揮されている。
 OPSも鈴木大地の.744を上回り、松田宣浩は.804を記録している。
 wRAAは12.88で、これも3塁手として最も良い成績であるため、選出されると予想した。

遊撃手 源田壮亮 
 遊撃手は源田壮亮と予想した。
 ソフトバンクの今宮健太やロッテの藤岡祐大よりも打率が高く、打率.278を記録している。
 今宮健太は規定打席に到達していないため、選出されるのは難しいと考えられる。
 そのため、源田壮亮と藤岡祐大の一騎打ちとなるが、OPSは源田壮亮の方が高く、OPS.707を記録している。藤岡祐大はOPS.599であるため、ここで決着が付くと考える。

外野手1 柳田悠岐 
 外野手の1人として、柳田悠岐が選出されると予想した。
 おそらくこれは誰も文句がないと考える。
 OPSはリーグ1位の1.092であり、wRAAもリーグ1位の66.41である。
 MVPの選考にも食い込んでくるほどの成績である。 

外野手2 吉田正尚 
 外野手の1人として、吉田正尚が選出されると予想した。
 柳田悠岐には及ばないものの、打率.321、OPS.956、wRAAおよそ38.95であり、例年ならMVPと言えるほどの成績を残している。 
 ベスト外野手の3人には間違いなく食い込む成績である。

外野手3 秋山翔吾
 外野手の1人として、秋山翔吾が選出されると予想した。
 2018年シーズン、195本のヒットを打ち、リーグ1位の記録を残した。
 打率.323と吉田正尚とそれほど変わらず、OPS.937、wRAA 46.55の好成績を残した。
 秋山翔吾も間違いなくベスト外野手の3人に食い込むと考える。
スポンサーリンク
 
まとめ 
 以上がベストナインに選ばれるであろう選手たちである。
 参考になればこの上ない幸せである。
 指名打者という欄を設けなかったのは、「誰でも入れるから」という理由である。外野手が内野を守ることは難しいが、外野手が指名打者に入れることは容易すぎる。
 そのため、ベストナイン(そもそもナインだから9人じゃないとおかしくない?)の選出予想には設けなかった。
 この中で、MVPを争う選手が出てくることは間違いない。
 例年ならばMVPを取れる成績を残した選手も数多い。
 ベストナインの予想が的中すればこの上なく幸せである。

関連記事

↓ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。

Twitter リンク: 遊撃手ファンのG党 Astros好き 


参考にしたサイト
1.スポナビ
2.日本野球機構,NPB.jp


ブログランキングの方も是非!



はじめに
 侍ジャパンとしてMLB相手に素晴らしい打撃をしている西武ライオンズの秋山翔吾は、2018年シーズンでも素晴らしい成績を収めている。
 本記事では、秋山翔吾の2018年シーズンの成績を見て、どれほど凄い打者なのかを評価していく。
スポンサーリンク
 
成績一覧
 秋山翔吾の2018年の主な成績は、出場143試合(全試合出場) 打席数685 打率.323 本塁打24本 打点数82 出塁率.403 OPS.937 wOBA.404 wRAA 46.55 である。
 これらの成績を順に見ていく。

打率 本塁打 打点 
 打率.323 本塁打24本 打点数82は十分な成績であろう。
 打点数は運の要素が非常に強いため、それほど気にすることはないが、打率.323で2年連続で3割以上をマークし、本塁打24本は最も本塁打を放った2017年の25本に限りなく近い。
 2018年の秋山翔吾は相変わらずの安打製造機としての活躍をしていた。
 本塁打も打てるため、1番打者ではなく2番や3番に置いても良い活躍を見せられると考える。

出塁率 OPS
 出塁率.403 OPS.937という成績も無視できる成績ではない。(OPSとは「出塁率+長打率」で算出される指標であり、得点との相関は打率よりも高い。)
 出塁率はリーグ4位の成績である。
 出塁率は安打と四球の要素があり、四球を選ぶ選球眼も反映される。

 「出塁率=アウトにならない確率」であるため、秋山翔吾はリーグで4番目にアウトになりづらい打者であったと言える。
 西武ライオンズの打線の繋がりを考えたとき、秋山翔吾のアウトにならない確率は非常に良い働きをしていたと言える。
 OPSは.900以上でスター選手と言われるため、秋山翔吾のOPS.937はまさにスター選手の成績であり、例年ならばMVPを取っても良いほどの好成績である。
 OPSもリーグ4位であるため、得点との相関を考えてOPSだけを見ると、「リーグで4番目に得点に絡む打撃をした打者」と言える。
 
wOBAとwRAA
 ここで聞き馴染みのないwOBAとwRAAを見てみる。
 wOBAとは出塁率やOPSなど、打席での結果で決まる数値であり、簡単に言えば、「打者が各打席でどのくらい得点に関係する打撃をしているか」ということを評価する指標である。
 つまり、wOBAが高ければ高いほど得点に絡む能力が高いと言える。
 秋山翔吾はwOBA.404を記録している。
 wOBAは平均が.320〜.330になる指標であるため、秋山翔吾は平均を大幅に上回るほど得点に絡む打撃をしたと言える。
 西武ライオンズで比較すると、浅村栄斗がwOBA.387であるため、浅村栄斗よりも得点に絡む活躍をしたと言える。 

 そしてwRAAとは、「平均的な打者が同じ打席数立った場合に比べて増やした得点」を表す指標である。
 もちろんwRAAが高ければ高いほど、チームの得点に大きく貢献したと言える。
 秋山翔吾はおよそwRAA 46.55を記録している。
 つまり秋山翔吾は、平均的な選手が同じ685打席に立った場合と比べて、およそ46点~47点もの得点を増やすことができたということである。
 浅村栄斗で比較すると、wRAAがおよそ36.28であるため、秋山翔吾は浅村栄斗よりも得点を増やすことができたと言える。
 wRAAは40.00を上回るとMVP級と称されるため、秋山翔吾はここでもMVPを取っても良いほどの好成績であったと言える。 

スポンサーリンク
 
まとめ
 ここまで、秋山翔吾の主な成績を見てきたが総括すると、秋山翔吾は「安打を打つ能力、選球眼、長打力、得点に絡む能力、全てにおいてMVP級の活躍をした打者である」と言える。
 西武ライオンズはパリーグ優勝チームであるため、MVPの選出はされやすい。
 おそらく西武ライオンズでは山川穂高との争いになり、他にも2位ソフトバンクの柳田悠岐との争いにもなると考えられる。
 記者投票であるため、どの選手になるか予想が立てられないが、秋山翔吾がMVPに輝いても何の文句もないと言える。

関連記事


ブログランキングに参加中です!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 野球ブログへ

ぜひ、Twitterのフォローお願いします。
最新記事の情報はTwitter、にほんブログで投稿します。

Twitter リンク: 遊撃手ファンのG党 Astros好き 

参考にしたサイト
1.スポナビ
2.
日本野球機構,NPB.jp 






このページのトップヘ