野球を数字で見るブログ

本ブログで、「野球を数字で見る」面白さがわかります。 主に、日本プロ野球での成績を数字で見て考察します。 本ブログで扱うデータに関して、正確性は保証されておりません。本ブログの情報を元にデータを作成して起こる損害に対しまして、一切の責任を負いません。ご了承ください。

タグ:菅野智之

はじめに
 2019年シーズン、8月10日の巨人vsヤクルト戦で桜井俊貴勝利投手となり、6勝目を挙げた。
 2019年シーズンにようやく開花したドラフト1位選手の躍進は素晴らしい。その桜井俊貴の成績を8月10日の登板を含め、評価していきたい。
スポンサーリンク
桜井俊貴の主な成績
 桜井俊貴は8月10日の登板を終えた時点でのシーズン成績は71イニングスを投げ、6勝2敗 防御率3.55 奪三振数56 与四球数24 被本塁打率0.76 FIP3.65である。
 一般的なスポーツサイトに載っていない成績も述べるため、本記事はある程度深い内容の記事になると考える。
 特に目立って「桜井俊貴の良い数字」をピックアップしていく。

桜井俊貴の3つの数字
 
1つ目:防御率の良さ
 桜井俊貴の防御率71イニングスを投げて3.55である。
 桜井俊貴は規定投球回数に到達していないため、一概に比較はできないが、この成績はエース菅野智之の3.90よりも良い成績であり、リーグ平均防御率の3.84よりも良い成績である。
 平均以上に「点の取られない投手」である。
 この要因は被本塁打率の良さにあると考えられる。

2つ目:被本塁打率の良さ
 桜井俊貴の被本塁打率0.76である。これはエース菅野智之の1.50よりも良い成績であり、規定投球回数に到達している投手で言うと巨人の山口俊の0.53に次ぐ水準の好成績である。
 被本塁打率は「9イニングスを投げきった場合に何本の本塁打を打たれたか?」を示す指標で、桜井俊貴は「9イニングスを投げ切れば、0本〜1本に本塁打の数を抑えることができる投球をしている」と言える。
 この被本塁打率の良さ、つまり被弾の少なさが桜井俊貴の防御率を良くしている要因の1つであることは間違いない。

3つ目:FIPの良さ

 FIPとは、投手だけがコントロールできるものである被本塁打数、与四球数、奪三振数の3つの数字で算出される
擬似的な防御率である。
 この指標の利点は、野手の守備に依存しないことである。
 野球は守る野手によって投球の内容が変わってくることがある。
 エラーとは違い、守備範囲の広い選手や狭い選手がいることは間違いなくあり、これらを考えて投球を評価するのは非常に難しい。
 そのためFIPは、投手の責任である被本塁打、与四球数、奪三振数で簡単に防御率を決めてしまおうと考え出された指標である。
 防御率が悪くても、FIPが良ければ評価は高くなる。野手の守備への依存が比較的少なく、運というコントロールできない出来事を排除できるからだ。

 桜井俊貴の2019年シーズン8月10日現在のFIPはおよそ3.65であった。
 この成績は広島東洋カープのエースである大瀬良大地の3.60とほぼ同水準の成績である。
 表現の仕方に賛否が別れるかもしれないが、桜井俊貴は「自己責任の出来事を自己解決できる能力が比較的高い」と言える。
 これは桜井俊貴の良いところの1つであることは間違いない。

スポンサーリンク
まとめ
 桜井俊貴はドラフト1位の即戦力と期待されていた選手であったが、プロ4年目の2019年シーズンにようやく開花した。
 本記事ではその開花した桜井俊貴の成績の良いところ、防御率の良さ、被本塁打の少なさ、FIPの良さに焦点を当てて述べてきた。
 まとめると、桜井俊貴の良さは「本塁打を打たれにくく、失点の少ない投手であり、自己解決能力が高い投手である」と言える。
 今後の巨人を背負って立つ存在として期待したい。  

 
関連記事


参考にしたサイト
1.Wikipedia
2.日本野球機構,NPB.jp
3.スポナビ
記事終了





はじめに
 読売ジャイアンツ丸佳浩炭谷銀仁朗岩隈久志中島宏之ビヤヌエバクックなど大型補強を行い、戦力は盤石に思える。
 そんな巨人に弱点はあるのだろうか?
 本記事では巨人の強みと弱みと弱みを見ていく。
 本記事の題目の巨人の弱点に関しては、記事の後半で述べるため、弱点だけを見たい場合は画面をスクロールして頂きたい。

スポンサーリンク
巨人の強み
 巨人の強みは打線と先発投手である。
 打線と先発投手を分けて述べていく。

強み1 打線
 打線は2018年の得点数は625点でリーグ3位の成績であったが、丸佳浩の加入だけを考えても、得点数はリーグ順位1位を争うレベルになる。それは本ブログの2019年の巨人の変化についての記事で述べている。
 簡単に抜粋すると、


 巨人は2018年の外野手は
陽岱鋼ゲレーロという穴があった。
 レギュラーではなく併用されていた陽岱鋼とゲレーロの2人の成績を、レギュラーになることは確実である丸佳浩の成績に置き換えるとどうなるか?

(前置きとしてwRAAという指標を使用。その指標についての難しい話はしないが、増やした得点数が陽岱鋼は約–0.90、ゲレーロは約+10.94、丸佳浩は約+60.82ということを元に述べる。)
 2018年シーズン、不良債権である陽岱鋼とゲレーロを併用していたが、この2人を使うことによって巨人はおよそ
+10点の得点を増やすことができた。
 しかし、丸佳浩1人を固定して使った場合、およそ+61点を増やせる計算になるため、単純計算で丸佳浩が2人分を代わりに出場すれば、現状の巨人の得点をおよそ+51点増やすことになる。(単純に+10点から+61点になった場合、その差は+51点である) 
 これを巨人の2018年の得点数625点にプラスすると676点であり、2位ヤクルトスワローズの得点数658点を大きく上回る。
 つまり、得点能力はリーグ2位になる。
 さらに言えば、広島カープが丸佳浩を放出し、代わりに平均的な打者で丸佳浩のポジションを置き換えた場合、2018年の得点数721点から丸佳浩が稼ぐ得点数である+61点を引けば、660点となり、巨人より得点力が下回ることになる。
 つまり、巨人がリーグ1位の得点能力があるチームとなる。
 陽岱鋼とゲレーロには申し訳ないが、丸佳浩の加入で2人の不良債権がいなくなってもリーグ優勝できるだけの得点力を得ることができる。

 ということになる。

 これを考えると先にも述べた通り、巨人の打線は大きな強みである。
 得点力は優勝できるレベルである。

強み2 先発投手
 次に先発投手である。  

 先発投手は2018年シーズンは菅野智之山口俊メルセデス今村信貴など好投手が名を連ね、先発防御率はおよそ3.60という成績を収めている。
 さらに2019年シーズンは
岩隈久志を加え、盤石の先発投手陣と言ってもいい。
 特に登板機会が多かった菅野智之と山口俊の功績は大きい。
 菅野智之は202イニングス、山口俊は154イニングスを投げ、規定投球回数を余裕でクリアしている。
 中継ぎ温存や良質な1イニングを絞り出すという観点から、イニングを多く投げられる投手をイニングイーターなどと言うが、菅野智之と山口俊はまさにそれである。
 メルセデスや今村信貴も多くのイニングを投げられる力量があれば、巨人の投手陣は間違いなくリーグNo.1の投手陣となる。実際に現状でも先発防御率は2018年シーズンでリーグ1位である。
 岩隈久志は2018年シーズンにメジャーリーグでの登板はなく、過剰に期待するのも考えものである。
 しかし、岩隈久志は肩の故障から復調の兆しがある。
 その証拠にマイナーリーグでの初登板は2018年シーズン終了間近の8月26日に1イニング、8月31日に2イニングスを投げて、防御率3.00である。
 シーズン序盤は怪我のため投げられなかったが、後半でようやく投げられた、つまり復調してきたと言える。
 もしも、岩隈久志が順調なスタートを切れば、巨人にとっては大きな戦力となる。

 ここまでが先発投手の強みである。 


巨人の弱み
 本記事の題目にもある通り、巨人の弱点は何なのか?について述べていく。
 強みが非常に大きいため、弱みが隠れているが、無いわけではない。
 主に二塁手中継ぎ投手ついて述べる。

二塁手

 巨人は仁志敏久の後継として10年以上も二塁手に悩まされてきた。
 2018年シーズンは吉川尚輝田中俊太の2人が台頭したように思えるが、吉川尚輝は2018年で増やした得点は無く、wRAA −4.86であり、つまりおよそ5点減らしたことになり、平均的な打者を打席に立たせた方が得点力が上がる計算になる。
 田中俊太も同様に、wRAA −7.54であり、平均以下である。
 そう考えると、浅村栄斗を西武ライオンズから獲得することが最も優勝に近づく補強となったはずであるが、巨人はそのチャンスを逃し、二塁手を自前で育てる必要がある。
 10年以上も悩んでいる二塁手というポジションを簡単に埋める選手は出てこない。
 2019年シーズンは吉川尚輝と田中俊太のどちらかが守ることになると考えるが、過大な期待はできない。

中継ぎ投手
 中継ぎ投手不足は大きな弱点である。
 山口鉄也西村健太朗が引退し、巨人の黄金時代を支えた中継ぎ投手陣が世代交代をする時期に差し掛かった。
 しかし、イマイチ世代交代ができていない。
 実際に巨人の2018年シーズンの中継ぎ投手の防御率はおよそ4.10であり、先発投手の防御率およそ3.60との差が大きい。まさに弱点である。
 吉川光夫を先発投手から中継ぎ投手へコンバートする予定であり、勝利の方程式の一角を担うことは間違いないが、全盛期の山口鉄也や西村健太朗ほどの成績を期待できるかは定かではない。
 「森福允彦は絶対に使うべき」という旨の記事を書いたことがあるが、首脳陣は2018年時点でその価値に気づいていなかった。
 原辰徳監督森福允彦を起用するかは定かではない。
 新たに巨人にはライアン・クックという抑え候補を獲得した。
 クックは全盛期にオークランド・アスレチックスというメジャーの球団で2012年と2013年の両年とも70試合を上回る登板をして、防御率2点台という成績を収めたこともある。
 だが、2014年以降のクックは成績は下降し、2018年にシアトル・マリナーズから自由契約となった。
 アメリカの野球と日本の野球は別世界であり、阪神のメッセンジャーや全盛期の巨人のマシソンのように対応力のある投手は大きく成功するが、クックに対応力があるかどうかは定かではない。

 中継ぎ投手に関して、吉川光夫、森福允彦、クックの3パターンの定かではないことを述べたが、これは巨人の中継ぎ投手が不安定な証拠でもある。
スポンサーリンク
まとめ
 ここまで、巨人の強みと弱みを見てきた。そして、本題である弱点について多くを述べた。
 巨人が弱点を克服するためには、補強が終わった今、育成すること以外に考えられない。
 そのため、原辰徳監督をはじめとするコーチ陣に掛かる期待と不安が大きいのがファンとしての気持ちである。

関連記事



参考にしたサイト
記事終了


はじめに
 巨人の菅野智之と推定年俸6億5000万円で契約をし、絶対的エースの座を射止めた。
 また山口俊とも推定年俸2億3000万円で契約を更改し、メジャーリーグ帰りの岩隈久志も獲得することができた。
 そんな巨人の先発ローテーションはどのようになるのだろうか?
 本記事では、2019年の先発ローテーションを成績や実績から予想していく。
スポンサーリンク
先発ローテーション予想
 まず結論から述べていく。
 日本プロ野球の場合、先発ローテーションは基本的に6人で組まれるが、以下が読売ジャイアンツの先発ローテーションの予想である。

1. 菅野智之 
2. 山口俊
3. メルセデス
4. 今村信貴
5. 岩隈久志
6. 田口麗斗

といったローテーションになると考えている。

1. 菅野智之 

 菅野智之の1番手は誰も文句の付けられない起用であろう。
 推定年俸6億5000万円で2019年を迎える。
 2018年は沢村賞を獲得し、その成績は15勝8敗 投球回数202イニングス 防御率2.14 奪三振数200 WHIP1.00 FIP2.63である。
 ここで用語の説明をする。

 WHIPとは、「1イニングスを投げて何人のランナーを背負ったか?」を示す指標であり、被安打1で無四球に抑えればWHIP1.00が記録される。

 FIPとは、投手だけがコントロールできるものである被本塁打数、与四球数、奪三振数の3つの数字で算出される
擬似的な防御率である。
 この指標の利点は、野手の守備に依存しないことである。
 野球は守る野手によって投球の内容が変わってくることがある。
 エラーとは違い、守備範囲の広い選手や狭い選手がいることは間違いなくあり、これらを考えて投球を評価するのは非常に難しい。
 そのためFIPは、投手の責任である被本塁打、与四球数、奪三振数で簡単に防御率を決めてしまおうと考え出された指標である。

 少々横道に逸れたが、ここまでが用語の説明であり、菅野智之の成績を見ていく。
 まず勝利数、防御率、奪三振数は全てリーグトップであり投手三冠に輝いている。
 またWHIPもリーグトップの良さで、1.00を記録している。2位の大瀬良大地がWHIP1.01であるため、僅差ではあるが、菅野智之は最もランナーを背負わなかった投手であった。 
 また、上では紹介していないが、制球力も非常に高く、与四球率1.65を記録し、合格点である2.50未満を余裕でクリアしている。
 被本塁打も少なく、被本塁打率0.62で広島のジョンソンに次いでリーグ2位の成績を誇る。
 奪三振率も素晴らしく、8.91であり横浜DeNAの東克樹に次いでリーグ2位である。
 これらの成績をまとめると、菅野智之は「仮に9イニングスを完投した場合、三振をおよそ9個奪い、四球は1個〜2個しか与えず、本塁打も0本か1本に抑える」という計算になる。
 これを考えるとFIP2.63という好成績も頷ける。
 FIPは3.00未満に抑えれば優秀であるとされる。
 菅野智之のFIPは優秀であり、FIPの特性上、奪三振数、与四球数、被本塁打数から算出されるため、菅野智之は自己解決能力が非常に高いと言える。

 菅野智之の数字の素晴らしさは、まだこれだけでは語り尽くせないが、まさにエースに相応しい成績であり、1番手投手として間違いなく起用される根拠である。

2. 山口俊
 やはり2番手投手は山口俊で決まりであると考える。
 年俸2億3000万円で契約更改を終えたこともあり、比較的信頼されている投手の1人である。
 2018年の成績は
9勝9敗 投球回数154イニングス 防御率3.68 奪三振数144 WHIP1.21 FIP4.06 である。
 菅野智之と比較すると当然ながら劣るが、2番手投手としては悪くない成績である。
 セリーグでは規定投球回数に達した投手が8人しかおらず、その1人が山口俊である。
 多くのイニングを投げられる投手は
イニングイーターなどと呼ばれ、完投できなくても防御率2.00〜4.00弱あたりの成績で規定投球回数以上を投げられる投手は特に巨額の契約を提示される可能性が高い。
 なぜ重宝されるかと言えば、中継ぎ投手で質の高い1イニングを絞り出すことは非常に大変だからである。
 防御率3点台の先発投手が6回2失点で降板し、中継ぎ投手で打たれて負けるよりかは、7回2〜3失点に抑えて降板し、後は中継ぎ投手に任す方が、温存、中継ぎ投手に交代した後の相手打線の打撃、1イニングの質、など色々考えてもリスクは少ない。
 そのため、先発投手はイニング数を多く投げた方が良い。
 山口俊の場合、防御率を3点台に収めており、ある程度質の高いイニングを投げられたと言える。
 奪三振率は8.42であり、比較的優秀である。
 しかし、与四球率が3.51であり、制球難であることは否めない。
 被本塁打率は1.05であり、比較的悪い。
 三振を奪えても、「四球を与えること」そして「本塁打を打たれやすいこと」が影響し、FIP4.06というお世辞でも良いとは言えない成績を残してしまった。
 まだ改善の余地がある投手だが、2番手ということを考えると我慢できるレベルではあると考える。

3. メルセデス 
 メルセデスは非常に短い期間で台頭した投手である。
 2018年のクライマックスシリーズに出場できたのはメルセデスがいたからと言っても過言ではない。
 投球回数は92イニングスであり少ないが、防御率2.05を記録した投手である。
 奪三振率が5.18であり、三振の奪える投手ではない。
 「インフィールドに飛んだ打球がヒットになる確率」は一般的な平均が.300であるが、メルセデスはおよそ.230であることを考えると、打たせて取る投手であることが読み取れる。
 与四球率が1.57であり、規定投球回数をクリアしてはいないものの菅野智之よりも良い成績を収めている
 WHIP0.92、FIP3.10を記録したこともあり、
山口俊よりも安定した投球が見込めると考える。
 1年間を通して投げたことがないため、未知数なところが多い投手である。
 よって今のところは3番手が相応しいと考えている。

4. 今村信貴
 今村信貴は2018年に先発投手として開花した選手の1人である。
 投球回数は80イニングスであり少ないが、防御率3.86は平均以上の成績である。
 まだ未成熟な部分があるのは否めない。
 例えば与四球率が3.04で制球難の部類である。また被本塁打率も0.94で安定した投球は見込めない。
 ただ、2019年で25歳という年齢を考えると、今後の巨人の左の先発投手を担う第一候補であることは間違いなく、経験をさせる意味でも4番手として起用させる方が良いと考える。

5. 岩隈久志
 過去の記事、「読売ジャイアンツは2019年シーズン、何が起きて何が変わるか?」でも述べたことを抜粋する。
 岩隈久志の加入で巨人の先発ローテーションの選択肢が広がったことは間違いない。
 ただし、岩隈久志を獲得したと舞い上がっていても、来シーズン38歳を迎える大ベテランである。

 岩隈久志は2018年シーズンのメジャー登板はない。
 怪我でマイナー暮らしが続いた。
 マイナーでの登板も2試合に留まり、3イニングスしか投げていなく、防御率も3.00という成績である。
 登板機会があまりにも少なく、メジャーから日本に復帰したソフトバンク時代の松坂大輔のようになる可能性も否定できない。
 そう考えると過度な期待をしない方がいいかもしれない。
 しかし、明るい要素は1つだけある
 それは岩隈久志のマイナーでの登板がシーズン後半であったことである。
 岩隈久志はシーズン前半に怪我で出遅れ、シーズン後半まで登板することができなかった。
 しかし、2018年シーズン後半の8月26日に1イニングと8月31日に2イニングスを投げ、ようやく登板できる状態にまで戻ったということで、これは復調の兆しがあると言っていいかもしれない。
 3イニングスの登板でシーズンを終えたが、岩隈久志自身がまだ現役続行ができると考えているため、シーズン後半での2試合は価値のあるものだったと考える。
 岩隈久志は復調の兆しがあったとしても、まだ未知数であることから、まずは4番手や5番手で起用していくことが無難であると考える。

6. 田口麗斗 
 6番手の投手は難しい。
 野上亮磨を起用してもいいし、もしかしたら状況によっては吉川光夫を起用する可能性もある。
 そのため、田口麗斗を必ずローテーションに入れるとは言い切れない。
 2018年シーズンは86.1イニングスを投げて、2勝8敗 防御率4.80という非常に不甲斐ない成績を残したと言っていい。
 2017年シーズンは170.2イニングスを投げて、防御率3.01であったことを考えると、まだ見限るのは早いと考えている。
 野上亮磨や吉川光夫でも良いが、最も若い田口麗斗を起用が今後の育成を考えても最もベストであると考える。
スポンサーリンク
まとめ
 以上が読売ジャイアンツの2019年の先発ローテーションの予想である。
 あくまでも怪我などは考慮に入れていない予想であるため、当然入れ替わりはあるが、ある程度はこの6人でローテを回すのではないかと考えている。
 未知数な投手も多い。
 だが、やはりエース菅野智之を筆頭に、2018年シーズンでチーム防御率リーグ1位を記録した先発投手陣であるため、期待は持てると考える。
 

関連記事



参考にしたサイト
1.スポナビ
2.Wikipedia
3.日本野球機構,NPB.jp 
記事終了


このページのトップヘ