野球を数字で見るブログ

本ブログで、「野球を数字で見る」面白さがわかります。 主に、日本プロ野球での成績を数字で見て考察します。 本ブログで扱うデータに関して、正確性は保証されておりません。本ブログの情報を元にデータを作成して起こる損害に対しまして、一切の責任を負いません。ご了承ください。

タグ:西武ライオンズ

はじめに
 FAで、読売ジャイアンツは炭谷銀仁朗丸佳浩を獲得し、阪神タイガースは西勇輝を獲得、楽天イーグルスが浅村栄斗を獲得したことは記憶に新しい。
 そして最も記憶に残ることは巨人から西武ライオンズへの人的補償による内海哲也の移籍であろう。これは巨人ファンからすれば衝撃的な話であった。
 この人的補償は理にかなっている部分とそうでない部分がある。
 本記事では、いくつかの人的補償の穴となっているところ、欠点、そして解決案について述べていく。
スポンサーリンク
人的補償とは?
 そもそも人的補償とは、簡単に言うと選手Aがフリーエージェント(FA)で移籍した球団から、選手Aを放出した球団に選手Aの獲得の対価として何人かの選手を提示して、好きな選手を差し上げる制度である。(詳細:Wikipedia
 かなり簡単に述べたため、公平性が保たれていると感じるかもしれないがいくつかの欠点がある。以下に3つの欠点を述べる。
 

欠点1 欲しい選手がいない
 西武ライオンズが楽天イーグルスから浅村栄斗を獲得した際、欲しい選手がおらず、金銭の譲渡で浅村栄斗のFA移籍は収束した。
 しかし、本当は現在広島カープで勝利の方程式を担っている一岡竜司のように、掘り出し物を探すか、再起可能で低年俸のベテラン選手を獲得し、主力を担ってもらうことが望ましいだろう。
 人的補償という名だけの補償で、結局は欲しい選手は全てプロテクトされていることが一般的である。
 日本の球団はメジャーリーグと違い、抱えている選手が少ない。
 そのため、日本球界においてプロテクト漏れした選手の中から人的補償で掘り出し物を探すのは非常に難しい。一岡竜司は奇跡的な話である。
 これが1つ目の欠点である。

欠点2 プロテクト外し
 人的補償プロテクトの枠は28名と決まっている。
 FAで選手を獲得した球団は、28名をプロテクトし、プロテクト漏れをした選手を放出するという仕組みになる。
 しかし、資金豊富な巨人やソフトバンクなどの人気球団は一度自由契約にして、人的補償を決定後に再契約することも可能である。
 良い例が上原浩治との再契約である。
 これは上原浩治に非はないのであるが、巨人がプロテクトできる選手を多くするために、一度上原浩治を自由契約にして28人の選手をプロテクトし、人的補償が決定した後に再契約したと考えられてもおかしくはない。
 これは2つ目の欠点である。

欠点3 金銭面
 巨人や阪神、ソフトバンクといった球団はFAで選手を取りやすい。
 巨人の場合は丸佳浩を獲得し、5年で25〜35億円の契約であると言われている。
 ソフトバンクも過去に内川聖一などを獲得した。
 資金力のある球団が強くなるのは良いことなのだが、広島カープや横浜DeNA、オリックスバファローズなどの必ずしも資金力があるとは言えない球団は、FAでの放出を呼び止めることは困難になる。
 そのため、人的補償で選手を獲得するのは理にかなっていると言えるが、巨人や阪神、ソフトバンクなどの球団に所属していた選手となると、その人的補償の選手の年俸が高いという問題点が1つある。
 例えば、内海哲也が炭谷銀仁朗の人的補償で西武ライオンズへ移籍したが、内海哲也の年俸は推定1億円、炭谷銀仁朗の西武ライオンズ時代の年俸もおよそ1億円であり、非常に似通った部分がある。
 ただし、これは巨人が炭谷銀仁朗を欲したが故の雑なトレードであり、西武ライオンズが内海哲也を必ずしも欲したとは考えにくい。利得関係が良いとは言い切れない。
 西武ライオンズが金銭補償を求めた場合、炭谷銀仁朗の場合、前年俸の80%の8000万円を獲得することができるが、8000万円では6番や7番打者を打つような選手の年俸と変わりない。
 8000万円より、実績のある内海哲也を獲得したと言えるが、西武ライオンズの望んだカタチと言えるかは定かではない。
 ここから、もし球団の資金格差が広がり、主力と若手はプロテクトされ、残された選択権は陽岱鋼のような不良債権の選手となった場合、利得関係としては資金が豊富な球団が強いと間違いなく言える。
 これは3つ目の欠点である。


解決案
 不満を言うだけならば誰にでもできる。そのため本記事では不満だけではなく、解決案を1つ述べてみる。
 この不公平を解消するための解決案は、
ドラフト制度の改正である。
 過去に記事でドラフト制度の問題点について述べたことがあるが、メジャーリーグではFA移籍の対価としてドラフト権の譲渡が一般的である。
 メジャーリーグは前年の勝率の低い順に好きな選手を指名することができる。
 例えば2018年シーズンの西武ライオンズのチーム勝率は12球団1位の.624であり指名権は最下位の12位となるが、巨人の場合、2018年シーズンは真ん中あたりの全体7位指名である。全体7位指名を、先にFA移籍の公示をした西武ライオンズへ人的補償ではなくドラフト権を譲渡するというカタチを取れば、「巨人に欲しい選手がいない場合」の選手不足の不満、「プロテクト外し」によって生じるプロテクトの問題、「巨額の金銭」という資金的な問題を全く別の角度から根本的に解決し、次のドラフトで好きな選手を選びやすくなり、あれこれ悩まずに済み、人的補償の煩わしい欠点を非常にシンプルに解決できると考える。
スポンサーリンク
まとめ
 ここまで人的補償について、欠点とその解決案について述べてきた。
 かなり簡単に述べてきたため、綻びはあるかもしれないが、欠点が多い制度であることは変わりない。
 本記事ではあえてファンとして述べたものではなく、野球界全体の利得に関わることを述べたのは、感情的になると、俯瞰して物を見ることができないからである。
 日本プロ野球は今後、この問題をどのように解消していくのか、もしくは解消できずズルズルと現在の制度を保つのか、今後の展開に注目していきたい。
  

関連記事


参考にしたサイト
記事終了


はじめに
 2018年シーズンで、松井稼頭央が現役を引退した
 20世紀から活躍していた名打者の引退である。
 本記事では、そんな松井稼頭央の全盛期の成績を振り返る。
スポンサーリンク
キャリアハイ
 様々な意見があると思うが、松井稼頭央のキャリアハイは2002年であると思う。
 シーズン最多安打、最多二塁打、最多三塁打を記録し、トリプルスリーも記録している。

 2002年の松井稼頭央の主な成績は、出場試合数140試合 打席数651 安打数193 打率.332 本塁打36本 打点数87 盗塁数33 出塁率.389 OPS1.006 であった。
 この成績を一目見ても、まさに最強の遊撃手であったと言える。


OPS
 特に光る成績はOPSだろう。
 OPSとはセイバーメトリクスの指標の1つで、"出塁率+長打率"で算出される率である。
 その数値は得点との相関性が非常に高く、得点との相関性は高い順にOPS>長打率>出塁率>打率という関係があり、OPSが高い選手ほど得点に絡む確率が高いと言える。
 OPSは.900を超えたらスーパースター、1.000を超えたらMVP級であるとされる。

 松井稼頭央はOPS1.006を記録し、まさにMVP級の活躍であった。
 ショートというポジションは守備負担が大きく、打撃は二の次であることが多いが、ショートでもOPS1.000以上を打てると証明したのが松井稼頭央であった。
 これほどまでのショートは今はいない。巨人の坂本勇人でもこれほどの成績を残すのは難しいと考えている。

脚力 選球眼 長打力
 松井稼頭央はOPSだけでなく、脚も速かった。33盗塁を記録するほど、脚が速く、盗塁のチャンスを作るための出塁率も.389であることから、チャンスメーカーであったことは間違いない。
 それだけに留まらず、本塁打36本を記録している。チャンスメーカーとしての役割だけでなく、一発で試合を決める能力も持ち合わせていた。
 本塁打の数も凄いのだが、二塁打と三塁打の数もその年のリーグ1位である。つまり、チャンスメークを盗塁だけでなく、長打でも行えるほどの選手であった。

wOBA
 wOBAも凄い成績を記録している。
 wOBAは出塁率やOPSなど、打席での結果で決まる数値であり、簡単に言えば、「打者が各打席でどのくらい得点に関係する打撃をしているのか?」ということを評価するセイバーメトリクスの指標である。
 一般的に平均が.320〜.330になる指標であるが、2002年の松井稼頭央はおよそwOBA.423を記録している。
 この数字は同じショートというポジションの西岡剛のキャリアハイであるwOBA.398と比較しても、圧倒的な差をつけている。

スポンサーリンク
まとめ
 最後に、総括すると松井稼頭央のキャリアハイは「盗塁、二塁打、三塁打でチャンスメイクをし、さらには自らの本塁打で仕留めることもできる選手であり、セイバーメトリクスの指標で計測してもMVP級の活躍であった」と言える。 
 これほどまでのショートは今までいなかった。これから現れるとしても相当先の話になると考える。

関連記事


参考にしたサイト
記事終了


はじめに
 内海哲也炭谷銀仁朗の人的補償で西武ライオンズへ移籍した。
 巨人ファンとしては衝撃的な話である。
 通算133勝で読売ジャイアンツの左のエースとして長らくチームを支えてきた選手の移籍である。
 背番号は27で、すでにお披露目もされた。(リンク:背番号27の内海哲也) 

 本記事では内海哲也の成績を見て、その妥当性について見ていく
 丸佳浩の人的補償の予想が難しくなったこと、来シーズンのオフにFA移籍もあり得るのかということも述べていく。

スポンサーリンク
目次
人的補償を予想した選手
関連記事


人的補償を予想した選手

 過去に本ブログでは、西武ライオンズへの人的補償の予想をしたことがある。
 その記事では、同じサウスポーとして吉川光夫が人的補償のプロテクト漏れをし、西武ライオンズの投手不足から人的補償として移籍するのではないか?と予想した。
 左投手で先発を任せられる投手という共通点はあるが、吉川光夫ではなく内海哲也が人的補償として西武ライオンズへ移籍することになり、予想を外してしまった。
 まさか内海哲也が人的補償のプロテクトから漏れるとは予想できなかった。
 正直なところ衝撃は大きいが、主観的に考えず、客観的に考えると、吉川光夫をプロテクトして、内海哲也をプロテクトしないとするのが巨人としては合理的な判断であったかもしれない。
 左の先発投手を獲得に動くと予想したのは菊池雄星がメジャー移籍で抜けること、そして菊池雄星がエースとして居た2018年シーズンも、西武ライオンズのチーム防御率が4.24であり、リーグ最低の数字であったからだ。

内海哲也の成績

 キャリアハイについては、過去の記事である「人的補償で巨人から西武ライオンズへ移籍した内海哲也」から抜粋する。
 内海哲也のキャリアハイは2011年であろう。
 長野久義の当時横浜ベイスターズに所属していた山口俊から放った代打サヨナラ満塁本塁打でもぎ取った18勝という数字。
 内海哲也は結果的にこの2011年シーズンで185.2イニングスを投げ、18勝5敗 防御率1.70 WHIP1.08 奪三振率6.98 与四球2.28 被本塁打率0.63 FIP 3.01 を記録している。 

 この中でも特に見ておきたい数字が、防御率とWHIPとFIPである。

1.防御率
 防御率はよく知られた成績で、純粋に「
仮に9イニングスを投げきった場合、自責点は何点になるか?」を示す指標である。
 防御率1点台という成績は見事に平均以上であり、まさにエースであったことを物語っている。
 

2. WHIP
 WHIPとは「1イニングスあたり何人のランナーを背負ったか?」を示す指標で、例えば1イニングスを投げて被安打1無四球で抑えれば、WHIP1.00が記録される。
 WHIPは1.00前後がエース格と呼ばれる成績であり、 内海哲也WHIP1.08という成績は日本時代のダルビッシュ有ほどの成績ではないが、比較的エースに近い成績を残していた。
 与四球率は2.50未満で合格点である指標であるが、内海哲也与四球率2.28を記録しており、無駄なランナーを四球で出すことが比較的少なかったため、WHIPも好成績になったと考えられる。

3.FIP
 FIPとは、投手だけがコントロールできるものである被本塁打数、与四球数、奪三振数の3つの数字で算出される擬似的な防御率である。
 この指標の利点は、野手の守備に依存しないことである。
 野球は守る野手によって投球の内容が変わってくることがある。
 エラーとは違い、守備範囲の広い選手や狭い選手がいることは間違いなくあり、これらを考えて投球を評価するのは非常に難しい。
 そのためFIPは、投手の責任である被本塁打、与四球数、奪三振数で簡単に防御率を決めてしまおうと考え出された指標である。
 防御率が悪くても、FIPが良ければ評価は高くなる。野手の守備への依存が比較的少なく、運というコントロールできない出来事を排除できるからだ。

 内海哲也の2011年シーズンのFIPはおよそ3.01であった。
 これは比較的優秀な成績である。
 例えば、広島カープのエース大瀬良大地の2018年シーズンのFIPはおよそ3.65である。
 現在の大瀬良大地よりも2011年の内海哲也の方が野手に依存しない
自己解決能力のある投球をしていたということになる。
 この2011年シーズンは統一球の影響もあり、投手有利な年であったが、それを差し引いても十分優秀な成績を残していた。


2014年の成績

 内海哲也が最後に規定投球回数に到達したのが2014年である。
 この年、144.2イニングスを投げて、7勝9敗 防御率3.17 WHIP1.21 奪三振率6.53 与四球率2.24 被本塁打率0.68 FIP3.49 という成績を残している。 
 この年は7勝に終わっているが、これは運が悪かっただけである。
 なぜなら、防御率は2011年には劣るが、奪三振率、与四球率、被本塁打率は2011年とほぼ同等の成績を残しているからだ。
 そのため、防御率は2011年の1.70から2014年の3.17の差は大きいが、FIPは3.01から3.49になっただけで、防御率ほど数値は離れていない。
 自分で解決する能力に関してはこの年はキャリアハイと同等の成績を残していたと言える。

 奪三振率、与四球率、被本塁打率を考えると2014年シーズンは「仮に9イニングスを完投した場合、
三振を6個〜7個奪い四球を2個〜3個与え本塁打を0本に抑えるか1本打たれる」という成績になる。
 そう考えると、2011年から2014年までは常にある程度は質の高い成績を残してきたと言える。

2015年以降の成績

 2015年以降、内海哲也は規定投球回数に到達していない。
 2015年から2018年の4年間の成績を通算すると、50試合に登板、49試合に先発、18勝19敗 投球回数270.1イニングス 防御率4.49 奪三振率6.03 という成績である。
 明らかに衰えてきていることが4年間の通算成績から読み取れる。


現在の成績

 内海哲也の西武ライオンズ移籍直前の2018年シーズンの成績を見てみる。
 現在の内海哲也はベテランの域に達し、成績も下降線を辿っている。

 2018年シーズンは82イニングスを投げ、5勝5敗 防御率4.17 FIP4.25 という成績であった。
 防御率もFIPも平均以下である。
 何が衰えたかというと、奪三振率が2011年はおよそ6.98でほぼ7.00であったが、2018年シーズンはおよそ6.15とかなり数字を落としたことがその要因の1つであろう。
 また、被本塁打率も2011年は0.68で0本台に抑えていたが、2018年シーズンは1.21であり、本塁打を打たれやすくなったということも大きな要因の1つであろう。
 結局現在の内海哲也2011年ほどの自己解決能力がないと言える。

 唯一の明るい要素が
与四球率である。
 2018年シーズンの与四球率は2.09であり、比較的優秀な成績を今でも残している。この数字は2011年に記録した与四球率2.28とほぼ同等な成績である。制球力は健在である証拠だ。
 つまり、内海哲也は今も昔も四球による無駄なランナーを背負わない投手であると言える。

内海哲也と吉川光夫

 吉川光夫はプロテクト漏れすると予想していた。 
 ここ数年は怪我や不調もあり、イマイチ成績が振るわない。
 2018年シーズンは
22試合に登板し、101.1イニングスを投げ6勝7敗 防御率4.26 奪三振数76 を記録している。
 調子の波がある選手ではあるが、菊池雄星の穴を埋めるためにもイニングを投げられる投手が西武には必要であるからだ。
 しかし、読みが甘かった。
 内海哲也は来シーズン37歳を迎えるベテラン投手であり、2014年に規定投球回数を記録してから最後、怪我や不調に苦しみ、イニングをほとんど投げられていない。
 先にも述べた通り、2018年の内海哲也の成績は 5勝5敗 防御率4.17 投球回数82イニングス である。
 吉川光夫内海哲也を比べた場合、明らかに吉川光夫の方が成績が良く、若さもある。
 合理的に考えると、吉川光夫をプロテクトして内海哲也をプロテクトしない、というのは当たり前であり、妥当な判断であったといえる。

フランチャイズプレイヤー

 内海哲也は祖父が巨人の選手であり、巨人一筋の選手であり続けると考えていた。
 巨人側も内海哲也をフランチャイズプレイヤー、つまり同じチームに入団から引退まで居続けるプレイヤー、として契約し続けるものと考えていた。
 しかし、現実はそんなに甘くなかった。
 現状の巨人の戦力を考えると、構想外ではないが、それほど必要のない選手であると首脳陣は考えていたのだろう。

丸佳浩の人的補償は?

 西武ライオンズに内海哲也が移籍したことにより、丸佳浩の人的補償の予想がかなり難しくなった。
 過去の記事で丸佳浩の人的補償の予想を述べたことがあるが、野手では陽岱鋼立岡宗一郎の可能性が高いことを述べた。
 しかし、内海哲也の放出の経験を考えると、丸佳浩の人的補償として、ベテランで成績が良くない亀井善行の可能性も考えなければならない。
 合理的に考えると、陽岱鋼よりも亀井善行の方が成績が悪く、ベテランの域にいる。
 契約として亀井善行の放出は十分に考えられる。
 投手や捕手の可能性もあるが、予想するのがなかなか難しくなった。

FA権の行使は?

 内海哲也の話に戻るが、現在は国内FA権を保有している。
 そのため、2019年シーズンのみレンタルとして移籍させ、2020年に巨人に戻ってくることは可能である。
 しかし、2020年は39歳を迎える内海哲也をもう一度獲得することは良策かどうかはわからない。実際にプロテクトしなかった理由は成績不振であろう。
 構想外とは言わないまでも、首脳陣は内海哲也を軽視している可能性は十分にある。
 そのため、FAで巨人に出戻りするという期待を過度に持たない方が得策であると考える。
 巨人ファンとしては非常に残念ではあるが、内海哲也がFA権を行使して巨人に移籍した場合、巨人はもう一度人的補償を払わなければならないことを考えると、話がややこしくなる。
 そのため、巨人の内海哲也を見ることはもう無いのではないか?と考えることが自然な流れである。 

スポンサーリンク

まとめ

 ここまで、西武ライオンズが内海哲也を獲得したことは妥当であったこと、読売ジャイアンツがプロテクトしなかったことは最良の判断であったこと、そしてフランチャイズプレイヤーとして現役生活を終えると考えていた選手の突然の移籍、丸佳浩の人的補償が相当予想しづらくなったことなどを述べた。
 開幕投手を任された選手、最多勝や最多奪三振のタイトルを取った投手であり、非常に愛された選手の1人である。
 もう内海哲也を巨人で見ることはできないかもしれない。
 出戻りのFAはなかなか難しい点が多い。  
 ただ、移籍が決定したことは仕方がない。
 西武ライオンズへ移籍した内海哲也の今後の活躍を祈るしかない。

関連記事



参考にしたサイト
記事終了


このページのトップヘ