野球を数字で見るブログ

本ブログで、「野球を数字で見る」面白さがわかります。 主に、日本プロ野球での成績を数字で見て考察します。 本ブログで扱うデータに関して、正確性は保証されておりません。本ブログの情報を元にデータを作成して起こる損害に対しまして、一切の責任を負いません。ご了承ください。

タグ:読売巨人軍

はじめに
 2019年シーズン、9月20日に巨人山口俊15勝目を挙げた。
 6.2イニングス、計126球を投げて6奪三振4失点の粘り強いという表現が正しい内容であった。
 2019年シーズンの巨人の好調の大きな要素は山口俊の台頭であると言っても過言ではない。
 本記事は過去に書いた山口俊についての記事を最新版にアップデートしたものである。
 山口俊の2019年シーズン9月21日現在の成績を深掘りしていくことが目的である。
 その深掘りした成績の中で、何が優れているのか、3つほど見ていく。 
スポンサーリンク
1つ目の優れた点 奪三振率
 山口俊の2019年シーズン9月21日時点での奪三振率は9.99である。
 ほぼ10.00という成績を残している。 

 一般的に、奪三振率は9.00を上回れば好成績であるとされている。
 奪三振率の説明をすると、例えば奪三振率9.00であった場合、「9回を投げ抜いた場合、9個の三振が奪える」という計算になる指標だ。これを考えると、奪三振率9.00を上回れば自身の投球回数以上の三振が奪える計算になる。
 奪三振をそれほど重要と考えていない方もいるかもしれないが、投手に取って自己責任で奪えるアウトは奪三振のみである。ゴロアウトやフライアウトは野手の守備能力に依存するためだ。
 山口俊の奪三振率9.99はセリーグ1位であり、これはすなわち「セリーグで自己解決能力が最も高い投手が山口俊である」と言える。
 この成績だけを見ても、山口俊はエース格であると言ってもいい。
 セリーグ2位の奪三振率は横浜DeNA今永昇太の9.90であり、比較的近い位置にいるが、山口俊の成績の方が勝る。  


2つ目の優れた点 被本塁打率
 山口俊の優れた成績を特に象徴するのが被本塁打率の良さである。
 2019年シーズンの山口俊は被本塁打率0.44である。
 先にも述べた奪三振と同様に、投手の責任が最も重い失点は被本塁打によるものである。野手の守備力に依存しないからだ。
 この被本塁打率0.44という数字はセリーグ1位である。これは「セリーグで最も自分の責任による失点が少ない」と言える。
 先述の「奪三振率による自己解決能力」に加えて「自己責任を負わない能力」も優れているということだ。
 これもまさにエース格である。

3つ目の優れた点 FIP
 山口俊の優れた能力を物語る最後の成績はFIPである。
 FIPとは、投手だけがコントロールできるものである被本塁打数、与四球数、奪三振数の3つの数字で算出される、擬似的な防御率である。
 この指標の利点は、野手の守備に依存しないことである。
 野球は守る野手によって投球の内容が変わってくることがある。
 エラーとは違い、守備範囲の広い選手や狭い選手がいることは間違いなくあり、これらを考えて投球を評価するのは非常に難しい。
 そのためFIPは、投手の責任である被本塁打、与四球数、奪三振数で簡単に防御率を決めてしまおうと考え出された指標である。

 FIPに関しては3.00以下に抑えれば優秀とされている。
 2019年シーズンのFIPは2.69である。この成績もリーグ1位である。
 1つ目の奪三振率、2つ目の被本塁打率の進化でも述べたことを総じて、「自分で解決する能力、及び自己責任を負わない能力」がこのFIPという指標で全てわかる。
 リーグ2位は横浜DeNAの今永昇太の3.24であり、山口俊の方が明らかに上である。
スポンサーリンク
まとめ
 まとめると、山口俊は「自己解決能力、及び自己責任を負わない能力が高く、それらを総じてリーグで最も優れた投球をする投手である」と言える。
 山口俊の成績を見ると、2019年シーズンはキャリアハイであることは間違いない。
 トラックマン(球速やリリース位置、球の回転数などを計測する機械)によるデータ調査を行う価値は十分にある。
 ただ純粋に成績だけを見ても、沢村賞を獲得するほどの能力を有していると考える。  

 
関連記事


参考にしたサイト
1.Wikipedia
2.日本野球機構,NPB.jp
3.スポナビ
4.読売巨人軍公式WEBサイト
記事終了





はじめに
 2019年シーズン、9月13日に巨人山口俊は14勝目を挙げた。 7.2イニングスを投げて10奪三振1失点の素晴らしい内容であった。
 2019年シーズンの巨人の好調の大きな要素は山口俊の台頭であると言っても過言ではない。
 本記事では山口俊の2019年シーズンの成績と2018年シーズンの成績を比較して何が優れており、何が進化したのかを3つのポイントに絞って解説していく。
スポンサーリンク
1つ目の進化した点 奪三振率
 山口俊の2018年と2019年の大きな違いの1つは奪三振率であろう。
 2018年の奪三振率は8.42であり、2019年は現時点で10.07である。
 一般的に、奪三振率は9.00を上回れば好成績であるとされている。
 奪三振率の説明をすると、例えば奪三振率9.00であった場合、「9回を投げ抜いた場合、9個の三振が奪える」という計算になる指標だ。これを考えると、奪三振率9.00を上回れば自身の投球回数以上の三振が奪える計算になる。
 奪三振をそれほど重要と考えていない方もいるかもしれないが、投手に取って自己責任で奪えるアウトは奪三振のみである。ゴロアウトやフライアウトは野手の守備能力に依存するためだ。
 山口俊の奪三振率10.07はセリーグ1位であり、これはすなわち「セリーグで自己解決能力が最も高い投手が山口俊である」と言える。
 この成績だけを見ても、山口俊はエース格であると言ってもいい。
 山口俊の2018年シーズンの奪三振率8.42と比較しても2019年シーズンの方が明らかに改善されており、自己解決能力が進化したと言える。 


2つ目の進化した点 被本塁打率
 山口俊の進化を物語るさらなる成績は被本塁打率の改善である。
 2018年シーズンの山口俊は被本塁打率1.05であった。
 これはすなわち「9回を投げ抜いた場合、本塁打を1本以上打たれる」ということを物語る。この成績は平均的である。先にも述べた奪三振と同様に、投手の責任が最も重い失点は被本塁打によるものである。野手の守備力に依存しないからだ。
 2018年シーズンの山口俊は、自己責任による失点が平均的であったと言える。
 それに対し、2019年シーズンの山口俊の被本塁打率は0.46である。明らかに2018年シーズンよりも改善されている。
 ちなみにこの被本塁打率0.46という数字はセリーグ1位である。これは「セリーグで最も自分の責任による失点が少ない」と言える。
 先述の「奪三振率による自己解決能力」に加えて「自己責任を負わない能力」も優れているということだ。
 これもまさにエース格であり、2018年シーズンと比べると進化した点である。

3つ目の進化した点 FIP
 山口俊の進化を物語る最後の成績はFIPである。
 FIPとは、投手だけがコントロールできるものである被本塁打数、与四球数、奪三振数の3つの数字で算出される、擬似的な防御率である。
 この指標の利点は、野手の守備に依存しないことである。
 野球は守る野手によって投球の内容が変わってくることがある。
 エラーとは違い、守備範囲の広い選手や狭い選手がいることは間違いなくあり、これらを考えて投球を評価するのは非常に難しい。
 そのためFIPは、投手の責任である被本塁打、与四球数、奪三振数で簡単に防御率を決めてしまおうと考え出された指標である。

 FIPに関しては3.00以下に抑えれば優秀とされている。
 山口俊の2018年シーズンのFIPは3.98であり、平均的かそれ以下の成績であった。
 しかし、2019年シーズンのFIPは2.66である。この成績もリーグ1位である。
 1つ目の奪三振率、2つ目の被本塁打率の進化でも述べたことを総じて、「自分で解決する能力、及び自己責任を負わない能力」がこのFIPという指標で全てわかる。
 2018年シーズンは平均的かそれ以下であったのに対して、2019年シーズンはリーグ1位に改善されている。これは進化と言っても間違いではない。
スポンサーリンク
まとめ
 まとめると、山口俊は「自己解決能力、及び自己責任を負わない能力が高く、それらを総じてリーグで最も優れた投球をする投手に進化した」と言える。
 山口俊の成績を見ると、なぜ2018年シーズンと2019年シーズンとでこれほどまでに違いが出たのか?という問いに対し、トラックマン(球速やリリース位置、球の回転数などを計測する機械)によるデータ調査を行う価値は十分にある。
 ただ純粋に成績だけを見ても、沢村賞を獲得するほどの能力を有していると考える。  

 
関連記事


参考にしたサイト
1.Wikipedia
2.日本野球機構,NPB.jp
3.スポナビ
4.読売巨人軍公式WEBサイト
記事終了





はじめに
 読売ジャイアンツの原辰徳となると、10代20代の世代は監督と菅野智之の叔父の印象しかない。
 確かに、監督としては第1期目、2期目を合わせると7度のリーグ優勝、そのうち3度の日本一を記録している。
 まさに名将と言ってもいいが、現役時代も素晴らしい成績を残していた。
 本記事では、原辰徳の現役時代の成績を振り返り、どれほどの選手であったかを見ていく。
スポンサーリンク
原辰徳の通算成績
 原辰徳監督の現役時代の主な通算成績は、出場1697試合 安打数1675 打率.279 本塁打382本 打点数1093 出塁率.355 OPS.878 である。
 打率も.280ほどあり、本塁打も350本を超えている。

 OPSも若手時代や現役時代の晩年を含めても、通算で.850を上回り、いかに優れた打者であったかを示している。
 OPSとは「出塁率+長打率」で算出される成績で、得点との相関が打率や出塁率よりも高いことで、非常に重宝される指標である。
 まさに巨人の四番にふさわしい成績であった。

キャリアハイ

 そんな原辰徳監督の現役時代のキャリアハイは1983年であると思う。
 1983年の主な成績は、出場130試合 打率.302 本塁打32本 打点数103 出塁率.375 OPS.949 wOBA.406 であった。

 本塁打の数は文句なしの30本以上を記録し、打率と打点を合わせて考えると、3割30本100打点を記録している。
 これはプロ3年目での成績であり、若手時代から活躍していたことがわかる成績である。

 出塁率も悪くなく、.375を記録している。
 出塁率は基本的に”アウトにならない確率”であるため、四番打者でありながら繋ぐことのできる打撃をしていたと読み取れる。
 さらに、OPSも素晴らしい成績を残している。
 原辰徳のOPSは.949であり、スター選手の基準とされる.900を上回っている。
 さらにwOBAも素晴らしい成績でwOBA.406を記録し、平均の.320〜.330を圧倒的に上回っている。
 wOBAとは、出塁率やOPSなど打席での結果で決まる数値であり、簡単に言えば、「打者が各打席でどのくらい得点に関係する打撃をしているのか」ということを評価する指標である。
 このwOBA.406は現巨人の四番 岡本和真の2018年シーズンの成績、wOBA.407とほぼ同じ数字である。(逆に岡本は高卒4年目にして原辰徳のキャリアハイと同等のwOBAを記録しているため、岡本の凄さは非常によくわかる。)
スポンサーリンク
まとめ
 ここまでを総括すると、原辰徳監督の現役時代は「本塁打を打てる長打力があり、更に繋ぐことのできる打者でありながら、得点に絡む能力も非常に高かった」と言える。

 2018年シーズンを終え、高橋由伸監督の退任が決まり、原辰徳監督の3期目の時代になり、巨人に新たな風か吹き始めている。
 大型補強はお手の物であるが、育成することを重点に置いている監督でもある。
 そのため、育成巨人も蘇るのではないかと期待している。

関連記事


参考にしたサイト
1. Wikipedia
2.日本野球機構,NPB.jp
記事終了


このページのトップヘ