野球を数字で見るブログ

本ブログで、「野球を数字で見る」面白さがわかります。 主に、日本プロ野球での成績を数字で見て考察します。 本ブログで扱うデータに関して、正確性は保証されておりません。本ブログの情報を元にデータを作成して起こる損害に対しまして、一切の責任を負いません。ご了承ください。

タグ:阪神タイガース

はじめに
 2019年になり、野球ファンの中では2019年シーズン、プロ野球の順位はどうなるか?ということが気になる人が多いと思う。
 すでにどこよりも早い順位予想が話題になっている。
 そこで本記事では、2019年シーズンのセリーグの簡単な順位予想をしていく。
 2019年シーズンの順位予想を簡単にするために、2018年シーズンの成績を用いる。
スポンサーリンク
順位
 早速順位予想をしていく。
 まず結論から言うと、

1位 読売ジャイアンツ
2位 ヤクルトスワローズ
3位 広島カープ
4位 横浜DeNA
5位 阪神タイガース
6位 中日ドラゴンズ

である。

1位 読売ジャイアンツ
 巨人は広島カープから丸佳浩、西武ライオンズから炭谷銀仁朗、自由契約の岩隈久志中島宏之ビヤヌエバを主戦力として新たに加え、盤石な戦力を保有している。
 過去に本ブログの記事で、2019年の巨人は何が起きて何が変わるのか?について述べたことがある。
 その記事を抜粋すると以下の様なことが起こる。

丸佳浩の加入
 丸佳浩の加入により、2018年シーズンの成績を適用して、2019年シーズンは、
併用されていた陽岱鋼とゲレーロの2人の成績を丸佳浩に置き換えると、wRAAという指標を使用して、増やした得点数が陽岱鋼は約–0.90、ゲレーロは約+10.94、丸佳浩は約+60.82である。
 2018年シーズン、不良債権である陽岱鋼とゲレーロを併用していたが、この2人を使うことによって巨人はおよそ+10点の得点を増やすことができた。
 しかし、丸佳浩1人を固定して使った場合、およそ+61点を増やせる計算になるため、単純計算で丸佳浩が2人分を代わりに出場すれば、現状の巨人の得点をおよそ+51点増やすことになる。(単純に+10点から+61点になった場合、その差は+51点である) 
 これを巨人の2018年の得点数625点にプラスすると676点であり、2位ヤクルトスワローズの得点数658点を大きく上回る。
 この時点で、得点能力はリーグ2位になる。
 さらに、広島カープが丸佳浩を放出し、代わりに平均的な打者で丸佳浩のポジションを置き換えた場合、2018年の得点数721点から丸佳浩が稼ぐ得点数である+61点を引けば、660点となり、巨人より得点力が下回ることになる。
 つまり、巨人がリーグ1位の得点能力があるチームとなる。
 陽岱鋼とゲレーロには申し訳ないが、丸佳浩の加入で2人の不良債権がいなくなってもリーグ優勝できるだけの得点力を得ることができる。
 つまり、「丸佳浩の加入により、得点力の増大が起き、陽岱鋼やゲレーロなどの選手の出番がなくなり、チームの外野陣が変化する」ということになる。

 ここまでが数字を見て判断し、丸佳浩の加入によって、巨人に起こり得る出来事である。
 さらに巨人は2018年シーズン、リーグ断トツのチーム防御率3.79を記録している。
 リーグ2位の防御率は阪神タイガースの4.06であり、抜きん出ていることが一目でわかる。
 得点力、守備力を総じて、リーグ1位であるため、巨人が2019年シーズンでリーグ優勝すると予想できる。

2位 ヤクルトスワローズ 
ヤクルトの打線
 ヤクルトスワローズは得点力が売りである。
 2018年シーズンはリーグ2位の658得点をマークした。
 主力として、山田哲人青木宣親雄平坂口智隆バレンティンなど見事に高打率、高得点を獲得できる打線を保有している。
 山田哲人以外は中堅からベテランの領域へ移行しつつあるが、2018年の成績を見るとまだ終わるには早い選手たちである。
 ヤクルトスワローズは特に山田哲人はOPS1.014を記録。2019年シーズンで27歳という若さも併せ持つ。
 山田哲人は若さとOPSだけではなく、wRAAもおよそ57.02を記録するほどの選手である。
 山田哲人を中心とした打線を組めば、間違いなく上位に食い込み、チームを2位にまで引き上げることができると考える。
 バレンティンも2018年シーズンは打率.268であり、振るわない様に見えるが、OPS.904を記録している。
 バレンティンの打撃能力はまだ衰えることを知らないため、セリーグのダークフォースの1人として十分戦力になり得る。

ヤクルトの投手
 ヤクルトスワローズは投手が手薄である。
 2018年シーズンに規定投球回数に到達したのがブキャナンのみであり、そのブキャナンも防御率4.03という散々な成績であった。
 ライアン小川こと小川泰弘がイニングを多く投げられないシーズンが続いているため、先発投手が手薄であることは間違いない。
 ただし、先発投手が手薄なのは2018年シーズンであるが、同じ手薄な状態でも2018年シーズンはチーム順位を2位に収めたのがヤクルトスワローズである。
 そう考えると、2018年シーズンの投手レベルのままでも、順位にそれほどの変動は起こりえないと考えられる。

3位 広島カープ
 広島カープは丸佳浩が抜けたことが非常に痛い。
 61点を稼ぎ出す選手が抜けたことで、得点力が大幅に減少する。
 鈴木誠也や會澤翼がいることが非常に明るい要素ではあるが、巨人やヤクルトの得点能力にやや劣る。
 実際に2018年シーズンを考えると、丸佳浩が抜けて、その穴を平均的な打者で埋めた場合、660点を取る計算になり、巨人の丸佳浩加入による得点増加で676点、ヤクルトスワローズの658点とほとんど変わらない。
 丸佳浩の穴を平均的な野手で埋められたと仮定した場合であるため、平均以下、例えば巨人の亀井善行の様な選手で埋めると得点力は大幅に下がる。
 そう考えて、数字で見ると、チーム状況は巨人とヤクルトの次の3位という順位が妥当である。

4位 横浜DeNA
 最も予想が難しいのが横浜DeNAである。  
 筒香嘉智宮崎敏郎など得点を取る能力は高い。
 そしてネフタリ・ソトという選手がいる。
 ソトは2018年シーズン、41本塁打を放ち本塁打王に輝くが、107試合という少ない試合数で達成した本塁打数であり、もしも全143試合に出場したならば50本塁打を上回るペースである。
 そう考えると、打撃能力は上の3チームと同格になる可能性も否定できない。
 ただ、投手を考えると新人王の東克樹頼りになり、実際に2018年シーズンのチーム防御率は4.18でリーグ5位である。
 投手力では上の3チームよりも劣ると考え、順位としては4位になると予想した。

5位 阪神タイガース
 阪神タイガースはオリックスからFAで西勇輝を獲得し、中日からガルシアを獲得し、投手力を大きく強化した。
 西勇輝は160イニングス以上を投げられる、イニングイーターとして活躍すると考える。
 メッセンジャーの調子によっては西勇輝かガルシアが1番手投手となる可能性もある。
 ただ、打線に関しては2018年シーズンの得点数が547点であり、チーム防御率が4.06とイマイチパッとしない成績であった。
 実際にリーグ最下位を経験したため、投打の噛み合いというよりは得点力を大幅に上げるための補強や、失点を大幅に減らすための補強を行うべきであったが、阪神タイガースは後者を選び、西勇輝とガルシアの2名で失点を大きく減らす構想を描いていると考える。
 ただやはり、バランスが取れているチームではあるが、2人を加えてもまだ巨人やヤクルトほどの特出したものがない。
 そのため5位になるのが妥当であると考える。

6位 中日ドラゴンズ
 中日ドラゴンズは2018年のチーム防御率が断トツで最下位の4.38であり、投手で負けた試合が多い。
 得点能力は阪神タイガースよりも高いが、この投手の頼みの綱であるガルシアが抜けたため、防御率悪化は不可避である。
 得点力も特出しているわけではないため、エース不在による大量失点によって大幅に順位を落とすと予想する。
スポンサーリンク
まとめ
 以上が簡単な順位予想である。
 2018年シーズンを参考にしたこと、そして今後離脱する選手や、電撃移籍する選手など様々な要素があるため、一概に明言はできないが、おおよそこの順位になるのではないかと考える。


関連記事



参考にしたサイト
記事終了


はじめに
 チームの守備力を評価するとき、日本では守備率を見ることが多い。
 ただ、守備率で評価すると失策のみに焦点を当ててしまうため、守備範囲などの評価はできない。
 守備力をするときはUZR(Ultimate Zone Ratingの略)で個人成績を評価することが最も客観的である。
 しかし、UZRは多大なデータと簡易的でない数値計算を要するため、個人が算出することは難しい。
 そこで本記事ではDERと呼ばれる指標で、個人成績ではなく、チーム成績において、セリーグの球団の守備能力をランク付する。
 どのチームが最も良かったか?どのチームが最も悪かったのか?を見ていくことにする。
スポンサーリンク
DERとは?
 DERとは、Defensive Efficiency Ratioの略で守備効率などと言われる指標である。 この指標は「グラウンドに飛んだ打球の内、どれくらいの割合でアウトにできたか?」を意味する。
 計算式を書けば、

DER

 といった式になる。(少し見にくいが…)
 「グラウンドに飛んだ打球でアウトになったもの」が分子になり、「本塁打以外のグラウンドに飛んだ打球」が分母になる。
 直感的に「グラウンドに飛んだ打球の内、どのくらいの割合をアウトにできたか?」という認識で問題ない。
 この指標により、「チームとしてどれだけ守備で打者をアウトにできたか?」がわかるためチームの守備を見るための指標としては十分なものである。

チームランキング 
ここからセリーグのチームランキングを見ていく。
早速DERランキングを下に示す。

DERランキング
1位 中日ドラゴンズ  DER 0.699
2位 読売ジャイアンツ DER 0.691
3位 広島東洋カープ DER 0.684
4位 ヤクルトスワローズ DER 0.681
5位 横浜DeNAベイスターズ DER 0.675
6位 阪神タイガース DER 0.671

中日が最も良い
 意外なことに、防御率が最下位の中日ドラゴンズが最も良いDERを残すことができた。
 これは中日ドラゴンズがいかに本塁打以外での守りで良い結果を出していたかを知ることができる。
 ではなぜ中日ドラゴンズの防御率が悪いのか?
 それは様々な理由が考えられるが、1番大きな要因は被本塁打の多さであろう。
 中日ドラゴンズはリーグワーストタイの149本の本塁打を打たれている。
 被本塁打はDERの要素には含まれない。守備では当然防ぎようがないからだ。
 中日ドラゴンズの野手陣は守備の能力が非常に高いということをDERが示しているが、投手が本塁打を浴びることにより、失点して防御率が最下位になったと言える。
 つまり、中日の課題は野手の守備力を上げることではなく、投手の被本塁打の数を減らすことに尽きるのだ。

他のチームは? 
広島カープ
 リーグ優勝の広島カープはDERでは3位という結果になった。
 チーム防御率もリーグ平均とほぼ同じ4.12である。
 つまり、広島カープは野手の守りで勝ったわけでも、投手の力で勝ったわけでもなく、野手の力で勝ったと言えるのだ。
 実際に、チーム得点数721点で群を抜いて1位である。

読売ジャイアンツ
 読売ジャイアンツ(巨人)の場合、チーム防御率が1位であり、DERが2位という結果になった。
 これは投手の能力と野手の守備力が合致した結果と言っていい。
 エース菅野智之をはじめとした投手陣が売りのチームであったが、実は守備に助けられた場面も多かったと考えられる。 

ヤクルトスワローズ
 ヤクルトの場合、リーグ戦では優勝を逃したが順位は2位でクライマックスシリーズ圏内を余裕で入り込んだチーム力がある。DERは4位得点数はリーグ2位であるため、比較的バランスの取れたチームであると言える。
 打撃面では山田哲人、バレンティンなど球界屈指の打撃陣を擁する。
 守備と打撃のバランス
は取れているが、DERは4位からさらに上をいく守備を見せることができればリーグ優勝も不可能ではない。 

横浜DeNA
 横浜の場合、チームとしてクライマックスシリーズに進出できなかったが、その要因の1つはDERの悪さと言っていいかもしれない。DERは5位、防御率も5位であり、得点数は最下位である。チームの柱として東克樹が新人王に輝いたが、野手の守備力を磨けばチーム防御率を格段に上げることができ、得点が取れなくても勝てるチームになれる可能性はある。

阪神タイガース
 阪神の場合は、DERが最下位であり、ペナントレースで17年ぶりの最下位を経験した。
 チームの守りから固めていくことが必須になる。
 得点数はリーグ5位であるが、チーム防御率はリーグ2位である。
 防御率はリーグ2位であるのだが、1位の巨人防御率3.79であるのに対し、阪神4.06であり、かなりの差を付けられている。さらに防御率3位広島防御率4.12とそれほど差がない。
 防御率2位であっても抜きん出た防御率ではないため、課題は打撃、守備、投手の全ての底上げであろう。
スポンサーリンク
まとめ 
 以上のようにチームの守備力を示した。
 中日ドラゴンズが意外にも1位の守備力を持っているため、来年のダークフォースと思っていいかもしれない。
 他のチームに関しても打撃と守備のバランスが取れれば、クライマックスシリーズを争えるチーム力が間違いなく付くはずである。
 2018年シーズンのように、圧倒的な差をつけられて4位以下に沈むチームが現れては、野球が面白くなくなってしまうため、各球団は課題を明白にし、チーム力を上げるべきである。

関連記事


参考にしたサイト
1.Wikipedia
2.日本野球機構,NPB.jp 

記事終了


はじめに
 阪神タイガースの矢野燿大の現役時代をそれほど知らない人も多いかもしれない。
 本記事では、その矢野燿大の現役時代の成績を見ていく。
スポンサーリンク

現役時代の成績
 矢野燿大の現役時代の通算成績は、出場1669試合 打席数5517 安打数1347安打 本塁打112本 打点数570 打率.274 出塁率.335 OPS.730 である。
 決して悪い成績ではない。
 OPS.700を超えるキャッチャーはそれほどいない。
OPSとは"出塁率+長打率"で算出される率で、得点との相関性が非常に高く、得点との相関性は高い順にOPS>長打率>出塁率>打率という関係があり、OPSが高い選手ほど得点に絡む確率が高いと言える。
 例えば、巨人の小林誠司は2018年までの通算OPSは.569であり、元中日の谷繁元信は通算OPS.701である。
 2人の正捕手の通算OPSを上回り、「打撃では一般的な正捕手よりも得点に絡む能力が高かった」と言える。

捕手のタイプ
 捕手は、「陽のタイプ」と「陰のタイプ 」に別れる。
 「陽のタイプ」は阿部慎之助の全盛期のようなスーパースターと言える打撃成績を残すタイプの捕手を指し、「陰のタイプ」は谷繁元信のような守備能力に重点を置いた捕手を指す。
 矢野燿大の打撃成績を見ると、決して悪くはないが、阿部慎之助の全盛期ほどの打撃成績ではないことがわかる。
 矢野燿大は「陰のタイプ」のキャッチャーであると言える。

守備能力
 「陰のタイプ」のキャッチャーとなると、求められたのは守備能力であった。

 矢野燿大の守備をみると、確かに素晴らしい成績を残している。
 まずは守備率。
 矢野燿大の守備率はプロ20年間の成績の中で、.990を下回ったことが1度しかない。

 捕手は守備範囲の概念がほとんどないため、守備率で評価することはある程度正当なことである。
 通算守備率も.996で、とても素晴らしい成績を残している

 また、盗塁阻止率も素晴らしい。
 矢野燿大の盗塁阻止率は、通算.349であった。
 2018年シーズンの盗塁阻止率1位、強肩で知られる小林誠司の盗塁阻止率が.341であるため、2018年シーズンの小林誠司を上回っていることになる。

 守備率、盗塁阻止率の2つを取っても「陰のタイプ」の選手の鑑であった。
スポンサーリンク

まとめ
 ここまでを総括すると、矢野燿大は「陰のタイプの捕手でありながら
並みの捕手よりも得点に絡む打撃ができ、守備能力も高くバランスの取れた捕手である」と言える。
 簡単に見てきたが、本来はピッチフレーミングなどの統計を見たいが、そのような概念は日本にはないため、かなり簡単な記事に述べてきた。

 矢野燿大が阪神の新監督になった。
 そこから、矢野燿大二世のような捕手を育てれば、最下位から脱出し、強かった阪神を取り戻すことができると考える。

関連記事
 


参考にしたサイト
1. Wikipedia
2.日本野球機構,NPB.jp 
記事終了


このページのトップヘ